« 五戸 | トップページ | 三沢からの五戸 »

2018年9月 1日 (土)

五戸と六戸

昨日は十和田にてよさ夢会議
まもなく各チームへ詳細資料送付予定

大枠固まってきました
天気さえ良ければ成功間違いなし・・たぶん(^^;

学生160人演舞ですってよ



さて、本日はお休みでしたので
秋祭り見に行ってました

今の時期、青森県南は毎週末どこかで秋祭りやってる
お祭り月間ですね

来週は十和田、七戸、乙供 ・・・ 
RABまつりは水卜ちゃんは生で見てみたいケド激混み必至(^^;



まずは五戸の山車

Dsc00719Dsc00722Dsc00727

Dsc00733Dsc00739Dsc00746

Dsc00752Dsc00757Dsc00765

Dsc00772  Dsc00782

津軽方面がねぶた、ねぷたに代表するような紙と針金から成る
灯籠型山車が多いのに対して
発泡スチロールなどで作った彫刻や人形などの造形物で構成
する風流山車スタイルが多いのが南部

専門の制作者がいるわけではなく 各町内会のまつりバカの
みなさんの手作り。  数多くの山車まつりを見てきてますが
五戸はそんな中でも山車づくりの上手い人が多いようで
クオリティ高め   まぁ 経済的な要因なんかもあるんだとは
思いますけどね

今年の山車も良くできてましたねぇ
歌舞伎題材の蜘蛛絲梓弦なんかバッタンコ部分の子グモも
クルクルまわったりして芸が細かいですね~

ワンピースなんてのもありましたが、ワンピが歌舞伎舞台化したので
ある意味これも歌舞伎題材ってことになるんでしょうかね

Dsc00790Dsc00798Dsc00804

六戸のお通りを見るのはたぶん初
何が驚いたって、山車だけじゃなく、各町内趣向を凝らした
仮装のパフォーマンスがあるっていうこと

仮装と言っても乱乱流とかハロウィンとかのコスプレではなく
欽ちゃんのテレビ番組の方の仮装に近い
ちょっとした寸劇ありなんだけど なんか妙に上手かったりGDGDだったり
いろんな意味でカオスでした(^^)  これは面白い

Dsc00807Dsc00819Dsc00809
社会風刺のエグイやつとか けっこうヤバイかも(^^;;

Dsc00814Dsc00825Dsc00801

こちらの山車は大小さまざま
自作のもありますが半分ぐらいは近隣からのレンタル
八戸とか三沢とかで見覚えのあるやつがいくつか

山車の方はこれまで前夜祭とかで並べてるのを見たことは
ありましたけど・・ 仮装は衝撃的だったなあ(^^)

|

« 五戸 | トップページ | 三沢からの五戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五戸と六戸:

« 五戸 | トップページ | 三沢からの五戸 »