« 宮城YOSAKOI交流会 勝手に審査ごっこ結果速報 | トップページ | 次ははちよさかなぁ »

2019年1月22日 (火)

新春YOSAKOI交流会

せっかく行って来たので簡単に振り返ってみる

各チームのレビュー等は
審査コメントと重複するんでここでは割愛(^^;


最近は写真もあんまり撮らなくなったんですけど
いくつか載せておきます

Dsc02167
和敬の先生による 開会あいさつ
そういや 第2回までは  仙台YOSAKOI交流会でしたけど
宮城YOSAKOI交流会になりましたね

会場が名取市になったからか(^^;;?  ・・・大人の事情


どうやら 来年 2020年も同じく名取市の文化会館でやるようです
そしてまた かみどんと被るというウワサも(^^;

会場は 見やすくて良かったと思います 音響も〇

Dsc02169 Dsc02173 Dsc02190

新年一発目のわりと大き目のイベントってことで
近隣チームさんにとってはアイドリング感覚での参加もいいのかなと思いつつ
勝手に審査とか 新年早々エグいっすね 自分ら(^^;


んでもね、もう少しまったゆる~い感じの演舞続くのかなと思いきや
どのチームさんもけっこう本意気の、力の入ったパフォーマンス
を見せてまして  オイラがこのところYOSAKOI日照り続きで
YOSA分不足してたのを差し引いても
お?なかなか東北のチーム良化してきてるんじゃない?
と、ちょっと嬉しく感じる演舞の連続(^^)


みちYOSAを本祭と位置付けてるであろうチームさん多数で、
やはり秋口に比べると人数なんかも減ってたりするんですけど
それを感じさせないぐらいの 工夫・アレンジがされていまして
みちYOAん時よりも良くない? って思えたチームも少なくなかったっす

そして・・学生チームはやっぱ勢いあるし
熱いね   

ここ最近は そんな学生さんたちに一般チームが
後押しされてるように感じる部分もあったりして
なんだか東北のYOSAKOI おもしろくなるんじゃないの?
と一人ワクテカ

Dsc02187 Dsc02220 Dsc02232

交流会 と銘打ってることもあり
会場の客席の多くはチーム用

お互いの演舞を見るというのもまた交流
みちよさでは自チームの演舞や移動、練習のために
他チームをじっくり見るなんて機会もないですしね

合間合間での総踊りの時間も
とても楽しそうでした

チームの垣根越えた一体感で盛り上がってました
良きかな良きかな


で、やっぱりハイライトとしては・・・
羽跳天と源種のコラボだよね

もう動画とか結構上がってるから見てみてください

完全に やられました



去年の大地と羽跳天のも驚かされましたが
オイラ的には今年もまったく予想もしておらず
嬉しいサプライズ

これがまた完成度も高い
いつおより大所帯ってだけで作品の印象も変わるし
新年早々いいもん見させてもらいました


まぁ・・ こんなダマされた大賞なら大歓迎(^^)

来年以降?どうなるかわかんないけど
とりあえず 純粋に騙されたいから
来年も裏情報とか知らない状態でのほほ~んと見に行きたいっすね



実行委員として運営に奔走してた
和敬のみんなの頑張りも評価したいところ(^^)
おもてなしの心遣い 随所に感じました

いいイベントになってきたな~



とはいえ・・まだまだ北海道とかは高い壁だなぁ・・

今年も東北のYOSAKOIシーンを盛り上げるべく
ウォッチャーとして出来ること頑張ろう ・・ と思った新春イベントでございました

|

« 宮城YOSAKOI交流会 勝手に審査ごっこ結果速報 | トップページ | 次ははちよさかなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春YOSAKOI交流会:

« 宮城YOSAKOI交流会 勝手に審査ごっこ結果速報 | トップページ | 次ははちよさかなぁ »