« ハロコン | トップページ | 2022 どまつり(11) »

2023年3月 1日 (水)

2022 どまつり(10)


3月に入ったというのに去年のどまつりの
振り返りを書いている・・・(^^;

人事異動の季節でもあるんだが どんどん人が減って
来年度さらに休み確保が困難になりそうで
今からすげー心配


8/27の夕方ぐらい 
7グループから再開

半布里はこのブロックだったのね 
まぁ すでに何度も触れてるけどもう圧巻だったね

春日井疾風
地域PR型三世代ファミリーチーム  
ちゃんとお祭りしてる  春日井市はサボテンが有名?
3世代とはいえ足の上がり方とか動きがいいので、若い
子達中心かなみんな元気に踊ってた ポップな曲調
と威勢のいいMCでかなり盛り上がってた(^^)

大喝祭
スタンバイめちゃくちゃモタモタしてたけど
こういうの審査には影響ないんかな?(^^;
どまの中ではだいぶ手作り感のある曲  それが味っちゃ
味なのか  人数的にも苦戦しながらいろいろ構成工夫
してるけどたぶん、この曲と人数ではそっちの路線
じゃない気がする・・   


紫陽花~しょうか~
お月見どろぼうってどっかのチームもやってたネタだが
あっちの方ではメジャーな風習なのか  
踊り上手いしジャンプ軽やかだし パっと見が王道系
なんでたぶんこういうテーマじゃない方がハマりそうな
気はするが(^^; ちゃんとストーリーに沿った展開
にしてるのが面白い  もう少し子供が主役な感じが表現
出来るとよかった気もするが   大人メンしかいないっぽい(^^;  

名古屋大学”快踊乱舞”
有松絞りをテーマにしたようです 学生さんたちが
こうやって地域の伝統工芸に興味を持つのはいいことだ
つーわけで藍色を基調とした衣装や装飾など色の使い方が
綺麗 後半の転換も含めて上手いなあと。大所帯学生さんは
どうしても踊り方とか構成は似かよってきてるトコロが
あるんで ちょっとでもいいからお!?と記憶に残る
ポイントが欲しいところですね


Meetiα
いわゆるYOSAっぽくない系統 
現代によみがえった桶狭間の戦いの英雄たち・・という
ラノベ原作のアニメの戦闘シーンとで流れそうなBGM
っぽい(なんだそれ)  人数こそ多くないですけど 
表現したい世界観はちゃんとできてると思う
ほんとはもっと味付け濃い目にいろいろ遊べそう
な作品  

達磨-DaLuMa-
パッと見の衣装とか雰囲気は悪くない感じだし
楽しそうではあるのだが、曲調と振りのミスマッチ
な感じとかすんなり入ってこない(^^;;
あと、一人だけ衣装が違うメインっぽい人が最後まで
全く前に出ずにほとんど見えないとか  振りがちゃんと
入ってない粗さとかなんかいろいろ惜しい(^^;


八雲一座
このところちょいちょい名前聞くようになってきてる
ネクストブレイクが期待されるチームですね
シンクロ率高めの群舞の気持ちよさとか 緩急の付け方
スムーズに移行する様々なフォーメーションでの表現とか
基本的には踊りで見せる渋い系統 他では見ないような
独自のモーションもアリでどまつりではさらに存在感
が際立ちますね 


半布里Jr.
中学生以下での編成なので 人数もだいぶ少なめ
だし体の小さい子もいますので 本隊が使う曲で同じ
スケールで再現するのを期待するのは酷ですが
半布里のジュニアチームとしての気概は感じます
威勢の良さ、堂々とした踊りっぷり  でちゃんと
「らしさ」は醸し出せてました  東北あたりの
ジュニアとはまた違う方向性か  
若い世代はチームにとっての財産ですな 

豊山町よさこいチーム 仁~hito~
冒頭、だいぶしっとり渋い感じで入るんだけど
途中から衣装も明るくなって元気で威勢のいい
振り  マダムのみなさんがお祭りで活き活きと
はっちゃけてるのってなんかイイよね
上手いとか下手とかじゃなく 非日常を
楽しんでる感じが好き

 

宮城学院女子大学Possoballare!?MG
コロナ禍で人数ずいぶん減ってたから遠征とか
厳しいと思ってたけどちゃんと参加してるあたり
が嬉しい  たぶん東北でもほとんど披露してない作品
ま、掛け声含めていつもの感じではあるけども
所作のキレイさとシンクロ具合を魅せるチーム
ですが この作品はソーランのパートでちょっと
力強さも感じさせつつちゃんとめんこらしさも出てる
ところが好き

 

 

この辺で一旦切ります

 

 

|

« ハロコン | トップページ | 2022 どまつり(11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロコン | トップページ | 2022 どまつり(11) »