« 2019 みちYOSA(日記)④ | トップページ | みち魂10傑 »

2019年10月24日 (木)

2019 みちYOSA(日記)⑤


きのう祝日だったんですよね~
今までにはないイレギュラーな祝日なので
これといった予定も入れず しっかり休ませていただきました

だんだん寒くなってきて そろそろシーズンオフかな

さて、

長らく続いたみちYOSA日記  ようやく完結だな
みちYOSA魂本編へ


10/13  (日)

台風一過

前日・・というか日付変わるぐらいまで飲んでたのに
けっこう早い目覚め  9時ぐらいまで寝てようかと思ったけど
7時前には目パッチリ
ま、YOSAKOIの日は
ついつい早く目が覚めちゃうんだけどね 

天気も気になってましたのでさっそくカーテンを開けると
前日、あれほど雨降ってたのが信じられないほどの快晴

仲間のみなさんも早いお目覚めだったらしく
さっそく 今日の演舞会について情報やりとり

外の様子がもう少し知りたいのと
市民広場や勾当台のあたりがどうなってるかの興味もあったので
8時半ちょい前に朝の散歩へ
会場から近くのホテルだったのよね

やや風は強めだったものの  車も普通に走っているようでしたし
地下鉄も動いてる様子   いつもの仙台の朝の風景

本日の演舞披露会 会場側から使用条件として天気の回復が
条件になっていわけですが どうやらそれはクリアできそう

あとは担当者への最終確認と回答待ちといったところ


市民広場には 本来使うハズだった 会場設営用の資材や発電機、
パイプイスや、カラーコーンなんかがまだ残されたまんまでした  
風そんなに強くなかったのかな?   散乱してたら少し片づけ手伝おうかな
ぐらいにも思ってたんだけど  意外と無事だし

(たぶんこいうのもレンタル代とか設営や撤去にはお金は動いてるんだよなぁ・・)

こんなにも天気はいいのに 出来ないっていうね・・
んでも たぶん、これ天気回復したからといって13日の朝から設営とかしても
たぶん間に合わなかったかも(^^; 


そんな出番のなかった資材を眺めながら
あ~あ、 ホントは今日ここで いろんなチームが演舞するハズだったんだよなぁ~
なんて思いを巡らせてたら   せつなくなってきたよね

勾当台公園も同じような感じで資材が残されてたっけ


その間も実行部隊とはやりとりしながら
なんだかんだで1時間弱ぐらいは市民広場周辺に居た(^^;

で、仲間とのラインやりとりしてる中で
初めて  台風で浸水の被害があったことを知る  

時間にして9時ちょっと前ぐらいだったかな

本当は仙台に来るハズだったYOSAKOI仲間から
車が水没した。と
どうやら近くの川が決壊したらしい 

会場から 午後からの開催でGOサインが出たと連絡来たのが
それから 数十分後だったハズ

やっぱり被害出たところもあったかぁ・・
とは思いつつも まだ詳細までは把握できてないですし
あまりにも仙台近辺がいつもの日常だったので
それほど深刻に考えていなかったところはあるのよね


まぁ、後々 その辺をつっこまれることになるのですが(^^;



んでも、こういう 企画を動かす時に そこまでは想定してないと
思うのですよ   どこかで川氾濫しそうだから中止とか死者出そうだったら
止めようとか  そういう・・  被災待ちみたいなのって逆に不謹慎じゃない? 

こっちとしてはもう13日が天気回復するかどうか
それだけを願ってましたから  
各地で大きな被害が出ていたというのは想定外

・・・まぁ それだけの大きな被害が出てるというのが
明らかになったのもイベント終わる頃だったりもするんですが(^^;

ん~・・このあたり どこまで想定しておくかどうかは難しいですよね

人によって考え方が違うのでしょうし
こちらの意見を押し付けようという気もないですけど 
 
んでも、誰もが想定出来なかったから起きた被害というのもありますし 
被災した人だって まさか自分のトコがこうなるとまでは思ってもいな
かったハズ   気象庁の人間でもないし預言者でもありませんので 
一般人の我々が これほどの被害を事前に想定するのは無理だと思います

じゃあ当日 被害が出てるの分かったら そんなイベント中止してスコップ持って助けに
行け という方もいらっしゃるようですが、  災害救助隊や自衛隊がこれから
入ろうという時に 素人が大挙して押し寄せたところで邪魔にしかならないでしょう
どこの道が通れるのかもわかってないのだし 
災害が起きた直後は 同じ地域のご近所同士であれば声かけあったり助け合うことは
出来ると思いますが 被災地から離れた我々には見守ることしかできないと思ってます。

物資やボランティア受け入れ、義援金の受付が始まってようやく
元気な地域の人達が被災地に対して動けるようになるんですよね



というわけで、浸水被害に遭ったという仲間のことは気になりつつも・・

とりあえず、天気は良い
会場からの使用許可も出た


今はとにかく 今日集まってくれる人達の無事を喜び
みちYOSA中止で涙した yosakoiの人達に元気になってもらおう。

と、頭を切り替えて 演舞会イベントを成功させるために
尽力しようと決めました 。 


チェックアウト時間も迫ってきたので
市民広場周辺の散歩を終了してホテルへ戻って一瞬テレビ付けたら
高速道路は全面通行止め、もうすぐ新幹線は動き出す予定
みたいな事はやってたかな


10/13(日)
昼 
イベント名は  みちYOSA魂

ホテル出ちゃったので 本日の会場になってる長町の仙台PITへ
仙台市内から長町への移動も長町周辺も特にこれといった異常もなし
渋滞等もなし   お店なんかも通常営業してました

会場に入れるのが13時だというのに
11時ぐらいから続々とチームが集まってきてました
正式に告知したのが前日の午前中だというのに 一般のお客さんも
集まってきてました  

もともと、 みちYOSAでの演舞披露を諦めきれないチーム同士でお互いの
演舞を見せあうような 身内での演舞発表会になるのかなと思ってたので
最初のお知らせの仮題は「みちのく演舞交流会」だったんですけどね(^^;

一般のお客さんがこんなに来てくれるとは嬉しい誤算でした
(ま、そうは言っても踊り子さんの親御さんとかが多かったとは思いますが)


仙台近郊チーム&有志での開催 ということで手作りのイベントではあるんですが
新春みちよさを主催したチームがいたり 本家のみちYOSA実行委員とのツテ
があったりするんでどんどん本格的になっていきました(^^;  


みちYOSAのオフィシャルキャラクターの みちのくちゃん も会場入り
今年の幻のみちYOSAグッズの物販ブースも設置
会場の音響設備の操作は本家みちYOSAのメイン会場で音響を担当するハズだった
みちYOSAを知り尽くしたプロの音響さんにお願いしました。
司会も、みちYOSAメイン会場でお馴染みワッキーさんにお願いし 快諾いただきました
これはもう ほぼ・・みちYOSA。


みんな  やりたかったんですよ   ホントに。

そんな みんなの想いが仙台ピットに集結していました  


ワッキーさんとのMC打ち合わせの中で
今回のイベント名をどうするかという話になり

「みちYOSA魂  ~俺だづは負げねぇ~」

というタイトルが決まりました。 
開演の40分前ぐらいだったかな
 
どうしてもみちYOSAをやりたかった人達が
どうしても諦めきれずに作った代替イベント
こんなにもピッタリなタイトル無いでしょ

この日、仙台PITにいたチームや裏方さんだけじゃなく
この日この場には来ることが出来なかった みちYOSAに
参加する予定だった遠方チームさんの気持ちも背負って


そして・・同じく秋田でも代替イベント  プチよさが開催
この動きもホント 嬉しかったですし 励みにもなりましたよね


もう・・・・ 
どんだけ 愛されてんだよ みちYOSA


そんな熱い魂を持った人達がこれだけ集まったわけですよ
成功しないわけがない


みちYOSA魂   最後の総踊り・・  あの震災のあった 2011年
東北がこれだけ大打撃受けて みちYOSAが出来るかできないか?
というところを乗り越えて開催したあの年の最後の総踊りと同じような
気持ちになって   ちょっとウルっと来ちゃいましたねぇ


イベントの最中も、ちょこちょことTwitter投稿してたんで
その中で 台風被害の状況も知り合いのつぶやきで少しずつ分かってきてました   
どうやら思ってたよりもかなり深刻な被害が出ているらしい・・ と

もうイベントも終盤でしたけども
この時ぐらいから 少し予感はありましたよ

もしかしたら こんな大変な時に こんなイベントは不謹慎だ  と
思う人がいるかもしれないな
事の経緯やそれぞれの想いを知らずに 客観的に見ると
この大変な時に・・  と言われたとしても仕方ないかなと(^^;;


ここまで読んでいただければ少しは理解いただけたかと思います。  

企画が持ち上がったのは 台風上陸の前、11日だったという事
安全面は十分配慮していたこと、
みんなの気持ちを晴らしてあげたかったこと
被害が出たのは分かったけどもその日ではどうにもできなかったこと  
想定外に被害が大きくなり 「こんな大変な時」になってしまったこと


でも、後悔はないですし やって良かったと思ってますよ

少なくともこの日 あの会場に来た数百人は笑顔になれたと思うし
台風による中止で暗く沈んでしまった気持ちを救うことは出来た。
前向いて明日からまた頑張ろうっていう気持ちを切り替えられた
ことで 復興(ボランティア等)に向けて 動き出すきっかけにも
なったんであればそれでいいかなと 
踊ることが何よりのエネルギーの源。 
ここで一回踊って元気になるんだから安いもんでしょ(^^;

東北のチームのみなさんです  被災地の気持ちも分かってます
その気になれば行動力だってあるし組織力だって強い

それぞれができること  またみんなで頑張りましょう

それでいいんじゃないかな?




最後になりましたが  
改めて 今回の台風により被害に遭われました皆
さまへ心よりお見舞い申し上げます


オラも微力ながら やれることやろうと思います


|

« 2019 みちYOSA(日記)④ | トップページ | みち魂10傑 »

コメント

いいね👍ボタンがなかった😭

あの時夢中過ぎてマニさんの振り返り見てそうそうそうだった‼️って思いました😭

あの日の力を今は復興への力に変えてやれること頑張ります‼️

投稿: ぽんぽん子まめ子 | 2019年10月28日 (月) 22時56分

「記録」として携わった方が述べてくれないと見えなかった部分が、詳らかになって良かったです。

投稿: Mr.children | 2019年10月24日 (木) 21時17分

お疲れ様でした。
この日記、10年後貴重な記録になると思いました。

投稿: おにょぢゅん | 2019年10月24日 (木) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 みちYOSA(日記)④ | トップページ | みち魂10傑 »