« 2017ちとせトーナメント② | トップページ | 本日も »

2017年7月20日 (木)

2017ちとせトーナメント③

スクープです

まだ、公式HPにも載ってません。

8/6 に宮城県 登米市で開催の
「 YOSAKOI&ねぷた in とよさと 」 

【旭川 北の大地】 のゲスト参戦が決定した模様ヽ(´▽`)/

縁、とコンサは事前に告知ありましたが
ここにきて電撃参戦ケテーイ 

あ、YOSAKOI&ねぷた in とよさと???そんなイベント知らねーっす
っていう人は こちら↓の公式HPへ
http://www.toyosato.info/


この時期は青森のお祭りと日程まる被りなのでしばらく
行ってなかったんですが今年あたり行ってみようかな~

さて、それでは、本編へ戻ります

明けて翌日
いよいよ トーナメント本選 スタート!・・

と行きたいところですが
今年はその前に セミトーナメント 開催


いつもは隣のこじんまりとした会場で 本戦トーナメントと
同時開催でひっそりやっているので  【裏トーナメント】と呼ばれたり
してますが 今年は会場の関係で この裏トーナメントをメインステージで開催。
もう裏でもないね


セミトーナメント 参加するのは本戦トーナメントに参加しないチーム。
つまり前日の予選で敗れ、敗者復活戦でも惜しくも涙をのんだチーム
も日曜日にも演舞の出番があるってことですね
パレード含めれば予選で負けたとしても4~5回は踊れることになります

ただし、このセミトーナメント・・・条件があってですね
踊り子の編成を16人以下にしなければいけません
U-40的な位置づけともいえるかも

こちらも参加は各チームの自由意志
敗者復活戦に敗れ、セミトーナメント辞退したチームさんもいらっしゃいます

あと、このセミトーナメントには前日の予選に参加していなかった
ご新規チームさんも16人以下であれば参加可能

と、いうわけで  本戦トーナメントの前に
ちゃちゃっと U16編成のセミトーナメント編
50人以上の大所帯チームも16人用の構成にしなくてはいけませんので
チームとしての対応力も試されますね

Dsc02697
ゲスト演舞として 真花が踊ってたりしますが ざっくり割愛(^^;

セミトーナメント(U16)1回戦

1組目

遨人~あそびびと~
遨~すさび~
あしたも ハレヤ!札幌組
飛勇凛

Dsc02705Dsc02712
日曜のみ参加の遨人はすさびのOBOGチーム
2年連続で現役の遨と対戦とか
あ、このセミトーナメントのU16システムですが
旗士さんや演出隊、MC、楽器隊等は人数に含まれません
あくまでも「踊り子」16人以下という縛りです

写真でお分かりかと思いますが・・
日曜はかなり強い雨の中でした
はい、カメラはほとんど出さずに温存

16人以下とはいえどのチームもホント素晴らしい演舞でしたが
飛勇凛 が勝ち上がり。

2組目
我流
Re:Birth
labor
舞灯雄武


laborが日曜のみの参戦
いずれも少人数演舞は得意とするところでしょうか
Re:Birthが勝ち上がる


3組目
北海道ハイテク・エコ・メディスポ専門学校~無限永華~
北海道大学“縁”
薄荷童子
鳴呼ワットサム


ワットサム以外は本来のメンバーから厳選した選抜メンバーで
勝負といったところかな?  普段から16人以下で勝負してるチームには
チャンスのセミトーナメントですね。
勝ち上がったのは 鳴呼ワットサム 


4組目
梦拳~SUZAKU~
ミナオ・ドーレくしろ
函館躍魂いさり火
北海道文教大学~陽燕~

飛燕以外は少人数編成は割と得意とするところか
いさり火がかなりいい演舞してましたが、勝ったのはなんとミナオ・ドーレくしろ

セミトーナメント準決勝進出チームは
飛勇凛
Re:Birth
鳴呼ワットサム
ミナオ・ドーレくしろ   
の4チーム


セミトーナメントベスト4  準決勝
本当は本選トーナメントの途中でやるのですが
ココではわかりやすくするために続けて報告します

準決勝組み合わせは

Re:Birth vs ミナオ・ドーレくしろ
Dsc02756 Dsc02759

リバースは踊り手の以外の演出隊もたくさんいて
賑やかに盛り上げてましたね
ミナオは生唄の評判も良かった 会場を味方につけていましたね

勝ったのは Re:Birth


飛勇凛 vs  鳴呼ワットサム
Dsc02761 Dsc02768
どちらもオイラの好きな 演舞巧者チーム
もうね どっちが勝ってもおかしくない勝負
セミトーナメントにはセミトーナメントの熱い戦いがありますね

いつもは、本戦の裏で見逃してることが多かったですが
これは今年 メインの方でやってくれて本当にありがたかった

勝ったのは 鳴呼ワットサム
勝ち進むと何度も同じ演舞見ることになるんですが
ぜんぜん飽きることなく毎回見入ってしまいました いい作品だと思います

セミトーナメント決勝は 
鳴子ワットサム vs Re:Birth

ここまで来たらもうどっちも優勝でいいよ
ってぐらい どちらも甲乙つけがたいパフォーマンス
審査員もコレは悩むよねぇ

最終的にセミトーナメント制したのは Re:Birth
去年あたりから Re:Birthちとせで戦っていく中で
覚醒してる気がする   かつてのいさり火のように
ちとせトーナメントと相性のいいチームになるような気がしてきた
セミトーナメントの大賞、準大賞にもしっかり副賞出るのがイイね

|

« 2017ちとせトーナメント② | トップページ | 本日も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017ちとせトーナメント③:

« 2017ちとせトーナメント② | トップページ | 本日も »