« 2024 YOSAKOIソーラン予想【10】 | トップページ | 2024 YOSAKOIさんさ② »

2024年6月 2日 (日)

2024 YOSAKOIさんさ①


ようやくソーラン前の大仕事終わりましたので(^^;
やっとこ YOSAKOIさんさの振り返り

ソーラン開幕直前であまり時間もないんで
春フェスでは触れなかった 今シーズンお初の
チーム中心に・・


まあ~あれですよ 前日深夜の
写真撮影規制?にはヒヤっとしたねw
(結局いつもどおりでいいです だった)
まぁ自分はYOSAカメではないものの、SNSとか
ブログ書くときには写真使ったりもするのでね

 

Dsc_4143_20240528233901 Dsc_4158
クロステラスの写真見たところ去年は雨だったっけ?
もう忘れてる(^^;
今年は天気に恵まれましたね

今回は最初からパレードコース張り付きを
予定してたので オープニングセレモニー早々に
道又時計店前に移動

さんさ好みの皆さんが 
「さんさ里唄」の曲流しながらやってたのが
とってもイイ感じ   曲と楽器の演奏と踊りの
融合 ん?それ もう 倭奏じゃん

さんさ団体ももう少し参加数増えてもいのかな
と思ったりしてます


Dsc_4162 Dsc_4169

江刺華舞斗
GW中に新曲お披露目してたやつやっとここで見た
衣装のシルエットや色使い等 パっと見の印象変わった
相変わらずの硬派な路線ですけど楽曲はこれまでの
よりトーン明るめになったかな  演舞自体の安定感も
さすがといった感じだけど もう少し声出てても
いいかな


桜秀心舞
桜イメージの鮮やかな衣装と女系チームならでは
の所作の丁寧さが持ち味  地域色強めの
円満造甚句は今後もこだわって欲しいところだが
それ以外にももうひとつヤマ場になる場面があると
いいのかなと思います

月詠
春フェスん時よりも少ない踊り子3人という編成
振付とか個々の踊りスキル、表現力はそれなりに
あるし声もちゃんと出てた けど この人数用に
作ってる作品ではないので どうしても人数い
ないのがもったいないよね

新風 宮古流星海
そもそも宮古流星海の演舞を見たのがずいぶんと
久々な気がする  海モノ、浜モノはやっぱり
YOSAKOIソーランの源流と思ってますんで
シンプルながらもコレがカッコイイのよね   
演出多用して華美なチーム増えてる一方で、こうした
古き良きスタイルを再評価という流れもあるので
とことんこだわって欲しいっすね    


能代YOSAKOI~颯~
今回がデビューの子が数人いたらしいが
悪目立ちすることもなく すっかり溶け込んでた
春フェスの時よりもよく見えたが 
元々の曲が曲なので仕方ない部分もあるけど
淡々と流れてちゃってる印象も
トメ キメの場面もうちょとあってもいいかも

笑n結
福島・関東あたりが拠点のハズだが 北東北
も行動範囲に入ってるのか フッ軽  
相変わらず元気いいし  踊り激しいね
振りとして手話やってるんで終盤までは
わざと声を出さないようにしてる?
声出さずに熱量を伝えるために踊りをより
ハードにしてる説   
や、あそこの代表総踊りも激しいけど

Ace
 今回のさんさ、ソーラン出場予定チームは審査
あるなし関係なくイイ感じに最終調整出来てたと
思います。Aceも週末にソーランが控えてますので
悪くない仕上がりだったかと  みちよさん時ぐらい
見応えありました 後半何気に激しい振りですが
踊り子年齢的にも最後までバテずによく踊り切っ
たの感心



北里三源色
しばらく見る機会減ってましたけど 県外遠征
出来るまでになったの嬉しいねえ
元気祭りの時に書いた通り三源らしさの中にも
新しさも感じるいい作品  人数も増えてまた違った印象
扇子でも蝶々やってるのね(^^)  元気祭りの時には
出来なかったやぐらでは飴ちゃん撒きが行われました
子供たち多い現場で喜ばれそうね
総踊りのコーナーでは率先して出て行ってたの好印象

海童いしゃり
今回のさんさの中でも一番の注目だったかと
楽曲の重厚感だったり歌い手さんが女性なのとか
踊りっぷりにも貫禄出てきてるのもあって
いよいよ天舞龍神ぽくなってきた? これが褒めコメ
になるかどうかわからんけど。  東北で天舞みたいな
チーム作りたい というところから始まって ようやく
ここまで来たと思うとちょっとエモいっす  
来るトコまで来たなあ  曲いいし衣装とかも映え映え
だったしなんなら天舞より好きかもっていう声も
男衆と女衆の対比、コントラスト実に面白いです
この先も見れるのが楽しみだし、すぐにまた
見たいって思える会心の作品
 

踊り子集団乱乱流
各々が好きなようにコスプレして 踊るっていう
ある意味究極のお祭り集団   他のガチ系チームとは
また違って  振り付けそのものはユルめでも心から
コスプレと踊りと楽しんでるのが伝わるのがイイよね~
彼らがいるだけでイベント自体がお祭りとして
盛り上がる気がします  たぶんそういう空気がある
から他のYOSAチームのみなさんも混ざりたがるん
だろうな


猩々桜恋歌
秋田のキッズ・ジュニアチームの中では後発の
方だと思いましたが しばらく見てないうちに
ずいぶん雰囲気変わって 今回「お!」と思った
チーム  パフォーマンスの端々からいわゆる
学校のクラブ活動母体のチームとは違った
本気と覚悟みたいなものを感じました
前もこの曲ジュニアがやんのはムズイと書いた
気がするけど曲に負けずに踊れてたかと。
若干表情が硬かったようにも見えましたが
今後が楽しみなチームですね


一旦切ります



|

« 2024 YOSAKOIソーラン予想【10】 | トップページ | 2024 YOSAKOIさんさ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024 YOSAKOIソーラン予想【10】 | トップページ | 2024 YOSAKOIさんさ② »