« 2016YOSAKOIソーラン② | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン④ »

2016年6月16日 (木)

2016YOSAKOIソーラン③

久々の緊急地震速報
焦ったねー

仕事で外にいたんで、一応その場で身構えたけど
特に大きな揺れはなし 函館あたりは結構大きかったみたいですね

そういや先週の今頃は北海道に居たんだよなーとか思うとなんか
不思議 八戸のフェリー乗り場に車置いてたので 大きな地震
あったら気が気じゃなかっただろうな(^^;    2011年の震災で
完全に流されたからね・・あそこ

さ、そういうわけで
一応 大賞と準大賞には触れてきましたが
この後  特に順番決まってるわけでもないのよね

リクエスト受けてみようかしら
ただ・・ おいらが現場で見れてない可能性もありますが(笑)

いつもとちょっと行動パターン変えてみたけど
同じチーム見る回数が増えただけだった・・・ 失敗(^^;

とりあえず その他のファイナル入賞組いってみますかね


北昴
Dsc05132Dsc05983
いや、すごすぎでしょ  デビュー2年目、ソーラン出場2回目で
ファイナルとか(^^;   どんだけ出世街道まっしぐらなの!?  島耕作もびっくりです
いや まぁ そういう予感は 去年新人賞獲ったあたりからあったのですけどね
コレ、順調に人数増えたら ファイナル出るの時間の問題だろうな と
したら なんかもう2年目で100人超えたとか言うし(^^;

学生時代にやってた人達が興したチームなので チーム作りというか
作品作りのノウハウはもともと持ってたんでしょう
 
しかも若いから動きいいしね    このままファイナルレギュラー入りの
予感アリ    もちろん学生チームと同じブロックもありますから
自分たちの後輩の前に壁として立ちはだかる・・ってことですよね
これもまた ドラマだな
演舞の方は 基本的には昨年のをベースにエイサー太鼓を用いたモノ
ですが 人数増えた分いろんな事ができますね

去年のはだいぶ某学生チームっぽい印象が強かったですけど
今年は もうパッと見 だいぶ平岸天神に寄せてきたな~と感じたのは
オイラだけじゃないようで(^^; 

まぁ 曲作ってるところが同じだと雰囲気も寄っちゃうよね
特に楽曲にパワーがあるとさ

んでも 丸パクリっちゅーわけでもなくそれなりにちゃんとこのチームらしい
構成でやってたと思います  太鼓隊と入れ替わって踊り子隊がワラワラ
出てくるとこなんかググっとくるものがありますねー(^^)
チームのオリジリティ模索中にファイナル上がっちゃった
てな感じかな    もう数年したらこのチームならではのスタイルが
少しずつ見えてくるのかなと思っております



CHIよREN北天魁
Dsc05897 Dsc05994なんかおっかねーの居たな

北昴と違って苦節16年で初ファイナルだそうです
舞神楽が台頭する前は千葉といえばCHIよRENだったんすけどね

しかし 千葉、ファイナルに2チームも送り込むとかどんだけレベル高いの?
CHIよRENの今年のテーマは「武士(もののふ)」 昨年の千葉物産展からの
振り幅が凄いですが たぶんこっちの路線の方が合ってるんだと思います

前半は戦に赴く武将のイメージでしょうか鎧甲冑がモチーフと
思われる衣装で力強い演舞が展開  途中 ちょっとしたチャンバラも
あったんですけど分かりにくかったかな~(^^;  あ、なんかやってる
みたいな感じだったから・・・  中盤、スローパートで女踊りがあるのですが
曲の歌詞含めて雰囲気あって好きでしたね~ 
後半は 勝った戦の凱旋の場面ともいえるようなお祭り騒ぎの
イメージとして捉えました  定番ですけど 最後はやっぱりワイワイと。
メリハリあっていい作品だと思います
こちらの作品もたしかお披露目のを動画で見たのが初だったかと
思いますが 当時 踊りの精度ボロボロで(笑) 本祭間に合うのかと
心配もあったけど 問題ありませんでしたね

ただ、このブロック 例の 超強い学生チームが出場辞退したブロック
ですので もしかしたらもう少し苦節続いてたかもですが
だれだ キャンセル待ちで獲れたファイナル切符とか言ったやつ(^^;
ま、そういうのも含めて 風吹くときってあるしね 
こういう時にチャンス掴めるかどうかもチームの強さだと思う


ソーランのファイナルで千葉県勢同志で戦うなんて 夢みたいな
話だよな~  しかもお互い意識しあって切磋琢磨してきた仲の
チームですからね   こういうのも含めて今年のソーラン熱いドラマ
あったんだよね

・・・やっぱそろそろ 千葉YOSA行ってみたいな



平岸天神

Dsc05248 Dsc05582 Dsc06003
弥栄を願って   ソーラン25周年を祝っての祝い唄

影響力考えて本祭中は賛否両論と言ってたけど・・
実はウォッチャー間ではだいぶ否の方が多かったていうね(^^; 
いや、そうはいってもやっぱ天神さんですからすごいんですよ踊り事体は。
パレードも桟敷から見てましたけど 見せ方もホント上手くてね
やっぱし王者 天神 つえぇわという感じで見てましたし

ただ、ファンキーあたりでも司会の方が言ってましたけど
今まで見なかったような 新しい平岸天神・・・。   戸惑った人の方が
多かったのかな  いつぞやのいさり火のアレとか(蒸し返すなっつーハナシ)
え?天神さんマジすか!? これで行くすか!?

オイラ的には常勝王者ながら守りに入らず新しいものにチャレンジ
するっていう攻めの姿勢はもの凄く買ってるんですけど   チョチョン ガ チョン
の音頭調はさすがに迫力に欠けちゃった・・と言っていいのかなと (^^; 

オイラはお祭り好きでもあるんで、そうはいっても前半だけなら雰囲気あって
好きなんですけどね(紅白衣装もめでたくていいし) 
似たようなトコで笑門来福みたいな縁起物もいままでもあるにはあるんで
まったくこの路線がナシというわけではないのでしょうけど たぶん これは
みんなが求めてる平岸天神ではないのかなというのはなんとなく場の空気
から感じた。(^^;

中盤からの転調でだいぶ巻き返すんだけど・・・特に波表現の
バリエーションは見事でしたね~   ホント 人間技とは思えない美しさ   
で かなり天神スタイルのストロングな踊りで見せるんだけど
ラストがまた音頭に戻っちゃうんですよね     
昨今の傾向で お客さんを乗せて一緒に楽しむ作品はわりとウケが
いいのでそっちのお祭り系路線に寄せていったら 見事にスベった
・・・という(^^;  あ、いや、あくまでもワタクシ個人の感覚です はい

相手が舞神楽だという意識も多少あったのだろうか・・
でも曲発注はブロック決まるだいぶ前だろうしねぇ

ま、ウォッチャーとしては天神さん強すぎるので5年に一回ぐらい
こういう隙を見せてくれた方がありがたいという思いもあるにはある(^^;
その分チャンス広がるのでね

一緒に見てた若手ウォッチャーが 天神のテーマ 動詞最強説を
唱えていたが 間違ってない気がする
来年は絶対に巻き返すでしょうね  おそらく過去最強ぐらいの作品で。

そして誰だよ

Img_1
ひっらぎっしてんじん ホッテマッカセー とか言ったやつ (空耳?)




藤・北大ホンダカーズ北海道
Dsc05722 Dsc05157 Dsc05988
今年のテーマはPRIDE SAVANNA
藤・北史上傑作と言われている・・いやオイラが勝手に言ってる
アクアパラダイスの動物バージョン・・   というか  もうほとんど
ライオンキングの世界   そういやファイナル審査員の劇団四季の
人がどう見たかとかスゲー気になるね(^-^)

何年かに一回どっかで 登場する 野生の王国モノですが まぁほとんど
ハズレないというか 作品としては作りやすそう
小さい子供たちが見たとしてもヒジョーにわかりやすい娯楽作品として
仕上がってたんじゃないかと

ライオン隊(ファンキー会場でLION賞獲ってほしかった)
豹隊   (ヒョウガールズの衣装がまたメンコいんだ)
シマウマ隊(ゼブラガールズ群とかパチンコファンなら激熱)

それぞれの動物の動きを模した振付も良く出来ててね
ステージのみならずパレードでもそれぞれの役割が活きてました

優雅に草を食むシマウマ 獲物を巡って対立するヒョウとライオンの場面とか
もうかなりベタですけどミュージカルチックな展開で 楽しいっす

最後は 夕陽に染まったサバンナの広大な草原を動物たちが
力強く駆けている姿を  バオバブの木が見守っている
・・・そんな情景が浮かんできますね
この手のファンタジー系作品は  藤・北が最も得意とするところでしょう


ヨシ、今日のところはこの辺で

|

« 2016YOSAKOIソーラン② | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン④ »

コメント

北海道や東北のチームとまた一味違うのが千葉のよさこいの特徴です!

千葉県はもちろんのこと、ちばよさには関東中心に多数の県からチームがやってきます。新しいおもしろさがたくさん見つかると思います!

ぜひ、千葉で待ってます^ ^

投稿: ぴーにょ | 2016年9月28日 (水) 22時59分

>ぴーにょさん、

期待していただきありがとうございます
しかしながら、千葉よさ初めて見に行くので
まったくもって勉強不足(^^;

東北、北海道方面に遠征してるチームぐらいしか
知らないので 今からどんなチームに出会えるのか
楽しみなのです もしおすすめのチームありましたら
教えてくださいませm(__)m

投稿: マニエル | 2016年9月12日 (月) 22時33分

地元千葉の者なんですけれども、
今年のちばYOSAKOIのファイナル予想をぜひやって欲しいです!

投稿: ぴーにょ | 2016年9月10日 (土) 12時28分

毎年新しいことにチャレンジしている天神は
YOSAKOIのブームだったりトレンドをいつも発信していてとても素晴らしいと思います 

(パ〇られてもそれをいつも上回る天神...凄いです...)

投稿: YOU | 2016年6月17日 (金) 22時47分

天神好きですが、ディスってる様には私は感じませんでした。期待あってのコメントかなと
ちなみに笑"に心を奪われました、
どまつり行こうかと思ってます
数年前の演舞を観てもそこまで、、なので今のあのモンスター級の体力はどこで誕生したのかと気になります

続き楽しみにしてます

投稿: 踊り子 | 2016年6月17日 (金) 22時43分

そうなんですよ 基本スタイルはありつつ
毎回、何するんだろうという楽しみはあります。

ん~ディスってるつもりはないけども
そう捉えちゃう人も居るかもしれない

ブログ記事もYOSAKOI演舞と同じで
こちらが発信したものを どう感じるかは人それぞれ
なんだよね

投稿: マニエル | 2016年6月17日 (金) 22時31分

平岸は毎年作風を変えますよね
平岸の特徴は残しつつ
だから、ファンが多いし、今年は何をしてくれるんだろうって期待も膨らみますし、そして常に高いレベルの作品ですし、それが大賞になるかどうかは、テーマの好みの問題なだけであって

とにかく私は毎年YOSAKOIが始まると平岸は何をするんだろうっていう楽しみがあります

個人的には、毎年同じようなチームは、もういいかなって思ってしまうんですよね

レダも同じく楽しみです。今年はサメが出てくるのか!?みたいな


投稿: | 2016年6月17日 (金) 10時29分

大好きな平岸天神をこんなふうにディスられるとはショックです……。

投稿: | 2016年6月17日 (金) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63787936

この記事へのトラックバック一覧です: 2016YOSAKOIソーラン③:

« 2016YOSAKOIソーラン② | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン④ »