« 2024 AOMORI春フェス③ | トップページ | 2024 AOMORI春フェス⑤ »

2024年5月 9日 (木)

2024 AOMORI春フェス④


今週も来週も 探せばYOSAイベあるんでしょうけど
少しインターバル置きます  
次はYOSAKOIさんさかな

まずは 春フェス振り返りの続き~
昭和通り会場 人多すぎずちょうどいい感じ
進行的にもちょいちょい時間に余裕あったようです

紅翔連  
紅坂・・もしかしたらパレードver見たの
初めてかも。  ステージ式がベースではあるので
すけど単なるストップ&ゴーではない 流し用の
隊列ってこんな感じなのね  と新鮮に見た
すとり分かりやすくていい作品よね
近い出番に仲良しチームさんいなかったみたい
で例の乱入パートには入ってくる人がいなくて
紅翔連のみで完結させるプレーンver見れたのも
レアっちゃレアかもね

その後リードチームとなって「まつりびと」
やってたけど知求群会とか踊らん会がそれなりに
ちゃんと踊れてた  思った以上に浸透すんの早いな

馬花道
最近人数もだけど 旗ないの寂しいのよなぁ
曲も振りも一流なので人数さえいればまだまだ全然強い
チームなんすけどね。 演舞前に”馬タップ”がフィーチャー
される会場MCとのやりとりがあったんで  いつも以上に
注目されてた  最後に円盤飛ばすやつも もう使い古された
気もしてたけど(^^;お客さん湧いてた

炎-HOMURA-
春フェス登場 過去イチの人数だったそうで
昨年20周年イヤーを終えて新章突入といった感じですかね
ここもいわゆる世代交代がなされたようで これまでの
HOMURAらしいコンセプトは引き継ぎつつ 洗練された
踊りをとことんカッコ良く見せる ややアスリート系路線か
ウォッチャー的直感で むちゃくちゃ良いと思います
いや、ソーランに向けてだいぶ仕上がってるの感じました
あと1ケ月でどれほど進化するのかと思うとワクワク

月詠
いや、宮城の小さな町からよくもまぁ 青森まで
春フェス初登場   踊り手わずか6人でしたので
こじんまりとしたチームではあるんですが、パレードの
進み方はスムーズでしたし しっかり堂々と踊れて
いてちょっとした驚き  新体制になってまだそれほど
経ってないはずですが 表情もよかったし
まぁコレは褒めておくしかないかな
あいかわらずのフォトジェニックですわ


弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
テーマは弘前が誇る「林檎」 衣装は黄色と緑なんで
嶽きみ感もあるけどw  Xでも言ったけど 林檎物語
焔舞陣verといった感じか  冒頭の群舞の揃いっぷり
とか 仕上がりも上々 
テーマ、ストーリーが分かりやすいんで 本人
達も気持ち乗せやすいのではないかと  
構成は王道のパターンですけどこれでいいと思う
あとは パレードではあまり逆流はしない方が好ましい
というのと赤く色づいた後にもう少しお客さん
巻き込みながらの盛り上がりが作れれば・・
短絡的に持ち道具増やすのとかはあまり好きじゃ
ないけど花嵐パイセンから縁起のいいリンゴ玉
借りるとかぐらいならありかもね

このあと馬花道仕切りで「青森の華」やったけど
ちょっと参加率少なめだったか(^^;
サブタイトルの「~どんだりこんだり~」に
反応する年配のお客さん    
曲タイトルとしてはそっちのが引き強い

幻夢伝
助っ人の関係で少し当初のスケジュールと入れ替
わりつつ  ここで幻さんの出番  だいぶヒサブリの青森
登場は嬉しい限り。 決して多い人数ではないですが
衣装のシルエットと振りがデカイのでスカスカに感じ
させないのが上手いところ   勢いよくズンズンと前
に進んでくるサマがだいぶカッコ良かったね
改めて奥州YOSAKOIの源流はココ という演舞見た
気がします たぶん、幻さんは今後もこの路線で
やってくしかないよな  
ウォッチャー仲間からの評価の声も多く ホント
あと少しで10傑入りだったのよね

よさこいチーム~ZE零RO~
何処とも被ることのない独自路線
ぴょんぴょん飛び跳ねるようなステップ
だったり大きく羽のように広げる衣装だったり
ここまで来たら 圧倒的個性なのよね
まぁいわゆるYOSAKOI競技の中での勝ち負け
は置いといて(^^;   音声ミュートにして
全員ジャージだったとしても踊りだけ見て
ゼロってわかるもんね  たぶん   
ただ、調子一辺倒なところもあるので
後半になると単調に感じてきちゃうのが残念

新風!
新曲披露  いまやファミリーチームという印象
よりも 女系ダンスチームの印象か 美人さん多いし
カメラマン人気も高いし   しかし設定が面白いっ
すなぁ イタコからヒントを得てシャーマンクイーン
ですもん   曲がどことなくキューティーハニーな気が
するのは自分だけ?  惜しむらくは(民謡どこよ?)
ですが w   一昔前なら 「YOSAKOIじゃない」と
一蹴されていたところでしょうけど 新風!自体は
実は昔からこういう芸風でしたもんね   
どまつり系に見られるようにこういうのもアリ
且つ評価される時代になったのでね
たぶん時代が巡って来たという事なのでしょう
衣装や髪飾りなんかも含めてビジュ的にも華の
あるチームとして大復活  鳴子持ったのは◎
良い波来てると思うんで  積極的にあちこち出てほしい

 



ここらで一旦ブレイク

風呂入ってネルー

|

« 2024 AOMORI春フェス③ | トップページ | 2024 AOMORI春フェス⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024 AOMORI春フェス③ | トップページ | 2024 AOMORI春フェス⑤ »