« うちわネタ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑥ »

2016年6月20日 (月)

2016 YOSAKOIソーラン⑤

毎年の事とはいえ

こんなに盛り上がったの久々  いや 初かもな~

ソーラン始まるまでは閑古鳥鳴く勢いでしたから
まぁ それなりにありがたいです

まだもう少し続きそうかな?


客にも傘使うなとか三脚つかうなとかのルールはあるけど
一応みんな守ってたように見えます(今年はデカい脚立もダメになったハズ)
どっかのイベントは撮影そのものがダメなとこもあったっけね(^^;

みちYOSAのようにルールとか高圧的な要求(パワハラちっく)
でがんじがらめはどうかと思うけど(^^;   イベントの運営上
必要ならマニュアルしっかり決めてかなきゃダメだよね

これだけ大きいイベントだけど、 YOSAKOIや運営にはまだそんなに
詳しくないような(^^;学生さんがボランティアでやってくれてる
わけだから   なるべく協力してあげなきゃね

YOSAイベに精通した大人だったら 多少のアクシデントとか
機転効かせてアドリブで対応出来たりもするけど そうも
いかないでしょうし      

みんなお互いに協力しあっていい祭にしてかなきゃだと思います

一回 書いたやつ全部消えて泣きそう
とりあえず思い出しながら書き直したけど
写真は後にします(^^;
もともとウチの写真は挿絵がわりというか現場に居て見ましたよ
っていうアリバイ証明みたいなもんだしw



AOMORI花嵐桜組
2013年ぶり?ぐらいのセミファイ復活  今の人数の事を考えると
良くやってくれました(^^)   テーマは岩木川 ・・つーことで 青森県人
にもそれほど馴染みがなかったりするので(^^; 北海道の人にどれ
だけ伝わるんだろうという思いもあったりしましたが受け入れられた
ようで一安心  始まる前にちょこっと書いたように 仮装大賞的な大型
ギミックは封印したので物足りなさを感じる人もいるのかなとも思いつつ
個人的には今年の作品は個人的に評価高め
花嵐本来の持ち味である「踊り」&「衣装替え」できっちりと見せてくれた
と思います パートパートでいろんな場面表現してますが やっぱ
中盤のスローパートがね いつかこういうのを花嵐作品の中で見たかった
テーマの中にはけっこう悲しいお話も含まれていたりするので
YOSA作品に向いてるかどうかわかりませんが わりと花嵐って
切なさとか哀しさを表現するのは得意分野のようで そういう作品
のがおいらの中では印象深かったりするんですよね
今週末のよさつがで凱旋演舞  応援してくれた地元のファンに
感謝を込めつつ堂々と報告できそうですねー(^^)


旭川 北の大地
人数少な目ときいて少し心配もしていましたが ぜんぜんそんなこと
なく大地らしいカッコよさと迫力ありましたね    あまりいイリハケも使わず
に厚みのある群舞に満足  ツイッタで書いたように見れば見るほど良
くなってくるスルメ系・・・  とはいっても本祭中は多くても3回とかがいい
トコですけどね(^^;
あと、最後の方での衣装色分けやめたの正解 統一感あってイイ 
扇子もいらん  オイラの場合あまり大地には華やかさは求めてなくてね
その点で言ったら今の孔雀っぽいやつ(白紫)も綺麗すぎるぐらい
若い子とかもけっこういるんでキャワイイ系に見えちゃう
おどろおどろしい・・とまでは言いすぎですが(笑) パッと見ちょっと
話しかけるのおっかねえな・・ ぐらいのオーラ出しながらワラワラと踊る
大地が好きなんすよね   ま、そのあたりでいけば今年の作品は曲
も独創的で大地っぽかったし  中盤の男子の五月雨ジャンプあたりまで
コレよコレ~と思いながら興奮して見てた   蝶々隊出てくるあたりから
少しトーン下がっちゃうんだけど 男衆が荒ぶってくれてるのでかなり
盛り返します  そういう意味ではパレードでももう少し男衆上手く
使えてたらいいかもね

市立船橋高校吹奏楽部 THEヨサコイ
イッケーイケイケイケイケ市船 やっぱ高校生最強チームと思うわココ
というか、千葉県どんなにレベル高いんだよって話にもなるね
ぶっちゃけ今までの市船そんなに好きじゃなかったんだけどね(^^;
今年のはかなり気に入りました  まず衣装デザインだいぶ良くなったし
やっぱ移動含めてこの隊列の綺麗さと 群舞のマスゲーム的な見せ方
が芸術的  YOSAKOIってより集団行動見てるような気にもなるけど(^^;
やっぱあれですかねマーチングバンド的な動き方とかも
取り入れたりしてるんすかね 一応本職吹奏楽部ですし
パレードなんかも この青い集団グングン進んでくの勢いあって
圧巻でした  北の方の軍隊の行進見てるみたいw
何のために生まれた来たのか~みたいなスケールのデカいメッセージ
ぶっこまれるんだけど 千葉ってメッセージ性強いの流行ってんのかな?
先生おっかなそうだけどなんか青春してていいなって思う


井原水産&北星学園
今年もやってくれました安定の 浜モノ  好きなんですよね(^^)
こちらの衣装デザインもなかなか秀逸   男子の半纏の波模様も
演舞の中で活きてましたし 女子のも色綺麗だったし
井原女子は背中で見せる!の青色がなくて どうすんだとか
思ったけど ちゃんと後で海になってましたしね
あの  瞬間ブルー なかなかインパクトありでした。赤衣装での
夕陽に染まる海のキラキラ感とかもすげー綺麗だったっす
謳歌出舟っつーぐらいですので 舟が一つのキモにもなってたん
ですけど、この船がね  幕組み合わせて作ってるようなんですが
良く出来てるんだわ(^^)   パレードコースなんかも大漁旗と
ともにどんぶらこっこと進んでいく様が見てて楽しかったです
ただねー「舟」に合わせすぎちゃったのか、演舞曲としては
ちょ~っと曲が弱かったかな  このところの井原の曲 キャッチー
でずっと好きだったんですけどね    ただ、「舟」のシーンにはよく
合うのよ  そういう映画があったらそのまま映画音楽として使い
たいぐらい(どんな映画だ?)   まぁ 昨年あたりの快進撃から
比べると少し物足りない結果なのかなと思いますが
テーマは上手く表現できていたし ストーリー性も感じられる
いい作品でした



関西大学学生チーム”漢舞”
テーマが吹田の渡し  凝った衣装とか大道具とかいっぱい使うのかなと
思いきや背景幕こそ使うものの 踊り重視の割とオーソドックスなYOSA
KOIスタイル   でも威勢の良さとエンタメ性あふれる構成で 川渡しという
ちょっと地味目なテーマを上手に力強く表現してたと思います  学生なら
ではのエネルギーというのもあるわな   曲調もいいんだよなぁ・・・ 
最後のサビのシーンとかかなり好きな感じ
どまつり以西のチームってけっこう地域性打ち出したテーマで作品
作ってるけど その掘り下げ方がスゲー上手いと思うわ 同じく地域性
が重要な(今はそうでもないんだっけ?)みちYOSA系チームは見習
えるところいっぱいあると思うんだよなぁ   ただ、もともとソーラン節
入ってなかったらしく、MCがけっこう強引に  ソーラン節歌ってたのが
ちょっと面白かった   あと、後から動画見て思ったんだけど、パレード
例の50m地点からスタートしてない?  まぁ別にそこをスタートにしちゃ
ダメという規定はないみたいだからな・・    でも作戦つーより ただの
勘違いに見える  (笑)   これ30m地点にいた審査員 4分間ほぼずっと
豆粒ぐらい遠くに行った踊り子の後ろ姿だけ点数つけたのか(^^;

|

« うちわネタ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑥ »

コメント

>DONKさん、

オイラも最初は
「ねーねー、天舞さー50M進んでなかったんだよー」的な
グチを ただのお客さんであるオイラに言われても
どうしようもないしな~という思いだったん
ですけどね(^^;

でも、どうやら 一応チーム関係者(おそらく当事者も)
見ているようですし さすがにこれだけ騒ぎになれば
組織員会もちゃんと動いてくれるでしょう
(とりあえずだれかフォーラムには持っててよね)
この場所を提供することでちょっとでも協力できるなら
…という事で好きに使ってもらう事にしました

組織委員会立派なHPあるんだから目安箱的な
掲示板置いとけばいいのに・・
って あったらあったでアホほど荒れそうですけど

投稿: マニエル | 2016年6月20日 (月) 20時44分

大地の衣装が去年とそっくりに見えますけど、使い回しですか?

投稿: | 2016年6月20日 (月) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162949/63802333

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 YOSAKOIソーラン⑤:

« うちわネタ | トップページ | 2016 YOSAKOIソーラン⑥ »