« 2019 YOSAKOIソーラン⑧ | トップページ | YOSAKOIソーランちとせトーナメント参加チーム »

2019年7月10日 (水)

2019 YOSAKOIソーラン⑨

どうにもこうにも・・・
千歳・・天気良くないみたいね(^^;

ビールに使うお金は少なくて済みそうですけど・・
やっぱり天気いい時に見たいっす

さて、ソーラン編続き 
ファンキーすすきのの後半戦です
Dsc_0245 Dsc03587
小樽商科大学”翔楽舞” 今年は四神をテーマにしたようで、それぞれ部隊を4つ
に分けたんですね まぁ作品としての面白味は出るし 構成にも幅出るから作り
やすいのかなと思いますが 
マニエルさん的には去年のよう統一衣装(しかもひっさびさの袴)で大人数での
硬派な群舞・・というのが翔楽舞のイメージなのでちょっと 残念な気もあったり
デビューの頃がそういうイメージだったからね
ま、今回のようなスタイルも悪くはないんですけど 特に終盤ぐらいは
あ~普通の学生チームっぽくなっちゃったな~と思った次第
ま、好みは人それぞれなんだけど(^^)


AOMORI花嵐桜組 もう何度か見てますがソーラン前はなるべく内容には触れない
ようにしていたのでここで改めて触れてみる   まずは今年は20周年の記念碑的
作品です。  数年前に医療大が過去作品からいろんなトコ切り取ったメモリアル
演舞してましたがアレに近いかな   過去作品の名場面やらフレーズをあちこち
散りばめてあるので 長く見てるファン、往年のファンにはたまらない作品
が、しかし、そういうファンってのは地元にこそ多いですが 札幌で年に1度見るか
見ないかのYOSAKOIファン方々はたぶんそのへんのくすぐりポイントは気づか
ないでスル―でしょうね(^^; この辺温度差は大きく出ちゃうかもしれません
とはいえ、津軽手踊りとの融合で好評だったおはらの傘パートですとか
御山参詣のような 一見さんでも楽しめるような印象的な場面もありましたので
ワンチャンあるかな とも思いましたが相手強いっすね
花嵐作品のパターンというかテンプレみたいなものも ある程度見る側にお馴染みに
なってきてるので そろそろ 予想を裏切るような変化が必要な時期なのかもしれない


黒潮美遊 衣装も振りも独特ですよね  こういう異彩を放ってるチームは
一回見たら忘れない 記録がどうだろうとも記憶には残る
マニさん的持論としてはYOSAKOIってもちろん好成績なのも大事だけど
記憶に残ったもん勝ちだと思うんで どちらかといえばそっち重視
他のチームがやってないとこで勝負するってとこでは
千葉のチームはホント攻めてるなあ と感心しますよ      
決して人数的にも多いわけじゃないけど多く見えるような工夫とかも
面白かったなあ  踊り手同士の距離めっちゃ近いの。 この間隔で
そんだけ踊ったらぶつかって危ないでしょって距離 保ったまま
最後まで踊り切るからね 
写真とかとってもスカスカにならない
まぁ 長い距離進むのは大変そうだけど(^^;


江別まっことえぇ&北海道情報大学  あんまり好きじゃなかったけど(^^;
衣装はすげーインパクトあったな(^^;  脱いでからはいつものまっこと
な感じで一安心  曲だとか踊りだとか は決して悪くはないと思うんだけど
やはり良くも悪くも まっことえぇだなという ・・固まりつつある枠から
抜け出せていない感じというか   お客さんのある程度の予想の
1つか2つ上を行かないと 驚き には繋がらないんだろうなと思います
かといって他の学生チームさんみたいに代によって全く違うテーマとか
コンセプトにしちゃうと これまで築いてきたチームのカラーがなくなっちゃう
し・・・ 長くやってるチームの多くがぶち当たってる壁かなと思います



Dsc03598

後半はほとんどが2度目ましてチームだったから
ソーラン3日目 ファンキーススキノ1日目編はこれで終了~

意外とあっさりでした


今、当時の映像でファンキーでの GOGO'Sのパレード見てますが
イヤ、これ めっちゃカッコええっすよ  2位通過は納得
曲はやっぱおとなしいよなぁ

|

« 2019 YOSAKOIソーラン⑧ | トップページ | YOSAKOIソーランちとせトーナメント参加チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 YOSAKOIソーラン⑧ | トップページ | YOSAKOIソーランちとせトーナメント参加チーム »