2020年4月 3日 (金)

ソーラン中止。 よさつがも

あ~あ

正式に発表になりましたね

今年のYOSAKOIソーラン祭り 中止  とのこと

その陰で・・ ソーラン2週後のよさこい津軽も中止発表


まぁ、なんとなく 予想というか心の準備はあったので
先日の志村さんの件に比べたらまだ 受け身取れましたけど
それでも・・ソーラン中止ってのは自分の中でも年間の最大行事
みたいなところもあるので  

ダメージでかいわぁ

もう ・・・泣きたい


もう ここ数日 次々に楽しみを奪われ続けてて
どうやって気持ちを切り替えたらいいのかもわからんっすわ

くっそコロナめ!

まぁ、自分の場合は これまでライフワークみたいにしてきたから
なんとか このまま気持ちは来年ぐらいまでなら維持できるとは思いますけど


チームや、そこに所属してる踊り子さんはどうなんでしょうね?

いつ披露できるかわからないのに
練習し続けるのか?
チームに所属し続けるのか?  

どっかでYOSAKOIに対して プツン と
気持ちが切れちゃうことはないのか?  

と、それが心配だったりします


で、仮にちゃんとチームとしてモチベーション維持できたとして


・・今度は運営側の体力や資金繰りも

ご存じのようにコロナショックの煽り受けて
経済は完全に冷え込んじゃってるわけで、そんな状態で 企業さんが
協賛金出してくれるのか?・・ 行政が応援してくれるのか?とか


・・・震災がきっかけで自粛して
その後やらなくなったイベントとかもあるからね


といった 悪い心配が頭をよぎります 


まぁソーランぐらい定着したデカいやつはそう簡単になくすことは
出来ないとは思いますけどね


地方の町おこしてきなローカルな
YOSAイベントは・・大丈夫かなぁ?


そして何気にYOSAKOI見れないのと同時に
いつものYOSA仲間と会える機会がないってのも
なかなかのダメージ


みんな住んでるトコがバラバラでもなんか 月イチとか
下手したら週イチ位で顔合わせるのとか当たり前だったからなぁ


とりあえず、すでに6月に夏休みはぶちこんじゃってるからね
どうやって過ごそうかしら(^^;

 

 

予想とかレポとかもなんもやれねーのな
ココももう閉店か?

 

| | コメント (1)

2020年4月 1日 (水)

ボイコット


しむロスからまだ立ち直れてない感じ


もう 暗いニュースばっかりで
気が滅入ってくるね
こういう時こそバカバカしいお笑いが見たかったりする
エガちゃんねる にだいぶ救われた気がするな 


次のイベントでも決まってりゃ そこまでのカウントダウンを
楽しみにも出来るのに  まったくの白紙だからね

リア充よりもオタ充を優先してきた人生ですので(笑)
ここで 趣味 を奪われちゃったことによって路頭に迷ってる状態ww

何を拠り所にして仕事頑張ればいいのかしら



ねぶたも中止の案が出てるというし
弘前公園は出店がないだけじゃなく封鎖だというし

ちょっと前は出店は無いけどもライトアップはする・・
みたいにやってたハズだけどね


まぁ・・ 出店がなくても桜見たい人は来るもんねぇ


それこそ 県外からも。   
人の流れ(動き)を止めなきゃ
ならんのだから 致し方ないのでしょうね

世間がこんなことになってても 例年通り変わらずに強く咲く花でも
見れば元気でももらえるかななんて思ったけども ・・
ま、桜は地元でも咲くからいいか 
ウチんとこの公園はまぁ ・・・お客さんまばらだからね (^^;


多くの人がこ自粛自粛でこの手の催しには飢えてるから
ちょっとしたイベントでも強行したら殺到しそうだし

ねぶたも県外かや海外からのお客さんが入ってくることを
考えると ・・ 厳しいかもなぁ
先が見えないもん   ねぶたがアウトだとその他のお祭りも・・orz


ただ・・歴史的に無病息災とか疫病退散を神様に祈願して始めた
お祭りとかはこっそりでもやった方がいいんではないかと思ったりします 
先人たちは・・こういう時に神様に頼ったんじゃないの?
今年はやりませんってなったら神様にへそ曲げちゃうんじゃない? 大丈夫?

ねぶたみたいに観光化しちゃったのは人集まるから厳しいと思うけどね



んで、いろいろと打ちひしがれたところに追い打ち掛けるようにというか、
思った通りというか

YOSAKOIソーラン辞退を表明するチームが出てきました。

 

これは・・去年の台風の時のみちYOSAに酷似してる。

ギリギリまで開催の可否を決めあぐねていた運営に対して
チームの側から 「辞退」の表明が相次いだ
それでもやっぱり 無理して遠征するつもりのチームもいたけども


某所で出ていた チーム側にとったというアンケート結果でも

たとえ開催できたとしても、このままでは作品作りが間に合わない、
練習できないので中途半端のモノしか見せられないのは不本意 等々
の意見があがっていたようですので  

まぁ・・ ボイコットのチームが出てくるのは自然な流れだよなぁ

もちろん、もし開催されるのなら なんとしてでも出ます っていう
チームもいるだろうし  そこはもうそれぞれでいいと思うし
どちらを否定するつもりもないですし  それぞれの思いを尊重したい



ただ・・個人的には まだ2か月先の話なのでワンチャンの可能性は信じたい
というのもあったりする 

まぁ 準備等々を考えると今の時点で判断しなきゃならんのだろうけど

もし その時終息してたら・・
今まで通りというのは無理だろうから 
何らかの形でみんなで喜びあえるような機会はあってもいいのかな
という希望は持ってたりする  無審査でもイイしワオドリだけでもいい
なんなら去年作品だけでもイイ



うん、分かってますよ  6月までに終息なんて
もし仮に  とはいえ たぶんすんげー難しい 話だというのも

んでも、ちょっとでもそういう風に考えないとやりきれんのよ


あと、ホラ  一般社会人はモチベーションさえ保てれば
来年へ持ち越しも可能だけど

(実はこのモチベーションを保てるかどうかが一番心配だったりしますけどね)
ブログでも日記でも・・ダイエットでもいいや・・  長期間サボったあとに
ちゃんと同じモチベーションで再開できんのか!? ってハナシ
今年を乗り切れずに終わってしまうチームは少なくないのでは?


そして・・学生さんなんかは 活動期間に限りがあるじゃない
全員留年するんだったらいいけどもさ・・

今年の幹事学年が、今の令和2年の代の子達が作品作ってるわけでしょ
どこかで日の目見させてあげたいじゃないのよ



連日の暗いニュースが続く中で

青森の学生さんたちがチラホラと新演舞テーマ発表とかやってて
(ま~エイプリルフールのおふざけもあったけど)
なんか久々にワクワク出来た 明るい話題でした 

ホント、どこでお披露目できるかも分かってないけど
作品作り  取り組んでるんだなと思ったら  ちょっと救われた気がしました




それ見るまでは死ぬわけにはいかんもんね  
辛抱するべさ

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

延期と中止と喪失感と



え~と  ここ数日で残念なお知らせが相次ぎました


まず   ここでも一回取り上げた  新鋭のクリエイターによる創作ステージ
オフシーズン中の楽しみでもあった

零璃音 ~Orion~

が、約1年先延ばしに
https://orion.show/



こっちの方はクラウドファンディングでたくさんの方から資金集めも
してましたから勇気の要る決断だったかと
すでに振替日も発表してるので出資者も安心かと

ホッとしてる部分もあったり
もし予定通り強行開催したとしても 行けたかどうかは怪しいので(^^;
CROSSROADん時とはだいぶ状況も違う・・

まぁ1年間 準備期間が増えたと考えれば その分より良いものを
作れる時間が出来たという事なので 1年楽しみにしますよ


そして 自分の中でのYOSAKOIシーズン開幕戦
AOMORI春フェスティバル

これが中止になりました   (:_;)
http://www.harufes.com/


年間のYOSAイベの中でもかなり楽しみにしている
イベントなだけに  ショックデカいっす


いや  ここで新作披露のチームとかもいるわけですし



はぁ・・   今年のオフシーズンは長いなあ



まあ1カ月以上先のイベントだけど
現状しょうがないよなぁ

オリンピックが飛んでしまった以上は
夏より前のイベントはやりにくいよなあ・・って考えると
ソーランも?


んでも・・ あきらめきれんわぁ・・



もしも ですよ もし仮にですよ
4月中に終息したら・・  春フェス魂 的なやつあるんですかね?(笑)





あ~あ  春先の予定 まったくなんもないわ
ウォッチャー失業(^^;  



さて・・ 毎年恒例
年間 の有給休暇スケジュールの申請書を書く季節なのだが・・

夏休みを6月にぶっこんでいいのか?

1週間近く休みもらってもやることない・・ってならないかな

 

 

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

マニエルの冬休み②


デマを鵜呑みにして便所紙買い漁るとか
・・もう  いい加減学習しましょうよ

デマ流して高額転売しようという不届きモノは言語道断
不安感煽って弱みに付け込むとかもう詐欺じゃん

そんな転売ヤー から高値で買う側にも問題あると思うし
慌てて買いだめに走るのも同じコトよ  

悪気はないとしても「どこにも売ってない!」とか「やっと買えた」
なんてSNSで騒ぐこともデマを助長してるからね(^^;

あ、ちなみにウチの近所はいつも通り普通に置いてましたよ(キッパリ)
いつものように山積みです


必要以上に買い貯めるとか     ダサいわ~ 
転売ヤーの思うツボだわ

情報に流され過ぎよ  SNSのニュースとか話題全部信じちゃだめよ



・・・と  ちょっと厳しいことも書きましたが
まぁこういうご時世なので あたふたするのは分からなくもないけど。


政府方針受けていろんなイベントは中止になるし
学校は春休み1カ月ぐらいになるらしいし
休みの日は外に出歩くの控えろみたいになってるし
なんかもう 2020今年の年末発表の漢字 1文字がオリンピック前に
もう見えてきたぞ(^^;;


感染防ぐために休日に外出るのは我慢して下さいってのは分かる
でもさ・・  休み終わって 月曜日からは また仕事に行くために
結局 満員電車とか乗らないといけないし会社に集まらないといけない
わけじゃん?  (在宅ワーク出来る業種なんて限られてる)
せっかく休みの日に好きな事 我慢したのに、
次の日 好きでもない 仕事行くために電車で感染しちゃった・・・とかなると
バカくさいよね  だったら好きなコトしてなった方がいい
っていう考えの人も居ると思うもん(^^;

平日も出歩かないようにして下さいってやらないと意味無くない?
もう強制的にライフライン以外の業種には業務停止命令出しちゃうとかしないと・・

まぁ・・うちのような田舎は満員電車とは無縁なので
そこまで極端な考えは不要ですけどね(^^;

先日の旅行で 朝のラッシュとかを見て思った次第です
感染の疑いのある人の半径2メートル以内に近づかない・・
とかぜってー無理ゲーじゃん アレだとさ



しかし・・ オラが今回スケジュールに組み込んでた
エンタメ系イベントとか催しは全部予定どおり 開催したんだよな

実は中止になったperfumeの東京ドームも
行ってみようかなっていう候補の中には入ってたのよ(^^; 

1週間ズレてたら REDA&ちYOの 20周年もディズニーも
やってなかった事になるわけで 何のために東京までいった?
ってことになってたかもしれない
ある意味・・持ってるのかなぁ・・



あ、私の方はとりあえず今日現在は  体調には異常なし

帰ってきたら東京とは10度以上の気温差があって
そっちで体調おかしくなっちゃいそうでしたけどね 

休み明け 久々の勤務  で ダルいわぁ・・ とはなりましたが
たぶん、コロナ由来の 倦怠感 とは別モノだと思います(^^;;


はい、すっかり前置き長くなりましたが

本編行きます


2/23 PM
昼過ぎに東京駅で 一緒に20周年公演に行く yosa好きおばちゃんと合流
そのまま 千葉方面へ移動   開場最寄の津田沼駅へ   現地でマヤさんとも合流

夕方の開場時間まで 駅近くのサイゼでYOSA話しながら時間潰し
Dsc_1772
青森にサイゼないんで初めて入ったんだけど(^^; めっちゃ安い!


習志野文化ホールはもう駅の真ん前 アクセスは最高でしたね
東京からも来やすかったし 
グッズ狙いの方々がずいぶん早い段階から並んでいた様子

なんだけどもそのメンツがホント 千葉近隣とかじゃなくて
日本全国各地からのYOSA関係者
ま、各地のYOSAイベで活躍してる舞神楽とCHIよRENの
20周年ですので  そりゃ大注目ですよね  

Dsc_1774 Dsc_1775_20200228225601
オリジナル入場チケット・・じみじみ 
20周年おめでとうございます

チームの成り立ちや近隣チームとの関わりなんかも
改めて知ることが出来ましたね

Dsc_1780_20200228225801 Dsc_1777
Dsc_1779 ロビーで見つけて 面白いなぁと思ったのが顔ハメパネルね
コレは他ではまず見ないよ   なんか  らしいわぁ   あ、ネコのバージョンもあったよ



公演の中身は撮影禁止なので画像では紹介できませんが
覚えてる範囲でいくつか書くとこんな感じ(順不同  ・・・記憶力低下につき)

・座よさこい一座
・タイムスリップ数珠つなぎ過去作品紹介
・人気投票 上位作品メドレー演舞 (コラボアリ)
・投票1位作品
・ターニングポイントとなった作品演舞
・謎演出珍振付自虐コーナー
・歌姫競演
・大旗乱舞・市船 ゲスト演舞
・新作お披露目

・アンコール まさかの宮本毅さんスクールメイツと共に登場!


オープニングアクトのよさこい一座が会場盛り上げましたね
座ったままで踊れるYOSAKOI でお客さんも一緒に踊りました

客席からステージ入っていくの往年のドリフのオープニングみたいで
なんかもうそれだけで興奮w

オープニング代表挨拶からのタイムスリップタイム数珠繋ぎのコーナーは
2チームの最新作からデビュー作までの作品を当時の衣装を着た数人の
ユニットが入れ代わりながら数カウントずつでダダダダーっと遡っていく
というモノだったんですが これがけっこう見応えあり
過去曲すべてをフル尺でやるのは時間的にも人数的にも無理がありますが
この方法ならほんのちょっとずつながら歴史を振り返る事が
出来ますね  また 印象的な振りが多いから ほんの数カウントでも
あー!コレコレ あったあった!!って 興奮しちゃう

で、お次の人気作品メドレー・・これも2チームの作品を
交互にオイシイとこどりでノンストップで見れちゃうんですが
個人的にこのコーナー 2,3回泣きました  なんかもう胸アツ。
当時の歌い手さんや声出しの方が復活してるのもヤバかったんだけど
もう 構成と見せ方が 秀逸  屋内会場での照明なんかも意識して屋外での
YOSAイベ用とはまた一味違って ステージ映えするようにショーアップ
光る小道具なんかもすげー効果的だったし  ホント見応えあった
REDAの懐かしいどころはなんか当時の事思い出しちゃうし
あんまり記憶には鮮明ではないCHIよRENの歴史モノ過去作品なんか
こういう舞台で見るとやけに良く見えてきたりしてね
・・・・たぶん  北天魁は歴史モノのが合ってる気がする
ま、本人が飽きちゃったのであればしょうがないけどww
・・とりあえずこのコーナーみるためだけでも円盤化熱望します

ターニングポイント作品は鯨とええじゃないか
投票一位作品は狐の嫁入りと振り袖火事・・のヤツだったよね?

おっとこの辺すでにもうあやふやだぞww

個人的に前半戦ツボだったのが
まさかのズブ様レビューチックな  迷演出いじりの自虐コーナー(^^;
とくにCHIよRENの謎演出回顧はめちゃくちゃ面白かった
いや、でもね、分かりながらやってるんだったら全然いいのよ  記憶には残ってるので

で、この日見てたウォッチャ仲間とも話したんだけど
北天魁のゴミ袋は今だからこそもう一回フル尺見てみたい 
時代先取り過ぎてたのかもしれません(^^;
一方のしくじり元先生の方は 言わずもがななんだけども 実はぜんぜん
しくじってなくて ああいう遊びがあったからこそ 舞神楽は面白いし
記憶にも残るし  みんなから愛されてるんだと思うのよね 

両チームとももちろん勝ち負けにはそれなりにこだわってるんだろうけど
やっぱりそれ以上により面白さ追求してるのが好きなとこではある(^^)

前半戦でもう十分チケ代の元とったよね    エンタメとしてもクオリティ高いし
ボリューム的にも大満足  で 千葉のチームらしく とにかくお客さんを
楽しませようっていう心意気と姿勢が随所に感じられるプログラム
周年記念公演いくつか見てるけどトップクラス

歌姫競演も染みたねぇ~
CHIよRENの方もうちょいマイクボリューム上げても良かったかな
歌聞き取りづらかった  美輔さんの方はもうじっくり聞かせるアカペラで・・
舞神楽連歌は最後の踊りとの競演もすげーカッコ良くて感動したわなぁ

で、最後にまさかの新作お披露目

ん~ コレ どこまでネタバレ書いていいのか?悩む

CHIよRENの方はまた攻めてきたなぁ・・・ けど、??(^^;
オープニングとラストは テーマ通り
中盤 どうした?  みたいな   ここまで来たら全編振り切っちゃってもいいような
気もするんだけど  ただ、絶対に他とは被らないテーマですねたぶん
夏場にこれやるかみたいな

舞神楽のは・・もうソーラン   ド直球勝負ね
ネタというかテーマ的なところとしては もうあのチームを意識 
つーかあそこと同じでしょ  みたいな?
ただ、ちゃんと舞神楽流のアプローチなので 同じテーマでありながら
こうまでベクトルの違う作品になるのか とちょっとした驚きもあったり
うん、面白い  かなり挑戦的(いろんな意味で)な作品
曲は・  大好物な民謡寄りど演歌系   
まぁソーランの頃までには別ものみたいに進化してるんでしょうね  
ドラマチックな見せ場なんかは屋内専用かなぁ~?
外でもこのままやるかな~とかいろいろ考えたりする

アンコール・・大フィナーレは宮本さん登場してのお祭り騒ぎ
いや、最後の最後まで楽しませてもらいましたよ

ホント、イイもの見ました
もうコレ見てコロナもらっちゃったとかなったらそれはそれでもう
許せるわ ぐらいまで思っちゃう内容。  はなまる あげます

amazonレビュー書くなら☆5つ

今回の公演 総合プロデューサー元先生 天才



| | コメント (2)

2020年2月10日 (月)

極寒飛龍


昨日 青森冬まつりに行って来た

県内は今の時期(2月2週)あたりが冬祭り系イベントのピークらしい
旧正月とかとの関連もあるのかな?  負ける日 とかもやってるし
雪灯籠とか冬の田んぼアートとかも今の時期


青森冬まつりは前は合浦公園でやってたけど
何年か前からアスパムの裏で開催
併催でアスパム周辺でも物産系のイベントやってます

コロナワールドに行く用事もあったんで
せっかくだし青森冬まつり覗いてみようかなと
Dsc_1592 Dsc_1594 Dsc_1595

チェーンソーアートだとか凧揚げだとかまぁ
いろいろ催しあったんですが ステージイベントとして
蒼天飛龍のYOSAKOIステージがあったので
自分的にはそれがメイン

(それの前にやってた成田さんの歌のコーナーも
なかなか過酷でしたが^^;)


何が大変て 昨日はとにかくクソ寒かった
雪もビュンビュン降ってたし  たぶん、普通だったらさすがに
中止とかでもおかしくないレベル


んでも・・・こんな天気だというのに  県外からも いらっしゃるのよね
ウォッチャ―仲間さんが   異常者です(笑)

いや、冬のイベントですのでまぁ寒いのはそれなりに覚悟できてますが
まぁまぁの吹雪ですよ   せめて雪は止んでくれ

そんな中でいつもの衣装で踊るってんだから
これはもう ちょっとした罰ゲー・・いや修行ですね  荒行。

Dsc_1597 Dsc_1607 Dsc_1623


現地到着したころはもう少しマトモな天気だったんだけど
YOSAKOI始まる頃 悪化(^^;

これ、この写真見てよ ね
雪の結晶がくっきり 最近のスマホ 性能良いわ~


YOSAKOI衣装には冬服ってないからね(^^;
露出した肌が外気に触れて赤くなってく・・

見てるだけでも 顔 痛くなるぐらいの寒さでしたからね
相当しんどいハズ  足元だって不安定だし

いや、ホント。こういう状況下でしっかり踊り上げる
蒼天飛龍・・ 素晴らしいっす

札幌でもね雪まつりのステージでYOSAKOIやってるのは聞いたことあるけど
今回は蒼天飛龍30分枠ずっとだもんね(^^;
4チームぐらいいて1曲ずつ交代しながら控室に捌けて
暖とりながら・・・とかだったらもう少し救われるかと

こうなってくると 見る側も なんとか盛り上げたいという気持ちも
出てきたりするわけで、途中でリタイヤする人もなく・・
妙な仲間意識も生まれたりして 蒼天飛龍とお客さん一緒になって
何とか乗りきった寒中我慢大会なのでした


で、最後の踊り終わったぐらいで 雪が止んで青空が出てくる・・っていうね(^^;
逆パターンだったらどんなに楽だったことか

ま、青森ではこれに似たパターンで
十和田湖冬物語でのYOSAKOI演舞ってのがありまして
いつも学生さんがけっこう無茶するので こういうのが好きな人にはオススメです

ん~・・何度か冬のクソ寒い中での
YOSAKOI演舞とかって見に行った記憶がありますが
その中でもトップクラスの過酷な状況だったなと  良い想い出になりそうです

どうか皆さま風邪などひかれませんように

で、・・音響だけはやけにクリアな音質だったのよな


その後、コロナワールドへ移動して
コレ
Dsc_1643

毎年恒例 ももクロのイベント ライブビューイング
去年欠席したけど今年は2年ぶりに参戦

映画館のでっかいスクリーンでまったりとライブ堪能してドル分チャージ

最近のライブじゃあまり聞かないコントラとかツヨクツヨク、全力少女
なんかも交えた面白いセットリストでした

あと、やっぱ このグループは茶番が面白いねぇ



| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会④


ん~欅阪のお家騒動はいったい何なのでしょう
てか平手ちゃん抜けて あのチーム 大丈夫なの?

何か 裏でゴタゴタがあったような気がして 変に勘ぐっちゃうね

ま、坂道シリーズは マニエルさん的には元々それほど
熱心に応援してるわけでもないのよね(^^;

 

さて、新春交流会シリーズ今夜で完結
今年もこんな感じでちんたらやっていくつもり


轍-wadachi-
たぶん、今大会一番のダークホースだったかもね
このチームもホントは去年のみちYOSAで初めて見れる予定だった
のだけどもようやくここで拝見   福島の学生さんのOBOG
曲良いし、力強いし、メリハリあるし、レベル高い
己の身体一つ、踊りで見せる渋カッコイイチーム   水戸藩とかに
代表されるような肉弾戦チーム 女子メンバーも多いのだけども
みんなカッコイイ  骨太の今後が楽しみなチームが出てきたね
東北の学生OB組も面白くなってきたぞ

月詠
この年頃の女の子の成長ってのは早いもんで・・
数年ですっかり大人びてきて 踊りにも表情にも貫禄出てきた
七ヶ浜の天使なんて言われた時代が懐かしいなと思えるぐらいに
シリアスでカッコイイ演舞がしっくりくるようになりました
この作品、最初に見た時は重苦しく感じたりもしましたが
今となってはそれほど気にならなくなりましたね(^^)
第2部でようやくチョリソー発動w
 
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
現体制での演舞は例の秋田フェス以来か(^^) 
人数は少なめでも良い感じで伝統受け継がれてます
伝統と言えばMCが歌うのも伝統なのかな?
踊りスキルはもちろん高いのですけど 声とか気持ちの部分で
前へ前へと 見てる側に迫ってくる感じ  うん、歌舞輝だねぇ
ここでデビューという新人さんもいたようですけど違和感なく
溶け込んでましたね  


舞綺瓔
この日参加の中ではわりと多目の人数編成
その人数を活かしたコンビネーションがあったり群舞の方も
揃っていたりと成長感じます  曲や振りもこの界隈のYOSAKOIで
やってるのとは違う系統なのもチャレンジ精神あってイイですね
創作舞踊的な部分もあり演劇テイストな部分もありで
上手く形になればこのチームのカラーとして定着していく
可能性はありそうです

福島学生”源種”~seed~
源種にしてはちょっと人数少なかったですかねぇ・・
夜宵20周年の方に行ったメンバーも少なくなさそう(^^;
バランス的に白衣装の女子隊があと2人いれば・・
とはいえ、今回の作品はスッキリと見せたいモノを見せる
作りになってるんでこの人数でもちゃんと成立すんのよね
踊りも上手いです    ボリューム感エンタメ性でいくと 間違いなく
東北の学生ん中ではナンバー1だと思うんですけど  あとは
源種ならではの独創性 オリジナリティ ですかね
たぶん、黒よさの敗因もそこなので
たとえば・・分かりやすいとこで行けばひょっとこ踊りなんかは
もう少しヤマ場として使えたら面白いかなとも思ったりする





一応、出場したチームは全部触れたつもりですが。。。
こんなところですかねぇ 

あ、ここでは書けないような深い話は   個別でご相談ください(^^;


さて、明日は 延期になってた 飲み会・・・の予定。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会③


風呂入ってタブレットで動画見てたら
のぼせかけた心臓ダクダク(^^;;


はい、今年は勝手に審査会はやらなかったので
こっちで振り返っております
どうせ誰も見てないだろうと思って好き勝手書いてると
いきなり反応あったりしてちょっと驚く(^^;

オフシーズン中にガチのYOSA記事やるの珍しいんだけどね


蒼天爛華
仙台支部として活動始まって20周年なのだそうです
お客さんのホイサ!にだいぶ依存してる感もありますが(^^;
よくぞここまで頑張ました ・・レパ―トリ―的にはたぶん2~3曲
ぐらいを上手くローテーションさせてるんで もはやちょっとした総通り
並にお馴染み  まぁ バサラ瑞浪みたいに そういう勝負の仕方も
ありなのかなと思い始めてますが やっぱりもう少し人数欲しいですね

 

南仙台桜獅子連
こちらも息の長い活動ですね  
みちYOSA魂の時はもう少し人数いたんですけど だいぶ寂しい編成。
桜の可憐さと獅子の力強さを表現・・ってチーム名そのものがメインテーマ
だったのね  ザックリ4部構成ぐらいになってるんですけど それぞれの
雰囲気が違い過ぎてて継ぎ接ぎ感が出ちゃったのが残念
雀踊りのとこが一番のピークになってるようにも感じるので、最後
YOSAパートできっちり見せられるといいのかなと 


仙台育英学園Team若獅子
入れ替わりはあるのだろうけど毎回それなりにまとまった人数
部活?としてはだいぶ軌道に乗ってきてるのかな  たぶんこの若い人材欲しい
一般チームはたくさんいると思う(^^; 和楽器バンドの市販曲を使っての演舞
なんだけど表情も踊りも固いんだよなぁ・・  お行儀よく上手に踊ろうって
いう意識は感じるんですけど もう少しハミ出して ライブ感出せると
お客さんも巻き込めるかなと思います 曲はいいんだし


羽跳天
もしもこの大会がコンテストだったらまず間違いなくTOP3には
入るでしょうね  顔の角度とか膝の角度とか細かいとこ
揃ってたら気持ちいいのよな~ってとこがちゃんと揃ってるのよ
OPからミディアムスローでリフト上がるあたりまでの前半が好きですね
後半テンポ上がってからはもうだいぶ遨~すさび~感ハンパない感じ
(まぁ曲の強さもあるのだけど)なので評価ムズいところなのですが
ファミリーチームでこれだけの事やるんだからすごいわな。 だもんでこの
遨パートの入りのトコのオジサンズの踊りがけっこう肝な気がします
後半畳みかければ畳みかけるほどに それっぽくなってきますが(^^;
最後まで見たら あまり気にならんぐらい感心してしまう良い出来
後半は「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」のトコが好き



宮城学院女子大学よさこい部Possoballare?MG
そうなの、ここもみちYOSA中止によって今回が初見
やりやがったなぁ・・衣装めんこいし   ゆるふわ系JDチームの極みw
 もっと大人数でのシンクロ率の高さが売りだった気もしますが
今回はちょっと粗かった印象もあり。 ただただ 終始 かわいいw
まぁここまで狙ってきて のあざとさは逆に気持ちいいね
・・ま、本人たちはこういう見方されるの不本意かもとは思うけど(^^;;
これでイイと思います  もはやチームの個性なので
印象に残ったもん勝ちなのですよ


舞紅萩
踊り手さんが子供入れて6人   だいぶ苦戦してるみたいですね
緊張もあったようでだいぶ表情もこわばってましたね(^^;
(最前列だといろんなものが見える)
曲と振りが合ってないというか、曲に対してカウント取りずらそう
なフリだなぁと思いながら見てしまいました (特に前半)
逆に難易度高いのかも?  ま、その辺が端から見てて ちょっと違和感
大幅に 振り 変わって化けてほしい気もするけど 変わってほしくない
気もする  複雑なYOSAヲタ心





今日のところはこの辺で退散しま~す


| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会②


さすがに大寒直後 クソ寒かったわ

15時頃からもう道路凍結してきて
怖い思いしたわ  ブラックアイスバーンが一番おっかねー(^^;



さて、新春交流会レビュー
いつも以上に好き勝手書いてるかも(^^;
ま、信じるか信じないかはあなた次第



みちのくYOSAKOI THE!!駆波゛乱
第1部では2018作品、2部の方で昨年のみちYOSAでお披露目
するはずだった新作を披露  タイトルは「ON!」ですと
THE!!駆にしては頑張った方かな   世界観としては おもちゃのチャチャチャ
的な・・トイストーリー的な (^^)  まぁ同じテーマで たとえば
藤北あたりがやったら・・とか思うともう少し凝った構成見たいなぁなんて
欲も出てくるけど   細かい所作合わせようという意識も感じたし
この調子でもう一皮むけたら面白そうです

かざね
東北と関東のメンバー混在してるっぽい 高知系チーム
元THE駆?のメンバーも助っ人で参加したいたようですしたが
たしかに、THE!!駆のOBOGの受け入れ先としてはスタイル的にも
すごく合ってる気はする  曲に力があって振りなんかも実は激しい感じ
なので、少人数の高知系でもだいぶ見応えありました
MCがどまつり系ぐらい振り切ってるのも面白かったりする


鳳翔乱舞
昨年 みちYOSA魂でのお披露目から数か月
踊り込んで 振りはだいぶ体に染みこんできたようで自分のモノに
出来てきた様子。 その分 自分流になり過ぎてバラけて見える部分があったり
隊列が美しくなかったり(^^; というところも出てるの油断は禁物
余裕が出てきたぶん、目力とか雄叫びとかで気持ちを乗せられるように
なってきたのは〇  良い感じに雰囲気出せるようにもなってきたみたい
こちらも後半疲れが見えてくるので最後まで気力キープ

聖和学園短期大学 和敬
第1部でやった風凜華燦(ふうりんかざん)という曲は 和敬が代々
踊り継いでるテーマ曲のようなものらしく 和敬の子は全員踊れるのだとか。
・・というわけで、過去に所属してたメンバーも合流して披露したんですが
いろんなチームに人材輩出してるんですね  神威、凛牙、かざね、舞綺瓔
の衣装もいたかな    学生時代にYOSAKOIしてた子が卒業もYOSA続けて
くれてるのってすげー嬉しいのよね
同窓会みたいに、今はここのチームで頑張ってます 的な(^^)
オラは勝手にYOSAKOI就職率なんて言ってるんですけど
たとえば 青森でいうなら焔舞陣の卒業組が今の所属チームの
衣装着て「サンバ」とかやったらけっこう胸熱


みちのくYOSAKOI大漁連
郡ママ、みちYOSA魂ん時に引退引き留められて ホントに思いとどったみたい
踊ってはいませんでしたが・・ま みちYOSAの顔的存在ですのでね。
なにやらグダグダっとなったまま踊り始めそうになったハプニングが妙に
記憶に残ってる(^^;   メンバーさんの平均年齢の割には 実はけっこう
機敏に綺麗に動けてるんですよね  まぁ 凝った構成は無理としても
毎回衣装チェンジとかこだわってやってるし  ただ、今回 照明の関係で
衣装と背景の色が同じになっちゃうのはけっこう気になったな
赤衣装ん時とか完全に同化しちゃってたので 。
みちYOSA もしかしてマダム部門みたいなのがあったらもう少し
ここにもスポットあたるんじゃないかしらね(^^;


柴田よさこい美翔連
新しい作品かな? 少なくともオラ初めて見た気がする
大化けとまではいかないけども、すごく良化したなと感じました
前半 ほぼスローパートで展開していくんですけど テーマに合わせて
柔和で優しい表現が チームの個性にもなってて 良いの見つけたな!
というところ(^^)  ぽっそあたりがやってきそうなトコですが
このあたりじゃありそうでなかった系統なので大事にしていった方が
いいと思う 女性チームということもあるしね
後半テンポ上がって激しい感じにもなるのですが まぁ そうなると
同系統のチームには叶わないので(^^;  前半で勝負だね

海童いしゃり
ステージの使い方上手し。 ソーラン仕込みさすがだわ(^^)
みちYOSAの時よりだいぶコンパクトですけど
勢いに乗ってますね   ジュニアっ子も一人で堂々とよく頑張ってた
これまで男隊がグイグイ演舞を引っ張ってた印象強かったですが
女隊の踊りが表情も出てきてて存在感増したなというところ
バランス良くなってきたから人数減をそれほど感じなかった
声でカバーしてたのいうのも大きいですね
あと、最後の大旗のシンクロ具合も見事でした

Ace
TOKYO2020を前に 頑張る選手たちをYOSAKOIで応援
したいというコンセプトで今年限定活動のチーム
というところなので人数は欲しいところだよね
所属するチームとの掛け持ち可 の寄せ集め(^^;的な面もあるので
それほどクオリティはこだわらなくてもいいのかなと思いますが
曲とか振りはなかなかカッコイイ   だもんで、総踊りのように
気軽に乱入・・といかないから敷居が高いんだろうな
ソーラン見に行ってみたいけど、せっかく行くならちょっと
踊ってみたいな~ とか思ってる人にお勧めのチーム
旗や衣装の赤い丸は 日の丸のイメージなのかな?

 


今日のところはここまで~

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

帰宅!

仙台から戻ってきました

8時頃まで仙台いたのにね~
新幹線ってはえぇぇ(笑)


久々の遠征  楽しみました

Dsc_1452 Screenshot_20200118151709
観光もしたし ドラクエWのおみやげクエストも出来たし


久々にYOSAKOI仲間の皆さんと楽しくお酒も飲めましたし(^^)


Dsc_1463 Dsc_1476 Dsc_1499


今年で4回目 新春宮城YOSAKOI交流会 も大盛況

ホスト役の和敬のみなさんお疲れさまでした



Dsc_1504 Dscpdc_0002_burst20200119161556400 Dsc_1519

まぁ 追々 じっくり書いて行く予定ですが


オープニングの宮城合同チーム演舞は特筆かな
今後の宮城県のYOSAKOI発展に繋がる大きな第1歩かな

みちよさ中止で見れなかったチームの作品も見れました

個人的には 轍-wadachi- が思いのほかカッコよかったのと
しばた美翔連の良化が印象的です


とりあえず早速 合同演舞(総踊りではない・・というトコロが重要)の動画探すか

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

新春宮城YOSAKOI交流会 参加チーム


いよいよ週末は
第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会


オフシーズン中は敢えてなるべくYOSA以外の
エンタメや芸能に触れるようにしてるんですけど
(ウォッチャーとしては結構大事)

これは オフシーズン中でもけっこう大き目なやつなのでね


参加チームも確定してるので
第1部の登場順に書き出しておきます



2020 新春 宮城YOSAKOI交流会 参加チーム


凛牙
神威
舞姿道みろく
祭・WAKUYOSA舞桜
『華・flom KAMI』
みちのくYOSAKOI THE!!駆波゛乱
かざね
鳳翔乱舞
聖和学園短期大学 和敬
みちのくYOSAKOI大漁連
柴田よさこい美翔連
海童いしゃり
Ace
蒼天爛華
南仙台桜獅子連
仙台育英学園Team若獅子
羽跳天
宮城学院女子大学よさこい部possoballareMG?
舞紅萩
轍-wadachi-
月詠
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
舞綺瓔
福島学生 "源種" ~seed~



面白い顔ぶれになりましたね(^^)
去年のみちYOSAで見れなかったところも見れそうなので楽しみです

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧