2019年8月18日 (日)

昨日(8/17)の動き


Dsc_3009 
昨日はね、ほんとはコレに行くつもりでチケットまで
買ってたんですよ   北海道でのハロプロの夏コン

で休みも確保できたので 交通手段手配しようと思ったら
フェリーが完売(^^;
世間的に今日までお盆休みなのすっかり忘れてて
行きは空いてるんだけども帰りこっちに戻ってくる足がない・・
つーことで 予定変更して 
じゃーどっか他のイベント行くかってことに

各地でお祭りなりイベントなりがありまして
ギリギリまでどこ出かけようか迷ってましたが

とりあえず9時ぐらいに起きたので 盛岡へGO
(思い立ったからと行くような距離でもないのですが)

もっと早起き出来れば午前の部も見れたのでしょうけど
とりあえず午後だけでもみれればいいやということで
まぁまぁの長距離ドライブ

Dsc_2824 Dsc_2911

ショッピングモールの中のイベントコートってまぁまぁ
広いですけど吹き抜けになっててこれだけ広けりゃ
大旗共演まで出来ちゃう

大旗共演を上から見下ろすというのもやろうと思えば
出来たんだよなぁ 失敗した

Dsc_2841  Dsc_2848 Dsc_2880

8チームの参加という事でしたけども
なかなかに見ごたえのあるメンツ


Dsc_2854 Dsc_2860

先日、とよさとと被っていて雫石行けなかった
ということもありますが、盛岡までいってみようかなと
いう決め手が横舞伝の新曲まだ見てなかったこと


ジュニアなんだけどとっても大人っぽい踊りするよね
前半はどこかの学生チームとかで見たような感じだったかな
最後の扇子パートがかなり蒼天飛龍っぽかったというのだけは
言っておきましょう (^^)

ま、これから見る機会あると思いますので
成長を楽しみに・・・   


Dsc_2921 Dsc_2913


屋内だけど総踊りまでで出来ちゃう(^^)

今回が初のイベントということでしたが
大成功だったんじゃないですかね

こういうところでの演舞って普段YOSAKOIを目にしない
通りすがりの買い物客のみなさんにも見てもらえるチャンス
なので こういうイベントきっかけにYOSAファン増えてくれると
嬉しいですね


Dsc_2924 Dsc_2933 Dsc_2944
盛岡でのイベントの後
東北道を北上して黒石市の ふるさと元気まつり へ

黒石よされ 期間中によされ一休みしして
花火大会の行われる河川敷に人集めていろんな出し物
見せてくれるイベント


到着したころ なんでだろうでお馴染みのテツ&トモのお笑いライブ

その後 よさこいコーナーに影飛威Seaが出演
それこそその昔は花嵐とかkuroishi踊り組とかが出て居たような
気がしますが  なぜか焔舞陣でもなく影飛威sea


影飛威Seaはこの手のイベントではオリジナル曲やらずに
総踊り系で構成  最近この手の営業も増えてきてるっぽいし
花嵐でいうところの千恵っ子よされのような
一般ウケするようなレパートリーもそろそろ持っておいた方がいいかもね

Dsc_2953 Dsc_2966 Dsc_2978
開催期間中に見に行くことが出来なかった黒石のねぷたも
数台 出陣してくれるので盛り沢山な内容



Dsc_2983 Dsc_2994
RINGOMUSUMEの妹分ユニット ライスボールのライブもあり
花火もあり

あ、花火は最初の数分だけ見て
そのまま弘前のイオンシネマに移動して ワンピース映画レイトショーで見て
帰ってきましたとさ

帰宅したのがもう日付変わって1時過ぎとかでした(^^;


で、本当は今日もそれなりにイベントあったり
碇ヶ関のおまつりとかよされ最終日とかいろいろあったんですけど
どうにもこうにも前日の反動かなんか知りませんが
ちょっとゆっくり休みたいなと思って ひさびさに自宅でまったり


ま、今週どまつり遠征とかもあるからね~(^^;

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

2019 YOSAKOIソーラン⑭


夏まつりシーズン始まったのでやっぱり間があいてしまった
YOSA以外の祭りシーズンまだ続くけど
ちょこちょこ合間見て再開(^^;

前回どこまでいったんだ?ってなってくるね

FUNKYススキノ2日目の途中でした



肥後真狗舞  ここと突風は一度フルサイズ人数の演舞を見てみたいね
とはいえさすがに九州遠征するほどの余裕はないけども(^^;
U40で毎回上位に入る実力派  身体一つでガッツリ見せる系
手数多くないしシンプルなんだけどちゃんと熱さが伝わってくる
衣装もいつも同じで手のうちも毎回一緒なので さすがにマンネリ感
もあったりしますが  しょっちゅう見れるわけでは無いので個人的には
このままでOK

旭川華酔組 あんまり名前売れてないけど(^^; 曲もいいし
振りもいいし 良いチームなんだよね~
ちょっと前までの 女子隊のエロさというか艶っぽさとか好き
だったんだけど今年はちょっとその辺はおとなしめ
中盤の男衆の踊りが勇ましくて良い感じでした
男女で衣装ちょっと色味違っててもよかったかもねー

 
函館躍魂いさり火 今年のいさり火の作品見たのはココが初
ちとせでも見れたし次は道南大会でも見れそう
もう衣装の雰囲気とかも今までのいさり火とだいぶ違ってて
ちょっとした衝撃  太鼓のバチもって踊るので ちとせの時に
ドラムタオみたいってつぶいやいたんだけど これがもう
むちゃくちゃカッコエエ  要所要所でいさり火らしさも
ちゃんとありつつ のnewいさり火   この当時はまだ
持ち道具の揃いっぷり甘かったけど かなり良化してると思われる


室蘭ルネッサンス 去年あたりからちょっと化けたのよね
ま、衣装の雰囲気が変わったというのも大きいんだろうけど
人数のボリュームで見せる群舞とか いい感じでチームのカラーに
なりつつあるのかなと思います   ファミリーチームだけども
見応えありますね  中盤のスローパートのあたりがごちゃっと
なった印象なのでもう少し見せ方的に工夫できるのかなと

安濃津よさこいHAPPY ARCHIVE  安濃津よさこいPRのための
合同チーム  みちYOSAと被ってるから一度も行った事ない(^^;
演目は過去に何度か見てる うなぎサンバのやつ
蛇踊りのウナギverがインパクト大   勝ち負け別として
この手のちょっとゆるめの総踊り系は嫌いじゃないです
踊り手の人達がホントに楽しそうなんだもん

関東学院大学”誇咲” ファンキーススキノではMCで遊ぶ のは
ちょっとした学生チームあるあるかな  いろいろとかネタ挟んでて司会の
方々も反応してましたのでその辺注目して聞くのも面白いかも
いわゆる関東の学生チームの系統ですが ちょっとした群表現なんかも
見せます  MCが騒いでた割には鳴子の音もちゃんと聞こえてた気がする
最後に衣装の色チェンジあるんだけどお客さんの反応あんまよくなかった
気がする・・ 活かしきれてないのかも


早稲田大学 踊り侍 いわゆる関東の学生チームといわれるスタイルを
確立したのはここかな~というような気もしないでもない
そしていつも人数めっちゃ多いから圧巻   MCはだいぶ絶叫系ですけど
踊りは整然としてて 勢い任せじゃなくてメリハリもある
高知系として括ってしまうには違和感あるほど振りも激しかったりする
けど よくまぁこれぐらい揃うもんだと感心
しあわせだ煽りのあたりでぐだっとなるのが勿体ない



  これで一応ファンキー二日目編終了 
残すところあと最終日1日分


| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

久々に動画UP(^^;



とよさと、 写真の方のYOSAKOIカメラマンさんは
何人かいらっしゃってましたが  動画職人の方が
いらっしゃいませんでしたね(^^;


そういや なかなか豊里の動画って見かけないもんな(^^;


というわけで、マニエルさん的に記録用として撮ってた
やつをいくつかyoutubeに上げてみました


普段あまりやってないので操作とかちょっと忘れかけてた

一応 あるんですよ・・・ズブ様的動画置き場
数年ずっと使ってなくてさんさの時に久々に男組のをUPしたなぁ


右側にあるサイドバーにあるリンクから飛んでいけます
ズブ様的動画館
 You Zubeってやつね

なんとなく とよさとの雰囲気つたわれば・・と思います


というわけで動画編集UP作業してたらもうこんな時間だ

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

Yosakoi&ねぷたinとよさと

行ってきました

登米市豊里。

雫石からのハシゴという方も数名いらっしゃいましたが…
オイラは今回はこっち一本   連休だったからね~
翌日の休みが無ければ雫石トンボ返りパターンだったかも


というわけで、昨日は一日中 ず~っと移動
三陸道通りながら 復興の様子を見ながら帰ってきましたが
いやぁなかなか疲れたね  
もう帰ってきたのが18時過ぎでしたがあとはもう夜までグッタリ


お盆休みというのは全く無縁な業界なので
今週もガッツリ仕事っす



簡単に報告

Img_1269 Img_1270 Img_1284


ここは毎回 縁とコンサがレギュラー出演

演舞だけじゃなくねぷた運行でも盛り上げてくれましたし
会場設営なんかも手伝ってくれてるみたいですね

今年の本祭時に披露された縁の総踊り みんなでコチャYEAH は
かなり面白いっすね    まさにごきげんな流れだわ
ストームも2回もあるし   バカ騒ぎ系総踊りとして会心の出来と思います(^^)




Img_1280 Img_1303 Img_1322

演舞はどのチームも暑い中頑張ってましたね

奇しくも遠く高知では 本場のよさこい祭りも開催中なので
高知系チームを見つつ思いを馳せて見たり

Img_1324 Img_1336 Img_1379
Img_1388 Img_1382 Img_1372

新曲だったり、なかなか見れないチームも見れたりで
ウォッチャーとしては大きな収穫(^^)



コンサ
羽跳天
ぽっそ
飛勇凛
みろく
矢→もっと
祭・WAKUYOSA
いしゃり
華日和

ざっくり 10傑あげるとしたらこんな感じかな~  ( ̄ー ̄)

縁は今年構成凝ってるから少人数だと見せるの苦労するかなと
思ったけどちゃんと20人ぐらいでも沸かせてくれますね

コンサはもう役割分かって狙ってきてるのが◎

矢→もっと  今までとだいぶ雰囲気変わったけど
古き良きソーラン時代のような曲の雰囲気は結構好き
 
海童いしゃりは なんか復活の兆しを感じますよ
踊れる人材は強みだねぇ  (^^) 


舞姿道みろく  前代表の等身大幟旗に思わずうるっときたわ
地元での演舞披露 素晴らしかったです
お盆だしきっと見に来てたね 

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

YOSAKOI&ねぷたinとよさと 参加チーム


雫石YOSAKOIと同日
宮城県登米市 豊里駅前にて Yosakoi&ねぷたinとよさと 開催

去年は日程ズレてれば雫石ととよさとどっちも
見に行くことが出来たんですけどね~

今回は マニエルさんは豊里の方に参ろうかと思います
実際に見に行くのは3回目かな

YOSAKOI&ねぷたinとよさと 参加チーム

北海道大学 縁
コンサフリーク北海道武蔵女子短期大学
飛勇凛
鼓舞士
蒼天爛華
みちのくYOSAKOI THE!!駆波”乱
羽跳天
宮城学院女子大学よさこい部Posso ballare?MG
舞紅萩
KAREN
月詠
祭りや
おどっちゃ矢→もっと
舞綺瓔
遊美YOSAKOIおどり隊
辿
海童いしゃり
南三陸今村組 陸仙海
祭・WAKUYOSA舞桜
舞姿道みろく
Bigねっと
東和よさこいサークル
勇美会
とよま舞心
T・Yキッズ
万葉さくら組&とよさとマイ・タウン エアロビチーム
とよさとマイ・タウンクラブ レクダンスサークル
TEAMマイ・タウン
舞☆たうん
華幻
華 from KAMI
ピーチダンベル
九年一組
華日和
遊夢舞



まぁ、非YOSAチームもカウントされてますが(^^;
それでも雫石と同日で35チームはまぁまぁじゃないかしら

宮城県チームはやはりこちらが多いようですね
縁、コンサは人数気になるね

九年一組(くのいち)が久々に見れるとは

| | コメント (0)

雫石yosakoi参加チーム


 お盆前にも土日祝日があるので世間は大連休なのですね

そりゃ、まぁ イベントも目白押しだわな


マニエルさんは夏休みを
ソーラン遠征の時にぶっこんでしまっているので
お盆の最中は仕事ですw


というわけで、8/11(山の日)には雫石町 世界アルペン記念公園で
雫石yosakoiが開催されます
とよさとで同日開催イベントあるけど こっちは参加チーム増えてるし(^^;
これの後のよしゃれも見たいのよな~

雫石yosakoi参加チーム

大東Yosakoi恋・来い連「菅原組」
紅翔連
煌姫神
祭姫會
華風舞
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
げいび藤美連
鏡踊爛會
月詠
桜秀心舞
やまがた乃舞士
新屋なるこKIDS
ヤートセ秋田酔楽天
舞童
神風宮古流星海
江刺華舞斗
室蘭ルネッサンス
凛轟
凛牙
水沢絆舞連
大宮同心桜連
盛岡市見前中学校
桜室連
よさこいチーム鴒
はちのへYOSAKOI
破天荒
桜蓮迦

苺色の一会


初登場チームもけっこう居ますね
北海道含む県外チームも多数
見応えありそうですね

1部と2部で違う曲やったりとか
思わぬコラボが見れたりとかいろいろ楽しみの多いイベントです


| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

大湊ネブタ


今日は勤務終了後 むつ市へ

大湊ネブタの初日です
今年は青森ねぶたとまるっきり被るんだね

といっても初日は合同運行ってのがなくて
メインは花火大会  で、花火大会の会場にずら~っとねぶたを並べるという
ねぶたと花火という青森の最終日的ロケーション

しかし、今年のねぶたが全部集まるというわけではなく
同時刻に町内自由運行をやってる団体もアリ
(角付けってやつですね)


Img_1058

Img_1060 Img_1063 Img_1064
Img_1066 Img_1069 Img_1070

青森のと比べると小ぶりで 素人っぽさもあったりしますが
昔ながらの地域のねぶたの味があって良いです

親がむつ出身だったので
夏休みに親戚んちに泊まりに来てねぶた引っ張った
想い出がよみがえります  

休憩の時にもらえるアイスが美味しかったなー(^^)


Img_1074 Img_1083 Img_1093


大湊ネブタは今日から明後日まで


むつはこの後  田名部祭りもあるんで盛り上がりますね



| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

青森県内いろいろ


先週ぐらいからようやく夏らしい天気になってきましたので
県内あちこち出かけております


まず、今年の 田んぼアートね  収穫が近くなると黄色っぽく
なってきますので青々としている7月が見ごろ

ただ、土日祝日は展望台上がるためのエレベーターが1時間待ちとか
になることも多いので 行ける人はなるべく平日に行くのをお勧め

長時間待っても 作品眺める時間はさほど長くないし・・(^^;
滞在10分もあれば十分堪能できるハズ


Img_0604 Img_0603
まずは第2会場「道の駅」の石アート
これも展望台からの角度を計算して作られてるので
下から見るとびよ~んと伸びた感じになります

Img_0608 Img_0612  Img_0617

お母さんといっしょ  図柄
横長なのでよほどの広角じゃないと1枚に収まらない(^^;
下から見る徒やはりビヨーンとして分かりにくいでしょ
でも、あちゃんと稲なんだなってのがわかる


Img_0620 Img_0626

第一会場 役場前の「おしん」図柄
キャラクターものじゃなく実写をここまで表現できるって
すごいなぁ ちゃんと本人に似てるし



で 続いて 先日の三沢の七夕
やってるらしいというのは前から知ってたけど
実際に見に行ったのは初
Img_0639 Img_0638 Img_0636
Img_0634 Img_0633 Img_0630
夜間展示ありきの飾りなので電飾仕込んでるのがいいですね
熱帯夜 人でも多く賑わってましたわ
各所にある小さめのステージでライブパフォーマンスが行われたり
してて もう少し涼しかったら ゆっくり見て回れたんですが
結構な距離を歩くことになったので滝汗でした


で、昨日はつがる市のネブタ
青森程の大型ではない いわゆる小型、中形の地域ねぶた ですけど
これはこれで好きなんですよ(^^)

Img_0687 Img_0694 Img_0698
Img_0709 Img_0715 Img_0716



これの前に青森のラッセランドで本番に向けて準備中の
大型ねぶたもいくつか見てきましたが 今年も楽しみですね~

Img_0674 Img_0644 Img_0658








| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

2019 YOSAKOIソーラン⑬


今日も暑かったぁ・・ ついに真夏日来たわ
曇ってたけど 30度以上  湿度高杉君

こんな中で一日中仕事してるってことはですよ
ぬるめの風呂に6~7時間ぐらいずっと浸かってるような
もんだから  そりゃ脱水症状で倒れるヤツも出てくるわな(^^;

ま、対どまつり用訓練としてはなかなかいい練習になりました
明日も暑そうだなぁ

今日はだいぶお疲れモードなので軽めに(^^;


ソーラン振り返り編 昨日までで土曜日のお昼編終了
ここからファンキーススキノ2日目へ

ファンキー2日目はけっこうマニアックだけど
見ておきたいチームがたくさん登場


平取義経なるこ会 久々に生で見た気がするけど こんなに人数いたっけ
ファミリーチームだけど若手も多いから 動きは悪くないですね
曲もだいぶ本格的ですけど振り自体はそれほど難しくないと思う(^^;
総踊り的な感じで参加しやすそう 
古き良き時代の素朴なYOSAKOIがちょっと懐かしくも感じたり

煌星 きらぼしって読むのかと思ってたら かなた だって。 長崎佐世保から
遠路はるばるご苦労さんですね~  長崎の方のYOSAKOIチームって
なかなか見る機会も少ないけども これまた独特の空気在ります
印象的なのはやっぱ踊り子一人ひとりの表現力かな~
全体の中の個というのではなくて  一人ひとりがみんな主役でいけるぐらい
活き活き踊ってます  でも、一体感はちゃんと感じられます

東海大学響 神奈川の学生チームですけど いわゆる関東の学生チームと
いうよりは芸風はどまつり寄りでしょうか  とりあえず、ススキノ会場で
コースを横につかってステージ形式で踊ってたのがかなり違和感(^^;
ま、どまつりのカニ歩きスタイルのパレードも最初見た時だいぶ違和感
でしたけど。  箱根の大文字祭りがテーマとのことで、作品としては面白
そうだったのですが 位置的に全体像が掴めなかったのが残念審査パレード
どんなふうにやったんだろう・・

京都チーム「櫻嵐洛」 櫻嵐洛、面白くなってきましたね~ ビジュアル的なとこ
でだいぶ変化入れてきましたね  妖狐テーマということで黒い狐面を付けて
踊ったりするんですが 振りもまたちょっと変わっていて印象に残るものに
鳴子の使い方なんかも面白かった  隊列の変化とかもないシンプルユニゾン
だけどなんかついつい見入っちゃう作品でした   今までの感じと違って
めちゃめちゃカッコよかったです

tokachi紅  なんかtokachi紅をファンキーの2日目で見るってのがここ数年定番
になってきてる(^^)他の会場ではほとんど見ないんだけど
時系列前後してちとせ編でも書いたけど tokachiの振り好きだわぁ
前半の男子たい女子隊の荒ぶるところとか そこからのブレイクびしっと決まる
ところとか  で、今年の曲はスローパートで十勝の雄大さが感じられるのも◎
ウォッチャーの間では評価が高い 見つかってほしいチームです

SA:GA-彩雅-  今年のソーランで見れるのを楽しみにしてたチーム
自分的にはVOGUEの直系という認識なのでこういう形で里帰りってのが
胸熱だったりする  曲とか衣装の雰囲気のラグジュアリーな感じ
思った以上に VOGUEの雰囲気残してくれてておもわずニマニマしちゃった
リフトでの傘とかってやっぱ見栄えいいねぇ
もう少し人数多いバージョン見てみたいっすね    


少し短めですけど
もう今日はクソ暑い中での仕事でお疲れなのでこの辺で切り上げ~

そろそろ青森県内お祭りとか始まる時期なので
続きは・・少し先かも?

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

2019 YOSAKOIソーラン⑫


今週に入って一気に夏らしくなってきた
気温と湿度が急上昇

まもなく始まる県内のおまつりに合わせたかのごとく

青森の短い夏なので思い切り楽しみたい  ところですが
人員不足からの配置換え的な流れに巻き込まれ・・
勤務地変更からの~  休みも少し減っちゃいます予告キター  (泣)

まぁ 6月めっちゃ休みまくったからなぁ(^^;

ひさびさに盛岡にさんさ見に行こうかと思ったけど未遂に終わりそう
いろいろと予定も変更しなきゃですわ


さて、ソーラン振り返りシリーズ パート12


北里三源色   三源出るっていうんでパレードコースの見物を一旦切り上げて
西8フリースペースへ  ここ10年ぐらい続いてきた伝統的なテーマから脱却
もっと大胆に変えちゃってもイイような気もしますが  今年はまず第1歩
肝心の演舞の方は、西8のあの空気に飲まれちゃってる子達が数名居たような
気もしますが 後半に進むにつれていつものはっちゃけぶりが見れた気がします
とりあえずU40での二次進出という結果もついてきたし この人数でよく
頑張った。   先日の七夕ん時ぐらいいればそれなりに見応えある


ひがしかぐら東神酔華の舞 少し人数減っちゃったべかね
曲も振りも今流行りの感じじゃない(^^;のがイイ
男踊りと女踊りの2パートに分かれてるんですけど
男踊りにもう少し力強さが欲しいかな  まぁ実際に
女性が踊ってるんですけども 対比というところでもう少し
わかりやすく踊り分けられてるといいのかなと思いながら見ました


石狩流星海  最近は宮古の流星海の方を見る機会のが多いけど
本家 のザ・YOSAKOIソーラン やっぱ好きだねえ(^^)
地域のみんなが家族ぐるみで参加 という お祭りの原点
作品の中身的にも ソーラン踊りとお祭り感がギュギュっと濃縮
ファミリーチームでそれぞれの部隊活かしつつここまでの作品
見せれるってのはすごい事
隊列後方のちびちゃん達がすっげーめんこかった

アイドルカレッジ  最初はまぁプロモーション的な 賑やかしだろう
という見方はしてましたが(^^;、なかなか真面目にYOSAに向き
合ってるので、最近はもうアイドルグループというよりひとつのYOSA
チームとして見てるかも  まぁその道の方々ですから踊りのキレとかも
イイですし やっぱり表情だったりお客さんとのアイコンタクトだったり
というのはほあのチームもたぶんすげー勉強になると思う
個人によってスキルの差はありますが見せるってのを意識してる
見られてるってのも意識できてる   なんだかんだで楽しみなチームに
なってきました  最近、衣装がだいぶYOSA寄りですけどもう少し
アイドル感出した方がキャラ的に立つような気がする

The日本海&北國新聞  今年の日本海は・・好きだったねー 
赤青の衣装ってのもスッキリ見やすくて良かったし  曲も良い出来
それに合わせてパレード構成も上手くハマってたました
今回は中盤に出てきた加賀鳶のシーンがものすごく印象的でご当地感も
ありましたし 得意とする加賀百万石の豪華絢爛さもあって、
天舞の二番煎じと言われてた頃とは違った オリジナルのthe日本海
らしさが出てたと思います

法政大学YOSAKOIサークル鳳遙恋  いわゆる定番の関東の学生よさこい
のスタイルですね  高知寄りのユニゾン流し群舞  で、
とはいえワビサビという感じはなくて元気と勢いの力技なので
見る人によっては かちゃましねぇと思うかも
まぁだいたいはこれにちょっとした絶叫系ポエムがついてくる感じですし(^^; 
だもんで鳴子とかはちゃんと鳴らしてたりするんですけど MCにかき消される
パターンもあり   もう少し曲の緩急とか気にしてもいいのかなと思ったりします



この後桟敷席入って まるまる6ブロック観戦


大阪市立大学チーム朱蘭 愛知、大阪方面の学生さんはテーマがすべて。
強めの味付け ミュージカル仕立てや仮装大賞感強めのエンタメ系が多め
だったりします  で、ここたしか夜桜の宴ってことで酒盛りがテーマ
なのですが 遠征の地でのパレードで演出道具フル装備とかはさすがに
無理があるようで(^^; たぶん伝えたいテーマの半分ぐらい伝わったか
どうかというところかなぁ  どま系チームってエンタ性高くて見応えあるけど
やっぱりステージ特化型のが多いので パレードは苦戦しがちと思います
札幌のパレード審査 どまのやつとはまたぜんぜん違うからね

TOKYO PHANTOM ORCHESTRA   東京にすっげーチーム出来たという
話は聞いてましたが 実際に拝見したのは初 少しハードル上げすぎたか
 や、テーマとか世界観は面白いなと思いましたし ここまでがっつり洋
なのも最近あまり見なかったので新しさはあるんですけど パレードで
目の前をあれよあれよと言う間に通り過ぎていくうちにあの世界観を
伝えきるのはちょっと難しいのかなと思いました振りとかも印象的で
カッコいいのもあったし ステージで何度かじっくり見ればもう少し
ハマッて見れるのかもしれません  

弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣  新入生合流前なので
やっぱり人数的に寂しいのよなぁ  それでも50ぐらいはいたか?
お披露目の頃から作品の出来に関しては そこそこ評価高めでしたが
・・北海道のハイレベルな中に入ると霞んじゃうねぇ(^^;
ま、こればっかりはしょうがない 相手は10年ぐらい先行ってる
気になったのは進行ペースの速さね  もう下手したら120メートル
ぐらい行ってんじゃないかってぐらいのペースでどんどん進む
どんな踊りしてたか記憶に残るか残らないかぐらい
踊り終わった時には審査員の前通り過ぎてだいぶ先に進んでたので
これはちょっとパレードの進み方研究した方がいいと思いました


天嵩~Amata~  昨年とはまたガラッと変わってエンタ性の強い作品に。
衣装とかもすげー好き  まぁ名古屋囃子なんかも入ってるし  完全にどまつり
ナイズドされてますが  しっかりと鳴子や傘振り含め カッコイイ踊り要素も
入ってて 見応えはあります  ただ、たぶんこの味付けは ソーランでは少し
濃すぎるのかもなぁ  という思いはあります 
個人的にはこの路線は嫌いではないけどね というかむしろ好き
辛口コメンテーターからは どまつりに毒され過ぎた
なんて声もあったりしましたが  (^^; どまつりで勝負できるチームが
北海道にも誕生した・・と思えば喜ばしい事なのかもしれないですね

| | コメント (0)

より以前の記事一覧