« 続アーカイブス | トップページ | 3月に入ると »

2018年3月 5日 (月)

続々アーカイブス

せっかくなので もう少しライブラリをいじってみます

1520252457120.jpg

これがオイラが保持してる中で
一番古い 青森県内のイベントのパンフ

第2回 はちのへYOSAKOI を見に行った時にゲットしたやつ

2001年の5月13日

この頃は5月の2週?に開催してたんですね
会場もピアドゥの他にラピアや三日町、十三日町などにも
あったみたい 

当時の参加チーム  書き出してみましょう

五戸奥州ソーラン愛好会
THE‼駆波゛乱
下長よさこい踊ろう会
縄文YOSAKOI探遊会
縄文乱舞荒吐会
トートーチーム
中野っ子ソーラン
西茜会
岩手水沢幻夢伝
王将太鼓
金浜かもめよさこい組
上組本気会
上郷よさこい踊り組
クラブACORN
階上蒼組
八戸・三沢ユニークバレエ
はちのへYOSAKOI絲の会
みちのくYOSAKOI大漁連
八千草会
ヤートセ秋田酔楽天
リズムなるこ会
六ケ所鳴子会


今もなお継続して活動している、名前を変えて存続してるチームも
ありますが、すっかり消えてしまったチームもあります(^^;
ここから派生したり興ったチームもありますが


東北でYOSAKOIの灯がポツポツと点きはじめたのが
平成10年前後でしょうかね

大漁連やTHE‼駆の結成が平成10年となってますので(みちよさ第1回?)

チーム母体はさまざまながら  H11年 H12年あたりから続々と
県内にもチームが出来ていったようです
小学校の運動会なんかで踊られるようになったのもこの頃かな?

そんな中 ひときわ古いのが結成 平成8年 という 「西茜会」
今は年に一度 十和田の秋祭りでのみ見れる県内最古参?のチームです
20周年ってソーランでも数えるほどですよ

この頃にできたチームで今も続いてるところは、この移り変わりの
激しい業界ではもう老舗と言えるかと思います

酔楽天や幻夢伝なんかはこの当時から他県への遠征もやってたんですねぇ
歴史あるなぁ

今となってはどちらもその名前を聞くことはありませんが
縄文を冠したチームが2つ  (キャラはかぶってた気がする^^;) 
青森が縄文遺跡で沸いてた時代の産物ですね

今になって思い返すと 探遊会の作品ってかなり振り切ってて
面白かったです よ 飛び道具っちゃ飛び道具なんだけど
パッと見のウケはいいと思います 今もう一回見てみたい

あと、この中では 階上蒼組っていうチームが
なかなかいい作品やってたんですよね~
当時はまだチームのオリジナル曲持ってるところも少なかった
中で 地元の民話を題材にして衣装にも凝った本格的な
作品志向のチームだったと記憶   南部鼓響っていう
名前で活動してた頃もあった? 


当時のマニエルさん
ウォッチャー駆け出し 修業時代っすね(^^;
ハロヲタと両立してた頃  ここから5年ぐらいいろいろYOSAKOI
見ながら ブログ立ち上げて 初めてYOSAKOIのこと書いたのが
2006年なのでね   あの頃 はまだ・・青年でした

|

« 続アーカイブス | トップページ | 3月に入ると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々アーカイブス:

« 続アーカイブス | トップページ | 3月に入ると »