« よさつが10傑 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン④ »

2019年6月24日 (月)

2019 YOSAKOIソーラン③


数えてみたら・・
6月の出勤日数12日だった(^^;
遊んだなぁ・・

今日からしばらくマジメに仕事しま~す
次の現場は6/30のピアドゥ祭

ヤートセとよさつがについては ソーラン水曜日編終わり次第
やろうかと思います

と、いうわけで 今日は
ソーランレビュー 1日目 水曜日編の続き   
しかし・・水曜日登場組メンツ濃いなぁ


Dsc_0049 Dsc_0056
北海道大学”縁” ついに本気出した 縁 (^^;   ストームがなくて残念だった
という話はちょこちょこ聞こえてたりもしますが  マニエル的には今年の縁はかなり
好きでしたね こんな縁が見たかったって感じ    構成 繰ってきたよね~ 相当  
20年表彰もあったし だいぶ気合入ってたんだと思います。
ソーラン節スタートいいと思うよ  とりあえずこれまでの縁ならこんなこと
しなかったのに てなトコが盛りだくさん  女子の歌唱パートも良かったし
赤フンが出オチではなく 褌になった後 尚カッコイイ縁 ってのを
久々に見れた気がします   見せる踊りですよね
というわけで こちらも今年 大きな変化を見せたチームですね
この先、人数少ない状態で道外遠征なんかもあるんだろうけど
この構成だと ある程度まとまった人数必要になるんじゃないかなと
いうのが心配なところ

JCB夢翔舞 花火をコンセプトにしたお祭り系作品  JCBが一番得意と
するところですね 赤、青、緑がベースの3パターンの衣装も色合い
綺麗でしたね  活気があって賑やか  必殺技の三三七拍子もあり お
神輿のシーンもありで これぞJCBといった仕上がり
花火イメージなんでしょうけどこれだけの傘が出るのもここにしては
珍しいですね   色を効果的に使った面白さが感じられる作品
ここ数年の中ではけっこう好きな方ですけど相手強いんで
もうひと工夫あれば・・ってところでしょうね

井原水産&北星学園 変わり身という点では一番の衝撃だったかも
しれない ここまでの大幅なシフトチェンジはかなり勇気要りますよね
いつもより人数少なかった気もしますがその辺も関係あるのかな?
これまでの演歌系浜モノ(数年前少し変えましたが)ではなく
曲調も大幅に変えてのスピード感があってダンサブルな作品
もういきなり最初っからとばしまくって これでもかってぐらい
バキバキに踊りまくる スローらしいスローもないので
見る人によっては少し疲れるかも?  女子の絶対領域衣装好きだったんで
残念ですけど(^^;  なんかもうとにかくカッコよかったので圧倒された 
で、ダンス系に寄ってもちゃんと「海」は残しつつなのも◎   
んで、転調して軽くなるわけじゃないので衣装替えは効果的だし
残念な感じはないよね  今まで以上に熱さを感じる作品になったと思います
今までのやつも好きだったんだけど これはこれで好きだわ 

・・となると今までやってた演歌系浜モノ枠に空きが
出来たから来年他のチームがそこに入ってきたりするのかね


藤・北大&ホンダカーズ北海道  モチーフは色のついた粉や水を
ぶっかけまくるというインドのスプラトゥーン的なお祭りだそうです
オリエンタルな雰囲気の楽曲に合わせた振りもベタだけどわかりやすくて◎
男女のそれぞれのパートの入れ替わりだったり、旗や幕も使いながら、
段階的に色の変化を見せていく表現や演出 等々” 色”にこだわったキレイな
作品に仕上がったと思います   元ネタのお祭りを知らなくても
単純に楽しめる作品でしょうね   ま、せっかくなんでここまで来たら
衣装とかももう少しベタにインドっぽくても良かったのかなんなんて
思ったりもしますけどね


新琴似天舞龍神 令和元年を記念しての「日本」推しの祝い唄 
昨年の北海道150年がさらにスケールアップした感じ ですね 
来年オリンピックあるから「世界」いけますね(^^;
今年はなにやらもうオープニングから金屏風出てきて華組が大活躍
なのですよ  個人的にはもう少し男隊をフィーチャーしてもいいんじゃ
ないかと思ったりもするんですけどね
今年の天舞は人数も多いのでワラワラと隊列移動する
だけでも迫力ありましたが  これ、おそらくフリスペから見上げるのと
観覧席から全体を見下ろすのとではだいぶ見え方違ってまして
フリスペからだとちょっと見づらいなと感じる部分がいくつか(^^;
あとから観覧席からの動画を見てやはりステージでのマスゲーム的な
構成・見せ方はさすがだなぁと感じた次第 
 ぶっちゃけ、曲は去年の方が好きだったんですが今年は3強の中では
一番安定感あったかなと思います 
そろそろ無冠の帝王時代みたいな泥臭いのも見たいなあ・・


札幌市立大学~真花~  鯉が滝上って龍になるという 登竜門のお話が
モチーフ  真花 水回りの表現上手説というのを唱えてるマニエルですw
というわけで、錦鯉をイメージした色合いの衣装でしたね
衣装での色変化なんかも狙い通りに表現できていたかと思います
しっとり見せる場面もとても綺麗 男子メインの激流のぼりの場面 とソーラン節
上手い事リンクさせてたし力強さもあって良い感じ  鯉のパートはすごく構成も
丁寧に出来てるんですけど龍になってからがちょっと雑だったかな(^^;
波でうねりを表現したあたりまでは良かったんだけど 最後クライマックス
にもって行くまでがもうちょっと盛り上がり欲しかったかな
んでも去年のより好きだけどね

Dsc_0053 Dsc_0058


|

« よさつが10傑 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よさつが10傑 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン④ »