« 2018YOSAKOIソーラン予想④ | トップページ | 18 YOSAKOIさんさ② »

2018年5月28日 (月)

18 YOSAKOIさんさ①

昨日は盛岡で行われたYOSAKOIさんさを見てきました

東北のYOSAKOIシーズンもいよいよ本番といったところ

ソーラン本祭前でまだ予想が残ってたり
やることいっぱいあったりしますが(^^;
とりあえずいつも通り サクサクっと報告して
札幌モードに移行します

予想の方はちょっち待って(^^;

Dsc08479Dsc08486 Dsc08490

まずはオープニングの旗の共演から

何がいいって天気が良かった(^^)
風もそんなに強くなかったですし
旗士さんたちも振ってて気持ちよかったのではないでしょうか

ちびっこ旗士 大人気


1チーム目、ほぼオープニングセレモニーの一環のように
毎年この会場のトップに出てくるのが 
「WITH」 一般飛び入り参加可能の総踊りチーム
曲も毎回 南中ソーラン だと記憶

一般参加率も高め・・

とはいっても衣装じゃない某チーム関係者だったりするけど(^^;
エントリーしてないチームがけっこう見物に来てるのも
盛岡YOSAKOIさんさの特徴かも?

YOSAKOIさんさ この時期開催ということで
ソーランに参加するチームの最終調整的な意味合いもあり
オイラ的にも余計に気にして見ちゃうよねー

 

Dsc08493 Dsc08499 Dsc08505

祭りや 実はこのチーム、今回ソーラン出場するってことで
東北ウォッチャ界隈でちょっとだけ話題 人数たくさんいるわけでもなく
大きな仕掛けがあるわけでもないですが ずーっとスタイル変わること
なく地道に活動続けてたチームという印象  くくりとしてはファミリー
チームということになると思います 実直で丁寧な踊りが売りかな

ヤートセ秋田酔楽天 今シーズン初めての拝見
元々男子の割合は少ないですが 今回は女の子だけでというちょっと
レアな編成でもありました  勇壮で男っぽいフリを女の子がやっちゃうと
というギャップ萌え的なお楽しみもあるかと思います
何気なくやってるように見えますがフォーメーション変化がキレイでした

大東Yosakoi恋来い連「菅原組」 ここしばらく 自らのチームでプロデュース
したという岩手の総踊り普及に力を入れていたため、オリジナルを
拝見したのはすんげー久々な気がする  ちびっこや年配の方も有する
ザ・ファミリーチームなので無理なくユルめでゆったりした感じの曲。
それを考えると総踊りはかなり激し目に頑張ってた方ですね(^^;
個人的にはノリノリの組長さんを見るのが楽しみだったりします

   
Dsc08517 Dsc08523 Dsc08545


女子供のチーム・・というイメージのあった桜蓮迦ですが
メンズ4人編成での見せ場がなかなか新鮮。 若干の照れ
も見えましたが(^^;  今後に期待
さんさの場面での太鼓演奏も◎  郷土芸能とYOSAの融合
雰囲気よく出てたと思います
雫石のYOSAKOIは今年も8/11開催で確定の模様

Yosakoiチーム鴒はこの日は歌い手さんがいらっしゃって生唄での演舞
わんこそばを軸に盛岡名物を盛り込んだ地域PR系YOSAKOI
地域PR系YOSAはよく見るけど 食べ物 って実は珍しい
わんこそばの掛け声や一連の動作が妙にYOSAとの相性がよい
もっとコミカルでほのぼのとしててもいいハズなのになんかカッコよく
YOSAっぽく仕上がってるというミスマッチが面白い


秋田県大仙市の桜秀心舞。 パッと見のイメージはやや地味ですが
細かいとこまで気使ってきれいに見えるように心がけてるのが窺えます
ただ、ヒャダイン楽曲か!?って思えるほど曲調がコロッコロ変わるので
全体的に慌ただしい分バタバタとまとまってないように見えちゃうのが
少しもったいないかもね  終盤は特に一気にテンポ早くなるんで
バタバタと大変そう 

Dsc08558 Dsc08563 Dsc08576

遊夢舞 じっくり見たのすげー久々な気がする 前はもっと人数いたような…
音源に入ってる口上さんの声がカッコええ  曲も重厚感あってカッコイイ
んですが 踊りが軽く流れちゃってるように見えるのはもったいない
ちょっとした工夫でかなり見栄え変わってくると思うんですけどね
とりあえず声はもっと大きく出せそう

去年あたりぐらいから少しずつYOSAKOIに向かう姿勢が変わりつつ
ある盛岡大学もうかの星  昨年作ったオリジナル曲2年目らしい
イベント等で他の学生チームさんから刺激受けたりして少しずつ
意識変わってきてるんでしょう   はまらいんやパートがどうしても
間が抜けちゃう感じになるのはしょうがないところだと思いますが
よく頑張りました  なるべくいろんなチーム見て振り制作の参考
にするのをお勧めします

AOMORI花嵐桜組  前半はこれまでの花嵐とはちょっと違う色を、
後半はザ・花嵐ワールドという流れ  もちろんテーマである碇ヶ関
の関所をある程度知っていれば より楽しめると思いますが
札幌では果たしてどうかな?  2週間前にアリーナで見た時とは別物
ぐらい良化してましたね(^^)  湯けむりスローパート明けのはっちゃけ
ゾーンが楽しい もっともっとはじけてお客さん巻き込めたら面白いね


とりあえず今日のところはこの辺で
まぁずいぶん遅くなったけどね(^^;;


|

« 2018YOSAKOIソーラン予想④ | トップページ | 18 YOSAKOIさんさ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18 YOSAKOIさんさ①:

« 2018YOSAKOIソーラン予想④ | トップページ | 18 YOSAKOIさんさ② »