« 帰着 | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑪ »

2016年6月27日 (月)

2016 YOSAKOIソーラン⑩


さー困ったw
ソーラン編完結してねーのに
ヤートセいっちまった(^^;;;


ヤートセもいろいろチーム見てきましたよ

ガチからゆるいのまで
ほんとバラエティに富んでて楽しい

年々 参加チームが増加する
魅力があるのでしょうな

よさつがの方も六魂祭と被った割に盛況だったようで
新曲披露組もあったようで・・youtube探してるけど 意外と上がんないね(^^;


ヤートセも追々触れていきます
みなさんまだ余韻に浸ってるようですので
波風立たせないでおく・・とか 前フリすると
こいつどんだけキツイ事書くつもりだ・・と恐れられるね(^^;

そういや 今回の秋田遠征 いろんな人に記念写真頼まれた気がする
有名炎上ブロガーだから?(笑)  ボヤで済んだけどね



とりあえず今日はソーラン編の続きー

RHK e・ga・o    美男美女ぞろいの青年チーム これだけの人数
揃えられるだけですごい事ですわな  様々な衣装があったようですが
どうやら過去作品の衣装だったような記憶があるので 周年記念作品
だったのかもしれません  医療大とかラフェッテあたりも最近やってた
のを思い出します   全体的に良く出来てるんですけど やはり独創性
が足りない気がします  有名人気チームをすごく研究してるんだとは
思いますけど そこそこ 出来がイイだけに いいトコ取りに見えちゃうん
ですよね

屯田舞遊神  ウォッチャ人気が高いのは これぐらいの規模でもピカっと
光るいい演舞してるチームがウォッチャーの好物だからw  オイラも
個人的に楽しみにしてるんですけど今年はちょっとあっさり気味だった
かな スタイル自体はブレずに変わってないですけどね 後半サビで
転調するあたりからがちょっと軽すぎるように感じました  前半が重くて
カッコ良かっただけにちょっと流れちゃったかも

劇団果実籠 フルバス、今年かなり狙ってたように見えるんですけどね
演出的にはフルバスにしてはだいぶシンプルですがその分終始
畳みかけるような勢いでガンガン踊ってきてました  ここも人数的に
苦労してるのかなとは思いますが 劇団チームだけあってステージの
使い方、見せ方はお見事でした  後半ちょっと隊列汚い目かなと
思うところもありましたが なりふり構わずな感じは嫌いじゃない
中盤強引にねじ込んだなとも思えるちびっ子コーナーでしたが・・・
ちゃんと育ってくれるといいですね


翔舞龍神  賞獲り云々とは違う次元にいる ほのぼの系ファミリーチーム
最近こうチームが減ってきてるのがものすごく寂しい  こういうチームが
いてこその「祭り」ですから   ソーランをお祭りとして残してくためには
こういうチームがもっと増えなきゃダメだと思う  個人的に毎回生唄の
お兄さんがめちゃノリノリで歌うのを見るのも楽しみだったりする
ヒーローものアニメ主題歌っぽい感じとかけっこうツボ

新川天狗乱舞  去年このチームに対してのコメントで触れたのが
演舞を引っ張っていた甘いマスクのイケメンユニット  今年もセンターで
頑張ってました ちょっと雰囲気変わったか?   んでもこういう看板的
存在が育ってるのはイイ事だ (^^; 他チームに流出しないのを願う
踊りの勢いは悪くないんです全体的に間延びしちゃってる感もあるので
来年は構成少し見直した方がいいかも(^^;

高校生YOSAKOIチーム祭采 毎年VOGUEで行くわけじゃないのね
これはこれで楽しみ出来ました  一年で使い切り・・はもったいない
過去の名作ってあるのでね  いろんなチームの名作品カバーしてほしい
ま、今のところ人数少ないんで出来る出来ないはあるでしょうけど・・・
でもこの人数での北人2012は少し無謀だったか(^^;  途中ダンスサークル
の協力も得てなんとかやってましたが (^^;    部活として札幌遠征する
ぐらいのチームもあるというのに・・・高校生YOSAKOIって地域によって
なんでこんなに差が出ちゃうんですかねぇ 
まずは継続することですね きっとどっかで化ける時が来るハズ





とりあえず今夜はこの辺で~

選挙終わるまでなんか毎日微妙に忙しいらしいから
早めにおやすみします

|

« 帰着 | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63837713

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 YOSAKOIソーラン⑩:

« 帰着 | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑪ »