« GW終了 | トップページ | 2018 春フェス① »

2018年5月 7日 (月)

江差甚句まつり

ツイッター
春フェスの写真やらコメントやらであふれてる
完全に出遅れた形(笑)

まぁ いいや ここは自分のペースで行きます

こっちはこっちで楽しかったんで日記に残しておきたいし

GW後半戦
まずは かなりの強行軍となりました 春フェス前日飲み前の
岩手奥州江刺入り

よさ仲間のbellwood氏にはお世話になりましたm(__)m


数チームのYOSAKOIステージと厄年連と呼ばれる創作ダンス
のパフォーマンスがお目当て(^^)

青森出発するころは天気はまぁまぁでしたが
現地に着いたらご覧のような くされヤベー雨

Dsc08061 Dsc08062

メイン会場 運動場みたいなとこなんだけど、ぬかるんで大変
それでも太鼓演奏とか根性でやってた

Dsc08065Dsc08072Dsc08074

市内各所あちこちで30分~40分に一度ぐらいの感覚で
こうして厄年連による踊りが披露されております
この辺のお祭りでもよく見る 角付け のような感じですかね

どこの連が何時にどの辺で踊るかってのは一応事前に
告知はされてるんですけど 土地勘のない人にとっては
これに遭遇するのがなかなか大変
チャリンコとかもっていくとよろしいかと思いますね

出で立ちや踊りの雰囲気はよさこいっぽいですけど
和風の創作ダンス(曲はバリバリ ロック調)
普段ずっとこういう活動してるわけではなく
同級生の集まり なので
同窓会とかの感覚に近いんかな?

去年 水沢でも同様のお祭りを見てきたわけですが
この風習、ほんと面白いなぁと思います

Dsc08080Dsc08096Dsc08101

天気が悪かったこともあって ちびっこ(保育園)のチームが出場見送り
〒4351岩手なるこ村 と 江刺華舞斗 2チームの出演
総踊りを中心に雨&舞台グッチャグチャにも関わらず熱く楽しい演舞を披露

ホームで華舞斗の演舞を見たのは初でしたが
これがむちゃくちゃカッコよかったですね
いつも以上に多めの構成人数だったというのもあるかと思いますが
改めて 華舞斗の実力を認識 ホント いいチームだと思います

Dsc08110Dsc08111Dsc08115

お昼休みを挟んで
再びメイン会場に来た頃には 天気もかなり回復して
陽射しが暑いぐらい 

近隣の前沢や水沢の厄年連が友情出演するのも面白い習わし

それぞれの色の出たいろんな踊りが見れるんで
お客さんには嬉しいですね

はいそこ 荒れた成人式みたいとか言わないw

Dsc08116 Dsc08064

踊りの連の他にもこういった囃子屋台も町内巡行してるんですけど
今回はあまり行き会えなかったな  まぁ・・滞在時間にも限りが
あったものでね(^^




Dsc08145 Dsc08150 Dsc08157

滞在時間中 最後に見れたのが地元江刺の42歳厄年連
奥州方面のYOSAチームではおなじみの顔もチラホラと(^^)
オリジナル曲と江差甚句の両方見れました

25歳連とは違ったやや落ち着きのある踊り(^^)

そして・・楽曲は生演奏というのがお決まりらしいんですが
指揮者いるってのも面白いですね

ここまで見たところで青森へ引き返すために撤退

夜7時から 春フェスのために前日入りしていた
ウォッチャー仲間のみなさん(15名)と勝手に前夜祭

これだけいて 青森在住3人だけ(^^;
他県から続々集結してきたってことですね

みんな好きねぇ

それだけ春フェスに魅力あるってことですね

そんな春フェスの記事は明日以降・・だな(^^;

|

« GW終了 | トップページ | 2018 春フェス① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江差甚句まつり:

« GW終了 | トップページ | 2018 春フェス① »