« 御礼 | トップページ | 2018 よさ夢 ① »

2018年9月26日 (水)

奥州Yosakoi inみずさわ 自由広場

よさ夢 楽しかったなー
スタッフとしてですが
未だに余韻に浸ってるマニエルです

緑地公園以外の音響は例年通り 難あり(^^;)ですが
本祭は天気も良く  何となくですが自分の理想とするYOSAKOI空間
には近づいてきたかなという気はしてます

2連パレードが休みなしの札幌並みのインターバルでのぶっ続け
になったのはアクシデントです(^^;;
たぶんこの辺の、連続パレ慣れてないチームには過酷だったとおもいます
すみません

反省点もいろいろあるのよ  演舞中の横断者とかさ・・

でも、演者と客の心の距離を近づけるためにも(これはこだわりたい)
コーンやバーはなるべく置きたくないというのもあって・・・
とわだについてはまた改めて書く予定です・・が

そろそろみちのくの予想もあるんだよな(^^;;;久々のワニシャン状態だわ





さて・・


水よさのことを殆ど書いてなかったのよね

覚えてる範囲内で自由会場であったことを振り返ってみます

Dsc01137
あ、一応 オープニングのコレは欠かせないのでね
打ち合わせナシぶっつけ本番の夫婦漫才みたいなやつ
すっかり水沢の名物になりつつあるような・・・w

で、その後は 何が起こるかわからない自由広場会場担当として
張り付きです

Dsc01139  Dsc01142Dsc01145

今年もこの会場 口火切ってくれたのは
ミナオ・ドーレくしろ&〒4351岩手なるこ村 のみなさん
シャケサンバだったりいいっしょくしろだったり といった盛り上がる曲を
まだ それほどお客さんいませんでしたが だいぶ派手にやってくれました

まもなくして舞姿道みろくや名古屋のmeetiαが登場

meetiαのみなさんは向こうの方でよく使われているらしい
総通りを3曲披露   午前と午後の二回披露してくれたんですが
3曲目にやってくれたやつがすごくいい曲で印象的

この辺ではまず聞かないようなおしゃれな総踊り曲(^^)

Dsc01146_2

通りがかった縁とか近くにいた桜蓮迦を巻き込んで
ハイスピード総踊りとかやったのがその後ぐらいだったかな(^^;

これがなかなかにヒット企画で よっちょれに関しては
この会場では標準速度ではほとんどやってなかったような気がする

Dsc01158 Dsc01163 Dsc01165

自由会場 午後いちでちょっとしたヤマ場

他イベントで途中抜けの花嵐桜組が帰る前に自由会場に寄り道
これは嬉しいサプライズでしたね~ (^^)
碇ヶ関繋がりで縁のある岸千恵子さんの千恵っ子よされを披露
これはホントこの会場だけでしか見れないヤツ

ステージ踊り終えた飛勇凛もパレード式を公開リハ
練習といえども本気演舞(^^)

そして、室蘭百花繚蘭が今年も駆けつけ一発目を
ウォーミングアップも兼ねて・・・ってもうむちゃくちゃカッコよすぎ

Dsc01168 Dsc01173Dsc01175

羽跳天はこれまたこの辺の地域ではまだまだレアな
カッコイイ総踊り曲 かみかわ華しぶき を見せてくれましたし

Re:birthは2016曲やってくれた(^^)

こういったレア演目見れるのもこの会場ならでは

Dsc01176 Dsc01181 Dsc01183

影飛威Seaはヨッシャ来い! 青森の華もお願いした気がする(^^;

祭姫會は自分とこの持ちネタをハイスピードで
こういう使い方も出来るんですねこの会場(^^;


華fiomKAMIとミナオのコラボがあったり
歌舞輝による いやさかAKITAも(^^)

いしゃりにも本ネタやってもらいました


今思えば この会場って マニエルの無茶ぶりの集大成
みたいなことになってんな(^^;   そこらに居るチームとっつかまえて
なんかやって  だもんな(^^;;

その後も室蘭百花繚蘭 2度目の登場があったり
おきゃんらが来てくれたり と昨年以上ににぎわった自由広場会場

タイムスケジュールが決まってるわけではないので
お客さんが常駐してるわけじゃないのよね


それでも当初、16:30で終了予定だったこの会場も
17:00過ぎぐらいまでは稼働してたでしょうかね

最後の方、蒼天飛龍、ついんくる他の豪華メンバーによる
ストリートオブザソーランなんてのもあったなー


本ネタというよりもちょっとした息抜きで総踊りでエントリー
するチームは多め。  時間に余裕のあるチームが立ち寄る
ワオドリ会場的な役割というのでもいいのかもね 

|

« 御礼 | トップページ | 2018 よさ夢 ① »

コメント

みずさわ、何度足を運んでも「楽しい場所」。

回を重ねて行くイベントでもココまで印象深いイベントはそう簡単に現れない。

演舞の方々、スタッフの方々、出店関係の方たち、そして会場に足を運ぶお客様、地域の方々。

「いい会場・いいイベント」で括るには代えがたい。

今回もいい思い出頂きました、ありがとうございます。

マニspecialの力も凄かった。

来年が今から待ち遠しいです、これからも奥州水沢のお祭り(商人まつり)(Yosakoiインみずさわ)が続けられますよう願います。

投稿: Mrchildren | 2018年9月27日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥州Yosakoi inみずさわ 自由広場:

« 御礼 | トップページ | 2018 よさ夢 ① »