« テレどま前夜 | トップページ | テレどま2日目 »

2020年8月28日 (金)

テレどま1日目


今、終わったところです

テレどまつり1日目

一応12時のオープニングから見始めて
途中2時間ほど歯医者のため抜けましたが
帰宅後もずっと配信見てました

どんな感じになるのかと思ってましたが
まぁ どまつりらしい 何でもありな映像コンベンション

単純に、過去の演舞動画そのまんま のところもあれば
PV風に作り込んでチームの宣伝兼ねた動画もあれば
ちょっとした子芝居パートで映画的に構成してたり   
これそのまま楽曲のMVじゃん みたいなのもあったりで

これだけチーム数あっても見せ方様々で飽きが来ない

まぁ、中には自由過ぎてだいぶYOSAKOIとかどまつりの域を
大幅にはみ出してるヤツもあったりしますが  これだけ長丁場だと
トイレ休憩とか食事休憩も必要ですから・・(^^;


そんな中で多く見られたのは
ヴァーチャルソーランの時に倭奏が公開した宅YOSAの映像をお手本に
したような、  演舞映像とリモートでの個人練習や少人数練習を組み合わせた
ヤツですかね   まぁこのご時世ですから

あとは、ロケ地のこだわりも面白かったですよ

ホントこれは今回のテレどまならでは 世界各地がどまつりのステージっていうね
中でも印象に残ったのは 鈴鹿サーキットで撮影してたチームかな 
全編通してかなりカッコよく仕上がってた

部門賞としてロケーション賞みたいなのがあったら有力かな
あと信衆の山とかも雰囲気あった

まぁ・・ ロケ地がどこまで審査に影響するかは分かんないけど
これもまた どまつり性(地域性)に加味されるのかな?

あと照明部門は Nostyle ね
もう陰影のつけ方が 必殺仕事人シリーズの照明チーム入ってる?
ってぐらいカッコよかった

編集技術は審査には関係ないということで説明はあったけど
やっぱり 映像の出来で見栄えは違うからねえ(^^;

それとやっぱり お客さんを楽しませようっていうエンタメ精神あふれる
チームの皆さんが作ってるので そりゃ映像だって凝ってるのよ

ただ、編集とか演出こだわり過ぎてるとそっちに気が行っちゃって
演舞の方が全然入ってこないってのもあるんで  
ここはチームとしてどっちをとるか悩むところでしょうね

映像作品としてのインパクトはあるけども
実際の演舞の内容はほとんど覚えてないってもあるし


まぁ~そういうのも含めてろくに練習も出来ない今年ならではの「遊び」
ということでいいのかな   
個人的にはものすごく楽しんでます(^^)

すげームズイけど 映像の出来とかも含めて
マニさん的10傑はこんな感じかな~


半布里
夜宵
長崎大学「突風」
飃~FREEDOM~
Nostyles
新民高校
倭奏
岡山うらじゃ連 旭
We AreGoing!!from笑舞
静岡大学よさこいサークルお茶の子祭々



馴染みないチームとかもたくさん出てきたけど
コメントで解説してくれる人いて助かったわ~(^^)




さて、明日も早起きしなきゃですねぇ


 

 

 

|

« テレどま前夜 | トップページ | テレどま2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレどま前夜 | トップページ | テレどま2日目 »