« 帰宅! | トップページ | 第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会② »

2020年1月20日 (月)

第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会①


さて、久々のガッツリYOSAネタいきますかね(^^)

オフシーズン中だといつも以上に新鮮に楽しめる



例年、YOSA仲間のみなさんと勝手に審査会ごっことかやってるんですけど
今年はいつものメンバーがほとんど欠席でしたので やってません
・・が、オラはいつも通り脳内審査はしながらみていたので
今年も好き勝手に思ったこと感じた事を徒然なるままに・・
最近はTwitterよりもこっちのが視聴率低いんで
ブログの方が気楽に書けるw

スマホから見るには文字数とか多いもんね




まずは話題のオープニングから・・


前日の飲み会ん時に
「絶対に遅刻しないでオープニングから見てほしい」という
前フリはあったものの・・ 何をするのかはわからなかった
サプライズ企画


宮城各地のチームの踊り子がチームの枠を超えて夢の共演
宮城合同選抜ユニット    なんらかのチーム名なりプロジェクト名欲しいなあ

Dsc_1466

とにかく、よさ夢での学生100人演舞みたいな ドリームチームなのよ

写真だけだと総踊りみたいにも見えるけども

このために曲を用意ししそれにオリジナルの振りを振りおろしてます
時間的には1分ちょっとぐらい?(に感じた) だったので
もう少し長尺で見たかったなぁ  しかも明転になるタイミング遅くて
冒頭の踊りはほとんど見えてないっていう・・(^^;

んでも これ、いつの間に練習したのか知らないですけど
宮城のYOSAKOIを古くから知ってるものにとってはかなり凄い事なのよね

ちょっと前までは もっともっと温度低くて
YOSAKOIそんなにガチになってどうすんのさ みたいな空気はあったし
あくまでも お祭りは身内のお楽しみ ・・というスタンスのチームが
すごく多かったからね(^^;

ここ数年でどんどん意識変わってきてて レベルも上がってるし
チーム同士の横のつながりも出来てきたから実現した企画ですね

学生チームだったら割と実現しやすい環境だと思いますけど
一般社会人チームで短期間でコレやったってのは大したもの

これ一回で終わるんじゃなくて
今回のをヒントにもっとやれることを探っていくのもイイのかなと

みちのくから・・the日本海みたいな ガチの合同チームをソーランに
送り込んじゃう・・とか さ 

ま、ウォッチャーとしてはそんな大それた夢までみてしまうよね(^^;



1部登場順に行きますね

凛牙   
しっかり声てましたね  人数の少なさを力技でフォロー
だいぶTヒロ感 あるけど(笑)  パート踊りの時は
ジャンプの高さとか手の角度とかもう少し揃うように意識してもいいかな

神威  
スタンバイん時の口上「時を超えて今」  は某チーム思い出して胸熱
わらべ歌は良いアクセント     去年 水沢でお披露目→みちYOSA魂と
見てきましたが 数か月でまたさらに良くなってきましたね  
気持ちも乗ってきた印象   後半バテ気味になるのがもったいない

舞姿道みろく 
最近すごく良くなって来てるんだよね  >みろく
スタンバイん時の低い姿勢とか良い感じよ
他のチームに助っ人として参加してるのがすごくイイ経験に
なってるみたいで ちゃんとフィードバックしてる
ざっくり 女隊、男隊、子  3部隊編成なのだけど
女隊なんかは艶っぽさも出てきてるし それぞれ表現力
出てきたからやっとその構成が生きてきたんだろうなと

祭・WAKUYOSA舞桜 
そこそこまとまった人数なので見応えあるね。
お客さんとの掛け合いもしつつ元気で活きのいい演舞 
長半纏のオールドスタイルですが 無理せず ファミリーで楽しめる振り
が程よい感じ   背伸びしすぎると中途半端になっちゃうので要注意
なのに、若干子供たちの表情が余裕がないのか真顔気味なのが気になる(^^;
あと 鳴子や扇子の落とし物はだいぶ見慣れたけど
ウィッグが落ちるのは未だに慣れないわあw
          
       
『華・flom KAMI』
色の使い方とか装飾のセンスもいいなと思うんだけど人数がな・・ 
たぶんこのチーム一番の課題は メンバー増員  曲の強さに負けない程度の
人数が欲しい所  声とか気持ちでカバーしたいんだけど最前列で見てても
ちょっとおとなし目 テーマ的にも荒々しさとか猛々しさが欲しいんですけど
MCのがなりも居ないので 男性メンバーとか男踊りパートに期待かな


短いですけど 今日のところはここで切ります(^^;
もう23時・・ネルー
  
 









|

« 帰宅! | トップページ | 第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰宅! | トップページ | 第4回 新春 宮城YOSAKOI交流会② »