« 青森ねぶた | トップページ | 2018 とわだyosakoi夢まつり参加チーム »

2018年8月 7日 (火)

立佞武多と能代七夕

8/4 8/5 の土日を利用して
再びお祭り巡りへ

んでも今年は去年に比べてぜんぜん行けてないっす

しかしなぁ・・なんでこうも日程被っちゃうかね
身体も資金ももっと欲しいw


Dsc01123Dsc01125Dsc01130

まずは五所川原の立佞武多の館に寄り道
この日から開幕だったんですけど
今年は生では見に行けなさそうなので せめて今年の新作ねぶた
見ておこうかと思って  (一番右のが今年の新作)

今年の運行を最後に解体されるのが一番左
出雲阿国ですね


写真だけだとデカさが伝わらないのが残念なトコロ
これはもう一回見に行ってみてくださいませ

Dsc01139 Dsc01138

つい先日行ったばかりの深浦を通り過ぎ・・千畳敷海岸経由で
秋田へ

能代市役所目指して行ったらすぐにわかった
不夜城の頭がはるか遠くからでも見えたもの(^^)

能代七夕  天空の不夜城

お祭りの名前として「天空の不夜城」ってカッコよすぎるべ
ドラクエならラスボスいるぐらいの感じ

五所川原の立佞武多同様、電線普及とともに姿を消していたものが
近年になって復活したというやつ 
(100年の時空を超えて・・とか言ってたな)

Dsc01140Dsc01143
というわけで、不夜城と初遭遇

時間的には4時頃だったかと思いますが
市役所に停めるならこのぐらいの時間がギリですかね(^^;

他にも開放してる駐車場あるけど遠いのよね

Dsc01148Dsc01149

灯の入った 城郭型大型灯篭登場~
名古屋城がモチーフらしく上に金シャチついてるんですよね

Dsc01154
こっちが先に作られたという(平成25年) 【嘉六】
高さは控えめ 17.6メートル
明治時代の写真から復元された当時の大きさのまんまだそうです

Dsc01155Dsc01159Dsc01163

あまりでかくない中型の灯篭もあります
こっちの方が取り回し聞くので アクティブに動き回って
会場を盛り上げてました

Dsc01167Dsc01169Dsc01172
こちらが平成26年に制作された2基目 【愛季 (ちかすえ)】
24.1メートルだそうですので
相当デカいですね(^^;

こっちは安土城イメージらしい
なんとも色鮮やか

それぞれの段につている絵柄もテーマがあるみたいです

勇壮な囃子とともにでっかい道路をゆっくりと進むさまはなかなか壮観


ねぷたもねぶたも七夕行事が始まりだという説もありますし、
それぞれの地域によっていろんなカタチに進化しながら継承して
いったんだな~とかちょっとした歴史ロマン的な感動もあり

ずっと気になっていたお祭りでしたが
今回ようやく生で見ることが出来ました


ホント、この時期青森で魅力的なお祭りたくさんあるんだけど
県外出てみないと他のお祭りの良さは分かんないからね~

来年はもう一回ぐらいさんさ踊りもリベンジしたいし・・あー悩む

|

« 青森ねぶた | トップページ | 2018 とわだyosakoi夢まつり参加チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立佞武多と能代七夕:

« 青森ねぶた | トップページ | 2018 とわだyosakoi夢まつり参加チーム »