« よさ夢最終会議 | トップページ | いよいよ よさ夢 »

2018年9月20日 (木)

あきたyosakoiキッズまつり②

明後日にはとわだYosakoi夢まつり開幕

今のところ 前日祭の方が雨予報(;-;)
23本祭は晴れそう 楽しみにしててくださいませ


さて、ツイッタのTLなんかは水沢で盛り上がってますが
オイラは横手のキッズバトルの続きです



写真無い方がテンポよく批評やれるなぁ

舞綺瓔  石巻のチームなので冒頭に表現してる花火は川開き祭りイメージ
だったりするんでしょうかねぇ   踊ってる子達はそれなりに踊れてると思う
んですが曲がつぎはぎな感じがしたり、振りが単調だったりで
もったいないなと感じる部分も  フルメンバーで見るとまた印象が
変わってくっるかもしれませんがこのままでは迫力が足りないかな

横舞伝 スタンバイの一からポーズからほぼ完璧 モチーフとなっている
長持ち唄の世界観を子供とは思えないほどの色気と艶っぽさで華やか
に表現 かつての横手舞組にだいぶ近づいているような気はします
指先の揃いがちょっと甘かったようにも見えますが  たぶん踊り力だけ
ならSAKURAよりも上なのかなと思いますが もう少し気持ちを前に
出す意識も必要かな  よさ夢で見れそうなので楽しみ(^^)


TEAM SAKURA スマイルキッズ  新曲・新衣装 3連覇もかかってたので
相当気合は入ってたハズ  踊りもさることながら やはり「数の力」と
「構成力」でお客さんを魅了してたいたようです  冒頭の「白」合わせ
のシーンは曲の美しさも相まってて よくやったなと感心 
男踊りからスローパートなんかもメリハリあり。 曲に合わせてクライマックス
に持っていく王道がしっかりハマってて もう1回みたいなと思わせる作品でした
みちYOSAではまた本隊での一味違ったSAKURAが見れる?

港北MATURIっ子  ガチでピリピリとした空気のチームが多い中で
いい意味でキャピキャピ感とかアイドルっぽさを残してるチーム
最初の「こーんにーちはー」の挨拶からもうやられたって感じ(笑)
まぁそういうキャラが軽く見えちゃう部分はあるかもしれませんが、
作品の方向性もそっち路線なのでセットで独自性と考えれば◎
こういう個性は大事  フェイバリットの花笠の使い方も年々
良くなってますし ステージの使い方も良かったと思います

みなとWAKAHATO Jr  毎年お馴染みの土崎港曳山祭りを
テーマにした例の曲  実際に見に行った事はないですが
実際のお囃子隊とのコラボはとても臨場感もあって良かったです
ド演歌調の入りも個人的には気に入ってたりします
お祭りの威勢の良さも伝わり実際一度見に行ってみたい >曳山まつり
ほぼほぼ学校の伝統芸能になってますがそろそろ新曲もみたい





シニアコンテスト部門
ま、シニアコンテストと言っても ジュニア大会の中でのシニアなので
ここでは高校生を主体としたU-18(人数ではなく年齢ね)チーム
のコンテスト  今年初開催
いずれ尚志高校 ミネルバとか育英高校の若獅子とか参加
してくれたら盛り上がりそうだな・・

煌姫神 Jr  本隊の演舞は何度か拝見してますが  そこから
・・ やはり作品そのものが地味というか重めなので 高校生世代が
それをやるとなると余計に際立ちます  踊り手の表情や
堂々とした踊りっぷりはなかなかのモノ 若い子達にこういう機会
を与えて伸ばすというのはイイ作戦かも(^^)

闘心乱華  別々の高校の合同チームだという事に一番驚いてたりする
一つの一つのポーズなんかは素晴らしくキレイだったり
するんですが 渋い振りで構成された作品なのでせっかくのJKという
キャラが勿体ない事になってるのは確か(^^;  それはそれでギャップが
おもろいところでもあるのですが もう少しポップで華やかさがあっても
いいなとやっぱり思ってまうよね

横手城南高校YOSAKOI同好会  乱華にはないJKっぽさをほどほど
醸し出してるのがココ   曲がオリジナルではなく市販曲だったのが
勿体ない まぁ・・ 和楽器バンドはYOSA人気も高いけどね
振りは完全にオリジナル。手振り多めながらなかなかいいセンスの振り付け
だなと感心  若いし動けるんで踊りも上手   こうなってくるとやっぱり
オリジナル曲を見てみたいよね



ダダダダーっと駆け足で
出場チームレビュー
今回は審査なのでちょっと辛口もあり  たまにはこういうのもアリ?


|

« よさ夢最終会議 | トップページ | いよいよ よさ夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきたyosakoiキッズまつり②:

« よさ夢最終会議 | トップページ | いよいよ よさ夢 »