« まいったまいった 完結編 | トップページ | 福よさ② »

2024年1月25日 (木)

福よさ①

さて、そろそろYOSAネタ再開すっかな

YOSAKOIオフシーズンはなるべくYOSAKOI
とは距離を置いて非YOSAなエンタメに
触れるようにしております

何事も盲目的になっちゃだめよってのと、
他のとこから刺激受けたり影響受けたり
いろいろヒントもあるのでね
感性、視点が偏らないようにバランスとる
のも大事な時間
といっても生で見に行きたくても行けてないんで
映像作品が主になっちゃってますが

中国舞踊団 神韻 見たかったけど
結局タイミング合わなくて見にいけんかったなぁ


さて、12月福よさ以降しばらく現場にも行ってませんが
マニエル的 新春YOSAKOI初め は
2月のAOMORI YOSAKOI DISCO に決定 

多賀城と同日ってことでウォッチャーさんも割れる
っぽいですけどね  何とか少しまとまって休み貰えそう
なので実家に荷物運びついでに見に行けそう

というわけで、昨年の最後の現場だった
福よさについて少し振り返っていこうかなと


しかし開催2回目にして参加チーム数もスタッフの数
もめちゃくちゃ増えたよね  
若き有志達の手作りのイベントとはいえ  
今や福島の中でも一番大きいYOSAイベといってもいいのでは
ないかと  かつてのうつよさに代わって良いイベントが
育ってますなあ 

いずれ  イベント→お祭り  になって行くようだと
嬉しいのですけど 

 新しく出来た総踊り  福日和
こういう曲調も福島ならでは なところもありますね
忘年会的な雰囲気のある 福よさ のイメージにも合ってる


魂響は 一回目と2回目で曲変えてたね
曲だけで行ったら独眼竜の過去曲の方が好きかな
曲このままで振りいじったリメイクでも今ならそこそこ
イイ感じに仕上がりそうな気もしないでもない
どま系なんで次回のご当地テーマが何になるかも含めて
期待したいチームではあるのよね 

栃木から参加の藏っこ  は第1部で
緑黄色社会の「Mela!」でチームダンス披露
余興ネタ的なところですけど しっかり見応えあって
楽しかった こういう 普段の本ネタとはまた違う面を
見せるってのはファン獲得に有効かと

YOSAチームのこういうお楽しみ会的な
出し物も絶対に手を抜かない姿勢がホント素敵

花嵐の公演こんな感じでメドレーやるの好きだった

百花繚乱・・この場合は”蘭”じゃなくて正解
衣装なんかも本格的だし踊りも綺麗に踊れてます
けどオリジナル曲は持ってない感じかな
福島来て何回か見る機会はあったけど いわゆる
アリ物の曲だったんで  まぁ親子3世代チームで
身の丈に合った活動となるとしょうがないか

笑n結 「ダエン」のダの字がムズイ
冒頭のサイレント演舞、もう少し見せ方次第で
目玉になりそうなんだけどね~  
りょう氏、この日はいつも以上に荒ぶってたなぁw
てかだいぶみんな好き勝手に自由に踊ってる
ダエンのエンが宴なんでこれもまたいいのか

東山道三蔵 はこっち来てから少し見る機会が
増えてきたけどあいかわらず人数苦戦してる印象
男隊と女隊のバランス取れるだけで全然印象は
変わってくるんだけどね~  この人数でやるには
少々詰め込みすぎな構成という印象もアリ
曲は悪くないと思うんだけど やっぱり作品の
路線としては昔ながらのよくある系統ではあるので
埋もれがちかな

と、ノってきたところで一旦切る(^^;
しばらくYOSAから離れてたから振り返りも楽しい

|

« まいったまいった 完結編 | トップページ | 福よさ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まいったまいった 完結編 | トップページ | 福よさ② »