« 2016 YOSAKOIソーラン⑫ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑬ »

2016年7月 1日 (金)

ヤートセ秋田 ①

なんかもう自分でもペース良くわからんようになってきた

思い通りに休めるのはいいが
イベント行ったら行ったで 平日忙しいわww

で、何 ピアドゥ祭が 今度の日曜ですと?(^^;


しれ~っとヤートセ編 はじめてみる


あ、基本 大町会場?に張り付いてましたけど
トイレ行ったりとかちょいちょいサボってたので
全チームみたわけじゃないのでごめんなさい


是非 十和田のよさ夢 来てください

Dsc06115 Dsc06127

ヤートセ本編前にですね  すぐ隣の会場で
ご当地アイドルっぽいのと地元ヒーローっぽいやつの
ショーやってたんですけど これスゲー気になったわ
衣装のまま見入ってる某踊り子さんもいたような気がする・・・(^^)

ヤートセ秋田  土日の二日間開催なんですけど
土曜は昼過ぎまで 六魂祭見てたんで 会場到着がちょうど18時ごろ

土曜日は最後の総踊りだけ見れました
青森の華~どんだりこんだり~  秋田でも馬タップ好評だったらしい

飛び入り参加も多数でしたね(^^)

Dsc06116 Dsc06117 Dsc06126

まずは大旗共演
まげわっぱ太鼓の勇壮な演奏にのせて 100本以上?
の大旗乱舞は圧巻 パレード会場3会場ぶち抜きですからね
いやぁこれだけの規模での旗共演他でもそうそう見ないでしょ
たとえばギネス記録に挑戦するとしたら何本必要なんでしょね?

Dsc06131 Dsc06140 Dsc06143
まずはキッズゾーン 横手のキッズコンテストがあるんで
子供の競技人口が多い  あとPTAも一生懸命だし そのぶんレベルも高い

金西どじょふなキッズ  インパクト賞かなんか獲ってたよね
ドジョウふりまわしたかとおもえば 童謡の合唱始まったりと
たしかにインパクト大だよな  なんつーかこのYOSAKOIの型
にハマらない自由なスタイルが秋田方面チームの面白さでも
あるのだよね

みなとWAKAHATO Jr.
学習発表会的な子供たちのMCも秋田キッズならではだよな~
曳山祭りをテーマにした踊り で、そのお祭りの掛け声をまるまる
やるまで踊り始まらないとか この辺の構成も 型にハマりきった
YOSAに浸かってるととても斬新   ピョンピョン飛び跳ねる振り
が多いすね エアロビっぽい  お祭りに浮かれてワクワクしている
様子が伝わる演舞でした

港北MATURIっ子 
どやさ どやさって  くるよ姉さんに見て欲しいすねw じょやさ?
小学校3~4年ぐらいの女の子チームかな  だいぶお遊戯感
強いですけど これがまためんこいんだ  小道具のピンクの
花笠を効果的に使ってましたがチアダンスっぽくも見えてきますね

寺内こまち はやて組
音頭系 演歌系 ジュニアチームもスタイルさまざま
お祭り系のコミカルな楽曲と どこかで見たような振り
ファンキーな合いの手 見てる人がついつい笑顔になるような
作品です 真ん中でおどってたおっかさんっが一番ノリノリだった
気がする(^^) ランニングマンは入ってた 来年はフライングマン?

楽心舞夢 ここまで登場したジュニアの中でもだいぶシリアスで
大人っぽいパフォーマンスしてたチーム あんまりキャピキャピせず
にしっとり踊り上げるといった感じ・・ かと思えば  いきなりテンポ
上がってきたりするトリッキーな演舞  なんとなく目指してるところは
わかりますが もう少し時間かかりそうですね

横手舞組 大人相手に戦って みちYOSA上位入賞しちゃう実力派
チームですね  今までパフォーマンスを牽引してた主力メンバー
卒業したようですがちゃんと次の代が育ってました さらに未来の
舞組を背負って立つであろうエッグ世代の子たちも後ろの方にいたね
踊りのスキルの方はそれおそ大人顔負けですが まだちょっと余裕の
ない子たちも数名いるかな 表現力 表情はもっと上げれそう
ジュニア部門大賞・・・おめでとうございます  そろそろ殿堂入りじゃない?

TEAM SAKURAスマイルキッズ
個人的には ジュニア部門2位ではないかと思っております・
久々に衣装も新調したという事で気合が感じられます 風強いのに
旗も竿燈も頑張ってあげてました  子供らしい溌剌とした笑顔と
体を大きく使ってた思いきりのいい踊りと躍動感  ジュニアっぽさ
でいけば舞組よりもジュニアっぽい? 最後はちゃんと扇子の花が
咲きました(^^)

笑歓星 前はもう少しかわいらしい感じの曲やってたと思ってたけど
こんな激しくてスピード感あるカッコいい系やるようになったんですね
扇子を使ったスロー踊りとのメリハリもいい感じですね
傘は・・慣れてないかな?ちょっと流れ止まっちゃった感もありますけど
短期間にずいぶん進化してますね

crabひろおもて
完全にお初にお目にかかりますチーム  蟹沢とかいう地名から
クラブというチーム名とったらしい ぼんでん唄は地元民謡でしょうかね
かなりしぶい選曲してんな(^^;  ピョンピョン飛び跳ねる感じは
秋田野ジュニアに共通して多いモーションですね
元気は良かったけど ちょっと単調かな  ってまぁ審査外演舞なんで
そこまで厳しい目で見なくても良かったか


Dsc06146
ホリデイスポーツクラブ
ジュニア部門終わって一般チーム登場  あ、これやっぱ
今年札幌ソーランにも初登場で 少し会場ざわつかせたチームと同じ
曲も衣装もそうだったので   全国展開してるんすかね このスポーツクラブ 
YOSAKOIだとか踊りだとかの前に体を動かすことをとことん
楽しみましょうって感じなんですかね  ここ。   秋田でもなかなか
センセーショナルなデビューとなったようです

みちYOSAあたりにも出るんだろうか?

|

« 2016 YOSAKOIソーラン⑫ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63855551

この記事へのトラックバック一覧です: ヤートセ秋田 ①:

« 2016 YOSAKOIソーラン⑫ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑬ »