« 遠征準備 | トップページ | ゲットしました »

2017年8月23日 (水)

プレイバック夏休み⑦

暑さが戻ってきた感じ(^^)

ただでさえ青森は夏短いのですよ
8月中の長雨でだいぶ損した気分なので
なんとかよさ夢の頃まで暖かい日が続いてほしい


さて、8月上旬の祭り巡りのお話

ようやく県外へ


8/4 秋田竿灯まつり

ここ最近出てきた 能代の「天空の不夜城」と「竿燈」
どっちにするかだいぶ迷ったのですが やはりここは
この歳になるまで一度も現地で見たことのない竿燈祭りへ
行っとくべ と

かつては春フェスにも来てますし六魂祭的なお祭りコラボ
なんかでも一応生では見てるんですけど こういうのは
やっぱ実際にそのお祭り期間中に見てみないとね

と、いうわけで東北巡り初日は秋田
なんかここ数年ですごく行く回数が増えてる気がします
で、そのたびに距離の感覚がマヒしつつあるという(^^;

Dsc03568 Dsc03571 Dsc03570

お祭り見るだけなら、もう少し遅い時間の入りでも良いのですが
せっかくなら祭りに賑わう町の様子も楽しみたいので
始まるまでプラプラと市内を散策

長年の祭り見物で分かってきましたが だいたい開始時間の3時間ぐらい
前に現地へ入れば、割と会場の近くでお安い駐車場確保できますね(^^)

本祭に付随してのグルメイベントだとかステージイベント
的なヤツも たま~にウチ的ヒットな催しがあったりするので
これはこれで楽しいっす   今回も地元アイドルのライブみたいなのもやってたし

Dsc03574  Dsc03575Dsc03573

開始時間が近づいてくると お祭りの衣装を着た参加者や
装飾を施した車もぞくぞく集まってきますので テンション上がってきますね

Dsc03576Dsc03577 Dsc03578

交通規制がかかると 桟敷席へ観光客がなだれ込みます
桟敷席の上にあるこの電線のようなロープ・・・  秋田ならではでしょうかね
竿燈がお客さんに倒れてきた時に直撃しないように守ってくれる
ガードレール的な役割をします

Dsc03583 Dsc03588 Dsc03590

ほどなくして 竿燈入場~
このセレモニー結構長いっす 15分ぐらいやってたかな

分離帯挟んで両方の車線にまんべんなく竿燈が配置されるまで
入場行進(^^)   お囃子は・・入場用の囃子とかあるのかな?

自分が陣取った前にどの竿燈会が来るかってのはその時の運次第です

Dsc03599Dsc03602Dsc03606

一斉に上がると壮観ですね~
拍手喝采  稲穂に見立てて五穀豊穣の願いが込められてる
と聞きますが  見事な黄金の稲穂が立ち並びます(^^)

こればっかりはやっぱ実際に現地で見てみなきゃわからんわね

Dsc03612 Dsc03615 Dsc03641

どっこいしょ~ どっこいしょの掛け声に煽られつつ
目の前で繰り広げられるバランス芸の妙技 
腰に乗せた状態で扇子と傘開いたりとかすげー

下の方から少しずつ竹竿を継ぎ足していくんですけど
風受けてかなりしなってましたねぇ  折れそうで折れないスリル
倒れそうで倒れないドキドキ感

倒れそうになった時の仲間のフォローとかリカバーとか
なんかスゲーカッコ良かったっすね

ひととおりの技を披露したところで一旦竿燈をおろして
椅子取りゲームみたいにまたしばし行進
数分の場所移動タイムがあります(^^)

自動的に自分が陣取った前には別の竿燈組がスタンバイする
というシステム   同様に少しずつ竿を伸ばしながら演技披露
これを繰り返して だいたい3団体ぐらい見たといころで本日の竿燈はお開き・・
という流れです

Dsc03656 Dsc03662Dsc03663
お客さんと一緒に 一本締めだか3本締めだかやったあとに
ふれあいタイム  竿燈に触ったり 参加者の皆さんと写真撮ったり
というコーナーもあり   


道路をよく見てみると・・・
ロウが落ちてたり   本物のロウソクで灯り入れてるんで
動かしてると上からボタボタ落ちてくることがあるようです・・

演技中に顔に直撃とか・・・ あっつ!

Dsc03669Dsc03671

メイン会場での竿燈演技が終わってもまだおまけ的なお楽しみが
あります  「もどり竿燈」 といって
それぞれの竿燈組さんが自分とこの本拠地にもどるまでに
ゲリラライブ的に竿燈始めちゃう  

「あ~もう終わっちゃったか」と寂しい気持ちになってるところに
これ、ちょっと得した気分(^^)

会場を後にして、車に乗ってしばらく走った先のコンビニの
駐車場でもやってましたね  ついつい車降りて見ちゃった(^^)

と、いうわけで初めての竿灯祭り見物でしたが
予想以上に楽しかったですわ   


8/5  (山形花笠まつり)

Dsc03678 Dsc03682 Dsc03677

花笠まつりも 一度は生で見てみたかったお祭り
東北4大祭りのひとつですのでね  (ねぶた・竿燈・花笠・七夕)

パレード会場はじぶんが想像してたより
だいぶコンパクト  で、音響も昔ながらのこのスピーカーですから
なんか味があって良いですね

現場ついてから延々と 花笠音頭流れてましたよ

Dsc03686Dsc03687Dsc03688

やはりこちらも3時間ほど前の到着でしたので
良心的な駐車場を確保

パレード開始時間が迫ってくると 設置されたスピーカーから
ローカルラジオ番組のような  見どころやチーム紹介するお祭りガイドの
放送が流れてました

あ、このボンネットバスは朝ドラ「ひよっこ」の中で有村架純ちゃんが
乗ってたやつだそうです   おもてなし武将隊も練り歩いてたなぁ

Dsc03692 Dsc03698 Dsc03699

いよいよパレードスタート

太鼓を積んだ山車を先頭に
約10団体ぐらいが 組ごとに連なって流れて来る・・という編成

踊り方は 何種類かあるようですけど
実は何気に激しかったりする

笠捌きも思った以上に素早いですね

Dsc03711Dsc03712Dsc03706

町内会単位というよりも地元企業や学校というような連が多いですかね
あとは自治体とか県人会とかJA婦人会とか 銀行とか市民の暮らしに
密接な団体さんが多いので見てる人も地元のお客さんが多いかも

花笠を持つというルールはデフォですが
それぞれ衣装は何でもいいみたいで 各団体の個性が出ますね(^^)

基本的には延々と花笠音頭を踊り続けますが

突然、音楽が変わって
隊列調整して給水をとる時間がちょいちょい設けられます

前の団体との隊列間隔が開きすぎてるチームはここで
距離を詰めて 一休み  息を整えて再び踊り出す・・
という具合です

Dsc03721 Dsc03747 Dsc03798

流し踊りのお祭りなので 雰囲気的には
盛岡さんさ に似たような空気もありますね

オイラは初見でしたのでどのチームも新鮮で
楽しく見ましたが たぶん見慣れて来ると
上手いチームそうじゃないチーム  いろいろ見分けられるんでしょうね

そんな中でも素人目に見ても格別に見ごたえあったのが
山形大学の「四面楚歌」 というチーム
もうね、揃いっぷりといい 掛け声といい 見事でした
いつものYOSAKOIウォッチャー的な目線で見ても
いいチームだなと感心(^^)

Dsc03813Dsc03814

というわけで、約3時間 ずっと見てましたが飽きることなく
見続けましたね  

最後には 一般人乱入OKのどっこいしょ 的なチームが出て来て  終了

東北4大祭りの中にありながら
それほど 観光イベント化、商業イベント化せずに
ちゃんと昔ながらの地域のお祭りが感じられて良かったですね

秋田も山形も今回初めて実際のお祭りを見に行ったわけですが
やはりお祭りはテレビで見るだけじゃなく 実際に現地の空気
感じないとダメね(^^)   人々の活気 とかお祭りにかけるエネルギー
とか そういうのに触れるのが楽しいです

|

« 遠征準備 | トップページ | ゲットしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレイバック夏休み⑦:

« 遠征準備 | トップページ | ゲットしました »