« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月24日 (土)

AOMORI YOSAKOI DISCO 2023②


もうね、青森クラスターディスコなのよ(^^;
続々体調不良訴えてる人いてなんか逆に絆深まってる?

まぁこういうのは誰が悪いとかじゃなく しょうがないことだからねぇ

そんな自分も発熱(翌日には平熱)からの
喉痛のパターンでしたw 
検査はしてないがタイミング的たぶん それ(^^; 
イチ観客なのにそのムーブにのっかってどうする!

だいぶ軽症なので こんなん書いてますが
さすがに退去準備もそろそろ本腰入れないとなので
DISCO振り返りなるべく早く終わらせたいところ



というわけで早速本編へ・・


衝撃的だった新風!のJYONKARAのあとに
登場したのが Yosakoiチーム鴒  凛轟とは兄弟
チームと言ってたがいつのまに  
どっちが兄姉でどっちが弟妹なのかはわからん

あ、そうそう・・ここまでの数チームの流れで
進行がスムーズなことに関心 テンポ良かったよね

パンフに載ってるようなチーム紹介コメントって
チームMCがいる場合は省略していいと常々思ってたので。

板付きの準備時間等もあるのでチームMCがいないときは 
司会の方がコメント読み上げるのはアリですけど チーム名
呼び込みしたらあとは各チームのMCにおまかせでイイよね

と、いうわけで、こちらも名MCを有する鴒さん
しっかりYOSAKOIさんさの宣伝と途中乗車の案内もしながら
第1部では南部DEせんべい 第2部では鐵の鼓動を披露
鐵の感想ってこのブログでは書いてなかったかも 昨年のさんさで
お披露目になった鐵ですが、ここしばらくの鴒とは一線を画す
新機軸   骨太で勇ましい振りと楽曲が見事にマッチしてて
テーマをわかりやすく表現した良作  だいぶカッコいい系。
2ポーズ目からの展開でもう一つヤマ場作れたら尚ヨシ
だったかと思います  
鴒の後に登場したのが秋田能代の能代YOSAKOI~颯~ のみなさん、
まだ出来てそれほど経ってないのに めちゃくちゃ積極的に動いてる
よねぇ   鴒が他チームの乱入もあってまぁまぁの大所帯だっただけに
人数的には寂しさはありましたけど 毎回そのパフォーマンスと表情から
楽しいっていう気持ちとやる気は感じる。  曲は「不夜城」
っていうタイトルだったのね インスト曲というのもありますが
あの天空の不夜城のスケール感を演舞で感じさすのはなかなか
大変そう(^^;  現段階の人数に適した見せ方はまだいろいろ
試せそうなので楽しみながら試行錯誤してほしいっすね

いつもの円陣の儀式をステージ中央でやるところから始まったのが
北里三源色  あの円陣も含めて一連なので見せてってイイと思う
三源色は県外への遠征を抑えたり活動そのものが消極的
になってきてるので こういう場で見れること自体が貴重 
ちょっとしたレアキャラになりつつある(^^;  第1部では
そんな三源色がコロナ禍の最中に20周年を迎えた代が作ったらしい
「僖躍」っていう曲   外のイベントで出すのは初らしい
(オラも動画で何回か見ただけでした)  曲の出来がいいし
三源色と言えばコレ!っていう振りも随所に盛り込まれて
懐かしさも手伝ってなのでしょうけどこの日やけによく見えた
パフォーマンスのひとつ  人数は学生チームとしては少ない
方ですけど元気と笑顔の三源色!の言葉通りの活き活きとした
演舞が見れて一安心。  煋麗の方はスローパートでの新たな
試みなんかも感じられますがちょっと凝り過ぎたかな
いつものお祭り感とのバランスとるのムズそうだなと思って
見てました  若い人たち中心に青森のYOSA盛り上がってるんで
三源もまた盛り上がっていってほしいっすね
って何目線だ?

このゾーンは学生チームが続きます    学生チーム続ける
のってイベント盛り上げるための常套手段になってる(^^)
お互いを意識し合っっての相乗効果   実際にお客さんからも
見比べられることになるし気合は入るよね~  というわけで
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝がココで登場
第1部では2022作品の「狛怜」を2年生だけでやってたけど
後半の全員歌唱パートがこれまでにないぐらいミュージカル
してるの好きでした   2023の花火のやつは思い切って
全員歌唱パート削ってシンプルに踊りと衣装や旗による色
の変化で情景の変化を描き出した作品 綺麗にまとまってて
お行儀は良いんだけど印象に残る部分がもう少しあればなぁ
といったところ しかし踊りは相変わらず上手いす
男踊り女踊りの対比もよく出来てますし 

そんな歌舞輝のライバルとも言われる弘前大学よさこいサークル
HIRODAI焔舞陣が続いて登場 一時期の花嵐×夢想みたいになっ
てる?  チームの規模的にも作品の雰囲気的にも比べて見られる
事が多いっすね  1部2部ともに永燦
とりあえず始まったら永谷園の大旗上がったから
え?なに?旗新調した 2024の作品モチーフ歌舞伎?みたいに
思った人がいたとかいないとか    
諸事情で旗がなくて急遽 新風!に借りたらしい
この作品そろそろ見納めに近いところですけど たぶん辛口な
コメントしかしてない気がする(^^;  無責任に褒めるのもやろう
ともえばできなくもないけど期待してるだけにガチで向き合いたい
めんどくさくてゴメン
オープニングから中盤にかけてはそれほど悪くないしこれまでに
ない色出してきたなとは思うのですが  やっぱり途中から不可解な
演出とか入ってくるので (^^;すんなり呑み込めなかった
まぁその違和感があるからこそ記憶には残るので攻めた作品とも
言えるんだけど 作品としてはまとまり切らなかったかなぁという
印象です   しっかり踊れる子達だし面白い隊列構成にもチャレ
ンジしてたのでいいトコは引き継ぎつつ 次の代でまたイイ作品
作ってくれると期待  



学生ゾーンがここで一区切りついたので
一旦切ります

喉痛はだいぶ緩和して来たけど鼻が詰まってしょうがねえ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

AOMORI YOSAKOI DISCO 2023①


年明けてから開催だけど2023
TOKYO2020と同じパターン

本当は2023年のうちにやる予定だったのかな?
最近は冬場でもイベント被ったりするから
日程の設定は大変よね

来月早々青森よさこいなんてのもあるようだし
どちらにしてももう少し間隔は空けたいところですねぇ


さて、イベント後の賑わい創出ということで
青森よさウィークが盛り上がってるうちに
振り返りをやっておきたいんだが
いわきに戻ってくるなり、職場で急に仕事辞めちゃった人が
出て(^^; その穴埋めのため忙しくなるっていうね
というわけで出遅れましたがちょっとずつやっていく


凛轟が主催のイベントなので運営もメンバー自身
がやってるわけですがおもてなしの心を端々に感じます

昨年ロビーにデカデカと掲示されてた代表のパネルとか
熱いメッセージは今年はありませんでしたが 
メンバー直筆のメッセージカードがお客さんに配布

中には凛轟娘直筆サインがあったりで
このガチャを面白がるYOSAオタのみなさんなのでした

準備いろいろ大変だったでしょうがみんなで書いたんだねぇ


昨年同様、開演前のアナウンスだとか前説だとかも
凛轟らしい遊び入ってて楽しかったですね(^^)
がっつり津軽弁イイ感じ

オープニングはもちろん凛轟のAYD
AYD…っていつからそんな略し方するようになった?
まもなく踊り納めとなるAOMORIYOSAKOIDISCO ですが
今後はイベント名としてその名だけ残るのか?

せっかくみなさんがいい意味でオモチャにしてくれるような
愛され作品になったんで 水沢の自由会場みたいなところで
復活とかもアリかもとか思ってますが。
とはいえ、ここ最近も青天の霹靂をたまにやってたりしてるんで
完全封印ではないとは思う

今回もミラーボール演出付きでいつも以上に仰々しく壮大に。
MCきなこ復活も個人的に嬉しかったねえ
そういやミラボってあれ やっぱ普通の照明と別料金なんすかね(^^;

ここで初めてお披露目した時に比べたら 作品の完成度も上がったし
自信に満ち満ちてました お客さんの反応も全然違うしね   
こんなん今まで青森のYOSAKOIではどこもやって
なかった作風なので当初はお客さんも呆気にとられたところはあったか
もしれませんw   でもね、去年のまだ余裕なくてがむしゃらな感じも
けっこう好き   この1年でファンも仲間も格段に増えたし ブレイクしたよなぁ

凛轟の後に出てきたのは直属の後輩たちともいえる
青森公立大の影飛威Sea 第1部では先々代の曲って言っ
てたんでそんなに外でやってないヤツですかね 前半の渋カッコいい
系からの後半のポップな展開、えぴしらしいっちゃらしい  
過去曲という事で人数も少数精鋭だし久々に踊ってる感はありましたが、
レパートリーとして大事にしてほしいっす  現役曲の笑燦の方は
人数も増えてテーマ通りに開放的に楽しく踊れていたのではないかと
一時期メンバー減だいぶ心配したけど そろそろ大復活ありそうで
春フェスは新曲かなぁ楽しみ   

続々青森勢が続くわけですが ここで登場した新風!の
演目「JYONKARA」が素晴らしく良かったのよ
イベントでライスボールとコラボしたって話は初めて聞いた
元々はりんご娘の曲で、メンバー変わるたび歌い継がれてきた
人気曲です  本家りんご娘のパフォーマンスも見てますけど
新風!流のJYONKARAも美しくカッコ良く、エンタメとして見て
もかなり見見応えある作品になってました
人数もちゃくちゃくふえてるみたいだし勢いに乗ってるなあ新風
まさかこんな感じで大復活するとは
ベースがじょんから節 ですし鳴子も使うようになったので
民謡&鳴子の条件はクリア   このまま新ネタとして大場所持って行って
もいいような気もしますが あとはRINGOMUSICとの兼ね合いか
第2部で披露した津軽撫子でも鳴子持つようになりましたね(^^)
花魁の演出も雰囲気ばっちりでしたし 純粋なYOSAKOIとはまた違った
劇場型の作品    いわゆる見せ場となる集合した時の画の作り方が
めちゃくちゃ上手い で、ここに来て焔舞陣とのコラボって事で
いつの間に練習したの?  衣装の色合いもマッチしてて もともと
これぐらいの大所帯チームなのってぐらいの出来した



こんな感じで少しずつやっていきますので
きょうのところはここで一旦切ります

 

 

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

AOMORI YOSAKOI DISCO 参加チーム

さてYOSAKOI DISCO 今度の日曜日ですね
多賀城と被ってる以前に
オードリーの東京ドームと被っててすげー悩んだのですけど
悩んでるうちにドームのチケット売り切れてたっていう

というわけで、実家に荷物運びもしなきゃだったので
帰省ついでにYOSADISCO行ってまいります

てか、年明けてから実家帰るの初だったわ

Yosakoi01300x424

【AOMORI YOSAKOI DISCO 参加予定チーム】

 

凛轟
青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea
よさこいチーム新風!
Yosakoiチーム鴒
能代YOSAKOI~颯~
北里三源色
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
飛勇凛
紅翔連
馬花道
夢源郷
江刺華舞斗
よさこいチーム~ZE零RO~
蒼華天夢
Discotheque
神龍
一関夢限大
繋縁
炎-HOMURA-
蒼天飛龍
ヤートセ秋田酔楽天

 

多賀城のラインナップも豪華ですけど
こっちあはこっちで魅力的なメンツ集まりました

ウォッチャー的YOSAKOI初め 楽しみます♪

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

福よさ⑦【終】



さて、今週末はYOSAKOIDISCOとwinterYOSAKOI多賀城ですね
オフシーズンに入ってず~っと現場からは離れてましたんで
久々の生でのYOSAKOI観覧 楽しみ

ではでは去年にさかのぼって(^^;
福よさ振り返りの続き~

いつまで続く?とかおもってたら
あとちょっとだった(^^;;


あだたらYOSAKOI踊り隊 
ロカビリー調いいねぇ やっぱり自分的にYOSAKOIチームに
は個性を求めるところはあるので 他がやってないような
カラー打ち出して自分のものにしてるのって 上手い下手とか
関係なしで存在感そのものが武器だと思う
お客さんが乗りやすい曲というのも魅力ですね

水戸藩YOSAKOI連  そろそろ見納めだったでしょうかね
旗士さんもここでチームを去るという事だったらしい
お披露目間もないころは今までの水戸藩とガラッとイメージが
変わって戸惑った部分もありましたが 悪役をカッコ良く、且つ
印象的に描いた面白い作品だったと思います  コロナ禍の中で
生まれた作品としてものすごくメッセージ詰まってるなぁ と
感じながら見るようになりました  しかし相変わらずカッコイイ
踊りですわ


たぶん、ここまでで第1部が終了
一応出場全チームには触れたはず

たしかこの時点で30分以上押してた気がするんで
昼休憩の時間すっ飛ばすのかなとか思ってたけど
楽しみコーナーでもあるのでそのまま強行しましたねw

見る分にはいい会場だけど、踊り手さんが客席から
降りてきて総踊りとか乱入するのに時間かかっちゃうのよね


お昼の総通りコーナーでは
水戸藩発信の「大団円」これ、なかなか見る機会ないけど 
もっと流行ってほしいのよね~
前列のバキバキ踊れてる人もいいけど、後ろの方で
うろおぼえでワンテンポ遅れながら踊ってる人達見るのも好き

乱乱流のダンシングシャドウもこのお昼休憩のコーナーで
やってましたが なんでみんなこんなに踊れるんだろう・・
ってぐらい大人数でやってたね  そしてみんなすげー楽しそう
普段のネタでは硬派な芸風のチームの人たちのコミカルな
感じとかギャップあって面白いし

藏っこがリードしてた栃木の総通りもかっこよかったなぁ
なかなか見れない総通りが見れるのも福よさの魅力
忘年会的な空気もあってすげー盛り上がるのよね

第2部も各チームの本ネタばっちりやってくれましたし
無理してもちゃんと元取れるいいイベントだと思うんで
来年度、青森戻ったとしても福島まで来たいなぁ
って思ったり  仕事の絡みでこれ以上開催時期遅くなったら
ちょっと無理かもだけど  (^^;


というわけでなんとか DISCO&多賀城の前に
福よさ編完結
去年のイベントでまだまだ振り返られてないやつ
いっぱいある気がするけど(^^;   限界かなぁ・・

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

福よさ⑥

世間は3連休だったようですな
オラは土曜日だけ休んで昨日も今日も
仕事でしたが  土日祝の勤務のが平日より
若干忙しいっす  

月曜が祝日だと曜日感覚おかしくなるよね
ゴミの日間違えないようにしましょう

前科あります ハイ



角田いなせ組、踊り綺麗だし丁寧だし ここ最近頑張りを
感じるんだけどなかなか弾けきれないっすね(^^;  
お客さんに背を向けて踊る場面多いのは狙いなのかなぁ
まぁ十分合格点ではあるのだけど ありがちっちゃありがち
なんだろうなぁ  曲、テーマ次第で化ける可能性は感じますけど


縁火  は一応オリジナル演舞としてはお披露目ということに
なったようです   曲そのものはフリー音源らしいけど。
衣装に関してはなかなかこの辺りじゃ見かけないぐらいに
豪華ですね ビジュ特化型?  メンバーみんな若いし
カッコ良く、美しく踊れるメンバー揃ってます が
作品自体は王道のお行儀イイ感じでやや既視感あり(^^; 
期待値高かった分もうすこし新しさが欲しい気もしますが
今後の伸びしろってことで   人数増えてきたらどま系曲が
合いそうな気はしますがどの方向に行くのかな

海童いしゃり は2023年で知名度も実績も格段にあがったので
どのイベント行っても喜ばれる存在になってますね
この日は女性陣の声が良く出てたのと隊列変化がスムーズ
だったのが印象的  たぶん、この曲でやれるところまではやった
というところだと思うので この勢いで創っていく次回作が
今から楽しみで仕方ないね

福島学生”源種”~seed~  福よさの1週前ぐらいに黒潮でも
見てるんで大きな変化があるとかいうものでもないが
この作品については とにかく前半のソーラン節パート
がバチクソにかっこいいので もし次回見る機会がある人は
是非注目   ん?オラ福島離れたら見る機会だいぶ減って
まうのかぁ  そろそろ源種も最後の衣装替え卒業しても
いいような気もするけどねー

羽跳天  みちよさがお披露目でしたのでまだそんなに
日も経ってはいないんだけども いやぁいい作品だわぁ
曲も振りも旗の動き含めた構成もエンタメウォッチャー
としてむちゃくちゃ好きだし記憶にも残るけど
YOSAKOIの審査では勝ちにくい作品な気がするんだよなぁ
最後、緑になってからがだいぶバラつきあったようなんで 一体感
出せたらまた少し印象も変わるかな

桜家一門YOSAKORI隊  なんか見るたびに印象変わる(^^;
味濃い目 演出凝り目 のチーム続いてたりすると
シンプルなヤツをカラッと踊り上げる桜家みたいなスタイルが
ちょうどよく見えてきたり  それほど味は濃くないけど
しっかり踊れる実力派・みないなイメージもあり
隊列ぐらいはもうすこし色気出してもいいのかなぐらいに思う


Possoballare?MG  最近、ぽっそ見るたびに
人数の少なさだけが気になってしまう(^^;  この子達の
踊りの売りは本来もうちょっと人数が多くてはじめて
伝わるものなのでもったいないなぁ というもどかしさ
もあったり。  も少し等身大のJDならではの方向に
シフトしてメンバーが集まるならそれもまたありかなと
いう気もするんですけどね   


   
久々の福よさ振り返り
そろそろ晩飯準備しなきゃなんでここで一旦切ります


| | コメント (0)

2024年2月 7日 (水)

福よさ⑤

福よさ振り返りシリーズ 時系列めちゃくちゃ(^^;
書いたヤツ非公開になってたり

少し修正しました

會舞道郷人  福島にこのチームあり。東北に郷人あり といった
ところですよねぇ  唯一無二の幕末剣劇ミュージカル
女も子供も総出で一つの作品を作るっていう姿勢そのものが会津藩
インバウンド需要とかありそうだし鶴ヶ城で定期的に演舞披露とか
やったら喜ばれそうな気もするんですけどねぇ
前にも書いたけど今回の作品は新選組の色が強すぎるかなぁ
という印象です  カッコイイはカッコいいし 
個人的に新選組好きなんだけどね

Ace は元々チームの垣根超えて合同ユニットとしてソーラン
出ようぜ的な始まりだったハズですが  しばらくお馴染みの固定
のメンバーで活動が続いてるみたい  曲も振りもそれなり
にちゃんとしてるんだけど そろそろテコ入れの時期かな~
という気もする   混ざりたいって思わせる要素が必要かなと
 

凛轟   福よさのハイライトといっていいでしょう
事前に乱入を呼びかけ、振り付け動画公開してたのは
しってたけどまさかあんなに参加人数多いとはねぇ
近年見たコラボ企画の中でも一番ワクワクして楽しかったかも
他チームの踊り子さん達がこの作品をいい意味で
おもちゃにしてる感じ  愛されてんな~って思いながら見てた
同じ踊り(祭り)を通してたくさんの人がつながる・・って
まさにねぶた祭のそれよ  ナイスディスコとはこのことだ

宇津峰YOSAKOI  ミスターYOSAKOIの宮本さんのボーカル曲
なんだけど、歌詞にチーム名も出るし おそらくチーム
オリジナル曲  この一曲をずっと演り続けてる? 
いわゆるおばちゃん達のチームだし振り付けとかも古き良き
ガラパゴスYOSAKOIなんだけども振りの揃い方とかフォーメ
ーションの位置取りとかめちゃくちゃしっかりしてる
   

旗匁喇  読み方がわからない難読チーム”きめら”
旗演舞のチームですね こちらは今回関東の数チームが
合同で軽い打ち合わせ程度でぶっつけ本番でやったぽい 
倭奏の旗士さんが肩に子供担ぎながら片手で旗振って
その子供も旗振るというなかなか凄い技見れた

熱晴れ はズブ大で去年の新人賞にも挙げさせてもらったけど
短期間でめちゃくちゃイイチームに成長してるなぁ
今期の東北のYOSAKOIの中でも台風の目玉的な存在
になりそうな勢い感じますね  こりゃまだまだ人数増えそう
北昴みたいになっちゃうんじゃないの?とワクテカ
酔楽天、歌舞輝 、熱晴れの秋田3強時代 来そう

で、自分的にはそんな熱晴れ と同系統に分類できる
朝霞なるこ遊和会のココロデオドレ!がもうソーランで
披露された時から好きすぎるのよね   スピード感といい
ライブ感と言い見てて爽快  お客さんが手拍子
せずにいられなくなるような曲の強さもあるんだ
ろうけど踊り手のエネルギー、熱量がダイレクトに
伝わってくる会心作   いや、マジでみちよさ出てほしいわ(^^)


今晩も真夜中の更新になりました

ここで切ってネルー
 

| | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

福よさ④

大雪の予報出てるねぇ
いわきあたりでも今夜から降るらしい

どの程度積もるかな?


福よさのふりかえり少しずつやってるけど
イベントの振り返りやるには
たぶん、20~30チームぐらいのイベントが
一番やりやすいんだけどね~   福よさ参加チーム数多
かったんでなかなか時間掛かってる

このシリーズ終わったら本格的に
部屋の撤去作業準備していかないとな(^^;


心隊 そのままこころたいって読むらしいけど こっち居ても
ほとんど見る機会なかったレアチーム(^^;  郡山の駅前
イベントに出てたかな  まぁ似た系統のチームは他にも
いますが 若いもんには負けんぞっていうマダムのチーム
カッコいい系の曲使ってるしおばさまたちのノリノリな
感じみてるとついニヤニヤしちゃいます

轍-wadachi-  すっかり東北屈指のストロングスタイル
チームとしてブレイク  これからも順調に人数増えて
いきそうな気配 男踊りも女踊りも揃いっぷりが見事
なかなかこれだけ骨太の群舞見れることもないし
いわゆる東北YOSAKOIの泥臭さみたいなんもあるし
ホントいいチーム    

若欅-wakakeyaki-  こちらは埼玉の活きのいい若者
達っていいうイメージですかね メリハリとかシンクロっぷり
とかでいくと轍と似てるようなところはあるかもしれない
演舞のキレだけじゃなく鳴子の使い方も上手いなぁ
それこそみちYOSAあたりに出てきたら活躍期待される
チームですね

倭奏  が東北で踊るのってこれが初でしたよね 今回
関東支部のPR兼ねてのエントリーだったようです
いつもみる倭奏よりはこじんまりですが、衣装も曲も
旗も本隊で使ってるのと同じですからね  コンパクト
ながらも極彩色の倭奏ライブの魅力は伝えられて
いたのではないかと  太鼓担当のメンズ隊もうちょっと
増えてくれるといいっすね

勢旗団
勢やの旗士さんたちのパフォーマンス
素材の変化で最近はだいぶアクロバティックに振れるように
なってきましたから こういうのも演目の一つとしてはアリ
個人的には昔ながらのアルミポールの重さを感じるやつ好きです


黎舞-Live- は過去最高人数だったっぽい(^^)
やっぱ数多いと見応えもマシマシ  このイベントの空気感
もあるんだろうけど審査なしで開放的に踊ってる時の
ライブ感とか オジサンでもホント好き  スタイリッシュで
華があるんでもっと若いメンバー増やして 盛り上げて
ほしいですね


秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
ココも代替わりしてからの遠征になるのね  お披露目の
時に書いたけど描きたいもの表現したいものがわかり
やすく伝わるのが〇  緩急つけながらクライマックス
をしっかり盛り上げる構成もよく出来てて感心だし
アウトロしっとりで締めるのも面白い  
あとは何でもいいので記憶に残るインパクトがあれば



さて、ここらへんで一旦切る
これから出勤で帰ってくる頃には雪らしい

自分は大丈夫だと思うけど
この辺の人たち雪に慣れてないみたいだし・・
無事に時間通りに帰ってこられるだろうか(^^;

という心配あり

もしなんか巻き込まれたら またブログのネタにしますw

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »