« AOMORI YOSAKOI DISCO 2023② | トップページ | AOMORI YOSAKOI DISCO 2023④ »

2024年3月 3日 (日)

AOMORI YOSAKOI DISCO 2023③

うそうそうそ!
③ちゃんと書いてアップしたはずなのに
アップされてないし 書いてた内容消えてるし
・・ショックでしかない

めっちゃサボってたみたいになってるじゃんか

まぁ ちょっと職場でいろいろ?大問題あって
しばらく休みもらえてなかったというのはある

11日連続勤務とかってだいぶ不適切にもほどがある


ディスコ振り返りょっとでも時間あったらささっ終わらせようと思ってたけど
もう1週間以上経ってしまったね(^^; 




プログラム的に学生連続ゾーンの後からね
3文字チームゾーンw  狙った?

青森には馴染み深い飛勇凛は1曲目で古道繋心 2曲目で繋祈永刻
見るのは弘前の産業まつりイベントでのコラボ以来かな
笠無し古道だったようで 何となくの違和感の正体はそれかぁ
しかしまぁ 色褪せないねえ 何回でも見れる 作品  
繋祈の方はもう前半でのこれまで以上にクソまじめな飛らしい
激シブパートのフリがめちゃくちゃ効いてるおかげで 俵積みから
一気に解放させるギャップがたまんないね  もっともっとはじけ
ていいと思います  おもしろい作品 
事前に何の予定もなかったのにしっかり練習もし、衣装も完全装備で
オタ芸南中を披露したのが紅翔連! 芸人根性たいしたもんだ。天晴
・・・これ来年以降もDiscofで毎回 紅のネタコーナーを期待する
お客さんいるんじゃない?(^^;
あ、本ネタの方「紅坂」もね、MCたっくん復活で作品のモチーフ
になってるストーリーもより分かりやすくなっていたのではない
かと。ちゃんと老いぼれ演じるお芝居素晴らしいっす(^^)
後半~ラストも援軍たちが帰った後も盛り下がらないようにカッコ
良く楽しく仕上がってますよね  良作
とりあえず活動している様子がうかがえただけで一安心の馬花道
は  1曲目では「武士道」  ホントは馬タップ入ってなかったけど
代名詞ということで 入れるようになったんですね(^^)
2曲目で「冬春夏秋」旗もなかったですし人数的にもだいぶ寂しい
ですけど 去年よりはちょっと増えたか。   曲もイイですし
なんてたって元さんの振りですので そろそろかつての勢い
取り戻してほしいところではあるね  

夢源郷は紅蓮夢絵巻と久々東日流傾奇道  
東日流と書いてつがると読む  いずれの曲も曲中で津軽民謡と
手踊りを見せるパートがあるというのがこのチームの強みであり
個性と思ってます  衣装や装飾などのビジュアル的な見せ方も
熟知してるし 踊りもそれなりに丁寧ですけど 若干踊り手
が全体的におすまし気味かなぁ もう少し声出す場面を意識したり
踊り手さんのエネルギーを前に出せるようなれば もっと売れる

江刺華舞斗は十数年ぶりに青森登場と言ってたな
たしかに、江刺華舞斗ってそもそも青森見る機会がほとんど
無かった(^^;   でもはるか昔まだまだ青森のYOSAKOI
始まった頃に 遠征してきてめちゃくちゃカッコイイ岩手の
YOSAKOIを見せてくれたのが華舞斗だったの強烈に記憶
にあるんですよね   五所川原のドームでやったやつとかさ
今回の作品 たしかにこれまでの華舞斗とはだいぶ違った雰囲気
の曲ではあるけど 華舞斗らしい重みも感じさせつつ 女性陣の
華のある踊りの見せ方が肝になってる面白い作品よね
弘前の古株チームよさこいチーム~ZE零RO~も 見れたのは
ずいぶん久々だった気がします  独特な軽やかなステップとか
身のこなし なんかここに来てブレずにずっと続けてきた
ゼロらしさが1周巡って強烈な個性になった気がする
・・・ん~ 舞紅萩ももう少し続けてれば…
で、今回やけに目を惹いたのがセンターの方なのだけど
昔からいたあの男の子?ビジュ的にすげー印象変わってたのと
身のこなしがもうタダモノじゃなくて ついつい見入ってた
面積広い衣装もインパクト大ね
能代の蒼華天夢は「この阪にて君をまつ」を披露   
助っ人忍者のお二人は今年はコチラのチームとして参加  しかし
ちゃきのMCは相変わらずいい空気作るね  ミラーボールより
速く回しておりますに笑った。  スポットメンバー含めての人数
としては寂しいところもありますが 凛轟の旗もコラボしながら盛り上げ
てました   チーム間交流深まるのは良い事だ(^^)
タイトルだけから行くと穏やかそうなテーマですけど何気に
スピーディで激しい踊りで躍動感あふれる構成   人数多くないんで
スローパートをソロでしっとり見せるってのは印象的になりますね  

 

結局一回書いたものをもう一度書き直すという作業になってしまった
一旦ここで切って  今日はもうネルー

 

 

|

« AOMORI YOSAKOI DISCO 2023② | トップページ | AOMORI YOSAKOI DISCO 2023④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AOMORI YOSAKOI DISCO 2023② | トップページ | AOMORI YOSAKOI DISCO 2023④ »