« 2024 YOSAKOIさんさ① | トップページ | ソーラン1日目(10傑) »

2024年6月 3日 (月)

2024 YOSAKOIさんさ②


YOSAKOIさんさ振り返りの続き
もう明日にはフェリー乗って
北の大地へ!・・なのだが

まだ準備終わってなかったり(^^;  
ミポリン見に行ってる場合じゃなかったか?

 


はちのへYOSAKOI絲の会
絲の会もソーラン出るんでしたっけね
なんか、八戸YOSAKOI がなくなったのと同時に
活動もずっと休眠してたぽくて  解散のウワサも
あったりなかったりなんですけど  こうして生存確認
できてほっとしている  作品自体は・・原点回帰かな
しもなが舞鼓連っぽくもあったりするが…
大漁旗の半纏で粋でいなせな浜モノ系スタイル
ミスターYOSAKOI宮本さんのボーカルですし
分かりやすくていいっすね


秋田まるまる愛好会
フィーバーしてましたね~
のぼり旗でバランス芸したり MCトミアリ
も調子良さそう 振りも曲もYOSAKOIぽく
ないのが最大の特徴ですかね  
コール&レスポンス多めなんだけど 客が乗って
くれないと寂しいね(^^;
乱乱流みたいに混ざりたくなるような
総踊り系の曲のがイイかもですね



熱晴れ
春フェスには来てなかったから 見れたのは今年初か
ちょっと見ないうちに人数減ったような気もするが
スピード感と熱い演舞は健在。踊りながら代表が
メンバー鼓舞してたのも良かったなぁ  
熱量感じさせてナンボだと思うので客が近いパレード
の方が得意なハズですが 少数のメンズに比べて
ガールズたちが少し遠慮気味だったかなという印象   
それでもやっぱり見てて清々しい演舞だったんで
たしか10傑には入れたはず


Possoballare?MG
ぽっそちゃん人数少なかったなぁ
これでフルメンバーではないと思いたいが・・
そしてパレードver作ってないっぽい
演舞自体はいつものぽっそではあるんですが
たぶんもっと大人数用を想定して作ってるんで
そろそろ少人数特化型にシフトしてもいいかも
キャピキャピ感だけはパワーアップしてた気もする

魂響
新曲  初めて見ました 今回は仙台チームらしく
七夕がテーマ   七夕まつりというより元の
織姫と彦星のお話の方がメインかな   
にしても 曲と衣装がずいぶんシンプルね
もう少し華やかな方が七夕っぽい気もしますが
敢えての狙いなのかも?   どま方面ではテーマ
としてはだいぶ擦られてるんで 織姫&彦星
なんかも既視感はありますが  こういう編成は
東北ではまず見ないんで新しいちゃ新しい
踊りの方は全体的にまだ雑然としてた印象  
今後のブラッシュアップに期待

わげもん
あれ?チーム名シンプルに”わげもん”に変わった?
今年はまた本場高知に出場決まったようですね
元々が高知のよさこいを秋田へ というコンセプト
でしたから 衣装なんかも高知のチームに寄せた
のは正解と思いますし、爽やかな曲も雰囲気あって
いいんですけど  やっぱりここまでくるともっと
大人数じゃないと・・  と欲は出るね
東北で高知系の人数集めるのはきつそうだなぁ(^^;
メンバー集めもけっぱるしかない


角田いなせ組
やっぱここ最近いなせ組いいよね  うん、頑張ってる
テーマ的には魂響と被ってるのか
ナレーションと生MCでストーリー進行していくんだけど
MCの方が訛り強いのと早口なのとで何言ってるか
聞き取りづらいという弱点が (^^;;
10傑入りにしてもいいぐらいでしたけど ちょっと諸事情で
集中して見れなかったんで対象外

幻夢伝
いきなり歌姫キクちゃん出てきてびっくり
衣装でバレてはいたけど幻紫郷やるんだ!っていう驚きも。
まぁ この令和の時代に見るとビジュ的にも重くて堅苦しい
作品ではある(最近のYOSAはだいぶポップになったなぁ)
のだけどカッコイイ幻夢伝ってやっぱりこの曲だなっていう
イメージはあるんだよね    助っ人もたくさんいたようだけど
この人数での編成も久々なんで見応えあったねぇ(^^)
どういうスタイルにせよ振り切るって大事

煌姫神
コチラのチームも久々拝見でしたけど
後三年の役がテーマになってるんだそうで
思った以上に深いストーリーがあるっぽい
演舞スタイルとしてはたぶん酔楽天的なところを
目指してるのかなと感じるのですが 
東北では渋い系だいぶやりつくされてきてる部分
もあるのでもう少しチームとしてのオリジナリ
ティも出して差別化図れると見方も変わってく
るかなと


一関高専よさこい部 舞童
高専のよさこい部ということだが、もうそれなり
の歴史はあるね。 若者らしくものすごくピュアに
真面目に取り組んでるなという印象はある 
ここに限らず岩手チームって硬派な芸風で踊りも
上手なんだけど作品のインパクトが弱いかなぁ 
舞童もそつなく踊れてるんだけどお行儀良すぎるし
ずいぶん みんなおとなしいなぁと感じました
お祭りだし 若い人はもっとはっちゃけてイイと
オジサンは思います

一関夢限大
ここ最近自分の中で評価高めにしてるのは
少人数なりの見せ方を意識した構成が出来てるから
・・ではあるのだけど  やっぱりもう少し人数
ほしいところではある(^^;   幻夢の幻紫郷を見た直後
だったんで いわゆる奥州YOSAKOIの源流のスタイル
を色濃く継いでるチームだなぁと端々から実感
 今が踏ん張り所。いい作品やるチームなので
なんとかメンバー増えてほしい
ソーラン予想やってて大所帯チームの動画いっぱい
みたからホント東北チーム見ると危機感感じる(^^;


ヤートセ秋田酔楽天
こちらも春フェス不参加でしたのでDISCOぶりに拝見
パレードver見るの初だったりするかも(^^;
進みながらの構成もよく出来てるねぇ
そして相変わらず上手いし揃ってる
要所要所での鳴子の音もいいアクセントになってます
あとはまぁもしソーランとかでパレードで審査とかする
ことになったらお客さんとの目線は意識するといいかと

チーム鴒
ご当地という事もあって、なんだかいつも以上に
ずいぶんカッコよく見えたのがココ 気合入ってたな。
まぁテーマが列車なだけに前へ前と進むパレードの方が
合ってるのかもしれない  メンズのテクニカルな踊りも
決まってたし 女子隊もめちゃくちゃ声出てた
最後の指差しフィニッシュが決まったんでもう大満足です


桜蓮迦
鴒さんとともにホストチームお疲れ様でした
8月には雫石yosakoiもあるようです (今年は行けそう)
今回の曲、去年のさんさで披露したんだけど
去年さんさ振り返りやれなかったのよね(^^;
宮本さんが唄ってるんで 今までの作風とは
ガラッと変わってお客さんも乗りやすいよね
スピード感アリ、力強さあり 衣装も華やかだし
この会場チーム演舞のトリとして十分だったかと
この系統の曲のがチームに合ってるかも?



この後旗の競演とフィナーレ総通り
久々の長時間張り付き で疲れもありましたので
盛り上がる様子をほとんど撮影せずまったり眺め
てました  
Yosakoiさんさって 駅前以外はどこの演舞スペースも
他のイベントよりもこじんまりとしててコンパクトなのが
最大の強みかもねソーラン直前の実践というのもあるだろ
うけど小規模チームも気兼ねなくエントリーしやすいし
人数すくなくてもスカスカに見えないし  

駅から大通方面の会場までの距離があるのが唯一の難点w


さ、というわけで  さんさ振り返りこれにて終了

春フェスでコメント書いたチームは大幅に割愛してます

今週はいよいよYOSAKOIソーラン!!
現地でお会いできる皆さんどうぞよろしく
今年も楽しみましょう





|

« 2024 YOSAKOIさんさ① | トップページ | ソーラン1日目(10傑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024 YOSAKOIさんさ① | トップページ | ソーラン1日目(10傑) »