« AKITA JAM FESTIVAL | トップページ | 宿確保 »

2019年12月10日 (火)

Akita Jam Festival②


昨日 記事書いてる途中にむちゃくちゃ眠くなったので
本編に行く前に中断してしまいましたm(__)m

つーわけで 最前列もゲットしたところで本編スタート


オープニング
駒踊りと書道パフォーマンス

書道パフォーマンスは前にYOSAKOIさんさでも見た事
ありましたが 秋田でも熱心に取り組んでるようです
3チームに分かれて イベントのテーマや題字を書いてくれました
駒踊りの団体のお囃子や踊りとのコラボ

駒踊りは青森県県南ではちょいちょい見かけますけど
武者鎧の肩当ての部分をガシガシやるのは初めて見たけど
迫力ありましたね  あれ、顔挟んでるようにも見えるけど
痛くないのかな  (青森では鎧着てるのはあまりない)


スペシャルコラボSHOW
吹奏楽と一輪車パフォーマンス
前に青森の北金ヶ崎でも見た 一輪車の団体芸
アーティスティックスイミング(旧名:シンクロナイズドスイミング)の
一輪車版・・と例えるとイメージしやすいかね
上半身では優雅に踊ったりしてるんだけども 下半身ではバランスとるために
必死なあたりも シンクロと似てるかもしれない
途中、一人がコケたところから連鎖して次々と転倒するっていう
事故もあったんですが 何食わぬ顔してしれ~っと立て直すあたりも
おもろかったわぁ   男女ペアでのパフォーマンスなんかもあったりして
なかなか一輪車競技も奥が深いっすねぇ
吹奏楽の演奏に合わせて 数曲やってくれました

吹奏楽とラート競技
ラートって聞いてピンと来る人はどれだけいるのかな?
ま、マイナーなスポーツではあるのだけど 見てるとすごく面白そうだよね
人間が入れるような巨大なリングを自在に操って演技するというもの
この日出場したお2人は世界大会で結果も出してるすごい2人
一流のパフォーマンスですよ(^^)
スポーツ競技をショーアップしてエンタテインメントとして魅せる
というところでは 前述の一輪車にも共通してるところですね
これに吹奏楽の音楽がコラボなので雰囲気的には
ほぼシルクドソレイユのショーと似たような感じです   
向こうはオーケストラだけどね


吹奏楽とアイドル
たぶん、この日早くから集まってたお客さんのほとんどが
これメインでしょうね
まず1曲目  吹奏楽の伴奏で 恋レボ 
その後 juice楽曲を普通の音源で3曲メドレー   
最後に 吹奏楽伴奏で LOVEマシーン

吹奏楽バージョンは通常音源とピッチが違うので若干歌いにくそう(^^;
ハロプロ内屈指の歌ウマメンバーですけどね

メドレーではステージ降りてきてくれて目の前での歌唱
これはもうファンにはたまりませんな 

んでも・・たぶんいつものライブの4割ぐらいの力加減と思われます
本気出したらもっとすごい  メンバーもホントはあと5人いるしね

(さゆきのフェイクは素晴らしい)



吹奏楽とヤートセ
一応、オラ的には こっちがメイン・・?
演舞前にjuiceの金朋ちゃんがチームコメントをアナウンスするのだが
彼女の口からヤートセやら歌舞輝やらのワードが発せられたかと思うと
これはもう YOSAファンとしても感激なのですよ
なんてたってあの”ローズクォーツ”朋子ですもの(笑)
SAKURAも歌舞輝も若干 緊張の面持ちではありましたが
秋田の素人発信の芸能の代表として大役を果たしました

たぶん、どちらのチームも初見だというお客さんのが
多かったと思いますが反応もかなり良かったと思いますよ

会場で配ったアンケートにどのプログラムが良かったですか?
っていう設問あったな~   ヤートセ票集まれば来年も期待できるかも

ヤートセコーナー
最後は2チーム合同で 吹奏楽演奏でのいやさかAKITA
このコラボはなかなか面白かったですね~
普段生演奏での総踊りってまぁないですもんね
楽器が違うとずいぶん雰囲気かわるもんだ(^^)
ボーカルがないので若干違和感もありましたが そういうのも含めて
貴重なコラボを見れた気がします

フィナーレ
出演者とお客さん全員で秋田県民歌
もちろん、知らないっす(^^;  秋田の人はみんな歌えるのかな?
歌詞カードもらったけどメロディ知らんしなあ
あれ?でも どこかのヤートセチームが県民歌を曲に入れてた気がする


プログラムもそんなに多くはなかったけど あっと言う間の2時間

移動に往復10時間以上かかった気がしますが(^^;
いろいろと面白いもの見れたし 新しい発見もあったりで
良い遠征でした   とりあえずこんな近距離でjuiceの3人
を見れることはもうないだろうな


県外に出る遠征は今年は本当にこれで最後(^^;

YOSA系は残すところ花嵐の平川公演ぐらいかな



年明けたら・・新春みちYOSA 仙台です

|

« AKITA JAM FESTIVAL | トップページ | 宿確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AKITA JAM FESTIVAL | トップページ | 宿確保 »