« 2017YOSAKOIソーラン⑨ | トップページ | 夜の海へ »

2017年7月 6日 (木)

2017YOSAKOIソーラン⑩

来月の勤務指定がそろそろ判明しつつあります

例年通りたぶんあちこちのお祭りに飛び回ることに
なりそうですが まだいったことのない東北の祭り巡りも
出来そうな気配・・  ちょっと計画立ててみます(^^)



さてさて ソーラン報告はマイペースにちょびっとずつ進めてまいります

本祭4日目・・

審査パレードが行われる日ですが
お客さんにとってもちょっとした試練だったと思います

朝からの雨

Dsc01607Dsc01609
西8丁目 水浸し・・

それでもちゃんとカッパ装備してこれだけのお客さん
朝早くから待ってるっていうね  まだまだ熱いっすよ札幌のファンも

まー実際は遠征の人がほとんどかもですが(^^;

土曜日からは会場も一気に増えるのですが
最近はあまり移動はせずに公園近辺で
なるべくいろんなチームを見るようにしてます

昔はご贔屓チーム追っかけてあちこちの会場移動してましたが
移動時間ってけっこうロスタイムなのよね
オイラのようなとにかくいろんなチーム見たい人には追っかけ
スタイルは向いてないのです

ということでまずは 今回のソーランで初めて
特別観覧席に入ってみた

最前列だったから
スリスペ最後列とそんなにアングル変わんないね(^^;

Dsc01614 Dsc01618 Dsc01620
尚志高校YOSAKO部ミネルバ
福島の高校生チーム  高校の部活がソーラン遠征って かなりの
熱量がなきゃ出来んよね  まぁイチフナぐらい大きいトコだったら
まだしも、たぶんここはU40クラスですのでね。  福島から札幌遠征
って大人でも大変だし。    民謡 会津磐梯山と、衣装の雰囲気から
ちょっと郷人っぽいなと感じる部分もあったりはしますが こちらのテーマは
静御前だそうです  高校生ながら、踊りも構成もなかなかクオリティ
高いです たぶん踊りは創成高校より上手いかも
ステージ雨で滑って踊りにくそうでしたが 若々しくて爽やかな演舞でした

名古屋学生チーム『鯱』
ソーランのちょっと前におろしたばかりの新曲ということになるのかな?
やはり、人数的にも踊り込み的にもこの時期の鯱はまだ不完全だな
と感じるところはありますね (^^;     踊ろうまい~からのサビのところは
だいぶ感動的に仕上がってるんで あと約2か月のどまつりまでに
どう化けるかってのが楽しみでしょうがないっすね

東海大学 響
学生チームにしてはそれほど大所帯ではないのでイリハケなしで
フォーメーションと群舞でじっくり見せるといったタイプ
前半はだいぶしっとりと丁寧に 、後半 転調後は衣装の色も変え
激しく躍動感ある踊りという・・王道な構成です
それないに上手は上手なのですが これというフックがないのが残念
もうちょっといろいろ遊べそうなテーマですけどね

Dsc01621 Dsc01623 Dsc01625
北里三源色
なじみのある青森の学生チーム(^^)
ご当地チーム応援モードってやつですね  ちょっとした親心
卒業していったOBOGからも見守ってくださいお願いされてあるしね
10回目の参加で表彰受けてましたが、今年は今までとは一風変わった
「海」をテーマにした作品 後半はいつものお祭りモードに入ります
初披露の後、歌の場面以降が盛り上がってないとダメ出しした記憶
がありますが だいぶ良くなってきたように感じます
サラシ姿になってからのはじけっぷりとかもかなり理想的
こうなってくるとやっぱサラシパート短かったかもなあ


Dsc01627 Dsc01634 Dsc01640

パレードコースはこんな感じでございました
楽器使うチームにとっては雨は大敵ですよね
午後にはほとんど止みましたけど 午前中審査のチームはほんと
大変だったと思います

髪の毛も衣装もびしょ濡れになりながらも笑顔でこんな素晴らしい
演舞を見せてくれる・・・   改めてYOSAKOIチームのみなさんをリスペクトです

雨の中みんなカッコ良かった

明るいところでこの距離で気づいた人いるかな?
花嵐の髪飾り・・にんにく乗っかってるんですぜ(^^)
鬼・・ってにんにく好きそう

市立船橋高校吹奏楽部THEヨサコイ
見れたのは結局この雨のパレードだけでした
この頃が雨脚も強く、風まで出て来て 天気としては最悪
そんな状況で手ついたり座り込んだりするような振りがあってですね~
もうこの過酷なコンディションで踊るJKたちが健気で健気で
おじさんはもうそれだけで心打たれましたよ
もう逆にやけくそでハイハイテンションになってるようでしたので
それはそれでレアなイチフナを見れたような気はします
そんな中、踊りの方のシンクロ率はかなりの精度保ってたのは
流石だなと称賛したい


あ!しまった
明日 早番だった! もうネルーー!

|

« 2017YOSAKOIソーラン⑨ | トップページ | 夜の海へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65501735

この記事へのトラックバック一覧です: 2017YOSAKOIソーラン⑩:

« 2017YOSAKOIソーラン⑨ | トップページ | 夜の海へ »