« 肉焼き | トップページ | FF13 »

2018年2月18日 (日)

えんぶり

昨日は八戸から戻ったあと
仲間の家で焼き肉&鍋パー

ひさびさにがっつり飲んだため
今日の午前中はぐったりしていたマニエルです。


つーわけで 昨日は八戸えんぶり見てきました

県南に春を呼ぶといわれている行事
国指定重要無形民俗文化財でございます

と、いっても実際に見に行ったのは
数年前が初だったんですけどね

なんかその時よりもお客さんずいぶん増えてきたような気がします

Dsc07721Dsc07724Dsc07725

メイン通りでの「一斉摺り」に向けて
続々と えんぶり組入場

全えんぶり組が一斉に摺りを披露するという初日のみのイベント

どうやら通の方に聞くところ
これの前の神社での奉納とか 市街地で披露する前の
おまつり広場での摺りのが見ごたえあるようですよ

Dsc07729Dsc07741Dsc07738

俗にいうところの「えんぶり」としてイメージするような太夫の摺りの他にも
子供たちが恵比須さんや大黒さんに扮して踊る祝い踊りなんかもありまして
演目構成は組によってさまざま   それぞれの特色がありますので
1時間ほどの間にいろんなところ見てまわらなきゃいけないのは
なかなか大変っすね

YOSAKOIでこれやられたらたまったもんじゃないなww

Dsc07743Dsc07752

漫才とか手品のような演目をやる組もあると
アナウンスは言ってました

Dsc07753 Dsc07763Dsc07765

というわけで、お目当ての組がある人は
この配置図見て陣取って張り付くわけですね
まぁ特定の組に張り付きは親御さんとかご家族のようです


市街地での一斉お披露目が終わったあとは
各組はそれぞれの地区に角付けに出るのですが

市役所前で御前えんぶりがあるというのでオイラも移動

「朳」木へんに八と書いて「えぶり」
農具の名前なのですが これから「えんぶり」と言われるとか
※諸説あり

Dsc07776Dsc07779Dsc07784

御前えんぶり ってのはその昔 殿様の前で披露したという由来から
現在は八戸市役所前で披露される特別なえんぶり

各組持ち回りらしいですが数年に一度回ってくる大役とのこと

Dsc07797Dsc07803Dsc07808

今年の当番が妻神えんぶり組

大所帯の組で 演目もたくさんあって面白かったですねー
約一時間弱 あっという間でした

一応お祭りということですのでね
屋台なんかも出てがっつり商売してます
冬のお祭りといえば 鍋だとかスープだとか豚まんだとか
定番ですね(^^)  

八戸といえば せんべい汁 ということでいただいてきました
温まりますね~(^^)

寒い中で食べるせんべい汁
シチュエーション的に観光客にも喜ばれそうです

Dsc07810
帰り際、角付けしてるえんぶり組に遭遇
こうやって 回って歩くんですね


この後、野辺地に戻ってきて深夜の肉焼き&鍋パーティへ
おめでたい重大発表なんかもありつつ ついつい飲みすぎた
マニエルさんなのでした

|

« 肉焼き | トップページ | FF13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/66404288

この記事へのトラックバック一覧です: えんぶり:

« 肉焼き | トップページ | FF13 »