« おがわら湖YOSAKOI 2016 | トップページ | よさとせ歌舞輝10周年 ① 展示編 »

2016年7月26日 (火)

16 ちとせトーナメント②

とわだYOSAKOI夢まつり 参加チーム募集中~
締め切りまであとわずかですよ

http://www.towada.or.jp/yosakoi/

こちらのHPの参加申し込み書に記入してFAX!

マニエルっていったいどんな奴よ?とか
マニエルを驚かしてやろうかという遊び心のある
チームさんの参加を待ってます

ロケーションがいいのでYOSAカメさん多数来場
素敵な写真撮って欲しいチームさんもぜひいらっしゃいませ

あ、チームとしての参加が無理でも 交流会のみってのもありかと
思います(^^)


学生チーム企画・・なんかやりたいなぁ( ̄ー ̄)

さ、少し間が空いてしまいましたね(^^;
ちとせトーナメントのおさらいでーす

まー 簡単な経過報告なんで
さらっと読み飛ばして頂いてもけっこうです(^^)

予選 7組
leCiel
 VS
室蘭百花繚蘭
  VS
ついんくる
(勝者 室蘭百花繚蘭)

leCielって 期待値高いけど一応まだ新米チームなんだよね
相手強かったですね    どのチームもスキルは高い方だと思います
けど 百花みたいにこれだけまとまった人数でしっかりした演舞見せら
れたら 少人数チームはなかなかひっくり返せないですよね(^^; 
本祭とはあえて違った結果になっていくのが千歳ですが
やっぱ本祭で強いところは千歳でも強い 
ついんくるはやや押し負けていた感あり

Dsc06583_2 Dsc06590 Dsc06601

予選8組

コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~
      VS
函館躍魂いさり火
      VS
炎-HOMURA-
(勝者  炎-HOMURA-)
Dsc06602 Dsc06609 Dsc06615
本祭で見逃していた今年のいさり火作品を初めて見れた
和心伝承   我ら役者なり ってカッコ良すぎ  見得の切り方とか
かなりサマになっております   伝統芸能である歌舞伎と祭りの
融合だそうですが これこそまさにいさり火歌舞伎ですなぁ

コレ、2009年の「傾奇者」がよぎったのはオイラだけじゃないハズ(^^;
いさりらしからぬ作品と評された 黒歴史的?な作品ですが
きっちり自らで落とし前付けたカタチになったんではないかなぁ
歌舞伎の語源が「傾く」  ですしね
あの時同様 今年のもこれまでのいさり火とはちょっち違った
冒険作ですが これはハートにヒットでした ウン
持ち道具も09のあの大筆オマージュ・・とか捉えちゃうと興奮する
・・・まぁ 単なるオイラの妄想という場合もありますが(^^;
手出したくないハズの鬼門にあえて挑戦して 見事にリベンジ
したあたり いさり火スゲー・・ なのです

あ 結果的にはトーナメント予選は敗退ですけどね(^^;

でもね、これはぜひもう一回生で見たいっすね

・・・今年の道南大会は 9/4 だそうでーす

コンサのかわいらしさといさり火のカッコよさに勝って
本選出場権ゲットしたのは 地元パワーとファミリーの一体感で
炎-HOMURA-のみなさんでした 

今年の炎も今までにないテーマですが これも良く出来てるんだよねー
ただ、この対戦ではちょっと精度悪かったようにも感じましたが(^^;

予選9組

柳苑謳歌
     VS
ミナオ・ドーレくしろ
     VS
舞灯雄武
(勝者 舞灯雄武)

Dsc06618 Dsc06619 Dsc06623
道南の気鋭チーム 柳苑謳歌が、若いながら和のテイスト感じる
シブい系のカッコいい踊りで見せるも、 ミナオ&舞灯のお祭り軍団に
してやられちゃいましたね   3WAYマッチなのに2人がかりでフォール
されて最初に退場になったようなパターン (なんだその例え)
ちとせって本来ビール飲みありきのイベントなので よっぱらいの
おじさんも巻き込んで楽しんじゃうような系統の作品、何気に
会場ウケが良かったりするんだよね   で、ミナオと舞灯の
お祭り対決になるんですが 曲の強さで舞灯が勝ったかな
あと、めんこい秘密兵器もいたしね(^^)   

予選10組

飛勇凛
   VS
AJG KIDS
   VS
labor
(勝者 飛勇凛)

Dsc06628 Dsc06632 Dsc06633
チームの規模的にはほぼ互角でなかなか面白い対戦でした
たぶん、どのチームもこのブロックなら・・という狙いはあったハズ
ただ、同じYOSAKOIのくくりといえど スタイルはバラバラの3チーム
ほぼ 異種格闘技戦の様相を呈しております・・ (^^; 
こうなると単純に比較・・というわけにもいかないので
どの路線が好きかっていうところで判断するしかないのかなと
三者三様のそれぞれの良さは出てたと思いますけど
道外からの参加で物珍しさもあって飛勇凛がちょっとだけリード
したようです    少しずつ千歳でも名前が通るようになってきたかな?

予選11組

遨人~あそびびと~
      VS
新琴似天舞龍神
(勝者 新琴似天舞龍神)

Dsc06636 Dsc06637
ゴウジン・・とかいて「あそびびと」   遨~すさび~のOBOGチームです
踊ったのが2011の作品「花信風」  これ、春フェスに来た時に踊ってた
ヤツなので個人的に思い入れあるんですよね(^^) 久々に見れて嬉しい
ここ最近の遨の作風を第2章とするなら第1章時代の作品
これはこれで今でも通用するし これぐらいの人数でもちゃんと見せれるの
にちょっと驚いてたりもする  対するは新琴似天舞龍神 ・・もうね
どんだけ本気なんだ?ってぐらいの本気モード なんなら本祭の
時よりも気合入ってんじゃね?(^^;と  まー何やかんや言われとりますが
かつて横綱とまで言われたチームがここまで貪欲に必死こいて
予選からがむしゃらにやってんのは 認めたいところ
もしオイラが対戦相手チームなら中途半端に手加減されるよりこれぐらい
やってもらった方が気持ちいいわ    


Dsc06647 Dsc06649
昨年の優勝チームと準大賞チームは  シードなので
予選免除でトーナメント本選からの参加

勝負とは関係なしにのびのびと自由に踊れます

Dsc06677 Dsc06678 Dsc06686

ここまで予選で敗退したチームの中から、翌日の本選トーナメントに
復活できるチームを選ぶ 敗者復活戦  
20チーム中、復活できるのはわずか3チーム

3枚の切符をめぐっての熱演が繰り広げられます
この敗者復活戦がとにかく熱い!   もう後がないわけだからね

もうね、先ほどまでの予選演舞とはまるで違った
気合の入った 神がかり的な演舞続出ですよ

そんな中でも特に魂入ったなと感じたのが
ついんくると Re:Birthだったりしますが  ちゃんと復活するあたり
千歳の審査好きなんだよねー

本来敗者復活は3組の予定でしたが
あまりにもいい演舞が多くて選び切れないっつーことで
2枠増えて 5チームに(^^)

藤・北大&ホンダカーズ北海道
ついんくる
Re:Birth登別・札幌
GOGO’Sクワザワグループ
薄荷童子


が敗者復活で本選トーナメントへ

一日目終了~
この後、ウォッチャーさん飲み会へ

予想とかなんとかではなく 今日1日見た中で
どのチームに勢い感じたか  どのチームの演舞が良かったか・・
なんて話は ウォッチャー飲みではまぁ酒の肴としては当然出てくる
話題なわけです(^^)

|

« おがわら湖YOSAKOI 2016 | トップページ | よさとせ歌舞輝10周年 ① 展示編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63970606

この記事へのトラックバック一覧です: 16 ちとせトーナメント②:

« おがわら湖YOSAKOI 2016 | トップページ | よさとせ歌舞輝10周年 ① 展示編 »