« 17 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル③ »

2017年5月 8日 (月)

17 AOMORI春フェスティバル②

某チーム関係者からの直々に演舞批評リクエストがあり、
対応してましたのでこちらに取り掛かるの遅れてしまった(^^;

どこにも属さないフリーランスウォッチャー
勝手気ままの言いっぱなし(^^;;

あれこれ指摘もしますが 信じるか信じないかは
あなた次第・・というスタンスでどうぞよろしく


まーそもそも 1個人の感想を書いてるだけなのでね

Dsc00721 Dsc00759

蒼天飛龍   
学生チームの新曲は勢いはあれども まだツメが甘いと感じた一方
スキのない完成度と安定感でまだまだ一般チームの強さというものを
改めて感じさせてくれた蒼天飛龍  もちろんだいぶ踊り込んでる作品で
熟練度の違いもありますが ほぼケチのつけようがないっていうね
フォーメーション変えた?ように見えたけど気のせいかな
ここにきてますます作品全体に迫力出たように感じました
ウォッチャーの間では、もしかしたら春フェス新曲じゃない?なんて
声はけっこう囁かれてたのですけど スカされた~
まぁ去年そういう前フリもあったような気もするんで
魚群ハズれたぐらいの残念感はあるな(笑)


花嵐桜組
きゃさりん先生が演舞に入ってないのってけっこうレアですね
久々に見た岩木川 ですが大きなイベントでは踊り納めという
ことになるんでしょうかね やはりココも、 勢いがあるといえども
学生さん達よりもステージが1段高いところにいるなと感じます
洗練された踊り、衣装等の装飾、 構成  お手本になるチーム
ウォッチャーの間でも評価高めだった作品です
ここにきて 作品テーマに 少し思うところがあって
いろいろと深く刺さってしまい 思わずホロっとしてしまうところが
あったり(^^;  万人に伝わりやすいテーマだったとは言えないかも
知れませんが 花嵐の新しい1面を見れた作品でした

Dsc00613 Dsc00650

ついんくる
この姿勢の低さよ     とにかくカッコいい新曲でした
テンポがあって、スピード感とここまでグイグイ来る勢いは
ちょっとついんくる的には珍しい方じゃないでしょうか
優雅で煌びやか・・っていうイメージはあるんですけど
今回はかなり勇壮 で、それでいながら踊りもかなり揃ってましたし
オイラ的にはここ数年の中でかなりお気に入りだったりするん
ですが、 後半で曲の印象 ちょっといさり火チックになる部分
があったりで この部分にショックを受けたウォッチャー仲間も
いらっしゃったり(^^;;  んー一長一短とはこのことか?
衣装なんかもすごく綺麗に出来上がってます
ソーラン本番今から楽しみですね

炎-HOMURA- 
毎回この春フェスで新曲お披露目してくれるのがついんくるとHOMURAです。
去年「火」からは離れたテーマで新機軸挑戦が記憶に新しいですが
また戻ってきましたね  得意分野に  火の鳥・・表記としては炎の鳥・・かも?  
原点回帰・・というか今までこのテーマやってたなったのが不思議なぐらい。
これがまたいい作品でして 現時点での完成度もかなりのもの
ソーラン出場チームに関してはあまり細かいネタバレ書けないのがつらいね
例年ですと春フェスの時にはまだ完成には程遠いかな~?という
試作品段階だったりもするんですがもうこのまま本祭で勝負できそうなぐらい。
ブラッシュアップして人数増員・・となれば今年はチャンスありそうですね

もう地味で印象に残らないなんて言わせませんね
作品中の見せ場・・火の鳥が現れる場面で自然に拍手起きてました
いやぁ 豪華ですなぁ・・・

春フェスがヒントになった説 勝手に唱えてます(笑)

Dsc04385

|

« 17 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65253977

この記事へのトラックバック一覧です: 17 AOMORI春フェスティバル②:

« 17 AOMORI春フェスティバル① | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル③ »