« 2018みちYOSA③ | トップページ | 2018みちYOSA⑤ »

2018年10月13日 (土)

2018みちYOSA④

早いものでみちYSOAから1週間 ズブ会から1週間
まだまだ余韻に浸ってます(^^;

今週も仙台方面でいろいろイベントあるようですけど
さすがに2週続けて遠征は厳しいのでおとなしくしてようかと

オフシーズンにはオフシーズンなりにやることあるしね


さ、本日もひとり感想戦行きまーす



審査4ブロック

東北でもおなじみなチーム続々で面白く見れたブロック

REDA舞神楽  去年一回みちYOSA出場お休みしてたので みちYOSA
のお客さんは舞神楽に飢えていたっぽい。 どこの会場も大歓迎で
追い風吹いてたようにも感じます  みちYOSはすっかりホームですな
気合の入り方ハンパなかったですね。 もともと気持ちで踊るタイプの
チームですがこれだけのエネルギーで踊られたら見る方もアテられ
ますね 毎度見るたびに構成なんかも変えてきてて新鮮ですし
トップバッターで見事に逃げ切った会心のパフォーマンス
個人的にライトニングペットボトル見れたのが嬉しかった
あと最後の方の青旗4本すげー綺麗ね

TEAM SAKURA  舞神楽がものすごい演舞やったあとの登場
はすごくやりにくかったんじゃないかと(^^; 舞神楽に比べると
だいぶおとなしくてお行儀のイイ踊りですが 鳴子やスムーズな
隊列変化等でひとつひとつしっかり見せていきます
旗の動きや 竿燈なんかもこのチームの武器になりつつありますね
竿燈は・・やっぱどこの会場でも沸くもんね  しっかり秋田PRも。
ときに子供たちのひたむきな姿ってのは 大人がどう頑張っても
勝てないような感動を生むことがあったりするんですが  このブロック
2位通過の決め手はそういうところなのかもしれません


夏龍颯爽 鳴子もちゃんと使ってましたし 踊りのメリハリも良し
隊列移動なんかも上手   良いチームだと思いますが  ・・・地味かなぁ
華やかな演出はほとんどありませんし・・・ このいぶし銀のカッコよさは
玄人向きでしょうねぇ(^^;  硬派なオトナのYOSAKOI
審査項目的には表現とか演舞構成の点が物足りないのかなと
思います  曲が淡々とし過ぎてて 見る側の気持ちが高ぶらないんですよね
みちYOSAの審査基準項目の中に「民謡」ってのがあるんだけど
東北外チームの場合は地元民謡入れてても審査員はピンとこない
んじゃないかなって思ったりもする


酪農学園大学 世界観あってキレイな作品だと思うんですけど
やっぱりソーランの時とは人数も少なくなってるので 大人数ならでは
のマスゲーム的な見せ方はちょっとパワーダウン
表現しようとしてるところはちゃんと伝わってきたように思いますが
審査員の方々もちゃんと解釈できたかは?(^^;
鳴子の時間短かったのと、やっぱり赤旗上がっちゃったのは
ちょっともったいなかったですね


鳳翔乱舞 決して多いとは言いませんがみちYOSA界隈で30人弱
のメンバーは十分見応えあり  トメ・キメなんかも上手になってきてるし
無駄な移動(スマートじゃない移動)とかも減ってきたみたい
構成的におやおや?と残念に感じる部分もあったりしましたが
ちょっと今後の変わり身に期待できそうな予感
みちYOSAで毎回思うんだけど 斉太郎節ってOSAアレンジ
するには相性よくない気がする (^^;  高知鳴子踊り系にもってくと
結構ハマるんだけどね


舞紅萩  世界観もテーマもちょっとよくわかんなかったです(^^;
曲も弱め(途中で英語の歌詞?ナレーションのようなのが入るけど。
民謡は分かりやすい感じではなかったかと)
小道具や旗も変わったのが出てくるんだけどどういう意図
があるのかまで読み解けませんでしたm(__)m
巫女さんっぽい踊り子さんは可愛かったんですけどね~
振りもいつもの感じですけど なんかだんだん中毒性出てきて
年に一回は見たくなっちゃうのでできればあのままで。
赤旗も上がっちゃってたようですので スタンバイもう少し
スムーズにできるようになると良いかと思います


多賀城遊舞会  新衣装はキレイで良い感じですね、新曲 と
思ったら過去曲のリメイクらしいですが 今でもイケますね
当時に比べると人数だいぶ寂しくなってますが、子供たちも
入ったようなので大事に育ててほしいところ いずれ構成の中で
子供たちの出所が作ってあげられたりすると面白いかな
まだ個々の踊り方でおどってるようなのでタイミングずれたり
してますがこれから解決していくかな(^^;  途中みんな一斉
に持ち道具取りに行ってステージに誰もいなくなる時間が
一瞬あるのでどうにかしたほうがいいと思う。
このみんスマイルはこのチーム最大の武器



神威  人数はいるので群舞はまぁまぁ見応えあり 鳴子もちゃんと
使いながら踊ってました   今年は きちんと踊りを揃えることに意識を
置いて練習したようです  曲もオリジナル・・手作り感あるのですが
ヴォーカルちょっと微妙(^^;  英語の歌詞とかかなり弱弱しく
カタカナ英語で歌ってるように聞こえました 
人数いるのでいろいろ団体芸も出来るんですけど 波とか
もう少しキレイに見えるようになるといいですね 
後半 衣装チェンジがモタモタしてたり 後半に行くにつれて
踊りが全く揃わなくなったりいろいろと惜しいなぁ感じる部分が(^^;


|

« 2018みちYOSA③ | トップページ | 2018みちYOSA⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018みちYOSA④:

« 2018みちYOSA③ | トップページ | 2018みちYOSA⑤ »