« 帰ってきてました | トップページ | ショック »

2017年11月 6日 (月)

平岸天神公演

Img6

というわけで、3連休を利用して行ってきました(^^)

5年ごとに開催ですが実際に見に行ったのは今回が初


平岸天神太鼓保存会の30周年と
平岸天神ソーラン踊り保存会25周年の記念公演ですが、
YOSAファンブログですのでやや踊りメインの報告っす

ゲストチームというのはなくて、2時間オール平岸天神という
地元の支援者やファンにはたまらない構成ですね


ジュニアもマスターズもいるので割と演目は豊富(^^)
歌い手さんのコーナーもあるしね


常連さんに聞くところによると
その年の演舞をオープニングで踊ってるということでしたが
今回は 太鼓と天神の踊り子さんがコラボして 平岸天神バンド!

これがもうかなりカッコ良かった
踊りだけじゃなく楽器できるメンバーもいるんですね
みんな芸達者ですこわ   バンドで聞く天神楽曲・・アリですね 

天神太鼓の「ど根性」・・は
あれ ドラムタオで似たようなのやってたけど
腹筋トレーニングしながら太鼓叩くようなヤツ・・かなりハードだと思う(^^;


久々に見た平岸天神2013「溢れる力」って当時 結果としては
準大賞だったけど 今 こうやって改めて見ると ぜんぜん大賞でも
いいぐらいの名作じゃん とか思ったりしてる
本隊一発目の演目として申し分なしでしたね(^^)


天神ジュニアにも早速出番ありましたが
みんな一生懸命   将来が楽しみですね~
まだまだ初々しさの残る子もいれば
もう今すぐにでも本隊即戦力になりそうなぐらいのコも
さすが平岸天神  層が厚いですねぇ


太鼓保存会もジュニア世代が育っているようで
こちらの若駒会も大人顔負けのカッコイイ叩きっぷり

平岸天神  歌い手さん 小寺先生や榎林さんの歌(江差追分 前唄)
からの流れで   こういうおめでたい席での祝い唄という事で

天神の男子隊による  餅つき囃子
民謡の発表会とかだと餅撒いたりするんですよね(^^)

「弥栄を願って」でのあの耳に残る曲は 郷土芸能
江差?の餅つき囃子が元になっていたようです
ソーラン祭りの25周年の時の作品ですが こうして続けざまに見ると
やはり歴代の作品の中でもだいぶ毛色が違うなと感じましたが
こういうのってあとあとまでものすごく記憶に残るんですよね

2014作品 天真爛漫はジュニア達が披露
これも今改めて見るとかなり攻めてるなぁ・・・
偉大なるマンネリとかよく言われますけど、実はカラーを
大事にしつついろんなことにチャレンジしてるんだよね

連舞Ⅱ では、かつて倉本聰氏のドラマの中で平岸天神として
踊った西田ひかるさんからのコメントからの過去曲のオイシイトコ
どりの贅沢なメドレー   オーラスに2015「掴む」
波とか超すげーの。  過去最強演目ではないかと個人的には思ってます

平岸天神外伝「衆」ではいつもの和装ではない、まさに
外伝の天神も見れましたし (ビジュアル的に斬新っすね)
その後のジュニアの「スパーク」も新しい魅力を感じさせる
作品   引き出しまだまだ底知れませんな(^^)

こういう・・外伝的なヤツもっと見たいっすね
(他のチームも)

本隊のトリは今年の 大賞受賞作品 「先駆ける!力強く」
直球ど真ん中の 天神が仕掛けるハマものソーランの王道
テッパンのカッコ良さだと思います

フィナーレは全出演者(太鼓もジュニアもマスターズも全員参加)での
新曲 平岸天神総踊り     主演者・・200人以上だったとか
『平岸天神Go!Go!Funky 』 いやぁ これは盛り上がりますねぇ
すすきのファンキー会場とかで最後にやってほしいぐらい(^^)


おなか一杯の約2時間
素晴らしい内容でした


そりゃ 道内だけじゃなく日本全国からYOSAKOIファン、
チーム関係者も集まるわな(^^)
昼の部夜の部ともに完売  満員御礼です 

あらためて・・ 
この度はおめでとうございました




で、この後の飲み会が凄かった
天神さん本人たちが不在の中での25周年祝賀会
これからのYOSAKOI界を担う方々大集結って感じでね
メンツも中身も濃すぎです(笑)  
ウォッチャーとしてもいい刺激受けました


YOSAKOIを通しての繋がりに感謝です






 

|

« 帰ってきてました | トップページ | ショック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平岸天神公演:

« 帰ってきてました | トップページ | ショック »