« マニエルの冬休み⑧ | トップページ | コロナ疲れ »

2020年3月13日 (金)

おうちエンタメ


くっそ寒い雨の中での仕事でした
新型コロナには負けるつもりはないが
普通の風邪ひきそう

・・しかしまぁ どこもかしこも自粛自粛
イベントもライブもみんな開催見合わせ

休みの日の メインの目的が無くなってるんで まぁ
自然と出かける気もおこらない 

んでも、なんだかんだ言っても
動画配信サービス見たりだとかTVゲームだとか それなりに家に
籠ってやる趣味というのもあるにはあるので それほど暇を持て余している
というわけでもないんでね。 
無いものねだりしててもしょうがないので外に出られないなりに
時間は有効に使いたいなと

あと、ホラ
ありがたいことに会場借りちゃったアーティストさんとかが
無観客ライブを ネットで中継とかしてくれてたりするので
ホントならチケット買って遠征しなきゃ見られないような
ライブを見れちゃったりするのは逆にありがたかったりもする (^^;


とはいえ、やっぱり 演者さんとお客さんがいてこそ
成立するのがLIVEですのでね  1日も早くこういう
状況から抜け出せることを願っております


少なくとも・・4月中はコレ ほぼ諦める方向かなぁ(^^;
一応 ココロの準備だけはしておく

ま~こうなったら今年 一年間は じっくり充電して
来年一気に遊びまくるってのもアリかもね


で、先日 映画見に行ってきました

あ、ご安心ください  平日でめっちゃガラガラ
他のお客さんとも4m以上は離れてたので(^^;


Fukusima

なにやらいろんな意味で話題のコレ

それこそ、・・3/11の前日に観ました。 
シネマーレージポイントも貯まってたし

まぁこのご時世だというのに公開延期せず 予定通りの
震災ウィークに封切ったのはそういう意図なのでしょう。
自分的にも今一度 当時の事を思い出そうってのもありましたし

一応 事実を元にした物語ということですが
まぁ 映画化するにあたっていろいろと美化されたり
手を加えられてる部分はあるんだろうなとは思います(^^;

事実の誤認があるなんていう批判の声も少なくないようですし

自分の立場的には東電を目の敵にするほどの利害関係は
ないですので   まぁある程度そういう手も加わってるのかなと
思いつつ 制作サイドの思惑通りに何度か泣きながら見てましたが(^^; 
当事者とか、この物語の舞台となってる福島原発周辺の人がどう見たのかは
気になるところでもあります


だもんで、原発の是非とか 戦犯が誰だったのかっていうのは置いといて
歴史的事実として  大きな地震が来て 原発がぶっこわれちゃって
なんとか被害を食い止めようとして命がけで頑張った人達がいた・・
という事が伝わればよいのかなと

それと、今も帰還困難区域となっているような原発周辺の市町村が犠牲に
なったおかげで もっともっとたくさんの命や故郷が失われず
に済んだというのも忘れちゃならんってことよね 
チェルノブイリ級の被害になってたら東日本は壊滅してたとのこと

アルマゲドン的な英雄譚として美化して描かれちゃうと
ついつい忘れがちだけども 事実は決してハッピーエンドじゃない
あの事故によって故郷や生活を奪われた人がいるし
今も苦しい思いをしているって事は忘れちゃいけない

3/11が来る前に改めてそういう事を思い出せただけでも
この日に見て良かったなと 思います

で、自分的に一番共感できたのが

現場を知らない上の人間が事態をややこしくするってのは
ドコも一緒なんだなぁ・・と 

思わず苦笑い。 





で、ここに来ての 

今年の ももクロ春の一大事2020
   ~笑顔のチカラ つなげる思い  楢葉町、広野町、浪江町 の3町合同大会~  ですよ

莫大な規模の地域興しと経済効果をもたらすビッグプロジェクト
これまで各都市を活性化してきた ”春の一大事”が今年は 福島で開催

の予定なんすけど コレも 新型コロナの関係で今 開催が危ぶまれてるのよね

ももクロもモノノフもなんとかして福島盛り上げよう!ってなってるんで
なんとか開催してほしいんだけどねぇ  


あ、4/18-4/19   2DAYSだから
上手くいけば  零璃音とのハシゴ可能・・  
てかどっちも開催できるかどうかみたいなところもあるケド

そして・・オラが休みもらえない可能性が出てきたっていう・・(^^;;

 

 

|

« マニエルの冬休み⑧ | トップページ | コロナ疲れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニエルの冬休み⑧ | トップページ | コロナ疲れ »