« こんなところで銚子産 | トップページ | 黒潮よさこい④ »

2019年12月 2日 (月)

黒潮よさこい③


はい、やっとこ本編(^^;

本祭はほとんどメイン会場に張り付いてました
(途中で他の会場の雰囲気知りたくてちょっと抜けたけどね)


開会セレモニーからの・・
前日の南中バトル優勝チームの 鴉の南中ソーランがオープニングアクト

昨日あれだけ踊ってさらにここでも(^^;

そして、 オフィシャルホストチームがトップバッターで登場

黒潮美遊
YOSAファンの間でも注目度の高い 新作お披露目
ステージ濡れててすってんころりんも続出でしたが・・
見応えある作品ですね  「洋」寄り作品で勝負するチームって
少ないのでかなり新鮮   ビジュアル的なところでは女性陣の
ヘアスタイル揃えが印象的(^^)。  
スピーディーでダンサブルな美遊ワールド炸裂といった感じ
出来立てホヤホヤとは思えない仕上がりっぷりです  
みんなよく動けるなあ  スキル高いっす
ルーズで見た時若干ゴチャっとうるさくも見えましたが(^^;
まぁこれから進化していくことでしょう
・・あ、後ろの広告もうるさく見えちゃう原因か


新琴似天舞龍神
もう 美遊から天舞とかなんつー豪華なコンボなのかしら
関東支部含めて30人ほどでの編成でしたかね 
正直今年の作品はもう見る機会はないかと思ってだけに嬉しい誤算
大道具も大扇子のみで旗と踊りでシンプルに見せるパターン
2人花組のシンメトリーな感じも新鮮で面白かったですが
個人的には粋隊の動きがカッコ良く見えた構成でした
なにげに力強く、且つ軽やかに踊ってるのを再発見
メンズはちょっと粗かったかな  ナチュラルカノン 


浜っ娘連
潮っ子とか浜っ子とかののようなジュニア層メインチームかと思ったら
ご年配の娘さんたちでした  天童よしみさんの「ソーラン祭り節」に
あわせて踊るおばさま達   こういうチーム・・やっぱどこに
もいるんだな(^^)  なんか 地元のイベント来てるみたいで嬉しい  
いや、お祭りにこういうチームひとつは必要
そして・・なぜどこのチームも振りとか衣装のテイストが似てるんだろう
総本家みたいなのがあるのかな
歌詞の通り  元気よくステージ濡れてるのも怖がらないでハッスルして
ました   

飛翠迅
ぢちらかといえば高知系寄りのチーム  作風はかなりポップ
これもまた 東北界隈じゃなかなか見ないので新鮮 
ちょっとテーマが伝わりにくいような気もしますが(^^;
独特のカラーなので印象には残りました 
あと、ものすごく伸びやかでキレイな踊りしてる人が
すごく目をひきましたねぇ (^^)
初めて行くイベントではこういったあまり馴染みのないチーム
見れるのが本当に面白い

新芸組 遊駆人
ココも初めて見たチーム  学生チームのOBOGらしいんですけど
とにかく活きが良くて元気よくて それが自己満じゃなくて
ライブ感もあってちゃんとお客さんを巻き込もうとしてるのが◎
衣装なんかもシンプルですし 作品としてもそれほど芸術性に
こだわってるわけでもないですけど 何をしたいのかってのが明確
なので見てて気持ちいいね   イベント主催者側目線から見ると
欲しいチームです
実はちゃんと揃えば女子のスローパートとかけっこうキレイだと思う

水戸藩YOSAKOI連
今回の黒よさのお楽しみの一つ。 みちYOSA魂で東北組メインの
少人数verは見てましたが この大所帯での演舞を見たかった。
パワフルな群舞、実に見応えありでしたね 満足。
んでも、このチームは遠くの審査員席から眺めるというより
たぶんもう少し近い距離で踊り子さんの気迫を肌で感じながら見た方が
より評価は高くなるんだろうな  
マニエルさん的には、水戸藩は構成はもっとシンプルでもいいかな



短いですがここで一旦切ります(^^;
今週 スケジュールタイトなのでペース配分考えてちびちびと




|

« こんなところで銚子産 | トップページ | 黒潮よさこい④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなところで銚子産 | トップページ | 黒潮よさこい④ »