« 奥州Yosakoi in みずさわ 参加チーム | トップページ | 灼熱モード »

2017年9月 7日 (木)

17 どまつり④

今週末は 十和田の秋祭りですねー

乙供の日の本中央たいまつ祭りもあるし
RABまつりもあるし 航空祭もあるし・・

イベントありすぎて困っちゃう


そういうわけで週末はまた忙しくなりそう



Dsc04562Dsc04563Dsc04568

夢道源人
テーマが「雛祭」  ということで、踊り子さん全員 雛人形に扮して
ファンタジックなダンシング雛祭パーティー開催   お人形さんが
踊るのですから和製イッツアスモールワールド的な?
それぞれの役どころによっての部隊分けはありましたが 
あまりお芝居チックにはならず、ちゃんとYOSAKOIとしての群舞
もきちんと見せます  箏や鼓の音色が入った雰囲気のある楽曲とも
相まってとっても煌びやかで雅やかなエンタメ作品でした

らんラン東海
どまつりの中で一番有名な高知系チーム・・と勝手に認識してます
衣装や小道具の雰囲気から 大正浪漫ちっくなはいからさん が通る
の世界をを感じますね  そこそこおばちゃん方もいらしゃるようですが
全体を通してとってもかわいらしい振り付けで構成されてます
こういった系統のチームにもちゃんとスポットが当たるのが
どまつりのいいとこだよなぁ・・

CHIよREN北天魁
千葉YOSAKOIの先駆者  北天魁 千葉県外の大きなイベントに積極的に
参加してそれなりにちゃんと成績を残してるあたりに安定感感じます
振袖火事が題材となっているこの作品。 わかりやすくお芝居仕立てに
なっていてストーリーも追いやすいんで 初めて見た時からどまつり向き
だなと感じてました  ソーランあたりでは少し浮いてるかなというぐらい
ですがどまつりだったらまだまだだいぶお行儀良い方かもね(笑)

Dsc04570 Dsc04576 Dsc04582

DDMカンパニー
これまでにどまつりで好成績を残してる実力派ダンスチーム
かなりいい踊りするチームなんですが 今年はエントリーしてません
ですが・・前夜祭のこの時間帯に登場 テレビの企画で
元SMAPの香取君ザキヤマが他の芸能人と一緒に個のチームに
混ざって出ちゃうっていう企画
(MAX、SKE、コウメ大夫、遼河はるひ さんらも参加 )
立ち位置としては、この前に出てきた台湾やサイパンのチーム同様
のゲストチーム的なところ  普通にいい作品でした
香取君とザキヤマががっつり悪目立ちしてましたが(^^;;
他のメンバーは少ない練習時間ながらちゃんと上手くこなしてたと思う

常笑
ここからは昨年のファイナリストたちが続々登場
テーマは「桜」  これまで何度も何度YOSAKOIのテーマとして
扱われてきたネタ  もうこれ以上やりようがないんじゃないかとも思いますが
ここにきて「桜」テーマの名作が出たね   人数はこの時間帯の大所帯チーム
に比べるとや若干寂しいのかなと思ったりもしますが  とにかく踊りの精度が
高い。 傘のタイミングとかもバッチリだし 背景装飾もうるさすぎないし
なにより さくらガールズの可愛らしさにキュンキュン来るね
YOSAKOIとして見ても正統派でとっても綺麗な作品に仕上がってるので
たぶんこのままソーランとか持って行っても十分通用すると思う

夜宵
こちらのチームもと~~っても美しく世界観を表現してます
何が凄いってこれだけの人数がいての揃いっぷりがもうハンパない
力強さだけじゃなく、ふんわりと柔らかなエアリーな身のこなし・・
緩急のつけ方なんだろうな・・惚れ惚れします  青系衣装での
波表現なんかも素晴らしかったと思います
背景装飾等々含めての総合芸術。 ラストシーンで広がる星空とかもう
どんだけ素敵なのよっていう 
女子受け良さそーインスタ映えしそー(やったことねーけど)
再びみちよさで生で見れるのがスゲー楽しみなのだが・・ このテーマは
仙台人にもウケはいいのではないかと

てか、仙台で本物の七夕飾りとコラボ・・・とかやってくれたら
みちよさの株も少し上がると思う

Dsc04589 Dsc04590 Dsc04594

中京大学晴地舞
やりつくされた感のある「桜」を扱ったテーマですが ここにさらに秋の
紅葉を結びつけてしまうというやや強引な?オリジナルのストーリー。
・・とはいえ その結末までの持って行き方が巧妙ですね
何気に青葉の夏のシーンとかカッコ良かったですし いいフリになってる
ラストシーンで改めてそういうことか!とお話がつながるのは
気持ちいですね   衣装の鮮やかさはもちろんですが
背景幕を使うことで3~4割ぐらいは評価UPさせてます
どまつりらしい 華やかな作品だと思います

鳴海商工会猩々
こちらも名物のチームですね(^^)  この猩々さん・・(昔はここまで
デカくはなかったですが) 見ないとどまつり見に来た気がしない。
今年は猩々の手が登場  ウネウネと動きます
オイラ的にはムッシュかまやつ氏に見えて仕方なかったりするんです
がとにかくこれのインパクトが強烈過ぎて 個人個人の踊りの方が
あまり目に入ってこないっていう(^^;; 
それでも審査基準的にはちゃんと要点抑えてるから強いんだよな

「甲斐◇風林火山」
信玄やその配下の武将たちをテーマにしていることが多かったですが
今年は同じ山梨PRでも少し視点を変えまして 富士の火祭り
という地元のお祭りを持ってきました  そう、山梨は武田騎馬隊だけ
じゃなく富士山もあるのですよ  同じことをやってるばかりではなく
こういった変化も必要という事ですね
ですので・・こういうご当地ネタがたくさんあるのは強みですし武器ですね
女子大多数のチームですが踊りの力強さには定評ありますし
昔から見せ方も上手です  今年のマル秘ネタは一瞬で出現する太鼓(^^)
ポンって飛び出す仕掛け    踊る三味線隊・・というのはvaiaを思い出すネ 

|

« 奥州Yosakoi in みずさわ 参加チーム | トップページ | 灼熱モード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65762957

この記事へのトラックバック一覧です: 17 どまつり④:

« 奥州Yosakoi in みずさわ 参加チーム | トップページ | 灼熱モード »