« 前沢YOSAフェス | トップページ | 千歳トーナメント »

2018年7月12日 (木)

18 YOSAKOIソーラン⑦

さ、ひっさびさにソーランレポの連載を再開するよ
ようやくアクセス数も落ち着いたからある程度好き勝手書ける(^^;

といってもまた千歳遠征あるからすぐお休みするけどね

ま、一年かけてボチボチとやります

水曜、木曜 まで終わったので
金曜の雨のファンキーススキノから

あ、ちにみにこの日は お昼は小樽まで足を延ばして観光してました

Dsc08953Dsc08956Dsc08959

雨が想定外に酷かったもんで
水没の危険性ありってことで写真はほとんどとってません(^^;

Dsc08975Dsc08980

写真ナシで行きます  ウチはカメラマンではないのでこの方が楽


渚一世風靡  石川県から参加  なるほど端々に日本海の空気感じます
花札をテーマにしていて 衣装や小道具なんかもキレイだったんですけど
いかんせんこの雨でしたのでなかなかやりにくそう(^^;
人数は少なめでしたけど全体通して構成もしっかりしてたし踊りも上手
かった オープニングアクトという事で第2会場のみの参加でしたが
いきなりめっけもんでした

バサラ瑞浪  どこの大きなお祭りでもおいしい時間に演舞してるので
知らない人はいないあのおかみさんチーム  いや、若い人はまぁ
いいけども おばはんが雨でズブ濡れなの見てると可哀想になってくる(^^;
それでも若い人に負けないぐらい元気に踊ってました
今年で20周年らしいです 曲のアレンジとか微妙に変わってるんですよね
盆踊りチームといわれますが めっちゃキレある盆踊りだから(^^)

東京農業大学YOSAKOIソーランサークル同好会「農天揆」 
衣装の袖に炎の柄をあしらい 激しく燃え盛る炎を表現したようです
MCも演舞も荒ぶってましたねぇ~  曲冒頭からほぼほぼトップギア
で突っ走ります  お家芸の大根踊りもだいぶアレンジ加えたロック調
大根も持ってなかったようです  終盤、衣装全体を赤へと変えて
躍動感あふれる群舞で見せる王道パターン(^^) ベタっちゃベタ
ですけど好きです

遨~すさび~ アイヌ推しの衣装デザイン、今年も素敵ですわ
このまま定着しそうですね(^^)  そして遨~すさび~と言えば
やっぱり鳴子なんですが 今年も気持ちよくパチパチ鳴ってました
雨にも負けない。   一瞬 曲が止んで 無音ダンスならぬ無音鳴子
になる時間が数秒 曲停止トラブルかなと思いきやそういう狙い。
でもこれだけ音が揃うとカッコエエっすな
昨年に比べて少し人数減ったようにも感じましたが 非常に見ごたえある
いい演舞と思います 個人的にはファイナル行った去年のより好きかも。

CHIよREN北天魁  なんかすっかりファイナルでもおなじみのチーム
なってきましたね  ミュージカル系エンタ作品というところではどまつりでも
ウケそうな感じ。   それぞれの(役)衣装に身を包んだ踊り手が賑やかに
練り歩く様子はアミューズメントパークのキャラクターパレードさながら。
難しい事考えずに娯楽として楽しんじゃうと一回勝負の審査では強いよなぁ
千葉に数ある天狗伝説にちなんでのテーマらしいんですが いまいち
何を意味していたのか、伝えたかったのか謎(^^;
最後の蝶ネクタイも未だに謎(^^;  たぶんなんか意味あるんだと思う
あ、ちゃんと歌詞とか聞き取れてなかったというのもあるんですけどね


夢想漣えさし   毎年、夢想の初見は金曜ファンキーになります
ここでの第1印象が良かったときは ファイナルでもいい結果が出てる。
というわけで、今年の夢想も昨年同様 この曲とフリはイケそう! という
直感あり  後は期間中に踊りの精度よりも気持ちがどれだけ乗ってくるか
ですけどどんどん調子あげていったように感じますね
今年は衣装も(特に背面)とにかく評判良かったですし ま、大賞という結果
も十分納得  ただ、個人的に言わせてもらえば今年より 2017のが好き
 

あかん、これ書くのに動画流し見してたら
興奮してきた(笑) 今年のソーラン ホント面白かったからなぁ

土曜には千歳でまたこれらの作品見れるのかと思うと嬉しくてたまらん

ちょっと少な目ですが今日は早めに切り上げて遠征に備えます

|

« 前沢YOSAフェス | トップページ | 千歳トーナメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/66933550

この記事へのトラックバック一覧です: 18 YOSAKOIソーラン⑦:

« 前沢YOSAフェス | トップページ | 千歳トーナメント »