« 2017 みちYOSA⑥ | トップページ | 2017 みちYOSA⑧ »

2017年10月25日 (水)

2017 みちYOSA⑦

やっぱりー 台風の中無理したのが響いたらしく
昨日は 体調おもわしくなかったので ブログサボってさっさと休んだ
ちゃんと寝たら復活 休養大事です

と、いうわけで、一日遅れの みちYOSAレビュー
7ブロック編   狙ったわけではないけど
まぁ この会場に張り付きだったから自然とそうなるわなぁ

Dsc06640Dsc06643

体ひとつでどこまで表現できるかを追求するヤートセ秋田酔楽天
踊りの精度と振りのカッコ良さは東北でもかなり上位だと思いますが
いかんせんいぶし銀ですので、一見さん相手となるとなかなか
難しいのかもしれません。  テーマとなっている民話に沿って
演舞が展開していくのですが 楽曲に歌詞が入っていませんので
振りと口上をヒントに、見る人がどう解釈するかというところ
チームの公式フェイスブックにストーリーが紹介されていますので
予習してから見るとまた違った面白さがあるのですが

    
ご当地で見たことはないですが みちYOSAでは毎年拝見している
東山道 三蔵 以前に比べてすこし人数的にもこじんまりしちゃったかな
ここ数年若干迷走したていたようにも感じましたが 今年の作品は
面白い仕上がり  弓の名手 那須与一をテーマに 屋島の戦いの名場面
を踊りで表現  見事命中してハッピーエンド的な、ちょっとミュージカルっぽい
展開もありました(^^)  弓を持った与一役の踊り子さんが弓を射るシーン
もうすこし全体的に踊りのトーンを落として緊張感出せれば 後半への
フリがもっと効果的だったかと思います

Dsc06645Dsc06647Dsc06657

今年の大賞に輝いた AOMORI花嵐桜組 の「津軽 鬼伝説」
ウォッチャーやYOSA関係者からは高評価だったものの
ソーランで思うような結果が出ずに悔しい思いをしておりましたが
やはりみちのくでは強さを見せました(^^)  個人的にこの曲の
好きなトコはこれまでもちょこちょこ書いてきましたが 要所要所での
見せ場の作り方とかホント上手いと思います  新しいことに挑戦した
上でちゃんと印象に残りますもんね   聞こえてくる声ではサイギサイギで
のあのジグザグ隊列がいままでありそうでなかったので新鮮に感じた人が
多かったみたいね   またあの隊列が綺麗なんだわ。
なかなか新しい引き出しこじ開けるのは大変だと思いますが
こういう攻めの姿勢は大事だと思います(^^)  来年のテーマに向けて
動き始める頃でしょうかね また面白い作品に期待。

札幌からの初登場遠征チーム  MAO チーム紹介には社会人もいると
書いてましたがたぶん学生OBOGでしょう ハードロックテイストの曲は
かつてのみちよさの名物チームEdenを思い出しますね
テーマは石川五右衛門とのことでしたが 彼の豪快かつアウトローな
生き様を演舞に表現したといったところでしょうか 前半はいろいろと展開
あって面白いなと思ったんですけど、後半普通のユニゾン踊りになって
しまい、これといったオチ?もないまま終わってしまったように感じました

今年もかなりの大人数での参加 RHKまごころ。 このブロック内一番の
大所帯 数の力で押し切れそうな感もあったんですが上が強かったか
曲もかなりテンポ早かったんでそれなりに迫力はあったんですが振りは
総踊り等でもよく見るようなオーソドックスな感じのが多かったかな
途中で山形の花笠おどりも出て来たりするんですが 今年実際に現地で
すごいチームのヤツを見てきたのでちょっと物足りなくも感じたり(^^;
目が肥えるってこういう事?

Dsc06664 Dsc06666
今ではだいぶ少なくなった 王道浜モノ系YOSAKOIの 神風宮古流星海
あの流星海の流れを汲んでるわけですが、やはりこの写真のような
低い姿勢ってのは特筆  こういう重みのある動きと、大漁に湧く浜の活気
をイメージさせるような躍動感ある動きとのギャップもまた見どころ
衣装なんかもまぁ渋いので見る人が見れば少し地味に感じるのかなぁ
今回の曲、若干前半が弱いかなという印象はあります(^^;
のぼり旗がゆっくりあがるスローパートんとこはけっこう気に入ってます
イクラちゃんがヨーイトコラサのとこで鳴子プリンとスナップさせんのが
すげーメンコかった(^^)  このチームその他のちびっ子たちもカッコイイ
踊りしてるんで見てあげてほしいっす   

常陸國大子連は北関東ではトップクラスの有力チームですよね
みちのくYOSAKOIで見れるの実は毎年楽しみしてるのです(^^)
今年の作品も見応えありますね  とりあえずオープニングの
ゆっくりあがっていく旗と共に三角形の隊列が広がってくシーンに
完全掴まれてしまった(^^) 尺の使い方としてはかなり贅沢ですけど
大事ですもんね掴み。  前半、手数は多くないけどしっかり気持ちの
入った踊りは伝わって来るものがあります 後半、衣装も鮮やかになり
テンポアップで旗や傘なども出て来てさらに華やかに・・
んー曲の盛り上がりと演舞構成がピタッとハマったいい作品と思います


ここもひととおり見終わった後 予想もしてみましたが
結果と同じ・・。  まぁ このところのみちYOSA なんだかんだで
エンタメ性も必要になってるみたいですので妥当なところでしょう
酔楽天や流星海みたいなスタイルもいいと思うんですけどね

|

« 2017 みちYOSA⑥ | トップページ | 2017 みちYOSA⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017 みちYOSA⑦:

« 2017 みちYOSA⑥ | トップページ | 2017 みちYOSA⑧ »