« 2017 みちYOSA④ | トップページ | イベント »

2017年10月20日 (金)

2017 みちYOSA⑤

なんか・・・部屋の中が
クセンコ(カメムシ)の臭いする・・・・。

どこだ? どこにいる?  アイツとの対決の時期です

はい、本日もみちYOSA編  5ブロック目ですね
前日に4ブロックの後、市民広場会場の最前列にも
行きましたけど あれはあれで良いねぇ(^^)

かつてのBさんのように座椅子持ち込みでワッキー氏に
いじられてみたい気もする

ただ、あそこ行くと休む暇ががないのよな
審査会場のブロックの間のほど良い休憩時間がホントにありがたい

Dsc06577Dsc06583

5ブロックトップバッターは聖和学園短期大学 和敬でした
ハイレベルなブロックでの1発目は緊張感も倍増ですね(^^;
和敬なー 宮城の学生チームの中でも高み目指して頑張ってる方
なので注目はしてるんですけどね。  テーマが「百花繚乱」という
ことでしたので一人一人がお花のになって満開の笑顔を咲かせます
といったところでしょうか  前半、小旗を使った踊りにも挑戦してます
掴みのシーンなんかはまずまずOK
女の子チームなので、まぁ ふんわりした感じでも良いかとは思いますが
全体的に振りがちょっと軽すぎるのかなという印象
手数も多いので踊りが流れちゃってるように感じる部分も
多少手数減らしてもトメとキメ をもう少し見せる部分があっても良いのかな
鳴子鳴らしながら踊るところは良いですね  ちゃんと綺麗に鳴らしてた(^^)


去年までは遨~すさび~と共にみちYOSA出場していた
千歳科学技術大学YOSAKOIソーラン部「光一天」 まぁ 昨年もほぼほぼ
中身は学生さんが主だったようですが。 一応初登場ではなく9回目の出場
という扱い  ソーランチームながら鳴子にもこだわった作品で、審査基
準的にはかなりみちYOSAには向いてるんじゃないかと思います 
札幌本祭時に比べるとやはり人数的に少なめでしょうか  それでも作品の
完成度は高いですし かなり気合の入った演舞で声も良く出ていたと思います
巫女さん風衣装の女子が前に出て来るスローパートと男の傘隊の躍動感
あふれる踊りが印象的  パッと明るい光が射してくるようなクライマックスの
場面も素晴らしいですね    ピタッと踊りを止めて 歌う場面なんかも実に
かっこいい  こういうところを伸び悩んでる宮城のチームさんは参考に
するのもよろしかろうと思います

Dsc06585 Dsc06588 Dsc06589

今回のみちYOSA・・ 基本的には審査会場張り付きスタイルでしたが
今年見たチームの中での大化け大賞チームのうちのひとつが
福島学生”源種”~seed~  あ、もう一個はいわずもがなの羽跳天(^^;
源種、これまでも伸び悩んでいたというでもなく、むしろ東北学生チーム
のなかでもトップクラスの有力チームでしたが  さらに洗練されてカッコよく
化けました  エイサー太鼓なんかも担いだりしてね
カッコ良すぎて室蘭百花みたい(^^;;  曲もかなり力強くて好き   
そして5本旗・・・復活しましたね(^^)  バカ面パートの後に勢いよく女子が
飛び出してくる場面とかかなり好きです 衣装や小道具なんかもセンス感じる
ただ、この作品 お披露目がみちYOSAのYOSAわずか数週前だったんで
もう少し踊り込みなり実戦経験が欲しかったというのがホンネのところでしょうか
ほら・・だから そこはよさ夢に・・w
あとは、いろいろやりたいこと多すぎて 渋滞しちゃってたのかなという声も
あったり たしかに見せ場ありすぎてとっ散らかってると思う人もいるかもですね
そうはいってもこれだけの構成良くまとめたなと感心
東北の学生YOSAKOI熱いっすね(^^)

連続しての大所帯チームの後だっただけに 月詠 としては少々やりにく
かったでしょうかね(^^;  その分 踊り子ひとりひとりの踊りや表情
で勝負。  いつの頃からか 七ヶ浜の天使というキャッチフレーズが
ついてしまうほど魅力ある子たちがそろってます(^^)
カメラマン人気の高いフォトジェニックなチームですね
スタイル的 にはやや高知寄りなのかなと思いますが 堂々とした
踊りっぷりは各地のYOSAKOIイベントに積極的に参加して
得てきた自信とステージ度胸によるものでしょう

昨年は セミファイナル進出 若柳よさこい桜。 チームが活動するにあたって
こういうご褒美はモチベーションに繋がりますよね きっと
制作陣が同じだから 飛勇凛の曲っぽく聞こえてしまうのはマニアならではw
昨年と同じ曲ですので その分ブラッシュアップされてパワーアップ
してるはずですが ブロックの組み合わせ次第では思うようにいかないって
ことですね(^^;  毎度思うけどこのチームは年齢層の幅を感じさせないような
一体感のある演舞作るのが上手いっすね  もちろんフロントメンバーが
引っ張ってるのは確かなのですが後方部隊もちゃんと適材適所で活躍
してますからね   言ってしまえばおばちゃんチームなのですけど
これだけ見せられる作品演れるのって凄いことです

Dsc06596 Dsc06602

このブロック、このメンツにして ブロック1位通過というミラクルを
起こした 紅翔連  前日の焔舞陣同様 だいぶ胸が熱くなった瞬間(^^)
今回の曲、トップギアから入ってお客さんガッツリ掴む強さがありますからね
お神輿の上でちびっ子が踊ってたのもポイントになったかと思いますが
やっぱり学生とは違う  大人たちの、粋でいなせなお祭り感 と
若いやつらにもにも負けないぞっていうがむしゃら感が心を打ったのでは
ないでしょうか(^^) お客さんを巻き込んでたかどうか・・っていう点では
光一天や源種よりも上だった気はします  旗隊もいい仕事してましたし
口上も踊り子さん鼓舞しつつお客さん煽ってましたね
ウチが見た紅翔連の「祭り」の中でも最高の出来   ただ、この後の
ファイナルでの演舞はさらに神がかってたけどね(^^)


愛知県から参加の ひなた  何気にどまつり系チームここにもいます
去年はもうちょっと硬派なYOSAKOIやってたように記憶してますが
今年のテーマは何と地元の女子マラソン大会  w(゚o゚)w
いやーもうどまつりチームならではの発想ですね
マラソン大会をテーマにYOSAKOI演舞作れって言われてもたぶん
東北のチームはそういうぶっ飛んだこと無理だと思う(^^;
これがまたちゃんとストーリーがあって分かりやすくハッピーエンドに
持っていくんだわ  それこそどまつり系チームらしい運動量の多い
アスリート系(マラソンだけに)のダイナミックな踊りの中でね
この人数でこれだけ見せられたら十分でしょう 
ただ・・・若干 時間オーバーだったでしょうかね(^^;;

|

« 2017 みちYOSA④ | トップページ | イベント »

コメント

>若柳よさこい桜広報担当さん、

コメントありがとうございます
いつも好き勝手に書いちゃってすみません(^^;
今後も若柳よさこい桜らしい作品 楽しみにしてます
ので頑張ってください

投稿: マニエル | 2017年10月22日 (日) 21時28分

いつもお世話になっております。若柳よさこい桜の広報担当の相田と申します。
この度は、みちよさの演舞をご覧いただき、本当にありがとうございました。いつも皆様方のコメントに一喜一憂し、私たちも日々練習に励んで参りました。これからも自分たちの味が出せるよう、皆様方に感動を与えられるよう頑張って参りますので、応援よろしくお願いいたします!
急なコメント失礼いたしましたm(__)m

投稿: 若柳よさこい桜広報担当 | 2017年10月21日 (土) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65941134

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 みちYOSA⑤:

« 2017 みちYOSA④ | トップページ | イベント »