« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月30日 (月)

とわだyosakoi夢まつり


土日、十和田へ行っておりまして
ブログ サボってました(^^;

うん、やっぱり現場からの速報はツイッターの方が楽なので


と、いうわけで ずいぶん久しぶりにお客さんとして
よさ夢見に行ったわけなんだけども やっぱり運営の事とか
気になって あちこち口出したりしてました(^^;

そもそもの屋内会場での開催自体がまだ気に食わないところでも
あるんですけど それならそれでもう少しやりようあるでしょうよ と
いうところもあったよね  お客さんやチームさんにはご不便掛けたと
前実行委員として申し訳なくも思ったり

んでもまぁ悪い所ばかりじゃなくて
学生さんたちが頑張ってくれたおかげで 今までとは
違った面白さが出てきたところもあったり

この先も同じ形態での開催が続くなら
若い人の感性で 他ではやってないめっちゃくちゃ面白い屋内イベント
にして行ってほしいなという気もします(^^)

今回の学生合同企画での会場の使い方とか感心しましたよ

というわけで、始まる前はいろいろと不満もアリアリでしたが(^^;
終わってみれば  もう参加チームの皆さんの演舞がどれも素晴らしくて
ウォッチャー的にかなり満足度の高いイベントだったりする

ホント、参加したチームのみなさんもイベント慣れしてて自主的に
動いてくれたみたいですし 参加チームの皆さんサマサマです

んでも、今青森ではどんどんYOSAKOIのイベント減っていってるんで
力合わせて一つでも多く守っていかなきゃならんのですよね



各チームの感想 批評等もやっていく予定ですが
ズブ会の準備の方も並行してやっていかなきゃいけないので
不定期になるかもしれません(^^;;

あと、みちYOSAの予想もそろそろやらないと!!

その前に とりあえず ひととおりUPして大丈夫そうなところに関しては
動画を上げておきました

市販曲使ってるところと保育園とかのお子様チームのところは
なかなか動画撮っても上げづらいところがあるのでね

このブログのサイドバー  
ズブ様的動画館  の YouZubeをクリックで
うちの動画チャンネルに飛んでいきます

うん、しばらく動画撮ってもUPはしてなかったんですけど
久々に復活しました 

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

明後日はよさ夢


参加チームの方がSNS等で宣伝してくれてるのがありがたいっすねぇ
去年まで運営に関わっていたよさ夢  今度の日曜 開催です

でそれに伴って あしたは前日入りするYOSA仲間の皆さんと
飲み会の予定があるので オイラも今日のうちに最後の宣伝(^^;


白老を見に行くという選択肢もあるんですけど
やっぱり 青森のYOSAイベ を1つでも多く守りたいという思いもあり
さすがに知らないふりも出来ません

YOSAKOIイベント減ってるのはホント 忌々しき問題ですよ
踏ん張りどころ なんとか盛り上げたいですね


天気の心配は要りませんが
屋内開催というのと有料観覧というのでどのくらいのお客さん
が見に来るのかという心配はあり
野辺地に居るとポスターとかの宣伝もほぼ目にする機会ないからね

ま、根強いYOSAファンは情報キャッチして来てくれると願います



というわけでもう一度おさらいで
参加チーム書き出しておきます


白菊めんこい隊
わんぱく広場めだち隊
北里三源色
奥州つつみ隊合同連
三沢・いぶき
凛轟
五十丸祭組
蒼華天夢
弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
西小あかねっこ

わんぱく広場もっともっとめだち隊
横舞伝
祭姫會
2代目W.SOULブラザーズ
はちのへYOSAKOI絲の会
夢源郷
紅翔連
心花組
蒼天飛龍
青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea
馬花道
AOMORI花嵐桜組


メンツ的には・・かなり豪華な方だと思いますよ
新曲出したばかりのチームもいるし 久々参加のチームもいるし


チーム演舞の他にも100人園児や学生合同演舞、 旗の競演などの
企画もあるようなので楽しみにしたいと思います


2019 とわだyosakoi夢まつり

9/29(土)   十和田市民文化センターにて

 第1部 10:00~
   第2部   14:00~

入場料 各500円     全席自由


全席自由か

さて、良席確保したい人は何時に行けばいいのだろう・・・(^^;

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

2019 どまつり④

今日もすこしずつやっていきます
これでもう前夜祭の半分以上来ちゃったんだよね

どうしようオフシーズンに書くネタなくなっちゃう(^^;


CHIよREN北天魁
ニャー来たー! ソーランでは厳しいかもだけど どまつりなら
ハマりそう とか思ってたんですがそうでもなった?(^^;
あ、個人的にはかなり好きですけどね
本祭で見たのとだいぶ構成変わってた ま、曲の長さが違うしね
ソーランの中で見る分にはぶっ飛んでたけど たぶんどまつりの中
だとこういうのまぁまぁあるんで 逆に埋もれちゃった感はあるかも

京炎そでふれ‼咲産華
京炎のチームけっこうどこも粒ぞろいなんでここも一回見に行って
みたいなぁ   顔白く塗ってたし芸者イメージだったのかなぁ
冒頭の鉄骨娘ばりのシステマチックな踊りで掴みはOK
もう少しそのゾーン尺使っても良かった気がする  一方の男子は
笠被ったせいで逆に動きがバラバラに見えたりも(^^;
最終的に華やかで見応えあったんだけど雑なところもありで
もったいないなぁ  次回に期待

倭奏 
他のチームに比べて少し人数的に寂しい感じもしましたが やはり
北海道チーム出てくるとホッとするところもあったり(^^)
ステージの構成がだいぶ変わっていてゴチャつくことなく
スッキリ見えて良い感じ  途中でお囃子隊がセンターに出てくる
とこなんかも〇と思います(^^)
そして 井原水産の旗が揚がった時はもう 涙出てきたね
ファイナルにも残りましたし 名古屋支部また増えると面白いっすね


中京高校保育class『love Kids』
保育クラスらしくかわいい系の振り付けで構成 
これといってストーリー的なものとかは設定してないけど 作品
としてはキレイにまとまってました  YOSAYOSAしくない創作ダンス
のジャンルですがどまつりなら全然アリですね
最後の方キラキラのポンポン出てきたあたりから おお・・コンサ
とか言いながら見ちゃってた

富有樂猩
ぶれずに富有柿推しで頑張ってますねぇ~
前夜祭に出る時は今年の新作じゃない前夜祭用のネタやってますが
今年は2018年作品をやってました  去年は途中ででっかい柿が出てくる
ところが今年は 柿のゆるキャラが出てきてた 
ステージ濡れてたし転んで柿の中身出て来たらどうしようとかけっこう
ヒヤヒヤしながら見てました
コミカルな振りが楽しい名物チームですね

東京農業大学YOSAKOIソーラン同好会”百笑”
ここ最近すごくいい作品やるようになってきてますね
群舞も見応えありますし パートごとの振り付けも見栄えするし
ちゃんと伝統の大根踊りも大人数でやってくれて迫力アリ
最後の衣装チェンジ前ぐらいまでの高さ使った立体的な群舞の
見せ方も見事でした   でもやっぱり最後のテロンテロンの
黄色系衣装は効果はあるけど 個性なくなっちゃうかな



| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

2019 どまつり③



どまつり振り返りの続き~
忘れたころにやってくる(^^;


大阪教育大学YOSAKOIソーランサークル凛憧
大晦日のテレビ番組がテーマ  なんかこう…もうすでに仮装大賞感のある
テーマ選び(^^)  紅白歌合戦の男女アイドル対決とか 笑ってはいけない
のお仕置きアーミーとか年忘れ日本の歌の演歌系とか あらゆるジャンルを
創作ダンス的にごった煮  いりおろと場面展開あるので飽きないし楽しい
踊りの精度はまぁそこそこだったようにも感じますが いろんな演出
盛りだくさんであ~どまつり見に来たなって感じ


愛知淑徳大学 鳴踊 
円頓寺商店街というピンポイントローカルなテーマですけども
それほどストーリー仕立てに寄せてるわけでもなく  キッチリと
踊りで見せるスタイルです  たぶん振り付けはこのままで違う曲
とかテーマでも普通にカッコよく見える と思います
ラストシーンは商店街で行われる七夕の様子でしょうかね
活気ある様子が伝わってきて 行ってみたいなと思っちゃいますね


岡山うらじゃ連 蓮雫
岡山のうらじゃのチーム・まずこのあたりじゃ目にする機会はないですが
YOSA系には違いないですね  テーマは岡山らしく桃太郎のきび団子という
ことでしたが こちらどちらかといえばストーリーよりも踊り重視といった
感じですかね 大道具も少なめ スピード感あってカッコイイんですけど
全体の構成の中でももうすこし抑揚があってもいいのかなと思います
どまよりもソーラン向きかもしれない


大阪大学お祭りダンスサークル祭楽人
鮮やかなオレンジ色の衣装が綺麗 十日戎というお祭りがテーマらしく
象徴するようなアイテムや衣装の踊り手が出てきて お祝いの行事を
表現していきます  元ネタ知らずともなんとなく こんな感じかな~
というのを想像させるのは大事  後半 キーアイテムとなる「笹」を
イメージしての緑衣装になるんですけど その先がイマイチ
盛り上がらないまま終わってしまったようない印象
こういう作品は大道具のミスも結構デカいっすよね(^^;


中京大学 晴地舞
天狗岩伝説 がテーマ  天狗岩って日本各地にありそうですけど
メインのストーリーなり軸があった方が作品は作りやすいと思うので
ざっくりイメージだけで創っていくよりは近道な気がします
衣装の背面と前面での色の変化も含め 前半の群舞がヒジョーに
印象深い 中盤  巨大紙芝居的な大幕バンバン出てきたり
天狗隊や小道具舞台が出てきてちょっと場が荒れます(^^
最後はもう目にまぶしいぐらいのど派手な金ぴか演出 
フィニッシュ爆発力はあったと思います


浜松学生連合 鰻陀羅
浜松祭りの熱気を凝縮してお届け 的な作品
そう、たしかケンミンショーで見たから少しだけ雰囲気分かる (^^)
ラッパの音も入ってた やっぱり元ネタ予習してると入り方もぜんぜん違う
ま、知らない人にどれだけ伝わるかが勝負なところもありますけど。
個人的にこの構成むちゃくちゃ好きでしたわ ツボでした
色の使い方なんかも絶妙  序盤の緑と赤の衣装の使い方もですが
そこからの紅と白のそれぞれの部隊の掛け合いとかすげー
分かりやすかった  中盤から出現する御殿屋台と芸者衆も絵力
ありましたし  衣装装飾含め オーラスの盛り上げもお見事でした
風味的には夜宵とかっぽいのかな



どまつりはちびちびと行きます
今日はこの辺で


| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

どぶろっく

 

昨日は青森市へ行ってました
Dsc_0193 Dsc_0192_20190923223001Dsc_0195 

昼はライスボール&アルプスおとめの2マンライブ
     と
夜はRINGO MUSUME  のワンマンライブ

見に行ってきました 
ずっとYOSA系イベ続いてたので
ひさびさのドル分補給

青森クォーター
意外といろんなアーチスト来てるんだけども
夜はかなりギュウギュウの満員御礼
そろそろも少し大きい箱にステップアップしてほしい
ブラックボックスとかでいいと思うんだけど。

王林が全国区の番組に出てることもあって
注目してる人も増えてきた感じ

数年前から考えられないぐらいの盛り上がりでした


Efety9pu0aigr6t この中の後ろの方にいる(笑)



で、その後10月に閉店するという あやの屋で晩飯

Dsc_0196_20190923223601


そして3連休ラストの本日は

モヤヒルズにてコスモスソーラン祭り・・の予定だったんですけど
台風の影響を考慮して前日に中止発表

たぶん(仮)バラシ芸人  ってこんな感じなんでしょうね

休日と言えば何らかのイベントに出かける日々が続いていたため
休みの日に家にこもっていたのは2カ月ぶり・・ぐらいか?

ま、やること、やらなきゃいけないことは
いっぱいあるのですがね

とりあえず久々に部屋の片づけ
だいぶ片付いたわ 休日はどこかに出かけるって日々が続いてたので
イベントとか祭りでもらうチラシとか団扇とか
散らかりまくってたww

とかやってるうちに部屋の隅っこでカブトムシの死骸みっけ(^^;
どうやら 遠征とかしてるうちに飼育ケースから1匹脱走
していた模様    20数匹いたうちまだ生きてるのも何匹かいる

意外と長生きするのよ

だらだらと休憩しつつ 仮眠しつつ
7時間ぐらいかけてだいぶキレイになりました(^^;

溜まってたものと言えば留守中のTV番組とかも

先日のキングオブコント もやっとみたよ


しかし・・水沢の余興で どぶろっく見た時
なぜにこの時期にどぶろっくを・・とか思ったけど

予見して先取ってたのかなぁ~
逆にすげータイムリーなネタになったなぁ

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

9/21 昨日の動き


昨日は 休みでしたので
おいらせ百石まつりへ

つがる市の 10市大祭典と迷ったんですけどね

早起きも出来なかったし(^^;


Dsc_0142 Dsc_0143 Dsc_0146
県南地方の秋まつりの中でもかなり遅い方ですね
岩手あたりだとたしか久慈も今の時期だったハズですが・・

三社大祭同様 神社行列の附祭りとして山車がお伴するスタイル

来週下田で秋祭りやってほぼ県南野山車祭りは終わりじゃないかな

Dsc_0151 Dsc_0170 Dsc_0177

八戸のすぐ隣ということで
三社大祭でつかわれた山車をレンタルしてる町内がほとんど

2か月もたつとさすがにあちこち傷んでくるか(^^;

Dsc_0174 Dsc_0184
自作の山車もいくつか出てます




Dsc_0157Dsc_0155   Dsc_0163_20190922234001

そんな中 ちょっとしたアクシデント

小さい道路や電線の下通る時、こんな風に山車をコンパクトに
トランスフォームさせる必要があるのですが 機構的に問題が
起きたらしく せりあがった上段部分が上手く収納できない。

無理にやろうとして メキメキッミシミシッって明らかに
何かが破損いてる音が聞こえて 一時騒然となりました

 10分ぐらい立往生してたかな?
なんとか手動で無理無理畳んで運行続けたようですが
あのあと直ったんだろうか・・ 心配

Dsc_0190

夜は百石から戻ってきて 仕事仲間の面々と野辺地飲み会
話すネタが尽きませんね  特に仕事の愚痴とかは(^^;


なんだかんだでてっぺん回って 家帰ってきたの1時半すぎてた






| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

2019 あきたyosakoiキッズ祭り②


9/23はかなり強めの雨予報
コスモスソーラン・・今年は無しかなぁ・・

けっこう楽しみなラインナップだっただけに
すんげーもったいないのですけどね

これは久々にゆっくり休めということなのかなぁ


さて、あきたキッズの続きです

一応審査を受けてるのだから
オブラートに包みつつ?もズバズバといきます(^^;
あたしゃ絶対にあそこの審査員できないわ



金西どじょふなKIDS「躍動」
今年からクラブチーム化したということですけど今までの
学校主体の体制から PTA主体に移行したってことかな?
秋田のキッズチームけっこうそういう流れ多いみたい
人数がかなり減っちゃって失速したか?
去年が大躍進しただけにちょっと残念
鯉のぼりならぬ どじょうのぼりという新アイテムを作った
ようですがそれほど効果出ず
大きく動いてるし声もよく出てるんですけど 本格的にYOSA
チームとして再スタートするならば 曲作りからかな


みなとWAKAHATO jr「みなとWAKAHATO音頭」
全体の順位から行くと3位。
ここも、ずっと同じ曲使ってましてテーマも一貫して土崎港の
曳山祭り 毎年構成がちょっと変わるんですが 今年は
冒頭での音頭上げの場面が雰囲気出てました
そして数年前に初めてみてインパクトの大きかった出刃包丁
が復活  踊りの小道具としてなかなか強烈 こういうのは他で
やってないので使い続けるべきと思う
お祭り中に実際に番傘と出刃を使って秋田音頭踊るというは
普通に見る光景らしいので 地域性もありですね
由来まではよくわからんけど(^^;  結構な時間片足上げて
踊るシーンあったりして体幹しっかりしてんだなと変に感心



横舞伝「花笑舞」
今年の大賞チーム。 おめでとうございます
相変わらず上手いよね  トメ、タメの美しさですよ 
綺麗に見える角度なんかもこだわってるし  それでいながら
ちゃんと揃ってる 審査員の方も言ってたけどこれだけ体格差、
年齢差があることを考えると驚異的  スローパートでの身の
くねらせ方だとか小学生とは思えないほど優雅
質のいい練習してるのがうかがえますね
構成的にも前半抑えつつちゃんとラストは盛り上がる作り。
この世代の中ではかなりの演舞巧者であることには違いない
のだがやはりちょっと印象に残る場面が少ないかな
人数的な寂しさも否めないところではありますが SAKURA
が審査参加してたら厳しい戦いになるかなと


港北MATURIっ子「きたかさっさ」
ピンクの花笠がとっても華やかで賑やかないつもの感じ
いつもの感じではあるけども 中身の子たちは入れ替わってるので
伝統芸といえども その年その年によって違いはあるんですけどね
スタイル的にはキュート系アイドル系 に振り切れてるんで
自分的にはそういうチームという認識  これもまたチームの個性なので
伸ばしていってほしいと思います 
ぽっそとかコンサにタイムふろしきかぶせて10年ぐらい戻せば
こんな感じになるんだろうな~ (笑)
メリハリとしてもう少しだけシリアスに見せるようなシーンあっても
いいかもね 。。ってそういう場面作れないような曲ですが(^^;


jingujiキャンで~ず「ロック飴売り節」
飴売り節を掘り下げた作品  ここもずっと受け継いできた伝統作品ですね
正調からロックアレンジという変化も面白いのですが MCの子たちが
生歌で歌ってるんですよね  このぐらいの時期からこうして地元の民謡に
触れるというのがすごくいいな~と思いながら見てました
踊りのほうは 小道具なんかも使いつつ変化をつけながら 飽きさせないように
工夫してます 視覚的な変化はあるものの 踊ってる子たちがものすごく
淡々としていて こなしてるように見えちゃったかな(^^;



ここからシニア部門
高校生がメインのチームのブロック

横手城南高校YOSAKOI同好会 「彩新」
まさかののしろWINDと曲が被ってるっていう(^^;
格安のダウンロード販売曲だとそういうこともあるわね   もちろん
振りは完全に別物でしたけどね   みんな可愛いし華あるし
細やかな動きからパート踊りの入れ替わりなど構成も〇
アイドル系YOSAグループとして売り出せる自信あり(笑)

煌姫神 Jr  「源」
特徴はメンバーが代わる代わる踊りながらMCするところかな
他ではまず見ないスタイルなので こういうのも面白いっすね
やや重めのシリアス系  踊り自体はそれほど悪くないのですが
きれいに踊ること、きっちり踊ることにに終始していて
ちょっと伝わるべきモノが伝わってこないところがあるかな
お客さんを意識しながら前へ前へエネルギー出せるように
なるといいのかなと思いました


闘心乱華「結」
城南高校が人数多かったのでやや人数的に寂しかったりするの
ですけど一人ひとりの踊り力でカバー  JKにしてはシリアスで
ずっしり力強い 酔楽天っぽい踊りのイメージが強いですが
このところ年頃の女子らしい可愛らしさも織り交ぜてきてて
いい感じのアクセントに 秋田音頭で軽妙にお客さん煽りつつ
スローパートからは闘心の真骨頂で綺麗な踊りを見せます
1曲でいろんな表情を見せる構成が功を奏したかシニア部門1位でした
同じ学校じゃなく高校生の合同チームと聞くと驚くよねー


シニア部門は結果発表 すんげーあっさりなんだよね(^^;
本人たちはスゲー喜んでたけど  


と、いうわけで キッズ祭り振り返り(完)

ゲスト演舞で 歌舞輝も踊ってたけど ここでは割愛(^^;

もうね、ヤートセで見たとき以来だったから
変わりっぷりにだいぶ驚いたのよ
がっつり躍りで見せるのには変わりないのだけど精度上がってるし
声出てるし 大幕出来てるし  かなり本気でみちYOSA取りにいってるね




| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

2019 あきたyosakoiキッズ祭り①

うつよさや水沢の前日にやってるので
なかなか話題にならなかったりしますけど(^^;
こっちはこっちで熱い戦いが繰り広げられてました

ドーム劇場内は原則 撮影禁止なので毎年見るのに専念

子供たちは ピュアだからね~ とにかく真剣さがビッシビシ伝わってくるよ


まずは無審査組から

猩々桜恋歌「ソーランビート」
記憶がたしかなら去年デビューしたチームだったハズ
まだオリジナル曲はないので総踊り曲を踊ってますね 今年はソーランビート
この曲ってイントロ部分が正式に振りがないので チームによってそれぞれ
オリジナルで考えてるみたい   なんか似てるなぁと思って見返したけど
このイントロ 蒼天飛龍バージョンっすね  お手本は蒼天の動画かな
表情もよかったですし動きもキレイ  楽しく踊ってたのでトップバッター
にっぴったりの演舞でした

あたごGO!GO!キッズ2019「よさこい舞ふぶき」
いや~めんこかったですね 幼稚園の年中~年長さんぐらい?
教材用の市販曲だけどなかなか作りがしっかりしてるのよね
キラキラの衣装で春夏秋冬それぞれの季節に合わせた
4つのパート隊がいて うまいこと曲に合わせた構成でした
教材だから踊り方も全部テキストに載ってるんでしょうかね

寺内こまちはやて組
6年生がいないので3年から5年の たしか7人ぐらい
人数的にもちょっと寂しいですね   こういうところで少子化を実感・・
曲は踊るyosakoi愛日本 みちよさの総踊りですね
声はまぁまぁ出ていたんですけど 踊りの方もっと元気よく出来れば
楽しさが伝わるんじゃないかなーと思います




ここからコンテスト組

楽心舞夢「翔烈覇」
長いこと踊り続けてる曲ですね  この辺のキッズチームには珍しい
ガチ系曲。  MCがド緊張して喋ること飛んじゃったのもかわいら
しい…子供たちにとってはそれほど緊張の舞台ってことですね
そんな緊張もあってか 真顔で、表情硬いなぁと思って見てました
後半は少しリラックスしてきたようで声も出て元気になりましたが
前半ちょっともったいなかったですね

新屋なるこKIDS「紅葉憐情」
曲はたぶん去年と同じですが 振り、構成を大幅に変えてきました
ベースの振りは同じとしても やはり印象に残る部分が増えたのが
大きいです 激しい動きも揃えてるし 鳴子の使い方も絶妙
手で鹿の角を表現するところなんかも〇 
躍動感のあるフォーメーション移動も見事でした
いい作品になったと思います

山内よさこいキッズ「希・清・栄・伸~わが三内~」
去年は非審査だったハズですが 旧村民歌をアレンジしたという新曲
で審査エントリー  肝になる村民歌が上手く使われてて面白い曲
でした  緊張からなのかやはりここも笑顔少なく真顔で
踊っていた印象 メイクがきつめだったので余計に冷たい
印象も  ただ、旗振りの男の子はめちゃくちゃ気合入ってて
カッコよかった

のしろWIND Jr 「彩新」
去年ガチャガチャで運良くみちYOSAご招待だったチームが
今年は自力でみちYOSAジュニアブロックのチケットをゲット
ん~ドラマだね  みちYOSAで何か感じるものがったのかな?
だとすれば未来枠の意義があったというもの 
自信たっぷりにのびのびと踊ってました 構成や振りは
それほど複雑な訳では無いのだけど お客さんの手拍子を
誘うような笑顔と元気は出場チーム中ピカイチだったかもしれません
サポートのPTAの皆さんも喜んでたね~





中途半端ですがここで一旦切りますね(^^;;


| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

動画追加


水沢 自由会場の動画を少し追加しておきました
とりあえず今回は出せるのはこんなもんかな

サイドバーの動画置き場からリンク飛んで行ってみてください


一応記録用にとカメラ定点でセットしてましたので
もう少し撮ってるのもあるんですが
前に人が立ってたり 後ろ姿しか映ってなかったり(^^;;
アングルが残念だったりで・・・

なんせ2人で切り盛りしてる会場なので
カメラセッティングしなおす暇もそれほどなかった
嬉しい悲鳴(^^)


今回はこの会場に ぶっ通しで常駐していた特異なお客さんも
いたりしてね   ちょいちょい総踊りに参加してくれたり
アニメ曲踊ってくれたり助かりました

チームさんの本ネタ演舞はほとんど見てませんが
ステージ式のやつが全チーム分すでにyoutubeに上がってましたので
だいたいチェック完了

新曲披露組は軒並み今年の作品の出来 良いんじゃないですかね~(^^)



| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

公開!2019 水沢yosakoi自由会場 全セットリスト


秋の恒例のYOSAKOI遠征 終了
横手でのキッズ祭りからの水沢YOSAKOI
連日飲み会  楽しい2日間でした(^^)


と、いうわけで水沢では今年も自由会場でスタッフ
リアルタイムでその場でタイムスケジュールを組んでいくという
なかなか面白い経験をさせていただきました

自由会場3年目ということで、チームの方々にも定着してきた
ようです  たくさんエントリーいただきまして大繁盛
 

ギリギリまでどのチームが踊るのか 何を踊るのか
が謎のためなかなかこの会場に張り付く人はいないと思うので
思い出せる範囲と走り書きのエントリーシートから
当日を振り返って まとめてみました


出場チーム &セットリスト


0) 祭姫會  ガチ練習 (自由会場の音響テストも兼ねて)
1) 夢源郷 新曲ガチ練習(どこの会場よりも早いお披露目!)
2) 馬花道   「冬春夏秋」ガチ練習(新衣装初披露 演舞)
3) 飛勇凛   パレ―ド ガチ練習
4) yosakoiチーム鴒 
      「よさつが来い来いどんと来い令和良いわでどっこいしょ」
                                                          ウォーミングアップ
5) 三沢・いぶき 「風旗の軌跡」

6) 北海道大学”縁”と踊ろう 「みんなでコチャYEAH!」 
                             1回目 (よさとせ歌舞伎、三沢いぶき 他)

7) 祭姫會  パレードver 
    (徐々に再生ピッチ早くするも 本人達気づかず)

8) 月詠  上川中央支部総踊り「かみかわ華しぶき」
                          (ラストで渾身のチョリソー発動)

9) 室蘭百花繚蘭  2019と2018を連続で2曲披露! 
         (ソーラン準大賞チームをこんな間近で2曲連続 贅沢の極み)

10)みつおとゆかいな仲間  「踊るYOSAKOI愛日本」
    (BGMで勝手に踊りだした3人組ユニット 自由会場マスコットボーイズ)
                               
11)羽跳天  総踊り「かみかわ華しぶき」

12)大旗の競演(1回目)予想以上の本数が集まり びっくり

13)炎-HOMURA-  「火の鳥~継皇開来の章~」

14)南中ソーラン数珠つなぎチャレンジ 
    フラッシュモブ的に次々と参加者が増えていく南中ソーラン
  (北海道大学”縁”+ミナオドーレくしろ+とみーと愉快な仲間たち
                                       +水戸藩YOSAKOI連+HIRODAI焔舞陣)

15) 総踊り ハイスピードよっちょれ 
            (会場にいたいろんなチームのみなさん)

16) 総踊り ハイスピードPOWER!
  (2曲連続ハイスピードはスゲー疲れるけど自由会場には給水はないのだの巻)

17)Re:Birth  2018作品「桜華躍動」

18)”縁”と踊ろうみんなでコチャYEAH!  ・・・
   のつもりでレクチャーしてたら途中で呼び出しがかかり
        ”縁”途中退場(汗)  どうやらミナオの演舞にコラボ出演だったらしい

19)総踊り 「よっちょれ」   ノーマルスピード   仕切り(紅翔連)
20)総踊り 「POWER!」   ノーマルスピード 

21)総踊り  「青森の華 」 (馬花道、影飛威Sea、紅翔連 他)
22)馬花道 「冬春夏秋」
23)秋田大学よさとせ歌舞輝 「いやさかAKITA」

24)飛勇凛 「大団円」
25)HIRODAI焔舞陣「ソーランBeat」

26) Meetia   「名古屋でGO2!」

27)花嵐桜組&チーム鴒 
    「よさつが来い来いどんと来い令和良いわでどっこいしょ」

28)室蘭百花繚蘭 
    「百花繚蘭メドレー 2013-2018」(約8分)

29)大旗の共演  (2回目) 2回目も旗もお客さんもたくさん

30)水戸藩YOSAKOI連&飛勇凛 スペシャルコラボ「大団円」

31)江刺華舞斗「雪月風花」 (現在 水戸藩スポットの2人も参加)

32)黒潮美遊 「SAMURAI-侍-」
     (ソーラン15周年記念オフィシャル教材曲)

33)鼓舞士

34)みつおと愉快な仲間たち「ハナヤマタ」
     (某よさこいアニメのテーマ曲をパーッと晴れやかに)

35)yosakoiチーム鴒 「四季招来」

36)ついんくる 「高鳴る鼓動 鳴り響け」

37)舞姿道みろく「郷海」

38)弘前大学HIRODAI焔舞陣 「サンバ」

39)北海道大学”縁”と踊ろう 「みんなでコチャYEAH! 」(2回目)
    (”縁”、焔舞陣、ついんくる、ミナオ、他、一般のお客さん)

40)ミナオ・ドーレくしろ&北海道大学縁 「港町くしろ」(旗 Re:birth)

41) 鳳翔乱舞  「紫電一閃」  プロデューサーMIHOさん飛び入り参加ver
                   (めっちゃカッコエエ…す)

42)室蘭百花繚蘭  2019 担当パートをシャッフルしての
                自由会場限定はちゃめちゃ演舞

43)羽跳天 「凌駕」 青Tの元メンバー 飛び入りver(^^;
                  「早よ 戻って来なはれ」

44)紅翔連  「想貫」  (自由会場 トリでした )


何が飛び出すかわからないオマケ的な会場ですが、全44曲

練習やウォーミングアップ、チームゆかりの人が飛び入りしたり
交流しながら一緒に総踊りをしたり お祭りに正式にエントリーしてない
チームの関係者や、踊るの大好きなお客さんの飛び入りエントリー
もちろんガチのチーム演舞もありつつ  自由度の高いお祭り空間に
なったんじゃないかと思います 

当日になるまでプログラムがわからない ミステリー会場ですが
なんと~く見に来ると 他の正会場とは一味違った楽しみ方が
出来ると思います(^^)
                      

| | コメント (4)

2019年9月14日 (土)

横手到着

Dsc_0006Dsc_0010Dsc_0014_20190914111101

無事 横手に到着

子供達の頑張りに元気貰います

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

奥州yosakoi inみずさわ 参加チーム

そして 15日(日曜日は)
岩手県奥州市にて 奥州YOSAKOI in水沢が開催
東北のYOSAKOIファンにとっては欠かせないビッグイベント


室蘭百花繚蘭
Re:Birth
煌・ついんくる
炎‐HOMURA-
ミナオ・ドーレ くしろ&〒4351 岩手なるこ村
北海道大学“縁”
御侠衆柏崎
黒潮美遊
水戸藩YOSAKOI連
Meetiα
とみ~と愉快な仲間たち
AOMORI花嵐桜組
蒼天飛龍
青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea
弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
夢源郷
三沢・いぶき
よさこい知求群会
馬花道
秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝
ヤートセ秋田酔楽天
紅翔蘭舞會
神崋夜
笑泉百景
TEAM SAKURA
祭姫會
桜秀心舞
華風舞
羽跳天
舞紅萩
蒼天爛華
天晴壱流組
鳳翔乱舞
神威
凜牙
祭りや
舞姿道 みろく
勇美会
海童いしゃり
若柳よさこい桜
MEGERE
栗駒GOZA-in踊り子隊
華・from・KAMI
月詠
Yosakoiチーム鴒
乱姫龍
桜蓮迦
大東Yosakoi恋・恋い連「菅原組」
一関夢限大
十六夜桜組
桜室連
舞童
Kanegasaki☆幼翔連
認定こども園 ひがし幼稚園
かねがさき乱咲華
鼓舞士
水沢絆舞連
紅翔連
遊夢舞
江刺 華舞斗
飛勇凛
幻夢伝


今年の水沢は・・例年以上に見どころ盛りだくさんですよ

水戸藩が水沢初参加!ソーラン準大賞チームの室蘭百花繚蘭が
50名という大人数で演舞披露 
注目チームの新曲披露も いくつか予定されてるようですし
みちYOSA上位を狙うガチ勢の前哨戦的な見方も

青森のチームがこれだけ揃うのもなかなかありませんね
 神威、鳳翔乱舞、いしゃりあたりも見ておきたいねえ



自由会場もいつも以上に充実する予定
大旗共演もあるし あのチームのごきげんな総踊りもあるみたいよ(^^)

奥州yosakoi inみずさわ 
9/15 11:00~

奥州市水沢駅前通りにみんな集まれ!

| | コメント (0)

あきたyosakoiキッズ祭り


明日は秋田県横手市でYOSAKOIキッズ祭りが開催されます
子供たちの「本気」を見に行こうかと思います

参加チームはごらんの通り


横手支援学校高等部
秋田大学 よさとせ歌舞輝

猩々桜恋歌
寺内こまちはやて組
山内よさこいキッズ
港北MATURIっ子
みなとWAKAHATO Jr.
金西どじょふなKIDS
Jingujiキャンで~ず
のしろWIND Jr.
横舞伝
新屋なるこKIDS
楽心舞夢
闘心乱華
横手城南高校YOSAKOI同好会
煌姫神Jr.

TEAM SAKURA

今年は王者のTEAM SAKURAが殿堂扱いのため審査対象外

令和最初の YOSAKOIキッズチャンピオンはどのチームになるのか!?


9/14  会場は秋田ふるさと村 とイオン横手
    時間は・・イオンの方が10時半ぐらいから

さて、何時にたどりつけるかな

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

2019 どまつり②

千葉の停電 まだ復旧までかかりそうですね
ウォッチャー仲間のKさんとこはなんとか大丈夫だったっぽい

まだまだひどい状況の中で
気志團万博強行するらしく 賛否分かれて荒れてますなぁ

ん~ 地域住民の方々のストレスを考えると
もう少し時期考えたほうがいいのかなと思うけど
あれだけの出演者のスケジュール調整のこと考えると
今を逃すと同じメンバー絶対集まらないだろうなとも思うし
ここまでたくさんの人とお金が動いてるんだろうし

難しいところですよね

千葉よさも 開催せまってるけど
市原も被害状況大変そうだし 賢明な判断を望みます




さて・・淡々と  どまつりレビューの続きやりますです

今日もちょっとずつだけどこのペースでやってもパート10までもたない計算(^^;



Anjo"北斗"
七夕祭りテーマブレないね~ 一時に比べて人数減ったような気もするし
味付けもちょっと薄くなった気がしますが 楽曲含め ちょっとハートフル
でほっこりするような世界観   勝ち負け云々は置いといて実は毎年
楽しみだったりもする  もう少し緩急ついてるといいかな


人数そんな多くない んだけど去年 スイカの被り物だったのが
インパクト大だったようで 衣装賞とってたんですね
今年の衣装はそれに比べるとだいぶ普通  (^^;
曲のほうはだいぶ遊んでますね 歌詞とかちゃんと聞くとおもろい
地元のお祭りをPRする歌なんだけど振り付けもアイドルソング
っぽい仕上がり 途中でオタ芸のパートもあったりで楽しめました

近畿大学 洗心
学生チームはほんと元気だね~  そしてなんとなく作品の系統が似てる
大阪の黒門市場がテーマだそうで やっぱりこの地域性と多様性は
固めのテーマの多いソーラン系がホームの人にとってはかなり衝撃的
活気にあふれる様子をミュージカル仕立てで展開
味付け濃いなと思いつつ 次どう来るかをワクワクしながらみちゃう

笑舞
ここから去年の審査ブロック3位チーム  ソーランでいうところの
一次審査賞ってやつか   人数はそんなに多くないのだけど スピード感と
勢いのある踊りで見せるチーム  笑゛のようなアスリート系ともいえる
ただ、ステージ濡れててスッテンコロリン続出だったのがかわいそう
曲もノリがいいし 後半の視覚的な盛り上げも上手かったと思います


東京農業大学YOSAKOIソーラン部大黒天
雨歌 とか言ってたな雨唄 かも?  なんか 前半~中盤 川を挟んだ2つの
村の対立?抗争みたいなのを描いていたようなのだけども ちょっとMCが
聞き取れずストーリー消化不良(^^;  最後は雨乞いが成功して恵みの雨が
降るっていう流れでした  クライマックス場面は絵的にはすごく綺麗に
まとまってたと思います


岐阜大学 騒屋 
この日の前半で個人的に気に入ったのがここ
白川郷がテーマだったみたい どまつりではちょいちょい聞くテーマ
ですけど それぞれのチームにそれぞれの解釈あって面白いね
ざっくりと女子が緑で男子が青衣装だったのかな
前半はこの2色のコントラストがヒジョーに綺麗  入れ替わるような
パート踊りが見事でした  中盤以降も傘や小道具でアクセント入れつつ
飽きさせない構成    味付け濃すぎず なんとなくソーラン目線で見ても
勝負できそうだなと思えた作品

 

 

 週末は 横手→水沢のハシゴ遠征

さ、今年の自由会場は何が起きるかな

 

| | コメント (1)

2019年9月10日 (火)

2019 どまつり①

 

さて、だいぶ時間経ちましたがボチボチどまつりの
レビューとかはじめてみる(不定期連載)
金曜日の前夜祭で去年賞に絡んだところはほとんど見れる
のは短期滞在ウォッチャーにはありがたい

半田Dream
子供たちメインのジュニアチームなのだけど人数多いし
めちゃくちゃ元気イイし 動きイイし 曲は北海道産だし
でどまつり一発目から良いもんみさせてもらいました
チームのテーマカラーが青らしいんですけど その分
赤い小道具(扇子)なんかがいいアクセントになってました
かなりちょこまかせわしないんだけど数は力だよね

飃~FREEDOM~
三重県鈴鹿市のチームなので 鈴鹿サーキットモチーフの
テーマ  チェッカーフラッグ柄の装飾はこのチームならでは
無音ダンスパートなんかもよく揃ってました
レースクイーンを思わせるパラソル出てきたりするのも面白い
疾走感と風を感じさせてくれる作品 
地域色感じるのイイですね


AAA瑞穂
桜を植えるお話がテーマ スコップ持ってわっせわっせと作業する
様子から始まって最後は桜が満開になりましたーてきな王道の流れ 
大道具の出来とか、なんか幼稚園の学芸会っぽい空気があって
ちょっとなごむ (^^) 人数あんまり多くなかったけど 
たいへんよくできましたのハンコあげたい
で、こういうチームも前夜祭に上がれるていうのがどまつりの
運営のウマいとこだな~って思ったりする

あぐい騰
シニア賞だったらしいけど 小さい子供もいるんですよね
条件は平均年齢なのかな?  青森あたりで見かけるスーパーシニア
チームに比べたら全然若い  たぶん3世代ぐらいのファミリーチーム
だと思うけどみんなちゃんと踊れてる  特に子供たちはかなり
イイ動きしてた  USAのイイネダンスっぽい振りもあったのが
何か記憶に残ってる

どっと 
名古屋締めだっけ ?  なもなもな~も  ってヤツ 
すごいピンポイントなトコ テーマに持ってきたなと思ったけど
ホントに名古屋でこの締めやってのかな?
ま、いずれにしても記憶には残ってる なもなもなも
で、今年も俄然強めに なも締め推しの作品  こだわるね~
んでも会場のお客さん結構一緒にやってたから 狙い通りか
どまつりってライブ感結構重要な気がする 


短いですが ここで一旦切る
こんなペースでちびちびやっていきます(^^;

たぶん間にみちYOSAとかも挟むしね

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

南部方面山車巡り


台風15号とんでもない規模だったみたいですね
当初の進路予想だと青森も直撃するコースだったんですが
大きく逸れて被害なし    もしかしたらと思うとぞっとする
うん、台風被害あまり慣れてないけど やっぱ備えは必要だよなぁ・・

というわけで数日サボってしまいましたが死んだわけではありません

すっかり身体が秋モードになっていたのにもかかわらず
連日の30℃超えのスーパー残暑に遊び歩いていた疲れです
炎天下で動きまわるとか・・やっぱ体力使うよ

昨日、写真撮りこみに時間かかるんで ソファ座って少し
まったりしたつもりがそのまんま寝落ち

というわけで、駆け足で先の週末 振り返り


土曜日は七戸で流し踊り&仮装見てから十和田へ

Dsc_4182 Dsc_4183
七戸の高校生の流し踊り とらじょさまアレンジのYOSAKOI曲だった
初めて見たけど 人数多かったしなかなか見応えありました


Dsc_4188 Dsc_4191 Dsc_4209
南部の地域 祭りで仮装やるとこけっこう多いんだよね
七戸のやつは初めて見ましたけど 賞金10万円はすごい
かわいい子供たちの仮装と大きなお友達の悪ふざけと
まぁ、年に一度こうして仲間とハメ外すのも楽しいのでしょうね
素人ならではのグダグダ感も味ですかね

こういうの見るとやっぱ同じ素人でもYOSAKOIの人達って凄いと思う

Dsc_4235 Dsc_4243 Dsc_4245
Dsc_4250 Dsc_4251 Dsc_4255

十和田の山車はこんな感じ
自作の歴史浅い割にはまずまずでしょうかね
少しずつ上達してきてると思います


Dsc_4302 Dsc_4328 Dsc_4338

あと、十和田n秋祭りと言えばライトアップが目玉なので
電飾に関してはたぶん八戸とかより派手です


Img_2188 Dsc_4338
そして山車の他に 太鼓をメインにした太鼓車なんてのもありますので
飾り付けした特殊車両の数だけでいったら相当な数になります



日曜日は三戸へ
Dsc_4381 三戸といったらコレですね


Dsc_4353 Dsc_4359 Dsc_4362
Dsc_4366 Dsc_4371 Dsc_4376
三戸の山車はこんな感じ 
八戸のと比べるとやや小ぶりですが
クオリティはなかなか高いと思います

見ての通りパタンコの部分に絵があるのが特徴
あと、ちょいちょい音頭上げがあるのは五戸に近いかな

で、2階構造になってて野辺地のように
お稚児さんスタイルの女の子がお囃子で乗ってるのも
特徴的  男の子やお母さんがやってるところも
ありますが このあたりじゃ珍しいゆったり系の
お囃子です



三戸からちょこっと移動して
名川へ 
Img_2263 Img_2265 Img_2267

名川の山車はこんな感じ

ここは山車のお祭りというよりも民謡のお祭り
山車は民謡&手踊りを披露する移動ステージです

三味線や太鼓の地方や歌い手さんmの生演奏 生唄
に合わせて 手踊りを披露 というたぶん南部方面の山車祭り
の中でもかなり珍しい形態ですね  
日程が日付で固定なので 運が悪ければ全部平日にあたることも

Dsc_4414 Dsc_4431 Img_2275

会で優勝してるようなお師匠さんクラスの方もから可愛いらしい
お嬢ちゃんまで 民謡のレパートリーも南部民謡に限らず
様々 好きな人は1日中見てても飽きないかと(^^)






 

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

とわだyosakoi夢まつり 参加チーム


十和田秋まつり初日の夜祭に行ってきました
到着したら流し踊りとお神輿は終わっちゃってて
ダンスと馬花道しかみれなかったですけど(^^;

馬花道 地元ということもあって久々の大人数でしたねぇ~
見慣れない顔もチラホラ ここにきて勢い復活?

演舞の方も試行錯誤段階ながらもだいぶカタチ見えてきましたね
これぐらいの人数いれば ・・いや実際はもう少し増えるようですが
みちYOSA 面白い勝負できそうな予感ですね(^^)

9月、水沢、モヤヒルズ よさ夢あたりで完成度さらに上げてくることでしょう




さてさて、とわだよさ夢の参加チーム判明しました


え~ 前々から言ってるように 去年までの実行員会の中心的メンバーが
大幅に入れ替わったことに伴って  オイラは今年は よさ夢実行委員かからは
外れました  マニエルさんは完全ノータッチです  お客さんとして見に行きます
・・・が 、まさか入場料とられるとはね(^^;;


桟敷席とか観覧席の有料エリアはあってもいいと思いますが
お金払わなきゃ見れないのは「お祭り」ではない というのが
個人的な見解だったりします  

公演  として割り切って見に行きますけどもね


チラシいただきましたので

参加チームずらずらっと書き出しておきます
(朝からの演舞順で)

白菊めんこい隊
わんぱく広場めだち隊
北里三源色
奥州つつみ隊合同連
三沢・いぶき
凛轟
五十丸祭組
蒼華天夢
弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣
西小あかねっこ

わんぱく広場もっともっとめだち隊
横舞伝
祭姫會
2代目W.SOULブラザーズ
はちのへYOSAKOI絲の会
夢源郷
紅翔連
心花組
蒼天飛龍
青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea
馬花道
AOMORI花嵐桜組

     
ありがたいことに予想以上の参加チーム数に少し驚いてたりする(^^;
絲の会とか花嵐といったずぶんとごぶさたなチームも来てくれるし

大旗共演や 学生合同もあるみたいなんでとりあえずひと安心

まぁタイムテーブル的にはあんまり面白味がないなぁ・・
学生3連荘とか見たかったなー

分かってる人が作ると水沢のTTみたいになるんだけどもw
分かってない人が作るのだからしょうがないね

とりあえず 新実行委員の新しいよさ夢、楽しもうと思います




| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

七戸の山車


今日は仕事終わりで
七戸イオンへ


七戸秋祭り前夜祭プレイベント


今年出る15台の山車のうち11台がお披露目

Dsc_4131 Dsc_4132 Dsc_4133
Dsc_4134 Dsc_4136 Dsc_4139

一応、こんな感じでしたよ  と載せておきます


Dsc_4141 Dsc_4142 Dsc_4143

Dsc_4151 Dsc_4152

ま、町内の有志の方々による手作りなので
たしょう不格好なのはご愛嬌・・

だけど ぶっちゃけ このところ年々
妥協が見えるようになってきたなぁ・・

人員不足とか予算の事情とかもあるんだろうけどね
観光の目玉にしたいという狙いもあるようなので
もう少し頑張らないといけないかな・・と(^^;
ちょっと辛めにコメント

まぁ 山車の出来具合そのものよりも
子供たちの太鼓がメインのようだから そこまで
力入れなくてもいいのかもしれませんけどね

 
Dsc_4156
今週末は 近隣でもお祭りいろいろと被ってるんですよね(^^;

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

2019道南大会④


思ったよりも長期にわたってしまった道南編
やっとこ完結

ぼちぼち どまつり編にいきましょうかね


札幌大学La fete   ラフェッテってフランス語で「祭り」の意味らしい
初めて知った(^^;   去年の会場賞が嬉しかったのか今年もまぁまあの
人数で参加してました MCの 北海道の市町村の中で一番函館が好きです 
っていう媚びコメ に思わず笑っちゃった
程よいお祭り感とバカっぽさとカッコよさ  不思議なもんで 聞くたびにこの曲が
妙に耳に残って好きになってるっていう・・  掛け声とかも面白くていいですね
なんだかんだで会場賞 2年連続とか

炎-HOMURA-  初披露の春フェスから秋の水沢までなんだかんだで 東北のレア
チームよりも見る機会は多いので 作品が成長してるのとか踊りが小慣れてちゃ
うのとかいろいろ見える  今の時期はジュニアっ子達の充実っぷりに注目
質の高いファミリーチームなので 火の鳥のお姉さま組みたいな感じで
ジュニアたちのメインパートみたいなのも組み込んだら面白いかな
と思ったりします

我流  我流も積極的にいろんなイベント出てるチームですよね
個人的には「10回の練習より1回の現場」 という持論があるので
場数こなしてるチームってどんどん強くなってると思います
本祭の時に感じた粗さみたいなのもだいぶ見えなくなってきましたし
集団芸としても面白味が出てきた気がします
みちよさ もしかしたらそろそろ上位絡んでくるかも?

RHKe・ga・o函館   札幌本隊が2018のソーランでやってた曲ですね
冒頭に花火の音入ってるやつ  やはり本来100人規模でやってる作品
なので若干の寂しさはありますが その分は元気でカバーしてました
衣装チェンジ・・でTシャツになっちゃうのはちょっとチープな
感じがしちゃいますね  たぶん脱がないままでもいいかと


柳苑謳歌   チーム名の柳苑を「龍宴」とモジってテーマにしたようです
龍の宴なんて見た事ないので 自分の頭の中で妄想するしかないんですが(^^;
まぁ なんとなくそいういう雰囲気というか迫力は感じられた気はする
ま、そもそもの踊りがむっちゃかっこいいのでそれだけでお客さんを
魅了できてるところはありますけどね。   結成以来 和 にこだわって
衣装も着流しでやってるんだけども たぶんこの格好だと踊りづらいだろうな
というような振りにも果敢に挑戦してます   リフト失敗事故あったようだけど
ケガ大丈夫だったかな

千歳科学技術大学「光一天」  大幕とかなかったけどその分踊りがフィーチャー
されるんでそれはそれでアリ  ポロポロと落とし物もありましたけど
実は今年の作品 振りがかなりカッコ良い EDMパートなんかも良い感じ
十分成立してるんで個人的には衣装変えるのとかヒラヒラ持つのとかは
別になくてもイイかなと思ってる派だったりする

室蘭百花繚蘭 やっぱり準大賞チームが参加すると支部大会にも箔がつきますな
身体能力高いアスリートチーム いや、ホント、どういう練習したらそんな
動き出来るんでしょう と見るたびに惚れ惚れ  ぜったいキツイはずなのに
なんでそんなに爽やかな表情出来るのかしら
道南大会久々の参加だったようですが 参加人数も全チーム中最多だったかな
オイシイとこ全部持ってったような感じです


新琴似天舞龍神  ギリギリまで参加するのしらなかったもんで嬉しい誤算
前日に東北で演舞があったんでその帰り道だったというのもあるらしい(^^;
なんだかんだで3強と言われてるチームが函館あたりまで来てくれるの
はありがたいですね    人数もまぁまぁ居たし大道具もけっこう持ってきてて
ちゃんと天舞ワールドは再現  見応えもありました   創成の子達もいたハズ
たぶん今年の作品はもう見れないかなあ・・  
今だから言うけど 今年の男の西瓜カラー衣装はあまり好きじゃない




はい、こんな感じで 道南大会ざっくりと 

どまつりの直後で規模的に少し見劣りするかなとも思いましたが
やっぱ ソーランで育ったウォッチャーなので妙な安心感というか
ホーム感というのもあって  いつも以上に楽しめた気もします(^^)

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

2019道南大会③


普段 外に出してないにゃんこが脱走
捕物帳に1時間ほど費やす

家に帰ってきてからの貴重な1時間・・返せ(TT)

藤・北大&ホンダカーズ北海道 
そうだ、道南に藤北も来てるんだよね  ここもちとせと合わせてけっこう見る
機会あったな いるもより男子の比率多かったように見えた ので、全体として
見た時はややスル―しがちな(^^;男踊りの勇ましさ再発見
こういう発見もあるんで地方遠征大事と思います
テーマがテーマなんで最後の色変わりは不自然ではないのだけど ここまで
きたらもう少し色を使った遊びがあってもよかったかもですね

さぁさみんなでどっこいしょ   どっこいしょが支部大会に遠征するって
珍しい? まぁ総通りのコーナーとか フィナーレとかでもよっちょれは
マストなので エントリーしなくても踊れそうな気はしないでもないですが
踊れる回数は増えるのか   こういう総踊り系チームが水沢の自由会場とか
に来てくれるとワオドリ会場みたいになっていいかも

北の湘南だて七福神   北の湘南だて と だて七福神 の2チームの合同
道南のチームながら エントリーは久々らしい
いずれもなかなかいい踊りをする実力チームなのですよ
ポポロクロイス懐かしいのですよ (^^)
小規模チーム多めだけど 道南チーム再評価の流れがキテる感じなので
ここらでちょっと頑張ってほしいところですね

祭 新鮮組 とか森未来人とかってまだある?(^^;
木古内みそぎソーランとか函館紅孔雀とか あったよなぁ・・

もり・騒乱桜  このチームも最近すっかり見る機会減って 道南大会
ぐらいでしか見れないんだけども  曲、振りともにこのチームの
作品はけっこう好きだったりします  ソロ踊りしてた男子もカッコよかった
大サビがソーラン節ってのは聞いてて気持ちいいし盛り上がるね(^^)


紫仁 ソーラン本祭以来に見ました 結成1年目でどうな遠征とはすごい
ゆかりの在るメンバーがいるのかな    の古き良きYOSAKOI
ソーランスタイル  このところのど派手なエンタメ路線とは逆行
してるので逆に存在感はありますね  己の身体一つで見せなきゃ
いけないのでごまかし効かない   まぁ声出てるし気持ちも入ってる
けど 踊りのみで魅了するのは難しいっすね  もう少し踊込み必要かな

GOGO’S&クワザワグループ    函館でGOGO'S見たというイメージ
があまりないんだけど  いつも出てたっけ?  どまつりへ応援に行ってた
メンバーもいたようですし 函館のステージザイズに合わせた特別編成
結果から行くとちゃんとこの人数でも世界観は表現できてたと思います(^^)
いおり屋衣装ってのは その佇まいそのものが作品でもあるからねぇ
この距離感、人数になると やっぱり一人ひとりの踊りに目が行きますね
ゆったり優雅に踊っているように見えるけど実はけっこう激しいすね

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

三沢 港まつり

本日はYOSAKOIイベントのハシゴ


まずは三沢の港祭り

Dsc_3896 Dsc_3895 Dsc_3893

前半が地元の子供たちの 演舞
よっちょれ、教材、南中 
学校で取り組む3大YOSAKOI楽曲

力入れて指導してるんでしょうね
きっちり踊れていて驚いた(^^)


Dsc_3907 Dsc_3909

チーム橙
六ケ所 泊地区のチーム  やっとオリジナル曲見れました
泊大漁節といってたかな  クラシックなスタイル
港町のYOSAKOIですね


Dsc_3934 Dsc_4012
三沢・いぶき  地元、三沢で踊るのはこれが最後だと言ってました
う~ん・・もったいない   というのがホンネです
まだまだ踊れるメンバーいますし、 ここ数年 ちょっとまた
盛り返してきたかな~なんて思ってただけにね
晴天の元 華々しい演舞でした  めちゃくちゃカッコよかった


Dsc_3930 Dsc_3981
心花組   ダンススキル高めの踊れるチーム というイメージ
今一番新しいくくノ一モチーフのやつ結構好きですね
センターのお姉さん、めちゃめちゃ踊りキレキレでしたね
YOSAKOIスター発見

 

Dsc_3972 Dsc_4063

てんつく連    港まつり五戸の奥州YOSAKOIのセットで遠征
効率イイですね~    SUGA連の系譜のチームを青森で見れるのは
この日ぐらいのモノなのでなかなかレア
まあ、独特なんですよね  ときどき感電したかのようにビリビリ
踊るのとか見てて面白い(^^;

Dsc_3957 Dsc_3999

馬花道  馬花道も三沢と五戸の両方ハシゴ出演
武士道と冬春夏秋    新曲の方はまだ衣装間に合わず・・
水沢までに揃うんだろうか
作品の方は口上も入ったりしてだいぶ形が見えてきたなという感じ
踊り手の声も出るようになってきたし 客煽りも良化
あとは、衣装とか道具が全部そろった状態で判断したいところ
みちYOSAでは十分戦える構成だとは思います
今後どう化けるか楽しみ


というわけで、マニエルさんも三沢と五戸ハシゴです

円子よさこい組どっこいしょ
Dsc_4057 Dsc_4106

ピアドゥとかここぐらいでしか見ませんが なかなか活きのイイ
踊りをするチーム  大きな動きで見せてくれます
先頭にいたちびっ子がめちゃくちゃ人気


倉石夢の森ソーラン
Dsc_4054
割と人数多めだし踊れる若い子もいるので ホントはもう少し本格的に
欲出してみてほしいなとも思うんですが ほぼほぼ総踊り系の曲
やってるのしか見た事ない
ま、その辺の緩さが人数増と長続きに繋がってるのかもしれませんけどね


しもなが舞鼓連
Dsc_4060
はちよさ10周年の時に作った八戸エンヤサがなんか妙に懐かしかった
八戸はどんどん総踊り作るので こうしてたまに引っ張り出してくるのイイね
男の子も入ったりしてるし微妙に若返ってる? 

リズム体操クラブ
Dsc_4066
加藤先生 86歳 ひじゃかぶはいたいけど口は達者だといじられてた
2回目で先生にマイク渡したのは正解ですw>みかちゃん
いや、御年86でこれだけ動けるんだから若いよね
今回はYOSA曲じゃなく昭和歌謡での演舞でした(^^;


奥州つつみ隊
春風蝶華 
Dsc_4089 Dsc_4121

奥州つつみ隊、春風蝶華(むつ)、てんつく連(洋野町)
いずれもSUGA連系の横のつながりの交流チームなので
それぞれの演目にお互いが参加しての演舞披露

総通りとかもあるんだけどあまり馴染みないから
興味深く拝見   手つないでで輪になって空見たりUFO呼ぶ儀式っぽい





かなりの駆け足で 本日の2イベントおさらい
ま、両方のイベント ハシゴのチームも多かったしね


今日の2イベントで実感したこと
デジカメよりスマホカメラの方がぜんぜん画質が良い(^^;

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »