« 八戸YOSAKOI出演団体 | トップページ | えんぶり »

2019年2月17日 (日)

八戸YOSAKOI

土曜日は八戸よさこい 見に行ってまいりました

新春交流会以来のがっつりYOSA分補給してきました
終了後のYOSA仲間のみなさんとの宴も楽しかったです
札幌からの某大物ゲストもいたしね(笑)


数年ぶりに公会堂のホールで開催ということでしたが
始まる頃にはお客さんぎっしりでしたね

まぁ保育園・幼稚園関係のPTAが多かったようで
夕方にはだいぶ空席もありましたが (^^;
まぁこれはどこもそうですね

プログラム的には本当はオープニングよりもトリの方が
適任なのかも(^^;;

相変わらず撮影禁止なのが残念なところですが
その分じっくり楽しませてもらいました




ゲストチーム(友情出演と言ってましたかね)の中であ
今日イチ は炎-HOMURA- かなぁ

天舞龍神ももちろん素晴らしかったのですが、
(天舞の小さい男の子はチームの財産ですね   あの子すごい)

HOMURAが子供含めてかなりの大人数で来てまして
圧巻の演舞見せてくれました  カッコよかったです

ついんくるは過去作含め2作品披露してくれましたし
いつもよりもだいぶ人数少ない北海道大学”縁”は
今年もお客さん沸かせてくれました

たぶん、このゲストだけでも入場料\1000の価値はありました


あ、今回、 この手の複数チームが集うYOSAKOIイベントを
ちゃんと見るのは初だという人を連れていったのですが
一番楽しかったと喜んでいたのは やっぱり ”縁”でした
(本祭での100人以上編成のを見せたいね)


県内チームも盛り上げてくれました

花嵐も蒼天飛龍も  生演舞見るのが年明け初でしたので
久々に見れて大満足   スキのない安定感
青森を代表するチームですね(^^)


凛轟や焔舞陣といった若いチームも頑張ってました
どちらもはちよさ初出演のハズですが こういうホールでの
演舞ってのも良い経験になりそう
どちらのチームももう少し元気にやれたのかなという気も
しないでもないですが   まぁ・・演舞一回きりだからね
アイドリングなしでいきなりトップギアでやり切るって
難しいとは思いますが(^^;

うん、やっぱ各チーム2回ずつぐらい踊ってほしいな
というのは客側としては言っておきたいところです  

なかなかの遠方から来てくれたチームもいらっしゃいますので
もう少し踊る回数増やしてあげても良いのではないかと

会場の全体の雰囲気は良いだけに唯一そこだけは  もったいないよなぁ
と思うところですが(^^;

とはいえ、いろいろ紆余曲折ありつつも青森県内でも
相当早い時期からのYOSAKOIイベント開催、ここまで20年
続けてきたというのはホント  ウォッチャーとしては感謝したい
ところで   オイラが興味持ち始めた頃にドンピシャのタイミングで
県内のYOSAイベントが興っていったおかげで こんなYOSAKOIバカが
育ちました

改めて20周年おめでとうございます

20周年の総踊りメドレーも面白かったっすね
懐かしかったわぁ

絲の会は今回 新曲披露もありましたね
今までとは雰囲気の違う 勇壮な感じで個人的には好きな作品
次に見れるのは・・春フェスかピアドゥか?

あ、そういや次回の予定言ってなかったな(^^;
年明け固定なのかまた年末に戻るのか気になるところです


マニエル的次回イベントは未定。 もうしばらく冬眠モード続く
と思いますが 一応来週の十和田湖での極寒演舞は見に行くと思う

|

« 八戸YOSAKOI出演団体 | トップページ | えんぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸YOSAKOI:

« 八戸YOSAKOI出演団体 | トップページ | えんぶり »