« 2018みちYOSA⑤ | トップページ | 2018みちYOSA⑦ »

2018年10月15日 (月)

2018みちYOSA⑥

今日 いつも以上に
カウンタの回り早い(^^;;


てか ウチこんなに視聴率高かったけかな

最近見てる人少なくなってきたから けっこう好き勝手なコト
書けてたんだけどなー


はい そういうわけでお待たせしました
今日も ひとり感想戦  プチ炎上の予感も(^^;;

いろいろあったこのブロック



本当は 呑みながらみんなと語りたいです

さ恐れていたことが起きてしまったこのブロック

【第6ブロック】


秋田大学よさこいサークルよさとせ歌舞輝  凄かった。審査の前に
西公園わりと早い時間にも一度 出番があったのだけど その時からもう
気合ハンパなし ピリピリしすぎて話しかけるのもちょっとおっかないぐら
いの緊張感すらあったかも(^^;  初披露の段階で、ものすごく作品として
地味な印象  変にテコ入れせずに、”踊り”と”気持ち”だけでどこまで
高められるか? と いうところで、ずっと気にしながら見守ってきたつもり
でしたがここにきてようやく 完成形を見れた気がします(^^)
たぶんこれが目指していたところなのでしょう   ここ数年の代の中でも
かなりの難題に挑戦して自分のモノにすることが出来たんじゃないかな
この直後に焔舞陣との学生直接対決となるわけですが
あ、歌舞輝が勝ったわ と思える神演舞でした


弘前大学よさこいサークルHIRODAI焔舞陣  はい、その一方の
焔舞陣、決して悪かったわけでもないです 2週前によさ夢で見た時
よりも格段に良化してたし 気合もハンパなかったし 声も良く出てた。
とりあえず 東北の学生2チームのこんな激熱バトルを目の当たりに
出来て なんだかとっても幸せな気持ちになりました 
構成や演出に関してはエンタメ性高いし歌舞輝よりも一般のお客さんは
こっちのがとっつきやすいと思います  ちゃんとそれぞれのパートの
見せ場が際立っていたというのも褒めておきましょう
男踊りの後の ”祭りはまだまだ「終わらねえ」” が個人的にチョー好き( ̄▽ ̄)
ただ、曲の印象もあってか 良くも悪くも北海道方面のよくある学生チーム
のひとつ みたいになってきてるというのは言っておきます   
ホント、良くも悪くもなのですけどね 
そろそろ焔舞陣といったらコレ!というようなカラーは欲しいところ


みちのくYOSAKOI大漁連   若さあふれる2チームのあとに、みちYOSA
で超メジャーな割と平均年齢高めのチーム登場(^^;  今年も衣装を変
えつつの三部構成   第1部では新アイテムの提灯を持った演舞 
第2部で躍動感のあるソーラン系第3部で鳴子を持っての鳴子踊り
といった感じ 某有名ママとかもう年齢の割にすげー頑張ってると思う
ちょっと前までは結構無理してる感じもありましたが このところ身の丈
に合った作品やってますね  審査項目的には移動の際のモタモタ
感がちょっと気になるところですかね


若柳よさこい桜 水沢の時に新曲ではなかったみたいなので 今年も
前作く行くのかと思ってたら まさかの新曲披露 テーマにしたのがかつて
地元を走っていたという くりはら田園鉄道線  こういう地域性のある
テーマ選びは大好きですね(^^)  車窓からの眺めのように衣装も
変化していきます  鳴子もパチパチならせていたようですし
審査基準的にもみちYOSAとの相性は良さそう
藤娘パートが印象に残りました 小さい子達すごく自信なさげでしたが(^^;
もっと堂々とと可愛く踊りましょう


東京学生”生っ粋”  最初から勝負捨ててますね(^^; お祭りなので
好きなように楽しみましょうってことか いろんなスタンスあります。
たぶんMCは会場ごとでいろいろ変えてるんでしょうけど ここでは
ラジオ番組風のMC 踊りとマッチしてるかどうかは別としてなんか
面白かったわ   踊りは・・一応決まった振りはあるけれども 各々
好きなように踊ってる感じ   踊る前から騒ぎ過ぎで 完全に赤旗
でございました(^^;   どういうスタンスで参加するかは自由だと思い
ますが 歌舞輝や焔舞陣はじめ他のチームはこの日のために
むちゃくちゃ努力して真剣な演舞とかもやってるわけで
ちょっとなんだかなぁ・・ という思いもあったりします



東山道 三蔵 昨年のみちYOSAでもやった 那須与一をテーマにした作品
このチームも随分と人数減っちゃいましたねぇ(^^;  一時 みちYOSA
コンテストの中でも有力チームだったんですが。 人数少ないのに
踊り子さんがほとんど声出さないから余計にこじんまりと感じちゃう
カラ元気でもいいのでもう少し内面からのパワーでカバーしてほしいところ
ただ、このチームは 「静」の動きがカッコイイので敢えてワイワイ騒がない
ようにしてるのかもしれません   鳴子は後半で持ってましたがキレイに鳴らす
という使い方ではなかったようです  テーマはすごく分かりやすいですし
振りもカッコイイのでもう少し見せ方に工夫でしょうね 



神崋夜 なんか知らないうちにメンバーかなり増えてる  歌舞輝の
卒業生が在籍してるんで人材的にはかなり期待できるチーム
なんですけど 作品が弱いのが勿体ない(^^;
踊り自体はホントみんな上手いし鳴子も上手に使ってる方だと
思うんですけどね  テーマなんかも一応あるのですがやっぱりお客さん
の反応を見る限り伝わりにくいんじゃないかな 
人数も増えたことですし、若い人達の感性でいろいろチャレンジしてみる
のも良いかと思います  マニエル的に本格的な大化けを期待してるチーム
の一つでもあります   


夏舞徒 佇まいがもうカッコイイっすねぇ  傘のタイミングとか
団体芸での波表現とかむちゃくちゃ上手  良質な練習してるんでしょうね
静と動のメリハリ、スムーズなフォーメション移動等々 どれもこれも
素晴らしく 見事な構成でした。  鳴子以外はほぼみちYOSA審査項目
的にもどハマりでしょうね   こんな素敵なチームが よくぞみちのくに来て
くれました・・・
と、”乱舞童”を知っていなかったら手放しで喜べるんでしょうど
「衣装も演舞構成もほとんど乱舞童の真似じゃない?」というのが
知ってる人のホンネです 。ハイ   
マネ(オマージュ?)とは言ってもこれだけの精度で再現できるってことは
実力あってこそと認めるところですけどもね

本家の公認あってのことなのか師事した上でののれん分け的な感じ
なのか経緯はわかりませんがあまりにも酷似したスタイル
   
東北ってたぶん北海道以上?に乱舞童を神格化してるところがありまして
(東北地方でのYOSAKOI黎明期に乱舞童が非常に大きく関わっている)
正直、面白く思っていない濃い目のYOSA人はウチのまわりには
けっこういます(^^;;

まぁ 御本家が活動終了してから時が経ちすぎていますので
もはやその当時を知ってるファンも少なくなってるかもしれませんが
東北にはまだ成仏できてない信者も多いんですよね

ま、実際のところ演舞自体は素晴らしかったので減点する理由がないですし
たぶんオラが審査員してたとしても高得点を付けていたとは思いますけど
なんかモヤモヤした感じはあるよなぁ(笑)

でも、なんか 今後のみちYOSAがすげー盛り上がりそうな
新しい登場人物が出てきたーっ!って少しワクワクもある

ホラ、昔死んだ恋人にそっくりなヤツが出てきた的な?
ひと昔前のドラマだったら激熱な展開のパターン

白ひげの能力を手に入れたからといって 、白ひげ傘下の海賊たちは
黒ひげにはなびかないよなぁ

|

« 2018みちYOSA⑤ | トップページ | 2018みちYOSA⑦ »

コメント

>若柳よさこい桜広報担当:相田 さん、

新曲 拝見しました
おもしろい題材を取り上げましたね
今後、子供達含めどんな作品に育つのか楽しみですね

投稿: マニエル | 2018年11月 1日 (木) 20時33分

いつもお世話になっております。若柳よさこい桜の相田と申しますm(__)m今年もご覧いただき、ありがとうございました。感謝申し上げます。
今回の新曲は、みちよさでのお披露目ということで、皆とても緊張しながらの演舞でした。子どもたちも初演舞でしたので、今後はさらに踊り慣れてもらって、皆様に想いが伝わる演舞ができればなと思います(*^^*)これからもどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: 若柳よさこい桜広報担当:相田 | 2018年10月20日 (土) 15時02分

>応援団長◆十勝港さん、

そうなんですよ
最初から名作カバーとして見るなら全然アリ。

そういう過去の名作 完コピ専門に
やるチームとかそろそろ出てきてもいいかなと
思ったりすることはあります(^^;

まぁ 活動終わってるトコに関しては使用許可
の問題とかいろいろ大変そうですけどね

投稿: マニエル | 2018年10月19日 (金) 18時25分

>古きyosa人さん、

やっぱり成仏できてない信者としては
すんなりは受け入れにくいですよね(^^;

いろんなスタイルのチーム出尽くしてるところも
あるので どこかしらに似てる っていうチームは
たくさん居ますけど 存在感大きすぎますね

投稿: マニエル | 2018年10月19日 (金) 18時22分

だけども・・・
チームが無くなって、良い作品が見られなくなるのって、ウッチャーからしたら不幸だと思うんですよね。
過去の踊り大切にしているチームって、なかなか見かけないですよね。(ワタシは平岸と真花位しか思い浮かびません)

さらにYOSAKOIソーランでも大賞取ったチームでさえ解散している現実。まして準大賞受賞チームに至っては、と言ったところです。

作品が残る方法は、現状全くない(と言って良いでしょう)状況なので、なんか良い方法があると良いのですが…。

投稿: 応援団長◆十勝港 | 2018年10月16日 (火) 23時24分

そうなんです。
私も成仏できないひとりなんです。
1999年に初めてみちよさで乱舞童を見た時は
小学校の学芸会に突然劇団四季が現れたぐらいの…
はたまた運動会の組体操に突然シルクドソレイユが出て来たぐらいの衝撃でした。

チームさん達が知らないでプロデューサーや振付け師が古いから解らんだろ(^^;)ぐらいでお金貰ってたらまずいよね。


投稿: 古きyosa人 | 2018年10月16日 (火) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018みちYOSA⑥:

« 2018みちYOSA⑤ | トップページ | 2018みちYOSA⑦ »