« どまつり⑬ | トップページ | どまつり⑮ »

2016年11月16日 (水)

どまつり⑭

花嵐桜組の年末公演・・KAZUMIさんゲスト出演とのこと・・。

生唄で踊るの見れるのかなー
こりゃ やっぱり弘前行くしかないか


年末迫ってきてホント 今シーズン残りわずかですよ

年明け一発目はみちYOSA冬の陣で
お仲間さんと新年会が定番でしたが
どうやら みちYOSA新春東日本大会 中止なったみたいね(^^;

さて、ここではまだ夏の続きやっております
どまつり編 パート14(^^;

Dsc08537 Dsc08542Dsc08543

風鈴鹿山  甲斐の風林火山ではなく 鈴鹿の文字がはいってるように三重の
チーム。 御覧のとおり花火大会の様子を演舞で再現  大筒出たり
ポンポン使ったり なんとも賑やか  思いっきりダイレクトな花火柄の
衣装とかまーむちゃくちゃわかりやすい作品ですな

金沢大学”彩-IRODORI-”  四季彩  全体的に学生らしく激しくてスピード感
あふれる踊り。 要所要所でメリハリもつけつつ 季節の移り変わり
を 大道具や背景装飾に頼らずに基本的には踊りのアクセントで上手く
表現していたかと思います  5代目でこのレベルまで達するのって
成長スピード早いなぁ

同志社大学 京都よさこい連心粋 アニメ声のMCがすげーインパクト(^^)
旗振りも見せ方巧い   衣装にしても構成にしてもよく考えられてるなと
感心します  華やかでスケール感もあるんですけど 良くも悪くも優等生
的な平均よりやや上な作品   これ!というフックが欲しいところ
でもあったりしますが冒険するのって勇気いるよね(^^;

Dsc08548 Dsc08551 Dsc08555

メイン会場をちょっと抜け出して
他の会場の様子も覗いてみようのコーナー

ナディアパーク矢場公園会場
メインステージに比べてだいぶ小さめ 
バカでかい大幕とかを使わなかったり人数しぼっての選抜演舞
が見れたりします

お客さんは対面の階段に腰かけて観る感じなので
見やすい会場と言えるでしょう(^^) 
メイン会場から歩いて数分なので割と穴場

Dsc08549 Dsc08561 Dsc08567
九十九 人数多くないんだけども やけにカッコよく見えたチーム
踊り子さんも男子のが多いのかな? 曲もかなりアップテンポで
ヒーローソング的なカッコ良さがあったりするんですが
これだけスピード感あると踊りが流れて見えちゃったりもするんです
けどちゃんと重さなんかも感じられたし力強かったなー
東北方面にもこんなチームあったらいいな

京炎そでふれ 咲産華  京都の学生チーム 保津川の川下りがテーマ
ということですので この清涼感あふれるブルーの衣装は川の流れを
イメージさせますね  波表現とかやっぱブルーって綺麗ですね
途中激流に飲み込まれちゃったりとストーリー展開も楽しめます
後半での紅葉のシーンもよく表現できてたと思います

駆気乱  カケラと読むらしい ゼロワン楽曲って安定感ありますね
ファミリーチームなんですけど これだけきっちり踊ってくれると
思わずニマニマしちゃいます(^^)  オーソドックスなお祭りスタイル
なんですけど 逆に新鮮に見えちゃうのは味付けが濃ゆいチーム
が多いからですかね  たまーにあっさり系ラーメン食った時に
スゲー美味しく感じるのと一緒か  YOSAKOI見たなーって
いう気になるチーム 

Dsc08586Dsc08587 Dsc08588

メインステージに戻る道中  パレードコースではまだまだ
熱い演舞が繰り広げられてます  歌い手さんも派手ですなー(^^)

日曜のお昼 フリスぺ&観覧席はこんな感じ
まだまだファイナルまでに入り込む余地たくさんあります

この会場が観客で埋め尽くされた中で踊るのって気持ちいいでしょうなー

|

« どまつり⑬ | トップページ | どまつり⑮ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/64502728

この記事へのトラックバック一覧です: どまつり⑭:

« どまつり⑬ | トップページ | どまつり⑮ »