« なんとか帰宅 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン② »

2019年6月20日 (木)

2019 YOSAKOIソーラン①


さて、閲覧数やっと落ち着いてきたので
そろそろ ソーラン振り返っていこうかなと思います

と、いいつつ次のイベントが控えてるんですけどもね


いつも時間明かりすぎちゃうので例年以上にサクサクっと
終わらせたい・・ けどたぶん無理(^^;



あと、この前チラッと書いたけど デジカメ死んじゃったので
写真はあまりないです コメントのみになる場合も多々ありますが
悪しからず(^^; 

では、さっそく1日目 水曜日の札幌チーム編から
Dsc03357 Dsc03360 Dsc03365

まず、オープニング企画から

新総踊り 「祭りだ!和っしょい」のお披露目

学生さんたちの選抜チームが踊ってましたが 曲が完全に演歌なので
ご年配の方も参加しやすい 史上一番敷居の低い総踊りかもしれません
座りながら手振りだけでも大丈夫そうだし 掛け声とか合いの手なんかでの参加もあり

正直最初に聞いた時は まさかこれにYOSAの振りがつくなんて思ってなかった
最近 紅白とかでもなにかとバックダンサーとしてYOSAKOI呼ばれてるんで
あんな雰囲気ではありますね

ただ・・これってかつてのアジアの海賊みたいに
完全に演歌の販促キャンペーンに使われたような気もしなくないので(^^;
この先 総踊りとして流行るかどうかってのは怪しい所
ソーランで作られた曲 ・・・けっこう使い捨てになってるやつもあるよね

と、いいつつCDはちゃんと買ってきましたけど。

三味線団体や太鼓団体 ギター奏者とのコラボもあったりしましたが
個人的には学生ソーラン復活してほしいなという思いもあります

とか思ってるところに北人の法被来た若者たちがゾロゾロ登場・・
久々に北人の南中ソーラン見れるのか!? と思ったら
これがまぁ・・ ちょっとヒドい出来で(^^;

や、本人たちは一生懸命やってたのはわかるのだが
練習不足というか キレはないし揃ってないしで
西8フリスペのレジェンドウォッチャーの方々 からも落胆の声
(西8フリスペ早い時間から待ってる人達けっこうシビアなんです)

あとから聞くところによると中身は「北人」ではなかったらしいですけどね


さっそくチーム通常演舞へ

新琴似緑小学校   お馴染みの小学校学校行事ということなので、ノーコメント
バラバラだとか細かいとことは気にせずに元気踊ってたんでヨシ
これいうのも卒アルとかに載るんだろうな  学校イベントで興味持ってこの中から
未来のYOSAKOIニュースターが出てくれると嬉しいっすね

札幌創成高校  新琴似天舞龍神の曲を丸丸使うので、今年の天舞の曲が聴けるってんで
ウォッチャー注目のチーム  人数も増えて衣装も新調   JK版花組もしっかり組織されてて
だいぶ天舞構成再現できるようになりました   艶っぽさは本隊には及びませんが
JKお姫様たちもこれはこれでメンコイね  むしろこっちのが好きという話もw
個人差はあるものの前に比べて踊りも上手くなりました  
なるほど今年の天舞は「日本」推しでいくのね 

桜ら組  南中ソーラン極め組の直系  とことん南中ソーランにこだわったチームなので
この日のオープニング企画での南中にちょっとがっかりした濃いめの方々もとりあえず
満足。タキオさんのライブ音源使ってるから聞きなれてる南中ともちょっと違ったアレンジ。
若干疲れが見えた部分もありますがここまで来たら自信もってとことん極めてほしいっすね

RHKe・ga・o いろんな支部が集まってるからいろんな衣装がいてますね ココ数年は
新調もせずこんな感じ 審査も出てないんで 以前よりはユルめのスタンスですかね
人数もいますし華やかで賑やかな出来にはなってると思います
10年ぐらい前のコカとかGOGO'Sみたいな感じというと乱暴な例えかな(^^;
ちょっと懐かしさもあったり

劇団果実籠 導入部分、かつての六花風靡みたいな”陰”からの入りでしたね
静寂を打ち破るかのように去年「あれは反則」「可愛すぎる」 と絶賛だった七福神が
今年も登場 なんつーオイシイ登場のさせ方  七福神は強力ですが
お芝居仕立て、ミュージカル調は今回はだいぶ控え目で 割と勢いよくガシガシ踊って
見せるスタイルでしたね 母体が母体なのでカッコよく踊れる子達揃ってますが
ちょっと印象に残るところが少なかったかな

Crew鍵”ルーキー”  毎回衣装の雰囲気かわるから楽しみですね 今年は白と黒の
2パターン 傘や太鼓なんかの道具も出てました  手数多くて激しい振りが多めですが
よく練習されてるようですね  今回は金と赤の2面ある扇子を使った集団の扇子芸が
見物です あれは面白かったですね  最後の方で衣装の色変わってるんだけど
あんまり効果的ではなかったような気もする(^^;


酪農学園大学 テーマが「今宵の明星は」でしたっけ  踊り子さん1人1人を星に
見立てて夜空を表現したらいいです  まぁザックリとしてますが分かりやすい
テーマだったかな  金色ぴかっぴかまでは まぁイメージ通りの流れでしたが
最後の赤衣装でポップに転調するあたりが あ~ なんか学生っぽいっていう
典型的なパターンな気がします   まぁもともと酪農はそんな感じでやってたとこ
もありますが 最近 ちょっとこのパターン多い気がする

屯田舞遊神  地域密着型ファミリーチームですが 曲や衣装なんかも本格的に
頑張ってるので応援したくなっちゃうのよね
中盤 三角形の陣形になってからのスローパートが重厚感もあって好きでしたね
終盤、小旗なんかも使いながら人数の少なさをフォローしながら賑やかに見せる
王道パターンですね  個人的にはあまりオシャレアレンジにしなくてもいいので
もう少しガッツリソーラン節のが好き かな

紫仁  今年がデビューの新チーム  ですが、このところの流行りの流れとは
全く逆方向の  長半纏に鉢巻  といった古き良き・・のクラシックな 
THE・YOSAKOIなチーム  ソーラン節だけじゃなくよさこい節も入ってます
黒パンツの昭和プロレスみてるような感覚ですが 逆に記憶には残りますね
もう少し踊りがきびきびと揃ってたらいいのになぁ・・というところ


八 こちらも今回が初参加の新チーム  踊り子がが8人だから 「八」なのか?
人数増えたらチーム名変わるんだろうか・・っていう素朴な疑問
踊りのスキル見る限り・・ダンスの経験者でしょうかね カッコイイです
和モノダンスを8人という少人数でそれぞれの個のスキルで見せるという点では
理に叶った見せ方かな もう少しソロのパートあってもいい気もするけど。
大人数ではできないこと、この人数だからこそできることをきちんと
追求した構成なのでちゃんと成立してますね

背景パネル支えてたのが忍者だったというオチも個人的には好きでしたね(^^)

ま、YOSAKOIは群舞の魅力ありきなのでジャンルが違うといっちゃうと
それまでなんですが(^^; 人数少ないながらの戦い方・・というか見せ方
としてはお手本にはなるんじゃないかなと思います
ホラ、東北方面は特に平気で8人編成チームとかいるし 

Dsc03373 Dsc03376 Dsc03381

|

« なんとか帰宅 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン② »

コメント

>暁さん、

振りがYOSAっぽくないからそう感じたのかも
いずれにしても今後楽しみですが
8人で表現できる限界に挑戦してほしい気もする

投稿: マニエル | 2019年6月25日 (火) 21時37分

>どさんこさん、

粋~IKI~出身といえばSAPPOROこいこいも
そうだとか言う話を聞きました
なるほど納得

投稿: | 2019年6月25日 (火) 21時35分

八について調べましたが、ダンス経験者じゃなく、よさこいダンサーでした。笑
88人になったの見てみたいと思いました。

投稿: 暁 | 2019年6月21日 (金) 00時46分

八は粋で踊っていた子達が立ち上げたチームみたいですよ。かっこよかったです。

投稿: どさんこ | 2019年6月21日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとか帰宅 | トップページ | 2019 YOSAKOIソーラン② »