« 怒涛のG・W | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル② »

2017年5月 8日 (月)

17 AOMORI春フェスティバル①

春フェス・・ 楽しかったですね
今年は1日のみの開催でしたがそのぶんぎゅっと濃縮されてた
ような気がします  ウォッチャーのみならず、エントリーしてない
チーム関係者多数来場  みなさんの元気な姿に会えてなにより(^^)

さ、そういうわけで久々にYOSA演舞レビュ


今年のズブ様は、「レポは鮮度が大事」ということなので
なるべく早めにお届けを目指します
マンネリ感も打破していかなきゃならんので
もう 全チームちんたらレビューしていくのは無理だと思うので
書くべきことがある部分からどんどこやってって
なるべくイベント終了後1週間以内には完結させたいなと思ってる次第

・・・まぁ 思ってるだけで実際にはちんたらぽんたら になるかもですが(^^;


というわけで、とりいそぎ  春フェス直後から
各方面から欲しがられてる新曲関連についてササッと書いとく


あくまでもマニエル個人の感想?助言?暴言?
でございますのでね(^^;;
まぁ そんなに気にしなくてもいいかと思いますが
それだけ青森の学生さんには期待してるのですよ

Dsc00578 Dsc00587 Dsc00597

めんこい青森の学生チーム3つから

北里三源色 
「陽昇海」(ひしょう)書いて字のごとく太陽が海から昇る様を表現している
ようです  スタイルとしてやはり三源色 定番のお祭り系でした
ただ、前半というか半分以上を「海」のシーンとして使っているあたりは三源色
としては少し珍しい挑戦なのかなという気もしますが 曲もいつもより若干
穏やかな感じ  かつてこのチームがしばらくお手伝いしていた水浅葱という
チームがふっと頭をよぎったりもしたのは・・  まぁまぁ長く見てる人でしょうね(^^;
衣装の色使いなんかもここ数年上手ですね
3色という縛りの中で毎回よく工夫してます
で、後半法被を翻しての全員歌唱からの場面は手拍子も自然に起きて
だいぶ盛り上がりますが その後のさらにもう一つの展開、サラシ姿に
なった後がイマイチ盛り上がりきれないままフィニッシュしちゃうのが
もったいないなと感じた次第  あとはスロー部分の男振りと女振りの
踊り分けとかねまだまだ伸びしろはいっぱいあるのかなと思います
今後の進化に期待

弘前大学HIRODAI焔舞陣
かなり頑張りましたね~ 初披露で演舞自体の完成度はなかなかのものかと
思います  衣装に関しては去年の歌舞輝っぽいねという声はウォッチャー
の間から多々聞こえてた気はしますが(笑)  まぁこのシルエットですから
そりゃしょうがないわなあ  寄せたわけじゃないけど寄っちゃったってやつ?
演舞テーマがかぶることがあるぐらいですから衣装かぶりなんてYOSAの
世界ではあるある。  作品の方は 渋くじっくりと踊り込む・・という、なんとも
焔舞陣らしくマジメでお行儀のいいスタイル  また、展開があるまでが
けっこうな尺とってるんで これが重苦しく感じる人もいるのかな?と
曲調の方も入りからしてかなり地味なのでね   そういうあたりも
歌舞輝の「輝跡」と通ずるところあるんだよなと感じたのも事実
踊り事体は精度高いですし振付はカッコいいので、この路線が好きな人
にはたまらないと思います フォーメーションや隊形の変わる様も面白いですね
テーマが「日天」ということで後半から衣装も変わりテンポも上がります
途中ダレそうになるところで扇子隊投入のアクセントが効果的
フィニッシュ直前でもう一ヤマ欲しいところもあるけどおそらくこのまま行くの
でしょう フォーメーション等々見せ方もう一工夫での良化を期待


青森公立大学影飛威Sea 
上記2チームがほぼほぼ完成してるのに対して まだまだ余力を残している
ように感じたのが影飛威Sea  学生らしい力強さと勢い、スピード感は
笑゛に代表されるようなアスリート系YOSAKOIと言っていいでしょうね
衣装もなかなか敬遠されがちな「黒」とか使ってるし硬派で行くつもりなのね
個人的には、「滾る」っていうぐらいですので、もっともっとエネルギッシュで
荒々しく猛々しく・・でいいのかなと思います  精度というよりも気持ちがどれだけ
乗って来るかってところですね 声が出てるか出てないかも含めて。
3人ユニットの場面は印象にも残るしかなり目立つトコなのでここはなるべく
合わせることを意識した方がいいと思うけどね。 あの動きで綺麗に揃ったら
それだけでかなり見ごたえありそう   全体的に振りも激しめのようなの
でタメ、トメ、キメがおろそかになりがち  流れちゃうとせっかくの踊りも軽く見
えるのでもったいないですしね    曲は・・終盤アニソンぽくなるんでいきなり
軽くなったように感じるのはしょうがないですが最後まで気抜かずに
顔真っ赤にしてヘロヘロになりながら踊ってるぐらいが感動するかもね


|

« 怒涛のG・W | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/65250277

この記事へのトラックバック一覧です: 17 AOMORI春フェスティバル①:

« 怒涛のG・W | トップページ | 17 AOMORI春フェスティバル② »