2021年2月24日 (水)

YOSAKOIソーランスペシャルステージhitaru公演

5連休終わっちまう・・・

ちょうど1年前の今の時期
REDACHIよ記念公演から始まって、ディズニーランドいったり
エンタメハシゴしたりで充実した数日間過ごしてましたが

今年はホント・・ただ淡々と時間過ごしたなぁ

外出は・・・連休初日に映画見に行って
与作のカツカレーラーメンを久々に食し、十和田に1泊
2日目にキン肉マンのコミックスを大人買いするために青森市へ

その後は買ってきた漫画本読み漁ったりゲームしたりとダラダラと(^^;

まぁ、ずっとやろうと思って溜まってたことだったので
こういう時に消化できたのはそれはそれで良かったのかもしれない


で、一応 自分の中でのメインイベントとしてお楽しみにとっておいたのが
YOSAKOIソーランスペシャルステージの動画鑑賞

12月と2月に開催になってたソーランの屋内イベント。
STVの公式HP「どさんこ動画」の中で有料配信

ここまでコロナの拡大してなければ現地まで行ってみようかなという
目論見もあったのですけど、断念してたのでホントありがたい(^^;

でせっかく有料で見るなら時間ある時にじっくりと・・と思ってね

とりあえず2月のhitaru会場の方を購入
たぶんカナモトのも期間中に買おうかと思ってますが

 

 

まずはこの状況の中で開催、運営の組織委員会と
出演チームさんに感謝ですね


たぶん・・どのチームさんもすげー苦労してると思う

練習場所だってままならないでしょうし 各自リモート練習が主で
全体練習なんてほとんどやれないような状態で 
よくぞここまで揃えられるなあ   と   感心しかない

過去作品のメドレーや リメイクなりコラボなり 
2019ベースながら創意工夫があったり 2020作品として作ったモノを
お披露目するチームがいたり    思った以上に楽しめる内容
これで約1000円は安すぎだね

現地行ってれば交通費だけでも数倍出費なので(^^;

まぁ、基本”動画”ではレビューはしないようにしてるんですけど
新曲披露してた 北昴とGOGO'Sはもうかなりイイ出来で思わず興奮
特にGOGO'Sの方曲良いわぁ  いおり屋さんとのコラボも2年目
つーことで前作でだいぶ薄目だったソーランっぽさはだいぶ濃く
なってきた印象 早く生で見たいっすね
Re:Birthの過去衣装でラスト曲ってのもエモくて泣きそうになった


・・で、やっぱり気になるところは各チームの感染防止対策ね

明らかにディスタンス意識してる 隊列、フォーメーション
なんかも覗えましたし  密になるような構成は極力避けていた
ようです  もう少しスカスカ感気になるかなと思ったけど
こちらはそれほど気にならなかった


飛沫防止は努力義務なんでしょうね
それぞれチーム内でのガイドラインもあるのでしょうけど
全チーム、マスクなりマウスシールドなり着用してました

まぁ 批判覚悟で ホンネを言うとやっぱ こっちはさすがに気になっちゃうね
見慣れるまで30回ぐらい見ないといけない
紅鴉は何パターンはか衣装と馴染む柄のがあってそれはさほど違和感なし

12月に弘前でやった時とか9月の前沢の甚句祭りの時みたく
演舞中だけはマスク無しって出来んものかなぁ・・


今後のワクチン普及とか世の状況次第で変わっていくのでしょうけど


マスクね、これだけ動きますから絶対息苦しいと思うのですよ
もう 息でペコペコ動いてるのとかもすげー気になるし
マスクつけてたら着けてたで 逆に動いててずれてきた時に
「あ、鼻出てる」とか余計なとこに気にが行っちゃったり(^^;

踊り子さんの表情って  結構重要だと思うんですよね
半分以上隠れちゃうと評価もだいぶ変わってきそう

見る側からすえばマスクに比べたらマウスシールドの方はだいぶ
受け入れやすいですね  ちゃんと表情見えるので。
天舞の花組なんかもそれほど気にならずに見れた

見る側としては、とりあえず絶対つけなきゃないっていうなら
シールドの方を強く推奨   
ただ、シールドの方は防止効果があまりない みたいなことも
言われてるので マスク警察は五月蠅いだろうなぁ・・(^^;


審査に影響するなら 組織委員でガイドライン設定した方がいい気もする

夏場とかだったら呼吸しやすいし見栄えもいいのでマウスシールドだろうけど
徹底して飛沫対策にこだわるならどんなに暑かろうが不織布1択でしょうし


踊り子さんが声出してるかどうかも見る側に与える印象だいぶ
変わってくるけど  ま、あこのご時世なので あらかじめ音源に録音
しといて 口パク・・・ってもギリ許すしかないかな(^^;


まぁ、まだ3カ月以上あるんで状況は日々変わっていきそうですから
うまく折り合い付けてほしいっすね

エントリー状況がどうなってるか分かんないけど
たぶん、どこのチームも厳しいハズで  参加数も少ないでしょうし
だいぶ規模は小さくなるだろうなと予想  
イレギュラーな回なので今まで通りにこだわらず 良きところで
妥協するしかないよね     運営も踊る側も 見る側も(^^;;・・・



一応、年間の主なイベントの予定に合わせてもう休み申請しちゃったのよね  
春先のイベントそろそろ中止の発表とか出てるし今年もどうなることやら




| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

発表なしよ!第13回ズブ様YOSAKOI大賞


はい、どうもみなさん こんばんは
今年もやってきました 大晦日の夜 恒例のズブ大

ですが・・ご存じのとおり今年は
もう・・ほとんどのイベントが開催出来ず 
大賞を選出するほど YOSAKOI演舞を目にしていないという緊急事態(^^;


そうはいっても コロナ禍になる前に

1月に 仙台で 新春みちのくYOSAKOI交流会

2月にアスパム裏で 蒼天飛龍

その後ず~っと空いて
9月に 奥州藤原の郷で なるこ村

つい先日の花嵐のイベントで 数チーム目にしたのが最後だったなぁ


ズブ様YOSAKOI大賞は  東北のイベントで見た、東北のチーム・・という
縛りがあるので  REDACHIよの2月の周年公演は ここでは対象外(^^;


というわけで、残念ながら
ウォッチャー活動がほとんど出来なかった今年は
ズブ様YOSAKOI大賞は見送らせていただきますm(__)m


しゃーないしゃーない





しかしまぁ・・  
去年はほぼ半年間どこかに出かけてYOSAイベ見てたことを考えると
よく我慢できたな 自分(^^;
いや、我慢も何も イベントやれないのだからしょうがないのだけども

 

来年の今頃はいつものように
ズブ大が発表出来る世界に戻ってますように・・

 

それではみなさんよいお年を

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

花嵐イベント

ども、ひっさびさの更新です(^^;
この寒波での雪と寒さに体力奪われ、オマケに休みの数が激減という
例年稀に見るハードな年末のため すっかりバタンキューの日々でした
もう気がつきゃクリスマスも終わってたわね


オンラインゲームもしばらくインできなかったな(^^;


今年最後の日曜日   
ゆっくり家で休もうかなという気もありましたが・・

やっぱり 行ってきました  花嵐プレゼンツのお楽しみ会 (正式名称は?)


まずもって、今回のイベント企画・運営してくれた花嵐桜組に感謝ですよ  
やっぱり・・ 花嵐ってすげぇわ チーム力とか組織力とか

たぶんご時世的に、こういった  人を集めるイベントやるのが難しい中で
しっかり感染対策を講じた上でこれだけのモノを提供してくれて 
我々 ファンを楽しませてくれたことのありがたさ

自分トコのイベントでありながら 学生チームにも声かけて演舞披露の
機会を与えてくれたこと・・  YOSAファンとしても学生さんたちの
無念の気持ちを分かっていただけにね    本当にありがたかったっす


もうね 足向けて寝られないね(^^;
救世主 きゃさりん降臨


自分自身、今年はイベントやお祭りもなくて 気分も落ち込んでいたところも
ありましけど  心の中にあるモヤモヤしたモノを成仏させられたし
やっぱり・・家でゆっくりしてるよりも  YOSAKOI見に行ったほうが元気出るな

明日からまた激務続くけど 頑張ろうってなるもんね(^^)



お楽しみ会の内容としては
いつも年末にやってた 花嵐の単独公演 の代替イベント的なところと
花嵐ときゃさりんプロデュースのいくつかのファミリーチームの発表会
といったところですかね   


後日 花嵐の公式で動画配信があるようなので
新作ネタバレ含め 詳細は  自主規制しておきます






花嵐とは別件で
学生の新作にだけは触れておきます
一応、動画ではなく 実際に生で見れたモノについてのみ感想レビューしてるので


影飛威Seaも焔舞陣もやっとこ触れられる


青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea

Dsc_0471
18代目の作品「彩」    特別に3年生が数人カムバックして参加
ここ数年の影飛威Seaらしい流れは汲みつつ ちょっとイメージが変わったと
思ったのは曲の作り方にもあるかな  ソーランのアレンジとかね
全体的に踊りから優しくて柔和な表情を感じたファーストインプレッション。
このところの影飛威Seaとはまたちょっと違った振り幅か  中盤のセンター
女子踊り隊なんかもいい雰囲気  たぶん、本当はその辺が売りになっていくハズ
の作品だったんだろうなぁ…  影飛威Seaってお客さんの反応を感じながら
場数こなしていくことで仕上がっていくタイプで  いつも水沢あたりで
春フェスのお披露目ん時とは別モノか!?ぐらいに昇華するんだけど
今年はそいうわけにもいかず・・  お客さんと一緒にこの作品を育てて
いけなかったのは悔やまれるところかなぁ・・   できれば次の代でも
機会があればなるべく「彩」も踊ってもらいたいところ



弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
Dsc_0487
一方、内々のストイックな練習のみで 1年かけてものすごい完成度の
作品を創り上げたのが焔舞陣   まぁ、人数が多いというのもあるが
ほぼ ダメ出しするスキすらないという(^^; 作品としてもこのチーム
史上一番じゃないかなという出来でした    これまで人前で披露できなかった
すべてをこの一回にぶつけた超本気モードに圧倒されました
みちYOSAのファイナルステージかなと錯覚できちゃうぐらいの気合だったよね

曲はカッコイイし 振り、構成も見事にハマってた 
スピード感ありつつトメ、キメがしっかりしてる前半見てて気持ちいいわぁ
ちゃんと印象に残るようなポーズも出るしね(^^) そのフリが効いてる分
その後のスローパート余計にキレイに見えるという理想的なパターン
そっからの展開で男踊りからの時間差使いつつの群表現とかもう鳥肌ものでした
衣装がまたカッコエエし    クレープ生地wでのラストまで畳みかけたね~
また見たい!と思わせる作品



影飛威Seaも焔舞陣も 学外でのようやくのお披露目  おめでとうございました
良い作品創ったねぇ   楽しませてくれてありがとう
3年生のみなさん、お疲れさまでした







そうね、しばらく ・・・  それこそ1年ぐらいだね
生でガッツリとチームの演舞を見る機会ってのがなかったわけだけども・・
時間を置いて 再確認出来たのが  やっぱ YOSA好きなんだな~って事
それだけはハッキリした   たぶん やめらんないな

逆に 少し時間置いたことで より一層好きになってるのかもしれんw(^^;



今回の演目の中で・・わりと最初の方に  花嵐の2019作品の時間があってね
なんか コロナ禍前のイベント風景思いだしたり、またこうして
生で演舞見れた嬉しさとで 涙腺崩壊   

なんかもう・・何なのこの感情

 別にそんなつもりもなかったのに森七菜かってぐらいボロボロ涙出てきてね     



歳とったなぁ・・

    



まだ 来年 
どうなるかぜんぜん分かんないけど

やれるんだったら・・  また盛り上げていきましょね

 

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

開催要項


先日 来年のyosakoiソーランについて動画で
説明会やってましたねぇ

あとからアーカイブで見ましたが・・。


まぁ、今の時期に判断は難しいので
一応例年通りに開催する方向で準備は進めていきますよ  

といったところでしょうか


参加エントリーも先に延びましたし、ドタキャンでないかぎりは
参加費も返金されるようですので  状況を見計らいつつなるべくたくさん
のチームにエントリーしてほしいところでしょう

とはいえ、現実的には参加チーム数は大幅に減っちゃうのかな~
と予想しておきます (^^;  こういうご時世ですしね 
今まで通りのスケジュールで練習とか作品創り進められるか?
とか この1年のブランクで チームのモチベとかいろいろと
問題もあるでしょうし



サテライト会場も各会場の運営におまかせといったところなので
こちらもあまり期待できないかな?

コロナ不況でおそらく協賛金なんかも集めにくいんだろうなと思いますし...。

ただ、Goto商店街 というような助成金システムもあるんで
うまく活用して  かつてあったような商店街パレード会場復活
したりとかで盛り上がってくれないかな~という期待もあるのですが



審査方面で行けば  携帯投票が廃止になるようですね
各ブロック3位のチームから抽選で セミファイに上がるチームが決まるらしい

どまつりのような現場に居る人や生配信を見てるお客さんのみに
投票権があるのは それなりに”見て”るからいいと思うのだけど
ソーランの場合は見てようが見てまいが もう人づてでの拡散力とか
営業力頼みの部分が大きかったように思えるので(^^;;
これはこれでイイんじゃないかなと

いろんなチームにチャンスはあった方がいいし
もうブロック3位なんて ここ最近むちゃくちゃレベル上がってるから
どこがセミファイ上がっても十分見応えあるでしょ(^^)



例年通りの開催予定なら こちらも例年通り
フル日程のつもりで調整します

2年分楽しまなきゃ

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

ガイドライン



yooutube見た人います?

YOSAKOIソーランからガイドライン発表になったね

どまつりがいち早く出したのと比べると
遅かったなと思いますが・・・(^^;


絶対にYOSAKOIからはクラスター出さないぞ!
っていう心意気は感じますな


いよいよ30回に向けて動き出した っていうタイミングで
北海道の感染者激増してるのが なんだかなぁ 




それこそ、緊急事態宣言後に このブログで
アフターコロナYOSAKOIとかいって妄想した回がありまししたが

なんか当たらずとも遠からず・・といった感じかなあ


しばらくは思った通りの演出は出来なさそうな感じっすね

感染対策に配慮した 、ちょっと窮屈な作品になるのかなぁ
もちろん必要な事ではあるけど やりたいことを100パー出来るわけでは
ないから  ウォッチャー的にも 評価はちょっとフガフガするよなぁ・・(^^;;;

この状況下でよく頑張った・・ としか言えんよ




やっぱ この規制を逆手に取っての  その手があったか!ぐらいの
驚きが欲しいけど  いろいろ難しいだろうな という思いはあります


見る側も大変だよなぁ・・・
本祭はオンライン配信するかわりに 現場の席数、大幅減
イス置いてディスタンス確保とかだったら
フリスペ無いかも?  なんて予想もしてたりする

ま、今後を見守るしかないね






| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

踊りの祭典2020


水沢での踊りの祭典2020

ご盛会おめでとうございます



チラホラと様子が伝わってましたが
寒いのにお客さんもけっこういたようですね

9月下旬に行った時はまだ そのお話も出てなかった
んですけどね   一カ月そこそこで このイベント実現させた
関係者の企画力と行動力  
そして、バタバタで開催決まったにも関わらず 
きっちり見せてくれた 地元チームのフッ軽っぷりと地力の強さ

元々 地元にあった厄年連の踊り披露の場という
大義名分はあったとはいえ  きちんと事前に告知した上で
これだけのYOSAチームが参加したイベントを
2020年のうちに開催したってのは   
これは もう・大きな大きな 第1歩ですよ


まぁ、 まだこの先2週間 様子見は必要ですけど
このイベント由来で 感染拡大とかにならなければ
おそらく来年の水沢は同様に開催出来るんじゃないかなと
思えてきました

規模は小さめでもいいから
こういった屋外イベントでは 感染拡大しませんよって
いう実績と予防対策のノウハウ積み重ねていかないとね



尽力いただいた実行委員のみなさん、チームのみなさん  ありがとう

東北YOSAKOI界に少し希望の光見えてきたね





あ~・・・ 現地 行きたかったなあ


| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

明日は・・・


明日は  水沢でYOSA系演舞イベントありますね

「踊りの祭典2020」

会場 奥州市水沢駅通り
時間  午前11~午後3時


毎年お世話になってる奥州yosakoi inみずさわ の関係者の
皆さんも運営に関わってますのでお手伝いに行きたかったのですが
我が青森はいまだ感染拡大地域となってるので
すこしでも安全に開催してもらうために自重します

ま、自分自身 コロナ的な自覚症状がわるわけではないですし
知事も 県外移動自粛は見合わせると言ってましたので・・
行っちゃいたい気はあるんですけどもね


今はじっと我慢

岩手のイベントだけじゃなく、
来春の元気まつりや春フェスといった青森の
イベントにつなげるためにも ね
  

見に行かれる方は どうか盛大に盛り上げたって下さい
コロナ感染拡大に配慮しつつね



あとYOSA関連でいえば

ソーランのフォーラム アーカイブ残ったんですね

リアタイで見れなかったらすげーありがたい(^^)



中盤の  
老舗チームが新興チームにチーム作りを聞くってコーナー
すげー面白かったっすね

天舞龍神の総代が
今勢いのある 倭奏と北昴に ねほりはほり聞いてくっていう
流れでしたけど かなり見応えあったねぇ(^^)
こういう裏話とかめちゃくちゃ好き

これ、これからチーム作る人だけじゃなく
今 運営行き詰ってるチームにも参考になるんでない?

みんな 見たのかなぁ

ソーラン本祭の方は やはり現状を考えると
いろいろと今までとは違うカタチになりそうですね

今、北海道もめちゃめちゃ増えてきてるから
ここらで踏みとどまってほしいところ

このままだと冬の特別ステージも危ういのでね



自分的には もうだいぶ 諦めがついたというか・・
一時期それこそ 気狂いそうになったけど(^^;

例年、今の時期は もうオフシーズン入ってたしね

ここまでなんとか我慢してきたんで

あと半年 我慢するんで ・・・   
なんとか前みたいに戻ってくれんかなぁ


 

 

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

フォーラム


今日は・・YOSAKOIソーラン
の参加者フォーラムありましたね

仕事してたので 生配信見れなかったのは残念


ですが・・


第30回  YOSAKOIソーラン

6/9~6/13   開催の予定で 準備進めていくようです





はい、こちらも そのつもりで準備します



うん、今から来年のコロナの事考えても物事は先に進まないからね

今やれることをしっかりと




| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

ひきこもり



秋田と岩手でひっそり演舞会(^^;
無事開催されたようです

弘前のが中止になったので 今日のイベントに切り替えようかとも
考えましたが、今の青森の状況を考えると
やはり県外に出るのは自重したほうがいいなと思ったので

あと、急に寒くなったのもあって 鼻水とかくしゃみ出るし
そんな人が客席におったら怖いでしょ?




まぁ・・なるべくたくさんの人に来てほしいというトコもあるけど
周りの目を考えたら このゲリラ的な演舞会が限界でしょうね


行政がバックアップしてるようなオフィシャルのやつなら
また違うのだろうけど そもそもが人数集まってのパフォーマンスだし
企画は通りにくいかもしれません


早く 前みたいにたくさん人が集まって演舞見れる
日が戻ってきてほしいと切に願うだけですわ


ありがたい事に動画は上がってますね


ひっさびさの演舞、お疲れさまでした
お披露目 おめでとう







 

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

踊りの祭典2020


正式に情報解禁になったようです

Ek0b2alvkaahy6j

全力で宣伝させていただきます。



もう少し早い時期に情報は入ってて 自分の中でいよいよ復活か
とむちゃくちゃ楽しみにしていたイベント(^^)

奥州市の厄年連(歳祝連)とYOSAKOIチームが 水よさの会場を
舞台に踊りを披露するっていうね     指折り数えて待ってたヨ




・・・しかしながら・・我が 青森県 ここ数日で
一気にコロナ患者が増えまくり

感染拡大地域の仲間入りしてしまいました
全国ニュースで取り上げられるほどに



県によっては 東京や沖縄に並んで
往来の必要性を検討してください っていう呼びかけも
出てるぐらいの要注意県になっちゃった


もちろん、自分自身は普段 マスクしたり気を付けてはいるし
症状もないし(今のトコ)、感染してない自信もあるけど・・


「まさか自分が・・・」っていう人がなってる病気だからね
コロナって。

誰しも”絶対”は言いきれない



この青森県内 誰ががどう移動して誰に接してるか分からない
津軽の出来事だからといって南部住みの自分が無関係なわけでは無い
まして、いろんな人と接する仕事でもあるし・・


そのつもりがなくてももらってしまうことはある・・

 

さすがに今まで割と平和だった田舎でこういう事が起きれば
これぐらい疑心暗鬼にはなるよ   

田舎の100人は都会の100人とは違うんだから

 

うん、イベント復活だ~ って浮かれてる反面
それぐらいの危機意識も持ってはいる

 

 

もちろん 昨今のイベントでは万が一に備えて現住所を申告するのは
当たり前になってるし  この状況じゃ「青森から来ました」と書く
のってちょっと勇気要るし 後ろめたい気にもなるよ(^^;;  


で、もし万が一・・があった場合
ようやくこぎつけたこのイベントを台無しにするどころか
この先や、来年にも影響するぐらいの迷惑をかけることにもなるわけだorz

 


個人的には、青森の人は このイベント無事に開催するまで
岩手いかないであげて・・ ぐらいに思ってる(^^;

まぁ・・これは   ホントつい最近 
あと2週間 何もなければ・・ っていうタイミングで 弘前城の菊もみ イベントが
無くなってしまったのを身をもって体験してるから     
これ以上他の県の人達に同じような悔しさ、悲しみを味わってほしくないのよ・・


自分が動かないことがイベントのためになる というなら・・
ちょっとでもリスクが減ってより安全に開催できるなら断念したほうがいいのかな
という思いが出てきてます   

青森県民は今・・じっと県内で我慢する時期なのかもしれない

 苦悩

 

何もできないまま引退を迎えた学生チームの
悔しさとかってこれ以上なんだろうなぁ・・とか思うとホント涙出てくる



誰かこのイベント配信してくれないかな(^^;




| | コメント (1)

より以前の記事一覧