2007年1月26日 (金)

レア物

わけあって、先日ウチの押しいれ(推し入れともいう)を引っ掻き回した
時に、レア物?が出てきたので紹介しますw

まぁ興味のない人にとってはまったく価値の無い物かも

続きを読む "レア物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

レ・ミゼラブル

しまった!!
ファンクラブのチケット先行申し込み忘れてた! 昨日の深夜までだったか・・・(^^;;

ミュージカル「白蛇伝」見に行こうかと思ってたんですけどね~
ホント、アフォですわ
ココログメンテ中ってことでPCに電源入れなかったオイラが悪いのです

そのうちどっかでまた申し込みあるだろ と楽観モード 甘いかしら?
ま~、まだ随分先の話ですしね (^^;

さて、随分先のミュージカルの話といえば、ココログ停止中に個人的には
とても大きな情報ゲットいたしました。

デカレンジャー・デカピンクこと菊地美香ちゃん
あの名作ミュージカル「レ・ミゼラブル」出演決定!!でございます

これって凄いことだと思う(^^) あの帝劇の舞台ですよ。
やっぱ、応援してるコがね、こうやって大きな舞台で活躍するチャンスを
掴んだとなると嬉しいものです

体は小さいのに、すごく舞台映えのする彼女には是非テレビとかよりも
舞台(特にミュージカル)をメインにやって欲しいなと思ってましたので
今回のミュージカル出演はホント楽しみです
もともと、一度は見てみたいと思っていた大きな作品でもありましたし
絶対に見に行くつもりです(^^) はやくキャストスケジュール発表にならないかな

ま、まだチケット発売も来年の話なんですけどね

あ、そうそう「白蛇伝」の方は忘れましたが(^^;、最近お気に入りの島谷ひとみ
さんの「CROSSOVER」ライブの方は一応プレリザーブ申し込みしてみました
当たるといいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

マジック

4月に入ると、さらにチェックしたい特番が増えるなあ・・・
未見番組に埋もれちゃわないようにHDD容量確保に明け暮れる毎日(笑)
テレビっ子としては嬉しい悲鳴?

だいぶ前に放送されたのですが、ようやく見終わったので・・・

●本日のテレビ
「Mr.マリックvs芸能界大スター軍団前面対決トリック見破りバトル超魔術完全包囲網SP」
                                    (TBS系 03/25 19:00~)


タイトル長っ!!
改変期には必ず見られる番宣を兼ねた、Mr.マリックの特番です
恒例になりましたね。 マリックと番組出演者のタネ見破り対決番組。
各新番組の出演者が、Mr.マリックが演じる比較的子供だましな手品を
見破ろうと必死。 見破ったチームには100万円進呈

もちろん、見破っても見破れなくてもタネあかしはしてくれるので、宴会
での芸を身につけたいお父さん必見(^^; 飲み屋でモテうようなネタ
ではありませんが。

今回は亀田兄弟と泉ピンコのリアクションが◎ でした
ちなみにオイラは昔ほんのちょっとだけ興味を持って、かじっていた時期が
あるのでいくつかは分かったですけど、ほとんど分からんかった(^^;

んで、前回からこの番組の核になってるのがマジシャン同士のガチンコ対決。
前回はマリックの元アシスタントだったふじいあきら氏と対決。いろいろと複雑な
事情があったようで、かなり緊迫した空気になってました

今回は関西№1の実力といわれるムッシュ・ピエールとの対決
後輩と対決する時のマリックは嫌な奴に見えるなあ(笑)
いやいや、お互い実力出し切ってマジで勝負してますね
本気を出すあまり、若干客を楽しませることを忘れているような気もしますが
それが余計に緊張感を生みますね。 
このレベルまで来れば、もうどんな現象でも実現可能なんでしょうね(^^;
トランプをシャッフルしているように見せかけて思い通りに並べ替えるとか・・・
とにかくかなり見応えありました。
今活躍してる若手のマジシャンのほとんどは、Mrマリックに衝撃を受けてこの
世界に入ったきた人がほとんどでしょうから、この世界では神様のような存在
であるマリックとサシで勝負できるってだけで緊張するでしょうねぇ(^^;;
ピエールも後半、キャラ忘れかけてましたし

これで、各社のマジック特番が出揃ったかな?

「奇跡!!超時空マジック史上最強の魔術師Drレオン緊急スペシャル」(日テレ)

以前にもこのブログで書きましたが、一番うさん臭いのがコレ(^^;
よくよく見たらプロデューサーが「ガキ使」の菅ちゃんでしたから、完全に
バラエティとして作ってますね(^^; ピカデリー梅田シリーズ並の演出にも納得(笑) 

ただ、この手の番組はある程度胡散臭さがないと視聴者が食いついてき
ませんのでコレでよかったのかもしれません。 個人的には一番好きだし。
やらせ疑惑があるようですが、こういうのはどこまでを「ヤラセ」としていい
のか悩むところですね(^^; 番組の協力なくしては出来ないネタは確かに
ありましたが、最初から超能力と言ってるわけではないですし。

日テレマジックといえばこのところ「前田知洋」だったわけですけど、ヅラ
かぶってくれと言われて断ったのかなあ(笑)

マジック革命!セロ奇跡の伝説再び!(フジ)

一番スマートで女性ウケが良さそうなのがコレ
本の中から印刷されていたものを実物として取り出したり、喫茶店の看板から
コーヒー取り出したり、夢があります。
一応、街に出てそのへんの人を捕まえてネタ披露してることになってますが、
どう考えても、サクラ(仕込み客)を投入しない限り成立しないであろう
ネタが多すぎ(^^; ってこんなこと書いちゃうと夢も希望もなくなるね(爆)

あまりにもパーフェクトすぎるとそっち(やらせ)を疑うしかなくなっちゃうから、
やっぱり「小手先」の技術こそ手品の基本だよなぁ・・・って思った(^^;
大仕掛けになればなるほど番組側を疑っちゃいますからね

で、テレビ朝日はRYOTA他、イケメン魔術師軍団みたいなのを仕掛けていた
はずでしたが・・・コケたか?(^^; 今期見てないですね(ウチのチェック漏れ?)

というわけで、春のマジック特番をいろいろ見てきましたけど
「見せ方」と言う部分ではMr.マリックが一歩リードかな。
ゲストに合わせたネタを用意してきますし、ただ不思議現象を見せるだけ
ではなく、身近にあるモノをつかったり、ユーモアも取り入れたりしてます
から飽きません。  エンターテイナーとしては一流ですよ。

不思議さとかネタのレベル的には他のマジシャンもほとんど同じかそれ以上
ですけど、やっぱり「現象」がすごいだけでは満足しない客もいるわけで、
そこに至るまでのプロセスも大事なんですね。 勉強になるなぁ

Maeda

ちなみちこちらは、最近オイラが買ったものです
安かったので買ったのですが、中身は普通のトランプでした(^^;
それにカードマジックのタネが書かれた冊子が入ってるだけだった
普通のといってもプロ仕様なのでかなり使いやすいです

やっぱある程度高額なヤツじゃないと仕掛けのあるトランプは手に
入らないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

CLOSE YOUR EYES

昨日(3/9)ログイン出来なかった分、昨日の分までざっくり書きます

●本日のテレビ「マッスル9」 (スカパー サムライTV)

放送日は昨日じゃなかったんですが、休みだったので以前録ってあったのを
ようやく見ました。3/5にマッスル10が行われたので一つ前の大会です

んで、「マッスル」とは何ぞや?という話なんですけど(^^; これが非常に説明
しにくい分野のエンターテインメントなわけですよ。
その名からわかるように、「ハッスル」のパロディですわ。タイトルはね
で、やってることは・・・
「ハッスル」がエンタテインメント性をより強調したプロレスイベントとするなら
「マッスル」はエンタテインメント性を追求しすぎてディープになってしまった
プロレスイベント・・でも言うべきか(笑)

西口プロレスが、芸能人によるプロレスごっこならば、マッスルは
プロレスラーによるお芝居ごっこ、もしくはコント・・と言った方が伝わり
やすいかな(^^;  これがけっこう作りこまれていて面白いのですよ。
いろんな演出が盛り込まれてて、飽きが来ないように作ってあるんですよね。 

台本そのものはいい加減(^^;なので、試合中に子供が生まれたり、みんな死ん
でしまったり、生き返ったかと思ったら長渕剛の「CLOSE YOUR EYES」を歌い
始めたり・・ととにかくハチャメチャな展開なのですが、最終的はにちょっと
しんみりしたシーンがあって感動したりと、完全に「プロレス」とは呼べないけど
エンターテインメントとしては「有り」なんですよ
出演してるのもレスラーとして一流といえる人達は居ませんけど(^^:;
実際にチケットの売れ行きも好調らしいし、こういう見せ方もあるのだなと感心

一応本筋のストーリーに絡めて試合っぽい事は行われるんで、プロレスの興業
として取り扱われるようですが、ホント、プロレスってファンタジーだよなぁ・・
とつくづく思ってしまいます 気になる人は一度見てみって マジで笑えるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)