« 冬物語 | トップページ | 八戸YOSAKOI出演団体 »

2019年2月13日 (水)

冬津軽

2.11 3連休最後の休みは 津軽方面へ


弘前雪灯籠まつりへ・・

一応メインのお目当ては田舎館の冬の田んぼアートだったんですが
ここまで来たんなら 見ておこうってことで ちょっと寄り道


寒さはなんとかなるんですけど
公園内を歩く時の足元がつるっつるでコワイっすね(^^;

たくさんの人が踏み固めた圧雪アイスバーン状態なので
雪になれてない観光客は大変だろうな(^^;

青森の人でもペンギン歩き

Dsc02276 Dsc02277 Dsc02283

俗に言う”灯篭”だけじゃなく キャラクターものの雪像なんかもあります

市民団体とか施設とかで出してるのが多いみたい
幼稚園とか保育園とかもけっこうあったかな

Dsc02278
で・・ 完成してから開催期間中に崩壊したヤツも

あったようで 雪像の残骸の前に慰霊碑的なのが
作り直されてあったり(笑)

  Dsc02279_2Dsc02281  Dsc02284

津軽錦絵大回廊・・は 夏のねぷたまつりで使われたねぷた絵が
使われてます。   真冬にこいういうカタチで見るとまた雰囲気違いますね



今年の大型石像は

旧弘前市庁舎

ここ数年、この大型雪像にプロジェクションマッピング投影
てのがメインの呼び物になっております

Dsc02289 Dsc02290 Dsc02293

時間にして5分程度・・ですが
弘前をテーマにしたオリジナルのものでした

雪灯籠の方はあくまでもオマケでしたので
プロジェクションマッピングを見終わったところで
田舎館へ移動


あったか~い食べ物の屋台なんかも出てるんですけど
公開時間の関係等もあってハシゴするとなると
ゆっくりもしてられない(^^;;

Dsc02300  Dsc02301Dsc02298

つーわけで、冬の田んぼアート

田んぼまでの道中こんなモノも

小ビンにキャンドル入れたものをリンゴ箱に
並べただけですが なかなか味わいのいある照明です

チームラボのようなデジタルな光のアートも良いですが
こういうアナログなヤツもステキですな

やろうと思えばだれでも真似できるしね(^^)

Dsc02324Dsc02323 Dsc02307

そう簡単に真似できないのがスノーアート

この専用のスノーシュー(洋風かんじき)はいて踏み踏みしながら
作っていくそうですが・・・   

下から見ただけだと・・
なんか そこいらの子供たちが雪遊びした野原みたいな感じ
だったりするのですけど(^^;

Dsc02321 Dsc02308 Dsc02315

上から照明が当たった状態で見ると・・

なんということでしょう

綿密に計算された幾何学模様
変なところに足跡残すわけにはいきませんから
一筆書きのように少しずつふみふみ

なかなか根気が要る作業だと思います


で、雪降ったりしたら模様消えちゃうんで
また踏み直し・・っていうね

期間限定 で4日間だけ見ることが出来る刹那的なアート

やれそうな場所は青森にはいっぱいありますが(^^;; (田んぼとか空き地とか)
なかなかこう本格的には出来ないですからね
機会があれば見に行ってみるのも良いかと

最近は実際にフミフミ体験することも出来るらしいですよ
Dsc02317
素人がやるとやぱりちょっとカタチいびつですな(^^;;


しかし・・田舎館はまた面白い町おこし企画見つけたなぁ

|

« 冬物語 | トップページ | 八戸YOSAKOI出演団体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬津軽:

« 冬物語 | トップページ | 八戸YOSAKOI出演団体 »