« ピア℃ゥ | トップページ | 2017YOSAKOIソーラン⑧ »

2017年7月 3日 (月)

2017よさつが③

昨日、アホほど天気良かったのに
今日は一日中 雨降り・・・

そういやピアドゥって天気悪いイメージないな・・

よさ夢もこのところはお天気に恵まれてますが
いつもドキドキ  10月って やっぱ台風とかの心配もあるし(^^;


さて、よさつがのお話の続きです

よさつが名物のお昼休み時間
を挟みまして後半戦

お馴染みのYOSAKOI教室コーナーもありました

A会場では影飛威Seaがいパンのお客さん達に
よっちょれをレクチャーしてました

Dsc02228Dsc02232Dsc02236

藤花瑞巌
ココ、もっとスポット当たって良いはずのチームなのですが
なぜかこれまで見つかってないというね
衣装や小道具にもこだわっててイイもの使ってますしビジュアル的に
華はあると思います 踊りの所作一つ一つもきちんとアクセントついてて
見せ方巧いですし 
・・まぁ今回は曲がオリジナルではなく市販曲だったというのと
後半の展開が花嵐っぽいってのを差し引いても YOSAカメさん達に
十分おすすめ出来るちゃんとしたチームです

LAPIS☆煌組
ちょっと見ないうちに人数増えた?ジュニアチームで20人前後ってのは
このあたりでは割と多めでしょうか  テーマが青森市にあったという
「油川城」と、これまたマニアックなチョイス  大人でもほとんど知らない
(おいらは一応ググりましたが)と思いますが  先人たちへの感謝というの
はきゃさりん作品の普遍のテーマのような気もします
構成的にもプチ花嵐といった感じ 傘や笠を使った場面なんかも織り交ぜ
ながら衣装も変化させながら・・というね
まぁ踊りに関してはまだ粗さはありますがこれからきっと上手になっていく
ことでしょう(^^)   ただ、もうすこし元気がないとチームSAKURAに負けちゃう
気がします

新風宮古流星海
粋でいなせな浜のYOSAKOIココにありってやつです
重心落とした時の腰の低さとか 腕の開きとかやっぱ
ご本家の石狩流星会を思わせる部分も多々感じますね
衣装や小道具での派手さはないものの その躍動感で
お客さんを魅了  小田代さん歌唱のこの曲がまたいいんだこれが
そして一生懸命踊るイクラちゃんがかわいかった

Dsc02239 Dsc02244 Dsc02251
青森公立大学よさこいサークル影飛威Sea
たぶん春フェスで見て以来だったと思いますが ずいぶん見違えたなと
いう印象  新入生も合流したようで厚みが出ました やはり迫力が増す
作品の性質上勢いで押せ押せのがイイと思うのでまさに数は力
精度も上がってきたようですし 前半の白黒パートの掛け合いや
黒男子パート、群表現も見ごたえありました
欲をいえばもうすこしパレードならではの構成を見たかったという
気もしますけど。   春フェスでお披露目見たときにココは伸びしろまだ
たくさんあると言いましたが やはり伸びてきましたね
他2大学の今後の変わり身にも注目したいところ

津軽舞人
今年、八戸のリズムなるこ会が不参加だったので 津軽と南部の
2大ババアチームの競演見れなかったのが残念 
八戸に比べるとこっちの方が若干渋いですかね 曲自体キャッチーでは
ないので 淡々と踊る・・・というか体動かす という感じ 
高齢ながら頑張ってYOSAKOIっぽい動きをやってるのがなんかめんこい
今年は衣装に袖がついたとPRしてましたが、袖と同じ柄の
小旗も使ってました 効果があったかどうかは謎ですが

弘前櫻会
今回よさつがで見て一番 化けたなー と感じたのがココだったりする
・・こういうチームの変化に気がつくのはウォッチャーならでは だろうなー。
好きなチームだけ見る追っかけスタイルではまず 気がつかない(^^;
ここ、婆さんと孫のチームということで これまでは婆さんの方が多かった
のですが孫世代が増員で若い子たちに主導権が移ったということで
作風、振り付け ガラッと変わりました  とはいえもちろん踊り子さん
として婆さんも所属はしてるのでそれほど無理がない程度でね。
手踊りなんかの場面もあるんですが 衣装の雰囲気なんかもそっち寄り
なので ちゃんと「津軽」の色と匂いが感じられる 良チームになったと思います

Dsc02263 Dsc02267 Dsc02271

三沢・いぶき
青森は海に囲まれていながら 漁師町スタイルの浜モノYOSAKOI
が少ない・・・という中で 今のいぶきの作品は 直球の浜モノで嬉しい(^^)
自然界の息づかいや風を感じさせる お得意の「静」の所作と小旗の
躍動感とのメリハリについついワクワクしてしまいますね
曲終盤、隊列後半の踊り子さん達が進行方向と逆を向いて
踊ってたのは全編のお客さんへの配慮?
なんかこのあたりでやってるチーム珍しいなと思った

ホリデイスポーツクラブ弘前店
いまやどこのYOSAKOIイベントにも出没するホリデイスポーツクラブ
主催者側にとっては参加チーム増えるのはありがたい
曲も衣装も全国的に同じやつを使ってるみたいですね
そこのYOSAKOIチームもメンバ増えなくて苦戦してるというのに
入口がスポーツクラブだとこんなに簡単に獲得出来るのか・・
仲間と楽しくイベントで踊る という点ではやってることは同じだと
思うんですが 何が違うんだろう と不思議に思います
逆に、ここをきっかけに本格的にチームに入りたいと思ってくれる
人が出てくるといいんですけどね


よさこい知求群会
一応ファミリーチームですけど、ジュニア層がメインというところで
五十丸あたりとイメージ的にかぶるかな   テーマとするのはつがる市
の「馬市まつり」  スローパートの馬が昇天する場面が切ないです
踊りの方はやや軽めながらもちゃんと揃ってますし ファミリーチーム
といえどもけっこう見応えあります(^^)  構成的には終盤でもっと盛り
上げられたらいいと思います  ややブツ切れ


ひととおり、よさつがで見れたのはこんなところですかね
というわけで、2年ぶりのよさつがでしたけど
単純に作品だけでみれば平均点は・・・まぁ高めな方かなと思います
あとはどこのチームもやっぱ人数増強だけが課題ですかねぇ
作品自体は魅力的なのよね
ホリデイさんから分けてほしいわ

|

« ピア℃ゥ | トップページ | 2017YOSAKOIソーラン⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65490050

この記事へのトラックバック一覧です: 2017よさつが③:

« ピア℃ゥ | トップページ | 2017YOSAKOIソーラン⑧ »