« 2016 みちYOSA ⑪ | トップページ | 2016 どまつり⑨ »

2016年11月 1日 (火)

2016 みちYOSA ⑫

今日も寒かったねー
さて 横手にいくとしてタイヤ交換必要なのか?

山越えるルート行くならやっといた方がいいのかなー

さて、長々と続いたみちYOSA報告
今日で完結でーす

市民広場会場 の夕方
ジュニアブロックっす


crabひろおもて あきたキッズ祭りの特別賞チーム
ぴょんぴょん飛び跳ねる様子とか足が高く上がる柔軟性とか
バレエ関係のチームかと思ったけど 小学校の踊り好きのクラブ
なのだそうで クラブ活動の一環としてあちこちのイベント出てる
らしい。 元気と笑顔  とにかく楽しそうに踊ってるのがいい
最近、大人チーム顔負けのガチ演舞のジュニアチームが
増えて来てる中で古き良きキッズらしいチームと言っていいかもね

TEAM SAKURA スマイルキッズ  大人たち(保護者)と一緒に
一般チームとして活動してるのを見る機会のが多いですが
子供達だけでも十分見せてくれます  イリハケ含め 各場面での
見せ方も上手いですし 飽きさせない構成なってると思います
踊りの技術なんかは LAPISのが高そうな気がしますけど
元気さや無邪気さはやっぱりこっちの方が上かな

LAPIS☆煌組   人数けっこう増えましたかね  今年の作品は
天守曳屋という弘前ならではの作品  方向性としてはかなり
大人向け。 スタイル的にも花嵐とほぼ同じなので味方としては
花嵐ジュニア的な見方をしてる人が多いのかなと思います
踊れる子たちがそろってきてますので逆にここまで来たら横手舞組
のようにリアルガチで大人顔負けぐらいの演舞やりきったほうがいいかも

金西どじょふなKIDS  秋田キッズ祭りの4位チーム 
手にドジョウを持って踊ります 次回はぜひ鮒も持ってほしい
アイテム変わってる以外はベーシックな昔ながらのYOSAKOIスタイル
赤黒衣装は渋くていいと思いますが子供にはちょっと色的に重い
気がします ドジョウも目立たなくなるし・・・   秋田のキッズは
ラインダンスみたいに足高く上げるのデフォなのか?

港北MATURIっ子  土崎のお祭りの様子を踊りで表現
曲、振りともにYOSAKOIっぽくないのが特徴といえば特徴かな
とてもお遊戯っぽい感じが めんこいめんこい
小道具多用して華やかに見せていますがこれこそがお祭りの
賑わいなんでしょうね 

横手舞組  子供っぽさまるでナシ(^^; やっぱりジュニアブロックの
中でだと浮いちゃってる感じさえします  曲も衣装もそのまま大人
チームが使ってても問題ないようなやつですしね   好成績のからくりは
まさにそこで、これを子供たちがやってる という意外性こそが一番の
感動ポイントだと思うんですよね。 もちろん踊りも上手いのですけどね。
中途半端に子供っぽさは出さずに完成度の高さで勝負してるあたりが他の
ジュニアチームとの大きな違いでしょうかね
逆にいうと同じことを大人がやってもそうは上手くいかないと思う


以上、ジュニアブロックでした

この後、決勝ステージとなりますが
決勝に残ったチームはこれまでに触れてるハズなので
割愛しますね(^^


と、基本的には市民広場に張り付いたんですが
思ったよりも見逃しチームが多かったというね(^^;


あと・・・ やっぱり天気悪いとだめね
見るのも集中できんし 機材壊れるし(^^;


参加されたチームさんも雨の中お疲れ様でした

|

« 2016 みちYOSA ⑪ | トップページ | 2016 どまつり⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/64431140

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 みちYOSA ⑫:

« 2016 みちYOSA ⑪ | トップページ | 2016 どまつり⑨ »